giriのブログ

2014年5月29日 木曜日

いのち~生と死~クラニオセッションを通じて《ボディワーク ヒーリング 名古屋》


名古屋八事でクラニオセイクラル(バイオダイナミクス、クリスタルヒーリングを提供しているスタジオウーヌスです。

最近続けて友人が亡くなりました。
悲しみや痛み・・・とともに、光の下に戻っていった安堵感・・・いろんな気持ちや思いがやってきます。
そんな折に、クラニオの先輩であり、先生でもあるマヤさんが、生死にかかわるセッションについてfacebookでシェアしてくれていました。
命について、死について学びを与えてくれる文章です。
ご本人の了解を得てシェアさせてもらいます。

生死の境のセッションは、覚悟がいります。
いつもと同じように淡々とベスト を尽くす。
生命がしたいことをサポートする。満ちてくる生命力はボディとつながるのか、それとも別の道を選ぶのか。
その結果がどうであれ、自分を責めることなく日常の中でもニュートラルでいられるかどうか。

受精が肉体と魂の出会いだとすると、死は肉体と魂の分離。出会いがあれば別れもある。
クラニオを通して、魂は力強く上昇する光の波に乗って、光の海に還るのだと実感する。
脱ぎ捨てられた肉体への愛着は悲しみをもたらし、光の海へ還る魂には祝福の気持ちが生れる。

OSHO は「死は祝福すべきもの」と語ります。
私はOSHOサニヤシンの中で「悲しんではいけない」雰囲気に馴染めず、見送るための歌って踊るデス・セレブレー ションでも一人だけ異端児のように「悲しみ」の中にいました。
もともと「死が怖い」のでデス・セレブレーションもほとんど参加することはありませんでし た。

今、魂は光の海に還るのだと実感できるようになって、初めて「悲しみ」と「祝福」の両方がやってきます。
その2つが合わさると、心はとても静かになります。


クラニオのセッションでは、ロングタイドと呼ばれる長いスパンの(1分40秒で1回と言われます)の宇宙からの波とつながることがあります。
その波(エネルギー)が私たちの体に入ってきます。身体は、ミクロンのレヴェルで開いたり閉じたりして、そのエネルギーを呼吸しています。(第1次呼吸)
この波とつながると、物理的な肉体の境がなくなります。
広大なスペースが広がり、至福に満ち、光を見たりします。
それは、私たちのマインドを超えた世界です。
魂は、この波に乗って肉体に入り、また波に乗って肉体から去っていくと言われます。
いのちは、光の海からやってきて光の海へ戻っていきます。
瞑想やクラニオのセッションを通じて、肉体を超えたいのちを私たちは、垣間見ることができます。
肉体を超えた命を知れば知るほど、限りある肉体としてのいのちを大事にできるのだと思います。

クラニオセイクラル(バイオダイナミクス)のセッションについて

マヤさんのHP

投稿者 Banyan tree | 記事URL | コメント(0)

2014年5月29日 木曜日

ゴパルのヒストリー~ある探究者の物語《瞑想 名古屋 OSHO》


 
名古屋で、ヒーリング 瞑想を提供しているスタジオウーヌスです。

僕の知っているゴパルは、いつもいつも深いくつろぎの中にいる人です。
東京のまてぃさんから「東京と大阪の間に、名古屋でもゴパルのワークしない?」
と聞かれたとき、すぐにOKが出たのは、ゴパルの醸し出すバイブレーションに、深い信頼があったからです。
そして彼の寛ぎが、自分自身になかなかYESを出せない私たちに大きな助けになりことを知っています。

先日、友人Aさんの通夜に出かけました。
そこで会ったミュージシャンのPに、「ゴパル来るの?一緒に音楽したいなあ!!」と言われ、11日の夜のナイトイヴェントの形が生まれました。

そして、その後、亡くなったAさんは、ゴパルが大好きで、ゴパルのワークをオーガナイズしようとしたこともあったそうです。
何かに導かれて、この企画が進んでいるように感じています。

僕自身、インドのOSHOコミューン時代、サマサティというゴパルのリードする瞑想グループの通訳をしたことがあるものの、詳しくゴパルのことを知りません。
そのことに気づいて、資料を探していました。

とても美しい彼の人生のストーリーが書かれた文章を見つけました。
彼のライフストーリーは、ぼくのそれでもあってとても共感しました。
ぜひ読んで読んでみてください。


ゴパルのヒストリー

ゴパルの子ども時代の良い思い出は、音楽に関するものばかりでした。
彼のお父さんはクラリネットとマンドリンを演奏していました、夜であっても、自分の小さな息子のゴパルがベッドに入って眠りに落ちるときには、音楽を演奏したものでした。

多分そういうわけで、ゴパルは子どもの頃から音楽を演奏したいという自然な衝動を持っていました。
小さな子どもだった彼の最も大きな望みは、今すぐ手が大きくなって、ギターの演奏を習えるようになったらいいのに、というものでした!

