giriのブログ

2015年4月30日 木曜日

第一次呼吸~生命を司る力

クラニオセイクラル・バイオダイナミクスの施術をしていてよく「何をしているのですか?」
と、聞かれます。
手を動かしているわけではないのに、身体の中で、様々なことが起こり、意識レベルでも、異空間にいたように感じるからです。

第1次呼吸という言葉を通してそのことを話してみます。

クラニオの施術は、とても静かで優しいタッチをします。
そしてマッサージのように動かしたり、圧をかけたりすることは、ありません。
実のところ、何もしません。
何もしないことが、もっとも強力な効果をもたらします。

う~ん わからないですよね?

 

ギリの先生のバードレイナ先生のトレーニング風景

このワークの成り立ちから説明してみます。
サザーランドというアメリカ人のオステオパシー(自然治癒力を重視した代替医療)のドクターが、1900年代初頭、側頭骨(上の写真の茶色の骨)を見て、この骨は、えらのように動くに違いないという天啓を得ました。
これが、クラニオワークの始まりのストーリーです。
頭の骨が、規則的に動いているのを知っていますか?
23ある頭の骨は、全て固有の動きがあり、その上で、頭蓋全体が、一つの統一した動きを持っています。
興味のある方は、下記のyoutube映像を見てください。
https://www.youtube.com/watch?v=J2oVjn2ALLE
いくらかイメージが持てたでしょうか?
(この映像で、金色の部分は、大脳と小脳、右脳と左脳を分ける膜です。)

今から100年以上前、ドクターサザーランドは、「頭の骨が動くという自分の考えは、絶対に間違っている。」と思い、そのことを実証するために様々な実験をしたそうです。
自分自身の頭の骨を紐で縛り付けて、人体にどんな影響が出るかといった実験を重ねたそうです。
長年の実験の結果、頭の骨、身体のすべての骨や臓器が動いていることの確証を得ます。

では、その動きを創る力はどこから来ているのか?
ドクターサザーランドは、身体が宇宙エネルギーを取り込んで、そのエネルギーが身体を動かしていると考えました。
宇宙エネルギーが、人間、そしてすべての生物の生命エネルギーの源です。
宇宙エネルギーの呼吸を肺の呼吸と区別して、第1次呼吸と呼びます。

宇宙エネルギーを吸う時に、身体全体、一つ一つの臓器や骨は、大きく広がり、吐くときに狭まります。
私たちは、日々刻々、宇宙エネルギーを受け取っています。
そのエネルギーは、様々な液組織、脳せき髄液や血液、リンパ液に、骨や臓器に流れ込みます。
そして私たちの生命活動が維持されます。

そしてこの宇宙エネルギーは、どこから来るのでしょうか?
空あるいは、無というスペースからやってくるようです。
3次元的な思考では、理解できないですね。
量子物理学が、クラニオセイクラル・バイオダイナミクスの理論的な背景の一つになっています。

生命あるいは、形が、形のないスペースからやってくるように
私達の生命(いのち)を司る生命エネルギーも空のスペースからやってきます。
無から有が生じます。

色即是空 という般若心境の世界です。

クラニオセイクラル・バイオダイナミクスの施術者が、何もしないのはそのためです。
生命の沸き起こる、空のスぺ―スにいる時、クライアントの癒しの力である生命エネルギーの顕れー第1次呼吸を最もサポートすることができます。

そして第1次呼吸~生命エネルギーは、それ自身智慧を持っています。

私たちの人智を超えた智慧です。

クラニオセイクル・バイオダイナミクスの施術は、その叡智に身を委ねることです。

セラピストの判断で、身体のある特定の部分を動かしたり、圧を加えるのではなく、身体の叡智が、癒しの力を十全に発揮できるサポートをします。



宇宙



胎児

そして、この生命エネルギーは、銀河や台風を創ったり、受精卵が大人になるまでの成長をもたらす力でもあります。

こんな風に見てみると、私たちの存在そのものが、宇宙と密接に繋がっていること
宇宙と一つであることも理解できます。
ワンネスの世界が、クラニオバイオダイナミクスの中で起こります。

