giriのブログ

2016年1月24日 日曜日

論文「ポリヴェーガル理論~人間にとって安全とは何か?」を紹介していただきました



すっかり寒くなりましたね。
皆様いかがお過ごしですか?


社会神経系という言葉ご存知ですか?
多くの方が、聞いたことないですよね。
人と人が関わることに関する神経です。
顔面神経、舌咽神経、迷走神経・・・・食べたり、話したり、表情を作ったり・・・そんなことに関わる神経です。
赤ちゃんが、お母さんから母乳をもらったり、世話してもらったり・・・・この社会神経を使って関わります。
子供の頃の親子関係によって培われた社会神経系の対応能力が、大人になってからも影響します。

だから人間にとってとても大事な神経系・・・・

ポルゲス(ポージェス)という人が、それらの神経を社会神経系と名づけ、自律神経を交感神経、副交感神経、社会神経から成り立つとまったくもって新しい理論を組み立てました。

すっかり新しい、人間(動物)に対する観方です。
今、特にトラウマワークの中で、理論庭な背景になって、ヒーリングワークがされています。

3年ほど前に、クラニオ・トレーニングの中で、このことを調べ、論文を書きました。

今でも、時々、問い合わせをいただきます。

今回、カウンセリングルームI Balanceさんに論文を紹介していただきました。

人間に関して、あるいは、自分自身や親しい友人に関して全く違った目で見ることになるかもしれません。
この機会に、ぜひ、読んでみてください。


ポリヴェーガル理論を知りたい人にオススメ!(I Balance吉井佐和子さんブログ)

「ポリヴェーガル理論~人間にとって安全とは何か?」 (ギリの論文)








投稿者 Banyan tree | 記事URL | コメント(0)

2016年1月12日 火曜日

覚醒のフィ―ルド~新しいステージへの移行をサポートするセッション



先日、Aさんに覚醒のフィ―ルドのセッションを受けていただきました。

「1年の大掃除をして、次のステージに行くために、ギリとマルガのセッションを受けたい・・・」

ということで、遠方から来ていただきました。

お話を伺うと、新しい方向性は、見えています。
そこに行くのが、怖い・・・
自分のことをケアしたり、自分自身の仕事を本当にしないで、人の世話ばかり見ている・・・・
自分自身に今、動いているもの、動かされているもの
その一番深いところに繋がりたい・・・・
そしてそこに動かされて、次のステージに進みたい・・・

そんな感じで、4枚のカードを選んでいただきました。



最初のカードは、魂の目的、生まれてきた意味、を示します。
カードの名前は、「純粋なる意識」。
天に身を開き
光を地に降ろします。
神の声を伝える。
光で闇を照らす
チャネルになる・・・・

Aさんは、そのものです。



2枚目のカードは、サポートになるエネルギーです。
カードの名前は、聖なるものの歌
表現、創造性のカードです。
天の光、智慧、愛をこの世に形として創造します。
エゴからではない、神聖なるものからの創造性、
このカードもチャネルになる人のカードです。

「これ本当に必要です。
新しいものを創ること怖がっている・・・ 」




3枚目のカードは、今のエネルギー
「愛以外の何ものでもない。」

優しく強く、惜しみなく与える愛、
無条件の愛、許し・・・
「そう、今年は、罪悪感に、苦しんでいました。
自分自身への許し、愛、今、やっとそれができてきてます。」




4番目のカードは、近い未来のエネルギー
 「蜜の収穫」
泥に根を張り、水、風、陽の光を受けて開く 蓮の花・・・
人生いろいろな経験をします。歓びや悲しみ、生きる希望失うような痛み、塩飽の絶頂・・・・様々な経験を浄化することができる時、悲しみは、慈悲に、怒りは、歓びに、苦しみは、慈愛に変容します。
長い時間をかけ、天からの光、愛を受け取り、私たちは、自らの様々な体験を智慧に、慈愛に変容させます。
そしてそれらが全て集まって、新しい花を開かせます。
変容と開花、新しい形の花が開き、それを人々と分かち合います。