この音楽を演奏することへの渇望を感じ、お父さんは彼に小さなウクレレを与えました。
その後、彼とお父さんは、いつでも可能なときには一緒に音楽を演奏しました。
彼のお父さんが亡くなるその時までずっと。
あたかも円を完結させるかのように、ゴパルはお父さんが大好きだったクラシックギターの曲を、彼が死んだ時に演奏したのでした。

このハートからハートへの、父との音楽的つながりはゴパルの人生に大きな影響を与え、彼の創造的音楽表現の基礎となりました。


東洋に引き寄せられる

ゴパルはカナダに生まれ、そこで大学教育を受けました。
インドに行きたいという神秘的な衝動を感じた時は、ちょうど大学院の課程に入り、大学から申し出のあった教職に着くところでした。
彼はインドにいる瞑想の導師について話を聞き、未知の道を探求したいという渇望を感じたのです。

ある朝目覚めると、ゴパルはハートの内側で、自分はインドに行くのだと知っていたのです - 彼自身の深みからの何かが彼を呼んでいました。
"Venu Gopal"(ヴェヌー ゴパル)は、彼の瞑想の師であるOSHOに面会した後に、彼が授かったインドの名前です。
この新しい名前は、内側の旅の始まりの印となりました。
他の瞑想者達と一緒にOSHOのコミュニティーに暮らし、ゴパルは瞑想と音楽により深く入って行きました、瞑想と音楽がどのように出会い、一緒に溶け合うのかを見出しながら。


ディルルバとの出会い

インドで、ゴパルは多くの普通ではない楽器と音を発見し、探求しました。
彼は特に「ディルルバ」(ディル-ルーバと発音される)と呼ばれる弦楽器に惹きつけられました。

楽器の名前、形と音は全てdirlubaという単語の美しい意味の中に反映されています。
それは「ハートの恋人」、「ハートの声」、または「ハートの盗人」を意味します。
弓でひかれた弦と共鳴して振動する、多くの共鳴弦があって、リッチで、よく共鳴する、甘い音を奏でるのです。

ゴパルは初めて聴いた瞬間からディルルバと恋に落ちました。
それは本当にハートの盗人でした。


音楽の先生を見つける

何人かのインドのミュージシャンはゴパルに、ディルルバは「時代遅れ」で、博物館用の楽器に過ぎず、もうほとんど演奏されることはないと告げました。
それにもかかわらず彼は最初のディルルバを手に入れ、自分を導くことのできる教師を探し始めたのです。

彼は引退したミュージシャンに出会いました、でもその人はもう教えたがってはおらず、その上に殆ど英語を知らないという障害がありました。
しかしゴパルはディルルバを演奏したいと心に決め、その教師のドアを叩き続けました。
ついに、その男はゴパルにいくつかの基本的な段階のことを教えることに同意し、そして彼らは特別なハートとハートの関係性を発達させました。
言葉はほとんどありませんでしたが、音楽に満ちていました。

ゴパルにはその頃の良い思い出があります。その老教師の演奏に耳を傾けると、時々目から涙が流れるのでした。
この音楽とハートとの出会いは、彼の人生を豊かにし、彼をディルルバの神秘的な世界の中へと、より深く、より深く、導いたのでした。


自分自身のスタイルを発達させる

インドの暖かい夜には、ゴパルはよく屋外でディルルバを演奏しました。
友人達や見知らぬ人達、ただの通行人達が自然に足を止め、座って耳を傾けたのです、まるでいくつかの単純な音に捕まったかのように。
彼はこの楽器の甘く優しい力を理解し始め、それは友と出会う方法の一つになったのです、言葉が表現することができるよりも深くコミュニケーションする方法に。

ゴパルは伝統的な方法とは違うやり方でこの楽器を演奏します。
彼はディルルバには幅広い「色」域があることに気づきました。深く豊かなトーンから、高く甘いサウンドまで。
遊び心から、ハートに触れる感情まで。
その優しく、しかしパワフルなサウンドが、古代からやってきているように思えて、「家に帰ってきた」という感覚が沸き起こる人達もいます。