意識のシフトが起こる とも言えます。
肉体、思考、感情の総体=私 という自我意識を離れて、より普遍的な意識のレベルに入ることがよくおこります。
瞑想状態と言ってもいいかもしれません。

クラニオバイオダイナミクスのセッションでは、身体レベルのヒーリングだけではなく、意識的な変容がよく起こります。
人生の転機あるいは、何かの問題をもってセッションを受けた方が、セッション後、いとも簡単に、新しい方向、結論を見出すこともよくあります。

ここまで書くと、クラニオセイクラル・バイオダイナミクスと他のクラニオセイクラルワークとの違いが分かりかけてきます。
次回このテーマで書いてみます。

PS.空のスペースにいることについて書きました。
クラニオセイクラル・バイオダイナミクスのトレーニングはの中心は、ひたすら、空のスペース(ニュートラル)でいる練習です。
様々なハンドポジションを通して、クライアントと無のスペースで触れること、瞑想ですね。瞑想と言う名前を使わない瞑想のトレーニングでした。
何年もかけて、そしてトレーニングが終わってからもそうですね。

クラニオセイクラル・バイオダイナミクス・セッション

投稿者 Banyan tree | 記事URL | コメント(0)

2015年4月29日 水曜日

シリーズ「ハートという新しい生き方」②~ハートの可能性




トーショ― マルガ ギリ @京都醍醐寺

ハートは、幸せになる一番の近道、
そしてそのハートは、すぐに感じられることができます。
ハートの手を当てて深呼吸。
それだけで、考え事、悩み事一杯から違ったスペースに移ることができます。
そう、今すぐ試してみてください。
ハート瞑想の先生トーショ―から新しい文章が届きました。
シリーズ「ハートという新しい生き方」の2回目。
今回のテーマは、ハートの可能性です。
以下トーショ―の文章です。



前回はなぜハートが大切なのかをお伝えしましたね。
今回はハートのはたらきは誰もが経験しているものであることを知っていただきたいと思います。
そうだそうだと思われたでしょうか?
私は恋多き人だから、ハートはたくさん経験している、あのハートの悦びやドキドキ感、それにうまくいかなかったときのハートブレイクの感じ、と、どんどん連想が広がっていった方もいらっしゃるかもしれませんね。
でも、実は、それはたぶんハートではないのです。
恋愛感情に代表されるような強烈な感情は、第2チャクラのエネルギーであることが普通です。第2チャクラは、感情を司っている、とても人間的なチャクラです。このチャクラのおかげで、人と人とのつながりが豊かなものになります。でもその豊かさの中には、悲しみや怒りなどの感情も入っています。
ハートはそれとは違ったエネルギーです。
ハートのはたらきは、愛、喜び、受容、感謝、勇気、忍耐、やさしさ、思いやり、ひととのつながり、共感、信頼、などです。
読者の方にとって、上にあげたハートのはたらきは、経験したことのあるものだし、もっと経験したいと思っている性質かもしれませんね。
少し時間をとって、以下のようなことを思い出してみてください。
道で誰かが誰かに親切にしている姿、赤ちゃんを抱いているお母さんの姿、若者がお年寄りに席を代わったとき、小さな動物をみたとき、自然の中を歩いていて、春の息吹を感じたとき、桜の花、小さな野の花、ゆったりとして静かな音楽を聴いているとき、大切な人から贈り物をもらったり、心を込めて贈り物をしたとき、ただ家族や大切な人といっしょに時間を過ごしているとき、
他にも思いつくかもしれませんね。
こういうときにハートが動いています。
思い出しながら、胸の中心にあるハートセンターの上に両手をあててみましょう。そして感じてみます。
何を感じますか?
温かさでしょうか?優しさでしょうか?それともひろがり?深い呼吸が起こったかもしれませんね。やすらかさがあるかもしれません。静かな喜びを感じるかもしれません。
そうです。あなたは、普段の生活の中でハートを経験しています。
ハート瞑想では、それを意識的に深めていきます。
ハート瞑想はとても簡単なのです。
ただハートに手を休め、手の感触や温度を感じ、今ここにいることだけで、ハートは開きます。
ハートに馴染んでいくことで、生きていることの意味を感じることができるようになります。
いっしょにハートへの旅をしてみませんか?
次回はハートが与えてくれる人生の意味について、もっと書いてみたいと思います。


