giriのブログ

2013年6月30日 日曜日

「心と身体をつなぐトラウマ・セラピー」を読む


最近のトラウマワークのバイブルと呼ばれる、ピーター・リヴァインの「心と身体をつなぐトラウマ・セラピー」を読みました。

トラウマって聞くと何を思い浮かべますか?
何かトラウマ的な症状を持っていますか?
トラウマを引き起こした事件を思い浮かべますか?

この本では、トラウマ症状として次のような事例を挙げています。

過度の内気さ
感情反応の減少、喪失
ものごとに打ち込めなくなる
満性疲労、非常に低い身体エネルギー
免疫障害や、甲状腺機能不全などの内分泌障害
心身症、特に頭痛、首や背中の痛み・・・
うつ
疎外感、孤立感
人生に対する興味の減退
唐突な気分変調、怒りの爆発、恥の感覚
過剰なあるいは減退した性行動
記憶喪失、健忘症
無力感、無力な行動
他人と親密になれない
睡眠困難

どうですか?
誰にも一つや二つありそうですよね。
あるいは、こんな状態が続いた時期があったかもしれませんね。
友人、家族でこんな症状の人がいるかもしれません。

この本の画期的なことは、トラウマは、特定の事件が引き起こすものでなく、未解放の凍りついたエネルギーから起こると考えることです。

人間は動物です。
他の動物を見て見ましょう。
自然界では、動物はいつも食うか食われるか 命の危険は、隣り合わせです。
命の危機には、全力疾走で逃げます。
逃げ切れなかった時は、死んだふりをします。
(意識的にするのではなく、命の危機に際して無意識に起こります。-動物は死んだ肉を食べないので、仮死的状態になることにより、命を護ります。また、食べられても、痛みを伴わずに肉体を離れる事が出来ます。)
死んだふりから生還すると、動物は、身震いをして、体内に蓄積されたエネルギーを振り払います。
犬や猫もしますよね。
ぶるぶるっと

人間は、これが出来ないんですね。
大脳資質の発達により、理性で判断するせいです。
エネルギー活動としての生命の滞りが起こります。

恐怖、命の危機の中で起こった凍結して未放出になったエネルギーが体内に留まることが、トラウマの原因だ、
とレヴァインは、考えます。
未解放のエネルギーが細胞に残れば、その細胞は、ゲル化して流れがよくなくなりますよね。
体中が、特に神経細胞がそんなふうだと ちょっとしたことに過敏に反応します。

トラウマを解決するのに、過去に起こったできごとを思い出したり、掘り出したり、再体験する必要は無い、
むしろ再体験は、神経系の再反応により、新たなトラウマを作りかねない と考えます。

トラウマ体験を持った人の中には、トラウマへの同一化、
例えば、「あの時起こったことこそ私の人生を破壊した」
「父による暴行、レイプが私の破滅の原因だ」
いつもいつもそのストーリーを思い出し、責め、怒り、苦しみ・・・・その思い、感情が人生の一部になってしまっている人がいます。
そこに入って行くのではなく、その奥にある凍結したエネルギーを解放することが、トラウマを自由にする道であるとレヴァインは、明示します。

では具体的にどうするのでしょうか?

人間には、必ず、どんなにトラウマにあっても、どんなにダメ-ジを受けていても、健康な力、癒しの力があります。
その力と繋がることを通じて 凍結した未解放のエネルギーを放出していくことが可能です。
(くわしくは、本を読んでみてください。)

クラニオ(バイオダイナミクス)的に言うと、日々私達が、呼吸をしている第1次呼吸(宇宙からくるエネルギーです)こそが癒しの力の一番の源です。
自分が楽しく感じられること、心地よく感じるからだの部分、それらも 健全な癒しの力のある場所です。

エネルギーの解放ということで言えば、ダイナミック瞑想やクンダリー二瞑想 OSHOが創った瞑想法は、多くが滞ったエネルギーを解放することをとても重視しています。
これらの瞑想も助けになりますね。

この本、専門化向けというより、トラウマに苦しむ人のために読みやすく書かれています。
思い当たる人は、読んでみてください。

翻訳者の藤原千枝子さんのHPがとてもわかりやすくトラウマについて書いてくれています。
こちらもお勧めです。

プレマカウンセリングルーム

7月14(日)15(祝)クラニオ(バイオダイナミクス)イントロダクション・グループ

投稿者 Banyan tree | 記事URL | コメント(0)

2013年6月29日 土曜日

隣のお姉さん企業塾《瞑想 ヒーリング 名古屋》

去年の夏、和尚庵で一緒にペインティンググループをしたタティーナ
何度もガンで死に掛かって瞑想に目覚めた人です。

そんな経験もあってかやることがトータル
とても楽しく一緒にワークをしました。

彼女達が、東京で楽しそうな企画を立てています。


題して「隣のお姉さん企業塾」

肩肘はらずに、自分の本当にすきなこと、やりたいことを見つけて仕事にしようよ!!!

そんな企画!!!


いけてるね~

瞑想の仲間がこんな形で、瞑想を社会に生かして行くのを見るのはとても嬉しいです。
がんばってね!!!

