giriのブログ

2017年10月30日 月曜日

11月18日(土)ARTS(放射能変換シールド)瞑想のお誘い



もう一つ追記です。

ARTSの波動を受け取る前に、ハイエストプロテクションの

光の波動を受け取ってください。

光の中で、護られてプロセスが進みます。

ARTSを受け取る前(ナダブラーマ瞑想の前)10分位の間、

ハイエストプロテクションを受け取る
瞑想をしてください。

と言うメッセージを今日、ブルガリアのバフリヤからうけとりました。

もし、ハイエストプロテクションのクリスタルをお持ちでない方は、

受け取る宣言(呼びかけ)をして宇宙から受け取ってください。

11月17日記




内容が少し変わってきました。

追記します。

親愛なるARTS愛好者へ

ARTS瞑想の3時間のスケジュールです。
最初の1時間 (16時30分~17時30分)
今までの自分自身のARTSの経験のシェア

次の1時間  (17時30分~18時30分)
ARTSとの瞑想 OSHOナダブラーマ瞑想

最後の1時間 (18時30分~19時30分)
ARTSとの瞑想の間の経験のシェアリング

もしあなたが一人なら、時間に合わせて瞑想をして
ARTS FBグループで経験をシェアしてください。

サンパティがこのイヴェントについて書いています。

このイヴェントは、主に私たちがARTSを理解することを学ぶためのものです。
だから何を観たか、感じたか、理解したかをシェアすることが大事です。
何故なら、これはとても大きな波動です。
私たち一人ひとりが、パズルの一片を受けとります。
そして私たちは、108の人々と108のクリスタルに到達したら、
2番目のアクティべ―ションが
やってくると彼らが約束した 
将来起こるアクティべ―ションについての情報を得たいと思います。
私たちは、この特別の質問、をするすべての人に依っています。
私たちは、ARTSのアクティべ―ションを
いつ、どこで、どのようにして 受け取るのかについての情報と
ガイダンスを尋ねます。

ありがとうございます。

アンタール サンパティ

(11月4日記)



日本では、しばらくお休みをしていたARTSの祈り、
ブルガリアからの呼びかけで、世界でARTSの瞑想が行われます。
以下、ブルガリアからの呼びかけの訳です。

ARTS瞑想
ARTSクリスタルの初めての世界的な
瞑想にみなさんを招待できるのは、とても歓びです。

これは、同時に、日本、ロシア、ドイツ、ブルガリアで行われます。
この波動に関心を持つ人は、みんな一緒に集まりましょう。
私たちがどこにいても、エネルギーには、国境はなく、
瞑想のスペースにおいて私たちは、一つです。
この瞑想の目的は、ARTSエネルギーを共に感じ、
私たちの経験をシェアし、ARTSのアクティべ―ションの次のステップを考えることです。
皆さん知っていると思います。

ARTSが生まれた時、サンパティのガイドは、彼女に話しました。
これは、私たちの身体が、より高い波動にチューニングしていくためのツールであると、
すなわち、被ばくが、もはや私たちのシステムに危険なものではなく、
私たちに、有益になるように働くように
この波動は、私たちの身体とマインドを
調和、愛、恩寵、平和のための聖なるプランと同じフィ―ルドに、変えるために
この地に現れました。

ARTSは、私たちに宇宙の中の私たちの本当の場所を示します。
それは、放射能のエネルギーを変えません。
しかし、私たちは、もう一度輝かせ、生き生きと、
幸せな惑星地球の生命の有機体のメンバーになります。
それは、有害な放射線が、もはや危険ではなくなるように、私たちのDNAを変えます。

ARTSが世界中の108の人々に届いたら
ARTSのアクティべ―ションの儀式を行うことが可能です。
その儀式において、次の波動のレベルが降りてきます。
108の数に達しするまでは、クリスタルは、
個人的なヒーリングのレベルで使われます。
108人と108のクリスタルは、アクティべ―ションの間、
共に働き、集合的なレベルの変容に導きます。

もしあなたがブルガリアにいて、クリスタルをすでに持っているなら
もし、あなたが何か深くで感じるのなら
この波動を瞑想の中で一緒に体験することに招待します。

もしあなたが違う国にいるなら、
友達を招いて、あるいは一人で同じ時間に座りましょう。
これは、あなたがどこにいても可能です。
そして、後でシェアするのを忘れないで下さい。

2017年11月18日
日本時間16時30分~
18時30分  →19時30分
ロシア、ブルガリアタイム10時30分~13時30分

名古屋@スタジオウーヌス
16時30分~18時30分 →19時30分



会費 1500円

お問い合わせ・申し込み

telephone 052-833-1623 






今年の8月ギリシャでのリトリートの後、ブルガリアを訪ねました。
ブルガリアの首都ソフィアから2時間ほどのところに、リラ7湖という
有名なエネルギースポットがあります。