5・16(土)~18(月)ハートへの贈り物③~ハートの直観・本質を育てる&個人セッション

投稿者 Banyan tree | 記事URL | コメント(0)

2015年4月28日 火曜日

GIRI MARUTA絵画展「響きあう生命」の感想をいただきました





昨夜、高倉健、田中裕子主演の「ホタル」をパートナーのマルガと一緒にビデオで観ました。
健さんが、特攻隊員の生き残りを演じています。
不治の病を持つ妻に田中裕子、
戦争という狂気、暴力、
その理不尽な世界の中で生きる痛み、苦しみ、
それをすべて引き受けて生きる男の姿
女の姿
生きることの哀しみ、喜び、
喜びや哀しみをも含みこんで流れる生命(いのち)の流れ、
健さんのカッコよさ
そんな男を包み込んで生きる田中裕子演じる妻の女の愛の形・・・・
今朝は、昨夜の映画を思い出し、一寸センチで、ウルウルしながらのベランダモーニングでした。

3月に行った個展の参観記をMさんから頂きました。
Mさんは、10数年前、ウーヌスのマンションを紹介してくれた不動産屋さんにお勤めでした。
ハイエストプロテクションのペンダントを朝つける時に、こんな条件のマンションが必要です。
と天に呼びかけました。
すっかり、その通りのマンション。
あまりに簡単に理想のマンションがでてきたので、もっといい物件があるに違いないとのんびりしていたら、Mさんか「丸田さんの条件に会うマンションは、他にありませんから、早く決めてください。ほかの人が取ってしまいますから・・・」とお電話をいただきました。
そんなご縁から親しくさせていただいております。
ぼくにとって恩人です。

今回、久しぶりにお会いしました。
Mさんに了解していただいて、シェアさせていただきます。




Banyantree

平成27年4月
Giri Maruta絵画展参観記風に

 今回、丸田氏の絵画の鑑賞に出かけようと思ったのは、案内状の裏面にあった絵の実物をを是非直接見てみたいという衝動に駆られたからである。
この絵のスピリチュアルなイメージを是非自分の眼で確かめてみたいと強く思ったからである。
実際にこの期待は裏切られなかった。
深い緑の森の中で心地よい光と風に包まれ、肉体を離れた魂が瞑想をし、穏やかな状態でいるイメージがしっかり伝わって来ると同時に、見る者をもその絵の中に誘ってしまう、そんな作品[Banyantree:バンヤン樹]であった。

私のような素人には絵の技術や技法についてのコメントは全く為し得るものではないが、木や緑の構図、配色、一様ではない光の射し加減、爽やかな清浄な空気感など巧みなものを感じた。
このような巧みさは同時に掲げられていた丸田氏の他の絵画に共通している。 
丸田氏の今回の絵の主題ないし真髄は『生命』の表現にある(と感じた)。
『生命』は輝きであるが、その現れ方は真に多様である。
穏やかで和んだ状態、一瞬の強い輝き、情熱や情念で燃え滾った状態、破壊的な鋭い表出(神道の神様の荒魂の発現の印象)等々様々であり、今回の展示された絵にはそれらが巧みに描かれている。特に光の表現を介して。




Forest in Ashrum



Journey into unknown



Door to mystery


光といえば、印象派の表現を思い浮かべるが、それは緯度の高い地方の柔らかで穏やかな光のイメージが強い。
これに対し、丸田氏の光はより多様であり、森林の中の光であっても
丸田氏の場合、緯度の低いインドのやや強い日差しを前提とした光であるし、また別の作品では、生命の営みの一瞬の激しい煌きであったり、情熱的な熱い光であったりもする(今回の出品作品では、Banyantree、Forest in Ashrum:アシュラムの森、Journey into Unknown、Door to Mysteryなど)。
かかる処が丸田氏の絵の特徴であり、魅力の一つである。

 