これは、Aさんが言っていた新しいステージ・・・・

「カードって、本当にその通りに出るんですね~ びっくりです!!
とてもクリアーになりました・・・。」
 

とAさん、




光のカードのリーディングの後は、「聖なるものの歌」のエッセンスを飲んでいただき、聖なるものの歌のオイルマッサージとクリスタルヒーリング&クラニオのスペシャルセッションを受けていただきました。



覚醒のフィ―ルドのセッションは、一人ひとりの魂の声を聴きます。
そして、その人のエゴではなく、光のエネルギーをサポートします。
光と愛を生きる為のワークです。
一年の始まりにご活用下さい。

覚醒のフィ―ルドのセッション





投稿者 Banyan tree | 記事URL | コメント(0)

2016年1月12日 火曜日

祈り≪名古屋 瞑想 ≫



昨日のARTS(放射能変換シールド)の祈りへのご参加あリがとうございます。
ウーヌスでは、20歳前半の若い男性の参加があって、楽しい時を過ごしました。
瞑想とかお祈りとかそれ程経験のない方でした。

短い時間ですけどすごいですね。
意識がとてもスッキリします。
癒されました。


こんな風におっしゃっていました。

参加なさった方お二人からコメントが届いています。

ドイツの方です。

feeling very expanded, Heart opening wide heart emoticon Thank You 
(とっても拡がったと感じます。ハートが大きく開きました。ありがとう)



こちらは、愛知県の方
 私は、ある家族の方と、ARTSクリスタルに触れながら 祈る日になりました。
同じ部屋で過ごした子供達が 目を丸くしてクリスタルに近づき、興味を示したので、活性化した熱いARTSを触ったり、身体に当てたりしながら、触れ合いの時間を過ごしましたよ。


神奈川の方です。

15時からエネルギーが福島県に流れました、
何か⁉️高圧で、シャープな波動です〜練金変容エネルギーシルバーなシャープさ福島県全体の何かを〜練金変容して居る〜が多分放射能、私が使ってるエネルギーとは少し違ってる多分サンパティからのエネルギー素晴らしい新しいエネルギーだと感じました〜サンパティご参加の皆さん福島へ有り難う〜皆さん一人一人の祈り奉仕は、福島に留まらず、皆さんと親族地域への覚醒へと貢献して居ると私は思っています〜



祈ることは、自分自身の内側、ハートや魂に触れる行為です。
そして自分自身の内側の本質が拡がり、癒されます。
人のために祈っても、自分自身が癒されます。
一石二鳥?

よい一日をお過ごし下さい。


shine1/17(日)クリスタル「愛と感謝」ワンデイワークショップ~あなたにもできるクリスタルヒーリング

heart01一年の初めに、あなたの魂の声を聴く
覚醒のフィ―ルドのセッション

heart04あなたの男性性&女性性の癒し
サイキックマッサージ



投稿者 Banyan tree | 記事URL | コメント(0)

2016年1月12日 火曜日

新しい人生≪名古屋 瞑想 ヒーリング≫



1月10日に瞑想の集まりがありました。
名古屋の仲間が定期的に開いてくれているものです。


そこで、一人の仲間が、OSHOの弟子になるお祝いをしました。
それは、本当の自分、真実を生きるコミットメントです。
今まで、両親や社会から与えられてきた「自分」という思い込みから自由になる決心をすること・・・
存在に身を委ねること・・・・

彼女の受け取った新しい名前は、Anand Kaika  至福のつぼみ

言葉で語るより、
写真が多くを語ってくれるでしょう。
























瞑想センターのリーダーから新しい仲間に贈られたOSHOの言葉

瞑想とは、内側へと向かうことだ。

その旅は果てしない。

「果てしない」とは、

扉が開き、ついには扉自体が宇宙になるまで開きつづけていくという意味で果てしがないのだ。

瞑想は花開く。

そして、それは開花しつづけ

ついに開花それ自体が宇宙となる。

その旅は果てしない。

始まりはあっても、けっして終わりはない。

             ーーー  OSHO


shine1/17(日)クリスタル「愛と感謝」ワンデイワークショップ~あなたにもできるクリスタルヒーリング

heart01一年の初めに、あなたの魂の声を聴く
覚醒のフィ―ルドのセッション


heart04あなたの男性性&女性性の癒し
サイキックマッサージ


投稿者 Banyan tree | 記事URL | コメント(0)

