giriのブログ

2019年12月31日 火曜日

ありがとうございました 《2019→2020 感謝》


2019年、ありがとうございました!
マルガ、ギリ、ウーヌスとご縁のあったみなさんに感謝申し上げます。



たくさんの方とお会いし、
美しい場を共に創りあじあわいました。
本当にありがとうございました!



ウーヌスとしては今までやってきた大きな仕事が終わるということが起きました。
それは、さあ、はじまるよ!といった合図のように感じています。



2020年、わたしたちにとって新たなスタートです。

年が変わるということだけでなく、
多くの方にとっても新しいはじまりではありませんか?

いままでの枠に気づき、それぞれが自分自身の道を開拓していくでしょう。




ふたりで2019年労おうと名古屋めしを食べにいった会計金額
5555 GOGOGOGO

みなさん、GO!行けー!だってよ。





2020年も、ウーヌス、マルガ、ギリを、どうぞよろしくお願いします。
これからもすべての出会いを楽しみます!



2020年1月4日よりオープンしています。


★★★マルガのオリジナルセッション

つながるセッション


★★★ギリのセッション

クラニオセイクラルバイオダイナミクス


予約は問い合わせフォームより



愛と感謝をこめて♡♡♡

スタジオウーヌス

マルガ ギリ










投稿者 Banyan tree | 記事URL | コメント(0)

2019年12月27日 金曜日

人の癒し、猫の癒し《トラウマ ヒーリング ポリエーガル理論》



スタジオウーヌスのギリです。

年末のあわただしい時期、皆様いかがお過ごしですか?

昨日、知人宅での3世代、10人での賑やかな食事のこと、

インド、黄金寺院での10万人の食事、の話を書きました。

そこで思い出したのが、今年のギリシャリトリート


コルフ島、アリラスビーチのニコスアパートメントで、

私たち、マルガとギリは、3週間近くを過ごしました。







毎食をオープンエア―のテーブルで食べます。

ワイワイガヤガヤ、話しに花が咲きます。

ワークを共にする仲間との食事は、

とりわけ楽しいものがあります。

ただ、わいわい楽しいだけでなく、

ハートでの出会い、

そして、暖かく、繊細なエネルギーフィ―ルドが拡がります。

今まで、誰にも話したことのなシェアが起こったり、

あるいは、自分自身も知らなかった自分を

知る機会になったりします。

ニコスアパートメントでの食事は、


仲間とそして自分自身と深く出会う、

そして癒される

一人ひとりの人生にとって、稀有な時でもありました。

私たち参加者の中で起こったことが、猫たちにも

波及したようです。




ネコちゃんたちがニコスアパートメントにはいました。

一匹は、三毛の雄、大きくて、ゆったり、威厳があります。

ステキちゃん、いつかこう私たちの中で、

呼ばれるようになりました。

この写真では、左端。

3匹で私たちから餌をもらっている時に、突如、ステキちゃん

登場で、猫の間に緊張が走っています。

お母さんネコ(右上)がひるんでますね。

ステキちゃんは、飼い猫で、餌をもらっていて、

いつもは、おっとり。

こんな光景は、この時だけでした。




そしてお母さんねこと子猫、生後3、4ヶ月かなあ?







もう一匹同じように小さな子猫がいました。

この子は、ちょっと小さめ、で痩せています。

私たちが最初に出会った頃は、痩せこけていました。


目つきも怯えているでしょ?