Yellow swan

このようにして丸田氏の作品を感慨深く鑑賞させて頂いたのであるが、『Yellow Swan』を私の手元に置くことになった。
この作品には、圧倒的に濃い暖色を背景に、中間を黄から緑、前面を白という形で彩色が施されている。
濃い暖色は熱さ、黄から緑は豊かな森、白は波飛沫と光の輝きを感じさせる。
そして、それらは渾然一体となって、カラフルな原色的な迫力ある色彩と共に不思議な調和を醸し出している。
又、この作品には、鳥や魚などの生き物が一面に多数描かれている。
だが、それは描こうとして描いたものではない。丸田氏の独特の方法で彩色がなされた後、その中からそれらの生き物たちを見つけ出すという形で描かれたものである。
この様に表現されたこの作品からは、恰も無から有(生命)が誕生し、莫大なエネルギーと共にこの世に色彩が溢れ出して間もない頃をイメージさせられる。
そしてその濃い原色的な色使いは決してグロテスクな印象を与えるものではなく、清潔感すら感じ得る。
その為か私は当初この絵を見て、綺麗と感じ、臨死体験をした方がよく見るという彼岸をイメージしたが、彼岸はお花畑であり、この絵とは異なる。
この絵は、現世の豊穣な生命のエネルギッシュな様子をそのまま炙り出した作品である。
そして、描かずに多くの生命を見つけ出したというところが、この作品の最も優れた処であると考える。
この世に生命があり、色彩があるということ自体が奇跡であり、その奇跡を(小賢しい知恵や知識ではなく)素直に受け止め真摯にキャンパスに表現できていること、そのことを絵を鑑賞する者に感動的に伝え得ていること、これがこの絵の真髄である。
更に、この絵は、混沌としたカオスの状態のところに中心部にいる黄色い鳥が秩序(コスモス)を齎そうとしている処を描いた作品であると見ることもできる。⦅これからここにいる生き物たちは調和のある平和な世界で暮らすことになるのであろう。⦆この黄色い鳥は、広く言えば明るく活気に満ちた幸福を、狭く言えば、金銭的、財産的満足を齎す象徴的な存在である。
豊かで豊穣な生命で活気に溢れ、しかし調和もある穏やかな日常、その様な状態を作者は意識的・無意識的に絵やスピリチュアルな世界で表現ないし、設計されているのかもしれない。
なお、丸田氏は無邪気に楽しみながら、この絵の中から多様な生き物を見つけ出すことができたと仰っていた。
これも亦、この作品の魅力の源泉の一つである。

丸田さん今日はお疲れ様。有難うございました。  M 記


Mさんありがとうございました。
僕が、意識していない作品のもつ美について書いていただいてとても嬉しく思います。 giri

今回展示したほかの作品も何点か紹介させていただきます。















ギリのアートサイト  Art of light

最後まで読んでいただいてありがとうございます。 giri

投稿者 Banyan tree | 記事URL | コメント(0)

2015年4月27日 月曜日

宇宙への信頼は、自分への信頼から





こんにちは、ヒーリングスタジオ・ウーヌスです。

すっかり初夏の陽気ですね。
ウーヌスの森の若葉たちも日々ぐいぐいと大きくなります。



パンジーも、陽を浴びて気持ちよさそうです。



シクラメンもまだ咲いてくれています。

先日、ルミナさんの仕事の仕方セミナーを受講した話を書きました。
一つ強く耳に残っている言葉があります。
「宇宙の信頼は、自分自身への信頼から」
という言葉です。
私達自身が、宇宙の一部です。
そして私たちを通して宇宙が開かれる、顕れると言ってもいいかもしれません。
究極的には、私たち自身が宇宙です。

自分自身のことを信頼できる時、宇宙への信頼も生まれる。
何か、自分とは、離れた存在として神様や宇宙があるわけではない ということです。

そして自分自身への信頼は、日々、やるべきことをすること。
その日その日やれること、やるべきことをすること。
そうやって、道が開かれ、家庭や仕事が創られ、
自分自身に対して強い気持ち、信頼が生まれる。
そんな自分自身への信頼が宇宙への信頼に繋がる。
ということです。

僕自身思い当たるんですよね。
ちょっと大きな企画をするとき、
上手くいくかな?て不安があります。
そんな時、一寸手を抜いて様子や人の反応を見たりします。
そんな風にしてせっかくの企画を100%花開かせないようにしてしまったっことがあります。

やると決めたら、やるべきこと、やれることをやる。
人生そんなものですよね。
その時その時、やれることをやる
そしてそれが道を開いてくれます。

そうして自分への信頼、宇宙への信頼が生まれます。
そういう人を回りも宇宙も信頼してくれるのですね。

5・16(土)~18(月)ハートへの贈り物③~ハートの直観・本質を育てる&個人セッション

春のお勧めメニュー~覚醒のフィ―ルドー魂の目覚め、ハートの歓びをサポート!!