ディルルバとともに瞑想

瞑想を通してゴパルは、音楽における音と音の間の沈黙のギャップは、素晴らしいものであると理解するようになりました。
忙しいマインドを超越していく入口になりえるのです。
沈黙にスペースを与える音楽には、聴き手が内側の平安に満ちた音無きところに入っていくのを、許すことができるのです。
この音楽の質は、彼のアルバム"Depth of My Heart: Solo Dilruba(ハートの深 み:ソロ ディルルバ)"で表現されています。

その瞑想的な質の他にも、ディルルバは他の楽器ともよく合うハートフルなサウンドを持っていて、ハートに触れ、心身をリラックスさせる豊かなサウンドのタペストリーを創りだすのです。
これは"Mystic Journey(神秘家の旅)," という、ディルルバをメインにして、他の楽器と組み合わせたアルバムで聴くことができます。

ゴパルの音楽は特に、ソフトな動き、ヨーガ、マッサージ、ヒーリング、瞑想、トランス状態、リラクゼーション、そして入眠時に聴くことによく合います。
彼の音楽には自然な内面の質があって、聴き手を音から音無き状態へ、忙しい世間から、全ての人の中に宿っている内なる静けさへと連れて行くのです。


教えとコース

ゴパルは東洋の瞑想を、西洋のカウンセリング、心理学そして催眠の教育と組み合わせました。
彼は瞑想、カウンセリング、自己催眠そしてストレス軽減について、世界的に開かれている様々なコースを提供しています。

教えている間、ゴパルはくつろいで遊び心に満ちた空気を創り出します。それにより人々は自分自身の内側へとより深く入って行きます。無垢や本質といった子どものような質が、簡単に再び目覚めさせられるのです。

教える他にも、ゴパルは時折ディルルバのレッスンをしたり、友人達が自分自身の楽器 - 歴史があり、美しく、愛すべきディルルバ - を見つけるのを助けたりすることを楽しみます。


探求者の物語

次の物語は一人の若者の探求についてのものです。
それはまたゴパルの物語でもあります。

ある若者が、愛に満ちた両親と兄弟のいる西洋の中流家庭で育ちました。
成長して彼は教師になり、博士号のための勉強を始めるところでした。
彼はその年令の人が欲しがるような全てのものを持っていました。
愛のある家族、明るい未来... 生は彼 に惜しみなく与えていました。

その若者は生きることの喜びを感じました、人生が満ちているという感じです。でも同時に彼は知りたいと思ってもいたのです、「人生とは実際のところ何なのだろうか?人生にこれ以上の何かは存在するのだろうか?」
この神聖な不満の目覚めとともに、彼は旅に出てインドに行き、神秘家、瞑想のマスター、OSHOに会うことに引き寄せられていると感じたのでした。
その旅は彼の人生を永遠に変えました。それは彼に沢山の新しいドアを開きました。
彼はインドとその波動を愛しました...それは神聖なシンクロニシティーの感覚、正しい場所に正しい時にいるという感覚でした。

その若者は、自分のマスターから愛と知恵をシャワーのように浴びせられているのを感じ、内側の旅が始まったことに気づきました。
人生にはもっと何か別のものがあるに違いないという彼の質問は、鳴り響く"Yes!"という声で答えられました。
彼は自分が正しい方向に進んでいたと知ってほっとしました。たとえ最終目的地がどこかはわからなかったとしても。
このマスターは若者が瞑想により深く、より深く入って行くことを助けました。
マスターの死ですら、一人一人の人間の内側の、死というものが存在しない何かを示したのです。
それは生は神秘的な覚醒の旅であり、愛は時間と空間を超えているということです。

夕方、太陽が沈んでいくとき、若者はインドにある小さな川のそばに座っていました。
すると、彼のハートに、誰かの奏でている未知のインド音楽の楽器から来る、美しい音楽の響きが聞こえてきたのです。
彼はそれらの音にひかれて、近くに座りました。
あたかも彼の瞑想のマスターが彼のハートに触れたときのように。まるでトランス状態にあるかのように。
それらの魔法の音はずっと記憶に残ることでしょう、なぜなら彼のマスターがハートに触れたのと同じやり方で彼の内なる魂に触れたからです。
その瞬間から、ディルルバは彼にとっての瞑想となりました。
学ぶこと、演奏すること、聴くこと、それと一つになること。
それは言葉を超えた何かを携えた表現の、媒体だったのです。
ついに彼は、音楽と瞑想が手に手を取って踊ることができるとわかったのでした。

長い年月が過ぎましたが、この男は音楽を教え続け、演奏も続けています、喜びと静寂とともに。
生は流れ続けます...そして神秘家の旅は続きます...愛と感謝に満ちていることを伴って。