2016年1月11日 月曜日

意識の変容の力≪名古屋 ヒーリング クリスタル≫

今朝、明け方目を覚ましました。
軽い、不安感・・・・
これは、ぼくのよくなれた感覚で、
実は、とても居心地が悪い・・・
こんな時は、そのまま、朝、座ったり、ガイド瞑想のテープを聞いたり、クリスタルのライトトランスミッションをします。
多くの場合、それで、平常心を取り戻します。
今朝は、ただそれを感じてみました。
しばらくすると、とても静かな気持ちです。

昨日、津留晃一という人を見つけました。
ご存知の方もいるかなあ?

彼は、存在のすべては、波動、思考も波動・・・
自分自身の内側の状況、すなわち波動が、外側の波動を創りだす。
引き寄せの法則もこれですよね。

よく言われることでし、経験的にも知っていることです。
ウーヌスのマンションも、「これこれの条件のマンションが必要です。」と呼びかけして、その通りのマンションが顕れました。
それでも、僕自身充分には、身に付いていません。

津留さんのものを読んでいて、どこか腑に落ちたことがありました。
内側の反映、自分自身の波動そのものが、外側の現実を創りだすなら、無意識も含めて、創りだしたい現実の波動である必要がある。
そのために、津留さんは、クリーニングということを提唱したようです。
実は、まだ彼のものを充分読んでいず、間違っているかもしれません。
感情のクリーニングには、その感情とただともにいる
感情を感じる
それをトータルに数分するとその感情は、浄化される
と言います。

もう一つ腑に落ちたことは、
意識を向ける ということです。
意識とは、光でもあります。
意識が向けられるとそれだけでヒーリングが起こります。
それは、虚心に話を聞いた時、あるいは、無心にハグをした時と
考え事をしながらした時の相手の反応は、全く違います。
声をかけると植物がよく育つ
大きな実をつける
そんなことがよくレポートされています。
クラニオ的に言うと
クライアントの体は、施術者に思考に反応します。
セッションの最後に、クライアントの体が、反応しだした時、
「もうすぐセッションを終えていきます。」
そんなふうに心の中で呼びかけると、動いていた身体が、静かになって行きます。

もう、20年以上前、ガンガジというスピリチュアルティ-チャーの集まりに出かけました。
ネガティブな感情、どこか心の重さ、不安感について質問しました。
「では、その不安感とともににいてください。」とガンガジに言われました。
しばらくして、「今何を感じますか?」
「Nothing (何も感じません。無です)」
「そう本当のあなたは、無なんです。」
ガンガジに示された、無の境地は、しばらく続きました。
また、不安感が襲ってきたりします。
あれは何?

感情が、来ては去り・・・ということを理解していても、
特定の、平安、静寂、幸福・・・そんな心境をいつもいつも保持していたかったのです。
そしてその固定した特定の境地に達成することが、瞑想の目的のようにどこか思っていたようです。
それで、心を乱す心境がくると、それに振り回されます。
その感情を否定するからです。

僕の中に、怒りや痛みや不安・・・そういう感情は、よくないもの、という価値判断が、根強くあります。
それで、そういう感情と仲良くできません。
自分にやってくると、色々な方法で感じ無いようにします。
他人にやってくると、批判します。

全てを受け入れること
あるがままを受け入れる
ということでもありますね。
よく知っている言葉ですが、実際にするのは、難しかったりします。
価値判断(ジャッジメント)があるからですね。
感情や感覚は、雲のようなもので、意識を向けると、青い空に戻っていく
意識には、癒しの力がある・・・

そのことをわかっていると、いろんなことが変わっていきます。

ぼくも、感情とただともにいることの変容の体験は、i意識的には初めてのことです。
津留晃一をもっと読んだりして、より深めていきたいと思っています。

津留晃一の世界



shine1/17(日)クリスタル「愛と感謝」ワンデイワークショップ~あなたにもできるクリスタルヒーリング

heart01一年の初めに、あなたの魂の声を聴く
覚醒のフィ―ルドのセッション

あなたの男性性&女性性を知る
サイキックマッサージ


投稿者 Banyan tree | 記事URL | コメント(0)

カレンダー

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31