投稿者 Banyan tree | 記事URL | コメント(0)

2015年4月24日 金曜日

「ペインティングfromハート」ワークショップレポート



giriのブログへの訪問ありがとうございます。
暖かく穏やかな春の日が続きます。
皆様いかがお過ごしですか?

私たちは、昨日の午後、春の風に誘われて今年初めて知多半島にドライブしました。



菜の花畑がありました。 マルガ



ギリ



こちらは、ベ二シジミ、

磯の香を吸って、美味しいランチを食べて、塩分いっぱいの温泉に入って、新鮮な魚や野菜をいっぱい買って帰ってきました。

3月に行った個展、GIRI MARUTA絵画展「響きあう生命」で、会場ギャラリーゆんたくの2階のスペースで、行ったペインティングワークショップ「ペインティング from ハート」のレポートです。




トーショ―(市場義人)のリードで、ハート瞑想からスタートしました。
絵を描くのって、
「上手に絵を描けない」という苦手意識があったり、
「誰々さんの方がうまい」といった比較が生まれたりしがちですよね。
ハートのスペースにいる時、比較や、ジャッジ(判断)は、生まれません。
ハートのエネルギーがとてもスムーズに今回のワークショップを導いてくれました。

3歳の晃君(こうくん)も、瞑想が始まるととても静かにしています。
小さな子供って、とてもエネルギーに敏感!!
晃君がいることが、私たちもお絵かきに深刻にならず、遊び心で絵を描くサポートになりました。
3歳児と一緒のペインティンググル―プは初めてだったので、最初ちょっと心配でしたが、かえって晃君に助けられました。
だいたいのことは、やってみると上手くいくものですね。




みんな一緒にお絵かき



晃君



晃君、紙を動かして絵の具を垂らしています。



トーショ―が、マナさんの絵のエネルギーを感じて踊りだしました。
そしてみんなの絵と同じように・・・・




ミーナ(晃君のお母さん)の絵



最後のシェアリング、
「これが僕の絵で~す。」



シェアリングの様子



お母さんのところが一番!!



晃君の作品、本当は、縦です。



縦の作品です。黒い部分が上、by 晃君



これも本当は、縦、晃君、どの作品もどこか思いっきりがいいんですよね。
しばらく、熱中していて、ある時、ストップ、次の絵を描きだします。
迷いがないね~ この人!!



こちらは、ミーナの作品。実物は、もっと鮮やかでした。
繊細で大胆
柔かくて力強い



マルガ、グリーンとブルー、絵の具を流して生まれた作品。
美は、一瞬に生まれるもの



マルガ エネルギシュ!!熱いな~!!



マナさん、春爛漫!!



トーショ―、光と動き 



トーショ―の作品②



ギリの絵 トーショ―がスポンジで、絵の具(水彩絵の具使用)をふき取って光が生まれているのを見て真似ました。
ワークショップのプロセスで、2回目のハート瞑想をしました。
その後、遊び心が動き出して 普段使わないスポンジを使って絵を描きました。
楽しかった!!


晃君、トーショ―、マルガ、そして参加してくれた皆さんありがとうございました。
ハートのスペースにいる時、クリエイティビティ(創造性)が、マインドの制限を超えて自由になります。
ハートのスペースにいて、遊び心で、より豊かで幸せな人生を創っていきたいですね。
皆さんどう感じられますか?

最後まで読んでいただいてありがとうございます。

ペインティングセッション、ワークショップに興味のある方は、お問い合わせください。


投稿者 Banyan tree | 記事URL | コメント(0)

カレンダー

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31