●ゴパル プロフィール●

彼は30年以上にわたって瞑想と催眠を教えてきました。
ビジネス・マネージメント・コンサルティングとカウンセリング心理学の学歴の ほかに、催眠セラピスト、そしてトラウマ・ヒーリング・セラピストの資格を持ち、 1976年以来、インド、プーナ市にあるインターナショナル・マルチバーシティで 働いています。
そこで瞑想アカデミーのディレクターを務め、瞑想カウンセリング・トレーニング、 ヴィパッサナや座禅といった伝統的な瞑想法のリトリートを行ってきました。
西洋の社会学的研究と東洋の瞑想の知恵を組み合わせて、ゴパルはくつろぎと励 まし、遊び心にあふれた雰囲気をつくって、世界中の彼のワークショップ参加者が容易 に学び、自分自身の中へと深くはいっていけるようにします。


引用先 2013 spring program in Japan 内側のヒーリングブレインを目覚めさせる with ゴパル

ゴパルのワークについて
6月11(水)・12(木)ゴパルマジック~サマサティ「憶いだしなさい あなたは仏陀だ!」個人セッション&瞑想イヴェント

ゴパルの個人セッションの感想


サマサティ・インテンシブグループもあります
6月 7,8日 in 東京
   14,15 in 大阪

投稿者 Banyan tree | 記事URL | コメント(0)

2014年5月28日 水曜日

ゴパルの個人セッションの感想《名古屋 瞑想 ヒーリング》


こんにちは名古屋八事で瞑想、ヒーリングを提供しているスタジオウーヌスです。
 
気持ちの良い天気が続きますね。
皆様お元気ですか?

6月11日、12日にスタジオウーヌスでカナダ人の瞑想家ゴパルのワークがあります。
ゴパルは、30年以上インドのOSHOリゾートで、OSHOのガイダンスのもとで瞑想を指導してきた人です。
ギリもインド時代よく彼と会う機会がありました。
いつも本当に静かで穏やかな人です。
一度も急いでいたり、感情的な姿を見たことがありません。
内側の静けさがそのまま外に現れている そんな存在です。

ゴパルの個人セッションを受けたAさんの感想をいただきました。
シェアさせていただきます。

気になる人の前に出ると、意識過剰になって、自然に振る舞えないのです。
学校時代からそうでした。
なんとか、したい...

すると、ゴパルは、話しを優しく聞いた後、


「それを身体のどの辺りに感じますか?」(ゴパル)

と質問されました。

「この辺りです。」(私)

お腹辺りを指します。

「それは、どんな感じですか? 」(ゴパル)

「なんか、白くてモヤモヤしています。3ヶ月くらいのベービーな感じです。」(私)

私は自然と目をつむり、お腹辺りに手を触れます。

「そこは、どんな感じですか? 」(ゴパル

「白いもやのかかった子宮に、ベービーが包まれている感じです。
そのベービーと母親は、へその緒で繋がっています。
そして、栄養を得ています。
」(私)

そのイメージと共に、身体が緩み、深呼吸が起こります。

しばし、それを楽しんだ後で、 そのへその緒が母親から、存在である和尚へと繋がりました。

そして、最後には、 自分へと...

ヒプノ的なリードで、ゴパルの質問や言葉はよく覚えていませんが、その感覚だけは、今もクリアに覚えています。

すっかりリラックスした私は、 身体が繭のようなもので包まれてひとつになっている感じで、至福が続きました。

数日後、彼の前でも、普通に振る舞えた自分にびっくり...
意識が、より自分のソースと繋がったからでしょうか⁈

話しをしているだけで、なんにもしている感じがないのに、統合されていく...
まさに、ゴパルマジック...お勧めです。

〈女性.ボディーワーカー〉


またオーガナイザーのマティさんは、こんな風に書いています。

ゴパルのセッションには、直感で来た!と言う方が多いです。
ナイトイベントで、彼のディルルバ演奏とガイド瞑想に、惹かれて...
また説明文だけで...

何をするか、わからないままに来ました。
と言われ、セッション後には、大満足して帰られます。
彼がなんであれ、優しく話しを聞いてくれる受容のスペースに、自分でも
気がつかなかった本音が、ホロリ...

また人間関係やストレスなどにも、繊細に働きかけていきます。

これは、私の例ですが、
仕事のひとつで、どうにも動かなくて、難しさを感じている時に、その話しをしました。
彼は、暫し話しを聞いた後で、
「その話しをしている時に、身体のどこを感じますか?」
と聞かれ、

「う〜ん、肩にすごい重荷を感じる。
それは、四角くて、石のようで、息ができない。。
私は、本当に石が覆い被さるかのように感じ、
ゼイゼイ言っています。」

ゴパル曰く
「では、そこは、また後で扱いますので、今、他に身体の何に気がつきますか?」
とリードします。

そんな感じで繰り返している内に、その重荷は消え、問題も消えていきました。

中盤を飛ばしていますが、彼のヒプノボイスのリードで、自分の源へと繋がり、無理なく問題が解放されていく...

