瞑想会・イベント

2015年8月 9日 日曜日

8月11日ARTS(放射能変換シールド)の祈りをします




毎月11日に行っているARTSの祈りです。

この波動は、ギリが行っているクリスタルヒーリング、クリスタル・オブ・ライト(トランスミッション・オブ・ライト)の創始者のサンパティに3年前に降りてきたものです。

Atomic radiation transmutation shield (アトミック ラディエ―ション トランスミューション シールド) 放射能変換シールドと訳します。

ネガティブなエネルギーは、それに相応するポジティブなエネルギーを生み出します。
ARTSは、放射能のエネルギーを意識を変容する高次なエネルギーに変換するための波動です。
私たちの身体が高次の波動で振動する時、私たちの身体は、放射能の悪影響を受けません。
私たちがより高次な波動へと変容するための波動です。
何か感じることのある方は、ぜひ祈りの輪に加わってください。

日本時間で午後2時46分~ と午後9時46分~ 2回行います。
ご自身の場所で、
あるいは、お友達と集いをもって
ご都合の良い時にご参加ください。

お祈りの仕方です。

one呼びかけをします
 1、 自分の名前を言います、
    「私は、〇〇です。」
 2、信頼する存在(ハートを開ける存在)にサポートを求めます。
    ペットや家族、大好きな木や花でもOKです。
    例えば「愛する観音様、どうか私をサポートして下さい。」
 3、波動を受取る宣言をします。
    例えば 「私は、ARTSの波動を私の身体に、システムに受取る準備があります。」
         「どうかよろしくお願いします。」
two10分間静かに波動を受取ります。午後2時46分~56分(午後9時46分~9時56分)

three10分間福島の地に、人々や生き物たちにARTSの波動を送ります。午後2時56分~午後3時06分(午後9時56分~10時06分)

これは、一応の目安です。
ご自身の一番ぴったりのやり方でやって下さい。
お仕事中の方は、ほんの一瞬でも意識を合わせてみてください。

参加予定の方は、お名前と所在地を教えてください。

mailto

波動を送るようにいたします。



heart01スタジオ・ウーヌスでの祈り&瞑想会

スタジオウーヌスでは、午後2時からお祈りの集まりを持ちます。
気軽にご参加ください。
ARTSクリスタルをお持ちの方は、ご持参ください。

clock 日時 8月11日 午後2時~5時
   
heart01内容 お祈り(2時~3時半)&瞑想(3時半~5時)
(瞑想の内容は、その日に決めます。ハート瞑想 クンダリーニ瞑想 クリスタルを使った瞑想等のうちどれか?)

heart04会費 2000円(お祈り1000円 瞑想1000円)

関連記事 祈りの力~人間の役割 ARTSの祈りに寄せて
     ARTSの祈り~福島からの体験談

投稿者 Banyan tree | 記事URL | コメント(0)

2015年8月 8日 土曜日

9月4日(金)~覚醒のフィ―ルド・トレーニングPart1を開催します




今、私たちの地球は、大きな変化の時です。
私たちは、特別の時代に生きています。
そして私たちは、この時を決めて生まれてきました。
思い出すときです。
私たちがこの地球にやって来た目的を・・・

私たちは、
生き延びるために、
社会に適合するように、
教育され、
思い込まされ、
本来の私達の在り方を忘れ去って生きてきました。
そしてある時、
「何のために生きているのか?」
「私は誰なのか?」と自問します。

その問こそが、自分自身に目覚める出発点です。

私たちの本来の可能性、
歓び、
純粋無垢さ、
創造性、
愛、
至福 
そして静寂・・・
それらに目覚め、調和を持った生を生きることができたら、どんなに素晴らしいでしょうか?
私たちの日々の生活そのものが、この地にパラダイスを創造することになります。

今この時、地球上で多くの人々が新しい歩みを始めています。

そして私達一人ひとりのこの歩みが、新しい地球を創ります。



覚醒のフィールドは、私たちの魂の目的を目覚めさせ、内なる光、意識を目覚めさせるためのツールです。
このクリスタル・フィ―ルドは、ドイツ人の探求者サンパティを通して、1990年代にこの地球に降りてきました。

当時、サンパティは、彼女の精神的なマスターOSHOが、肉体を離れ、深い絶望と苦しみの中にいました。

ある日、「OSHOの肉体の代わりに、私が、探求を続けられるものを与えて下さい。」
と、天に願い、一人だけの瞑想リトリートに入りました。
やがて、彼女の願いは、聞き届けられ、天から降りてくるエネルギーに彼女は、満たされ、内的な探求の旅を続けることができました。

そして、ある日、サンパティは、一つ一つのクリスタルにそのエネルギーを入れ始めました。
数年の歳月の後、覚醒のフィ―ルドは、生まれました。



覚醒のフィ―ルドは、44の光の波動、3層のサークルとピラー(意識の柱)から成り立ちます。
すなわち
1、光のサークル(ボディ・マインドの波動)
2、恩寵のサークル(ハートの波動)
3、偉大な白鳥、東洋の風(魂の波動) 
4、ピラー(意識の柱)です。

覚醒のフィ―ルドは、私たちの本来持っている愛と光のエネルギーフィ―ルドであり、
仏陀やキリスト、OSHO と言った覚者の意識のモデルでもあります。

このトレーニングは、私たち一人ひとりが、内なる光を呼び戻し、の本質に目覚めるための集まりです。
そしてそれは、とても繊細かつ深く優しいプロセスです。
一緒に瞑想し、クリスタルに秘められたエネルギーの滋養を必要なだけ受け取ります。
仲間が集い、ともに瞑想する時、
私たちの目覚めをサポートするエネルギーは、数倍、数十倍にも大きくなります。