ギリとマルガもこのリラ7湖に行ってきました。

リラ7湖は、地球の意識の向上のための賢者たちの意識体
ホワイトブラザーフッドが棲む場所と言われています。



グルジェフダンスに似ていると言われるホワイトブラザーフッド関係の人たちの
ダンス

とても美しく、エネルギーがクリアーな場所でした。
様々な精神的、宗教的な人たちの集まる場所のようです。

ここを、ブルガリアの人たちがARTSの108人のギャザリング
の候補地に考えていたと聞きました。

そんな流れもあって、今回ブルガリアからの呼びかけです。

ARTS(HP)






投稿者 Banyan tree | 記事URL | コメント(0)

2017年10月28日 土曜日

勇気《ヒーリング クラニオ 名古屋》






こんにちは

久し振りのブログです。

10月21&22日、パスオブライフを行って、

東京でのクラニオトレーニングのアシスタントに行ってきました。

今回は、ファィナルプロジェクトという卒論発表に卒業式&パーティ

どの人の論文も、渾身の作、

クア二オ・バイオダイナミクスに関わる一番探求したいテーマを選んで一年がかりで

研究発表です。

虐待を受けた子供への数ヶ月に渡るセッション記録からの論及

大脳辺縁系(海馬や偏桃体)

がん患者へのセッションの記録

スティルネス

情動の研究

クラニオセッションの与える内的変化・・・・

等々

多くのテーマがその人が人生の中で一番深く向き合うテーマでもあり、

真剣勝負

聞いていて勉強になりました。

特に興味深い内容に関しては、またシェアしたいと思います。

最後に、言葉の書かれた二つ折りの紙を一人ひとり、選びました。

僕が引いたのは、COURAGE(勇気)

この言葉、パスオブライフで参加者のYさんが引いたタロットでもあり、

とてもシンクロ

ファィナルプロジェクトの発表を聞いていて

その姿勢に真剣さと勇気を感じていました。

それは、その人の生の一番深みを掘り下げる作業でもあったからです。

そしてそれは、新しい人生のステップに移行する通過儀礼でした。

生徒からプラクティショナ―

学んでいた立場からシェアする立場へ

クライアントになる人の人生に関わる立場の責任

パスオブライフに参加したYさんも

新しい自分の人生への変化の時

それには、腹をくくった勇気が必要でした。

COURAGEというタロットカードは、まさに彼女へのメッセージ

新しいステージに行く時、より自分自身の本質に繋がる必要があります。

自分の真実を生きる時、

新しいステップが刻まれます。

多くの人が、そんな時点にいるのではないでしょうか?

僕自身、先に進む、より自分自身のエッセンスを生きる為の勇気の

必要を感じています。

ともに勇気をもって進みましょう。

✳ギリのファィナルプロジェクトのテーマは、

ポリベーガル理論~社会神経系という新しい神経理論を扱いました。
誰にも興味深いテーマです。

こちらを









投稿者 Banyan tree | 記事URL | コメント(0)

2017年10月10日 火曜日

いのちを紡ぎあう《自由 夢 ヒーリング》



映画、エルネストについて
先日、ブログに書きました
真直ぐに生きる~エルネストーもう一人のゲバラ~

昨日は、監督、阪本順治と主演オタギリジョーの
舞台挨拶付の上映会に行ってきました。

映画の舞台挨拶って観るの初めて

最初に観た時、
何かがとても僕の中に伝わりました。
「真直ぐに生きる」とそれを前回のブログでは、表現しました。


この熱い映画を創ったのは、どんなやつなんだろ~

そう、生の阪本順治に会ってみたいと思って行きました。

阪本順治は、3年前に、コロンビアに行き、主人公の姉さんに会ったそうです。

その人が、自分の弟の記録を綴った本を書いた人です。
ボリビアが民主化するまで、何十年もエルネスト
(フレディ~本名、エルネストは、ゲバラからもらった戦士名)は、
犯罪者として扱われ、家族もひどい目にあったそうです。
弟の生にきちんと光を当てて、歴史に残したいという
お姉さんの弟への愛です。

そして翻訳もされました。
2009年に「革命のサムライ」として出版されます。

25歳で亡くなった無名の青年の話を本にして、

その本がまた日本で翻訳される。

それ自体がとても奇跡のように思えます。

「革命のサムライ」の翻訳者は、エルネスト(フレディ)のお父さん
の出身地鹿児島をそしてコロンビヤのお姉さんたちを訪ねます。
そんな丁寧な作業の後に翻訳をしています。

一人の男の生き方への共鳴が、何人もの人を動かし、この映画ができたことが
伝わります。

そう、阪本順治監督が、お姉さんから聞いたお母さんの話をしていました。

お母さんは、フレディの死亡した知らせが来ても決して信じなかったそうです。

「自分の息子は、キューバの大学で勉強している!!」

真偽を確かめにキューバに向かいます。

そして真実を知り、泣き崩れます。

周りの人たちは、「あなたの息子は、人々のために、社会の為、ボリビアの明日のために

いのちを使ったのだから、悲しまないで・・・」

そんな風に、言う人たちの前で、泣きく崩れる母親

息子を失った母の痛み、悲しみは、、あなた達にはわからないでしょ?