興味のある人は、覗いてみてください。

隣のお姉さん企業塾

coming event
7月14(日)15(祝)クラニオ(バイオダイナミクス)イントロダクション・グループ

投稿者 Banyan tree | 記事URL | コメント(0)

2013年6月29日 土曜日

ニッポンのセックス

セックスって、人間の営みの基本の一つですよね。
とっても大事なのに、日本人のセックスライフは、かなり貧しいようです。
去年どこかの会社がした調査では、何ヶ国の中、日本人の平均的なセックスの頻度は、最下位だったようです。
日本の社会の潤いのなさは、そんな所にもでていますね。
満たされたセックスがあって、人間幸せに楽しく生きられるのではないでしょうか?

これは、コンドームの会社、相模ゴムの調査結果です。
調査対象者14100名なので相当大規模な調査です。

やはり相対的にセックスレスが出てきますね。
それと同性愛の傾向も興味深かったなあ!!

興味のある方は、

ニッポンのセックス

投稿者 Banyan tree | 記事URL | コメント(0)

2013年6月29日 土曜日

愛でるのが人間の役目《ヒーリング 名古屋》


昨日、今上映中の奇跡のりんごを観てきました。
津軽で、無農薬無肥料でのりんご栽培を成功させた木村さんの実話に基づく映画です。
そのきっかけは、農薬に敏感に反応して苦しむ奥さんへの愛情でした。
10年近くりんごの収穫がなく、家族共々、電気も止められるような赤貧に苦しみながらも、未来を信じて生きる姿はとても心に響きました。

いろいろなことを教えてくれる映画でしたが、印象に残った一つのシーンの話を書きます。

無農薬栽培の10年目、春にやっと見事な花が咲きました。
(それ以前は、木が衰えて花さえ充分に咲かない年が続きました)
その中で、1本だけ、花が付いていない木があります。
その木は、隣の畑からも見える場所にあって、木に声をかけて話をするのを見られるのが恥ずかしくて声をかけなかったそうです。
声をかけられなかった木からは、花が咲きませんでした。

福島の大内さんから聞いた木盛龍彦の放射能光還元ワークの話を思い出しました。
木盛さんは、子供の頃から、意識が身体を離れる体験をなさったそうです。
ある時、雲が、汚染した大気を吸って、きれいにして空に送り出しているのを見てとても感動して
「雲さんありがとう、いつもそうやって空気をキレイにしてくれているんだね。」
そんなふうに自然に雲に感謝の気持ちを送ったそうです。
そうしたら、雲さんが歓んで、ピッカピカに輝いて、今まで以上に空気を出してくれたそうです。

盛木さんの放射能の光還元ワークは、身体に蓄積された放射能を声をかけることで光に変えるそうです。
ぼくは、又聞きなので、こんど大内さんにレポートしていただくようにお願いしたいと思います。

盛木さんは、その雲さんの姿を見て、
「人間は、地球上のいろんな存在に、ありがとう って愛でるのが、役割なんだ。それが人間の仕事なんだ。」
って思われたそうです。

人間の子供も、褒められたり、声をかけられるとどんどん成長しますよね。
りんごも他の生き物もみんなそうなんですね。

クラニオ(バイオ)でもそんなことをします。
セッションの締めくくりに触った仙骨が、活発に動き出して困ったりすることがあります。
そんな時は、心の中で、もう少しで終わりにしていきますけどよろしいですか?
と仙骨さんにお話します。
そうすると、反応が収まって静かになってくれます。

母の話も思い出しました。
父ががんで入院しました。
死期も近づいていました。
母も看病に疲れて、「お父さんもう私だめだよ、これ以上は身体続かないから。」
と、ある日心の中でつぶやいたそうです。
次の日に、父は身体を離れました。

心や思いは、繋がっています。
生きとして生きるもの全てに

愛と感謝が存在の源 というのは、そういうことだと思います。

7月14(日)15(祝)クラニオ(バイオダイナミクス)イントロダクション・グループ




投稿者 Banyan tree | 記事URL | コメント(1)

2013年6月28日 金曜日

ネトラパルタナ 最高!!!《ヒーリング 名古屋》


 
先日、ネトラパルタナを受けました。
ギー(バターを加熱して濾過したもの)を目に垂らすアユロベーダの施術です。


 
無塩バターを弱火で溶かし、キッチンペーパーで濾過するとギーが出来ます。
そして、強力粉を練って、ギーが流れでない土手を作ります。
準備は、以上です。

ぼくは、まさこに頼まれて、ギーを流したのですが、とても気持ちよさげなので、僕もやってもらいました。

最初は、バターを目の中に入れる!!
え~!!!

と思ったのですが、
人肌よりちょっと暖かめのギーの気持ちよいこと
眼をくるくる回したり、動かしたりします。
ちょっと、痛いような感じをする箇所もあったり

身体に意識が戻ってきて
とても寛ぎます。
今、ここに 強烈に戻されます。

身体的には、首、肩の緊張が緩んで超らくちんです。

眠る前に、ギーをまぶたに塗るのも神経を休め、睡眠を促すそうです。
スポイトとか使って眼にギーを入れることもできるかもしれません。
これだったら自分一人でもできますね。
やってみようと思っています。



投稿者 Banyan tree | 記事URL | コメント(0)

カレンダー

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31