まさに、長年、瞑想をしてきた彼の気づきと私の気づきが、共鳴して、物事が勝手に起こる感じです。

受けてみないとわからない...ゴパルマジック...



ゴパルの個人セッションは、現在3枠のみ空きがあります。
お早目にご予約ください。
11日には、ナイトイベントもあります。

詳しくは、
6月11(水)・12(木)ゴパルマジック~サマサティ「憶いだしなさい あなたは仏陀だ!」







投稿者 Banyan tree | 記事URL | コメント(0)

2014年5月24日 土曜日

ファースティング(断食)《クレンジング ヒーリング 名古屋》

名古屋で、ボディワーク、ヒーリングを提供するスタジオウーヌスのギリです。

プラナーダに教えられたやり方で、3日間の断食をしました。
普通の食事に戻ってくるのにまた3日ほどかけてゆっくり復帰します。
そんな訳で1週間近くのプロセスです。

3日間、主に口にするものは、フレッシュジュース。
起きてすぐは、レモン1つから絞ったレモンジュース。
ぬるま湯で割ります。
それからは、甘夏ジュースだったり
リンゴ、ニンジン、キュウリ、キャベツ等で作ったジュースを飲みました。
スタジオウーヌスのジューサーは、果物等のかすは、別にならないので、ジューサーで回してその後、布で濾しました。


 
洗腸器

そして一日1回洗腸しました。
2Lのぬるま湯(人肌の温度)を大腸に入れます。
10分くらい、大腸をマッサージ・・・我慢できなくなったらトイレへ・・・・

空腹は、それほど気になりませんが、力がでないので、のんびり過ごします。
プラナーダが、断食すると、身体が解毒しだすと言ってましたが、その通りですね~ Margaは、初めてのせいもあってか頭痛がありました。
ぼくは、自分では気づかないのですが、体臭が強くしたそうです。

3日目にコーヒーエネマをしました。
無農薬有機栽培のコーヒーを蒸留水(精製水)0,5Lで沸騰させ、濾過したコーヒー液を大腸に入れます。
右側(肝臓のある方)を下にしてに横向きに寝ること15分、コーヒーが肝臓のほうに入っていきます。
この時は、便意を催しません。

4日目は、果物、5日目は、生野菜を加え 6日目は、ボイルした野菜・・・7日目普通の食事・・・こんなふうにして完結です。

前回コーヒーエネマをした次の日?湿疹の皮が破れ、数ミリの傷口になり、右の掌全体がむくみました。
びっくりしてパ二くりましたが、プラナーダから毒だしだからと言われて 納得、安心しました。
結構強力なクレンジングです。

マルガ曰く 「ギリの肌 透明感が出てきた」そうです。

ギリは、昨秋からアトピー状の湿疹が身体中に出てそれ以来、食事や生活いろんなことを見直しています。
やはり、元から変えていかないといけませんね。
最近、湿疹もだいぶ良くなりました。
いろいろな面から気長に、クレンジングするのがいいようです。
最初は、え~どうして?
この年になって?
とか思ってましたが、これもまた学びですね。

またタイミングを見て断食クレンジングしたいと思っています。

洗腸、クレンジングは、いろいろなやり方があるようです。
無理のない、自分にあったやり方でやるといいと思います。

関連ブログ
内なるエコロジー~プラナーダに学ぶ~

浄化を助けるリバランシングマッサージ




投稿者 Banyan tree | 記事URL | コメント(0)

2014年5月24日 土曜日

ガーデニング《名古屋 ヒーリング スピリチュアル》


 
昨日、懸案事項だった春のガーデニングをやっとしました。
まだ鉢の植え替えとかありますね~

これは、ペチュニアとマリーゴールド


 
サルビアに?



 


 
日日草の改良品種?小さくてかわいい
スタジオウーヌスのベランダは、南西向き 日日草は夏の西陽にも強い花


 
椅子の布を張り替えました。
数年前、母が張り替えていたのを思い出して一人でやりました。
その時は、一大イベントでした。今回2人でやったら超らくちんでした。
色違いの布を選んだのは、Margaのセンスです。

センスアップ中のスタジオウーヌスをお楽しみに!!!

投稿者 Banyan tree | 記事URL | コメント(0)

カレンダー

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31