というかのように

阪本順治は、革命戦士の映画を作りたかったのではない、医学生フレディの
4年間を描きたかった

そんな風に語っています。

大きな愛と強い正義感 平等で自由な社会の夢を抱いて
いのちを祖国の革命に殉じた青年

彼の発した愛、夢

彼を愛した人々

彼の夢に共鳴する人々

愛の交わり

いのちの紡ぎあい

一人ひとりの人生の中に

紡ぎあっているいのちのありよう

一つの映画のなかに

紡ぎ合わせられているいのち

そう、この映画を見たぼくの中にも

フレディやフレディのお母さん、お姉さん、ゲバラが

生き続ける・・・・


少し視点を拡げてみると

この映画の舞台から50年たった今、

中南米では、多くの国が独裁政権から民主的

あるいは社会主義の国として生まれ変わっている。

フレディやゲバラのいのちがそんなふうに生きている。

ちょうど昨日は、ゲバラ没50周年、




ちょうどこのタイミングで、マルガが、マルガのメールで

彼女自身のことを語っている。

昨日は、おじいちゃんの話。

日本に併合されていた韓国から家族を養うため、単身日本に渡ってきた話、

そのおじいちゃん、日本で事業を起こし、日本にも家族を持ち、

二つの家族を養い、日本と韓国をまたいで生きた。

ぼくは、そのおじいちゃんの写真を観たことがある。

腹の座った豪快さが伝わってくる。

もちろん、二人の妻、二つの家族の軋轢もあったに違いない

日本での生活もそんな生易しいものでなかったことは、想像がつく

喜怒哀楽や人生の浮き沈み、歴史の荒波・・・・その中でつづられる

一人ひとりの人生

映画「エルネスト」とマルガのメルマガが重なり合って感じられる。

マルガのメルマガに関しては

こちら



10月15日(日)豊かさに開く!!覚醒のフィ―ルド~大地の神秘~

10/21&22パス・オブ・ライフ(旧ボデイワーク講習会)







投稿者 Banyan tree | 記事URL | コメント(0)

2017年10月 9日 月曜日

ハートの声《ヒーリング 名古屋》



「ハートの声がわかりません。」

そんな声をよく聞きます。

人生の転機

そんな時に、もうこれっきゃない

そんなふうに新しい道を歩くことができる時もあります。

そうじゃない時も

いっぱい不安を感じたり

こうしたらこうなる

こうならなかったらこうしよう

そうしたら・・・・

こうしたら・・・・

いろんな考えや不安で一杯になる

そんな時があります。

有名なスピリチュアルティ-チャーのエクハルト・トールがこんな風に
言ってました。
How Do We Break The Habit Of Excessive Thinking
(Youtube-英語です)