トレーニングでは、瞑想、ライト・トランスミッション、マッサージ、チャネリング、等を学びます。
覚醒のフィ―ルドのトレーニングの後、プラクティショナ―への道が開かれます。

heart01 日程 2015年9月4日午前10時~ 2015年9月10日午後5時
heart02 場所 エンジェルファ―ム 大分県竹田市
heart01 参加費 155,000円(宿泊費別)
heart04 参加募集枠  2名 (マテリアルの関係で、今回限られた人数の募集になります)



9/3クリスタル・オブ・ライト・イントロダクション
サンパティに降りてきた3つのクリスタルフィ―ルドを紹介し、クリスタルともに瞑想します。

heart01日程 2015年9月3日午後2時~5時
heart02場所 エンジェルファ―ム
heart01参加費 5000円

9/11ARTS(放射能変換シールド)の祈り&覚醒のフィ―ルド瞑想会
Atomic radiation transmutation shield (アトミック ラディエ―ション トランスミューション シールド) 放射能変換シールドと訳します。

ネガティブなエネルギーは、それに相応私達の意識を変容する高次なエネルギーに変換する波動です。
福島の原発事故後、2012年にサンパティに降りてきた波動です。

heart02 日時 9月11日午後2時~
shine 場所 エンジェルファ―ム
heart01 内容 ARTSの祈り       午後2時~3時30分
   覚醒のフィ―ルド瞑想会  午後3時30分~午後5時
heart04 参加費 2000円 (ARTSの祈り 1000円 覚醒のフィ―ルド瞑想会 1000円)




heart01講師 ギリ
   名古屋にてヒーリングスタジオ・ウーヌスをパートナーと主宰する。
   覚醒のフィ―ルドティ―チャー
   ヒーリングサークル・プラクティショナ―
   クラニオセイクラル・バイオダイナミクス・セラピスト
   画家
   1990年、インド・プーナOSHOコミューンにてサンパティと出会い、
            それ以来の友人。
   2001年以降、日本にクリスタル・オブ・ライト(トランスミッション・オブ・ライト)
   を紹介するワークを続けてきた。

heart01申込・問い合わせ telephone 052-833-1623(スタジオ・ウーヌス)  
         
 

クリスタル・オブ・ライト(トランスミッション・オブ・ライト)

Crystal of Light (face book)

投稿者 Banyan tree | 記事URL | コメント(0)

2015年8月 1日 土曜日

大いなるいのちとの出会い~ハート瞑想&アクアフローティングワークショップで垣間見たもの・・・



7月25日、26日のハート瞑想&アクアフローティングワークショップからもう1週間が経ちました。
参加してくれた皆さん、応援してくれた方々ありがとうございました。
今日は、この泊りがけのワークショップでギリが、アクアフローティングのセッションに垣間見たことを書いてみます。
具体的なイヴェントのレポートは、また行いたいと思います。

今回、初めて泊りがけで、10人以上の集まりでのアクアフローティングのワークショップでした。
トーショ―のハート瞑想の創りだす、ハートの世界ととてもよく溶け合い、混ざり合い、親密さが深まりとても素晴らしい集まりました。





ギリにとってアクアフローティングの未知の可能性を垣間見る機会でもありました。
アクアフローティングでは、セッションの初めは、水の上に浮かびます。そして慣れてくると、全身水の中に入ります。



水の中で、すっかり、セッションギバーに身をゆだねて、水と一つになります。

初めは、緊張や怖れがあったり、呼吸をコントロールしたりしますが、
何回か水の中に入ると、
自然と息が止まり、
水の上に出てくると大きく呼吸をするようになります。

私達が行ったのは、数秒から、20~30秒ほどの短い時間でした。
その短い時間、水と一体となる体験は、
日々、地上の上での生活と全く違った何かが意識レベルで、起こります。

「水と一つになって、身体は、あるんだけど、それは、身体のリンカクとしてあって、そのリンカクの中で、呼吸が起こっている・・・」

「水の中にいる時、死ぬっていい、死って楽ちん そんな感じがした。」
初日にこの体験をした人が、次の日には、死の怖れを感じたとシェアしていました。

「呼吸をしないほうが楽。 それは、ちょうど、子宮の中の世界で、水の上にあがると、自然に深い呼吸が起こり、生まれて初めての呼吸をするような感じ、水の中に入り、外に出るたびに再誕生する・・・・」

水、いのちの生まれた所、そこの中に身をゆだねるのは、存在に、大きな生命の流れに、身をゆだねることにもなります。

ほんの数秒、あるいは、数十秒の体験は、私たちの肉体としてのより大きな命と一つになることを体験します。

それが、肉体を超えたいのちを意識することだったりまた、
肉体の死の怖れを意識することだったりするのではないだろうか?

ほんの数秒の体験の垣間見せる世界の深みと神秘に、アクアフローティングの後のシェアリングの時に、慄然としました。



そうそう、もう一つ、10歳のすなおちゃんにセッションをしました。

最初はちょっと緊張気味でしたが、すぐになれて、すっかり水の中で、魚のようになっていました。
すなおちゃんって本当に純粋!
その混じりけのなさが、水と一つになって、大きないのちに溶けていました。
いのちって、エゴがなければこんなふうに大きないのちと一つなんだ、
すなおちゃんのセッションをしながら、とても強く感じました。

水の中に身をゆだねると、エゴの自己主張が、自然に落ちていきます。
そしてそこから体験すること、観えることって とてつもない神秘です。

これがギリの今回のアクフローティングで垣間見た洞察です。

次回は、もう少し 具体的なレポートをします。

8月2(日)、6(木),12(水)アクアフローティングワークショップ、&トレーニング参加者募集します。

アクアフローティング個人セッション



投稿者 Banyan tree | 記事URL | コメント(0)

カレンダー

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31