過剰な考えは、中毒の一つ

にんげんは、考えることで、自分が成り立つ 

と思っているので

考えることが、中毒だってことをだれも理解していない

アルコール中毒

過剰に食べること

同じように、考えすぎも 中毒・・。


考え中毒してると 本当の自分には出会えない。

いっぱい安心材料があって

思考で自分を納得させて

そして決断

そんな風にしていると

今までの枠の中でしかやはり生きられない

どうにかして枠を破りたいのに

違った自分を生きたいのに・・・・

最初に載せた写真の話をします。

これは、去年、ハート瞑想のワークショップで先生のトーショ―が
書いてくれたものです。

ハートは、本当に大きな存在

チャクラで言ったら、4番目、上のチャクラと下のチャクラの真ん中

調和のエネルギーでもあります。

ハートに手を当てて、ハートに深呼吸するだけで

何かが変わります。

イライラしていたのが落ち着いたり、

考えが静かになったり

この図は、意識の多層構造とハートの関係の図

私たちは、いろんなエネルギー、チャクラがあるように、

いろんな意識の様相があります。

思考をめぐらしている時、

悲しい時あるいは嬉しい時

あるいは静かなと時

ちょうど、ラジオのチューニングしいるように

無意識に、様々な意識の層にチューニングしています。

一般的に私たちは、思考に、頭にチューニングしがち・・・

それは、外側の言語化された情報

表層の私たちの存在の一部

知識として知っている世界

それはほんのほんの一部

存在の中で、私たちが知的に理解できるのは、ほんの一部

それで人生を決めるのは

どだい、無茶な話・・・・

そこから幸せは訪れないでしょう。

何故なら幸せは、いのちの源泉からやってくるから

いのちの源泉とつながればつながるほど

歓びが

生きる力がやってくる

大好きなことそしている時

大好きな人と一緒にいる時

自分のこと

人生のことが分からない時

ハートに手をあてて

ハートの声を聴くことから始めてください。

ハートは、いつも

今、ここに

私たちを導いてくれます。

そしてハートに従って未知の一歩を歩むとき

次の一歩が見えてきます。

僕の前に道はない

高村光太郎の詩ですよね。

一人ひとりの道を見つけ、創りましょう。



身体を通して自分とつながる
10月21&22パスオブライフ(旧ボデイワーク講習会)

あなたの内なる光を生きる
10月15日(日)豊かさに開く!!覚醒のフィ―ルド~大地の神秘






投稿者 Banyan tree | 記事URL | コメント(0)

2017年10月 7日 土曜日

体験談(パスオブライフ)いただきました《名古屋 ヒーリング ボデイワーク》

先日、パスオブライフを受講していただいたMさんから
体験談をいただきました。

Mさんは、治療院を経営されるベテラン治療家

本物、本当のことを知りたい

という探求心の人一倍強い方です。

自分のなさっている治療とは、全く違ったウーヌスのボディワークを
学ぼうとする

その勇気や真摯さにとても心動かされました。

Mさんの文章をご本人の了解を得て掲載させていただきます。

Mさんありがとうございました。



ギリさん、マルガさん、

先日はパス・オブ・ライフの講習ありがとうございました。

私も一緒に受講したBさんも治療業界のセミナーにない

初めての雰囲気で緊張しましたが、
本当にウーヌスの環境がハートのスペースのような優しい感じで
居心地が良くなって早々に緊張もなくなりました。

治療家のほとんどは、体の悪い部分を見つけ ることに意識を起き、
それに対して調整を行うことが仕事です。

始めから終わりまで相手への「介入」です。

その中で治療中に患者さんの体で普段起きないような
大きな解放が起こることがあります。

まさにやわらかい自然の力が相手の中で起こす現象といった感じです。

それは、狙い打ちする介入とは全然異質なもので、
介入という意識が全くない時に起こり、

その時は私自身何が起きたのかは分からなかったのですが、
たまたまウーヌスのHPを見ていて

「介入」というキーワードを見たときに、
私のしていることは「介入」で、
たまに起きる「あの」変化が起きた時は
介入の意識が全くなかったことに気づき、
今回の受講動機はギリさんが書いてくださったように
もっとそこを知りたいとい うことからでした。

ワークは、ギリさんに私たちの希望の
クラニオセイクラルバイオダイナミクスの考え方を聞いたり、

マルガさんのプチ数秘術のお話や、
いくつかの瞑想やボディーワークのセッションを
しながら和やかな感じで進みいつも気づかない間に
「介入」自体を忘れている感じでした。

まず自分自身のハートのスペースを感じることから始まり、

相手との距離や信頼関係なども

ハートのスペースにいるとスムーズに行くことを知りました。

マルガさんの

「100%くつろげてる?
自分が100%くつろげていないと相手の人もくつろげないよ」

という言葉で何度も修正していただきました。

セミナー初日の夕方にセッションルームのベランダに出ると
綺麗な虹が見えました !

これには感動しました。

2日間の講座の間は1週間あったのですが、

ハートのスペースを知り、
そこの居心地の良さを感じることがはっきりしてきた頃 に
普段の治療も大きく変化しました。

まず、疲れが格段に減りました。
結果を出すことに、出しに行くことに拘りすぎることで
気づかないうちに無理な姿勢や無理な意識になっていたようです。

それが、日々の治療以外でも
ハートのスペースにいることで、
患者さんとの距離感や触れたときの感覚が
大きな自然のスペースの中で包まれているような感じになりました。

言葉で表すのが難しいのですが、
「いつも安心できる大きな空間で治療できる」感じです。

今回の経験は、受講前に想像していた何倍もの大きな感動と収穫でした!

最後にマルガさんのお料理・ギリさんのチャイは最高です!!




10月15日(日)豊かさに開く!!覚醒のフィ―ルド~大地の神秘~開催




10/21&22パス・オブ・ライフ(旧ボディワーク講習会)開催します

(身体を通して生を探求するワークショップです。
セラピスト、ボディワーカー以外の方もご気軽においでください。)





  

投稿者 Banyan tree | 記事URL | コメント(0)

カレンダー

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30