小さい時に、親から離れ暮らした恐怖、トラウマのある

目の表情だと思います。

グレーなので、グレコ

姿かたちからは、

お母さんネコのもう一匹の子供のように見えますが、

離れて行動しています。



グレコが、お母さんたちにに近づくと威嚇されたりします。

グレコの方からは、明らかに仲間に入りたい 

と言った行動をとります。

ニコスアパートメントのマルガリータに聞くと、

ステキちゃんだけが飼い猫

他の猫は、いつの間にか紛れ込んできた猫で、

エサもやってないとか

「以前、全ての猫にエサをやっていたら、数が増えて困ったし、

お客さんの中には、食事時にネコが来るのを嫌う人もいるから、

今は、1匹だけにエサをやって、飼っている・・・

冬になって私たちも、お客さんも来なくなると、

いつの間にか、ここに居ついてた猫たちもいなくなる。

隣近所に住処を見つけるみたい・・・・

グレコがお母さんネコの子供かは、わからない・・・」


なるほど~ ネコの人(猫)生、

野良猫との宿の人たちの付きあい方に、どこかとても感心した。

いろんな生き方、付き合い方があるんだな~

ネコたちは、天に任せて生きている。

人間たちは、自分たちに心地よい猫との付き合い方を選択する・・・・

自分たちの人生や付き合い方も、学べるものがある・・・・・


私たち、短期間の滞在者には、猫は、ただ、可愛い存在。

ネコちゃんたちも私たちにだんだん慣れてきて、

近づくようになってきた。

エサをあげたりして、仲良くした。

滞在の終わりの方には、

食事時に、テーブルの上までやってきて、

私たちを困らせた。
















ネコたちとの付き合いで、

一番うれしかったのが、一匹孤立していたグレコが、

子猫どうしで遊びだし、

お母さんネコたちと合流しだしたこと。


もともと血縁の家族ネコの再統合なのか? 

血縁ではない子猫が合流したのかはよくわからない。


今まで、近づこうとすると追い返されていた、

グレコが、お母さんネコたちと楽しそうにじゃれたり、

行動しているのを見るのは、とても嬉しかった。

これは、リトリートの中で起こった、

私たち人間の愛のエネルギーフィ―ルドが、

猫たちも包み込んでいったことで起こったことと思う。

私たち、一人ひとりが癒され、仲良くなり、

愛が育まれ、愛のエネルギーフィ―ルドができると、

自然と、猫たちの警戒心が解け、私たちに近づきだした。

私たちもネコとの交流を楽しみ、


ネコたちと私たちの愛の波動が拡がって行った。

愛は、全てに波及する。

ポリヴェーガル理論からすると、

哺乳類も人間と同じような関係性に関わる神経系を持つ、

私たちの神経系の中で、癒しや統合が起こり、

そのエネルギーが猫たちの癒しを作ることは、理解できる。

一人で孤立し、怯えていたグレコに家族ができて、

随分とふっくら、太りだした。

ギリシャも冬、




グレコたちは、どうしてるかなあ?

もうすっかり大きくなって元気にしているかな?










ポリヴェーガル理論
(ギリの論文)


食卓~生きること、食べること(ブログ記事)


shineお勧めセッションheart04





深い癒し
心身の統合に!


クラニオセイクラル・バイオダイナミクス




あなたのエッセンスに出会う!

つながるセッション



お問い合わせ・お申し込み
ここから

or

telephone052-833-1623












投稿者 Banyan tree | 記事URL | コメント(0)

2019年12月26日 木曜日

食卓~食べること、生きること~

先日、知人のお宅に遊びに行った。

生まれて4ヶ月の赤ちゃん~76歳のおじいちゃん、

高校受験を控えた中学3年生の姪御さんと

そのお友達,私たちを入れて10名で夕食。

入れ替わり、人が出入りし、隣には、ワンちゃん

色んな話題が飛び交う。

久し振りに大人数でのワイワイガヤガヤの食事を楽しんだ。


おじいちゃん、おばあちゃんがいて、

従妹や友達、そしてワンちゃんと一緒に

育つ子供は恵まれているな~

都会のアパートやマンションで育つ子供たちとは、

全く違った感覚が育っていく・・・

ぼくも父、母、兄とぼく 4人の核家族で育った。



30歳代後半から、長い年月を

インドのOSHOコミューン(現リゾート)で暮らした。

世界中の人が集まるコミュニティ

時に、一人で、あるいは恋人や友達と二人で

そうしていると、別の友達が混ざったり、

そこでいろんな言葉が行きかったりする。

そんな食卓も楽しい、






昨日、アマゾンプレミアで、 「聖者たちの食卓」を観た。

インド、シーク教の総本山、黄金寺院での10万人の食事作り

インド人でターバンを頭に巻いている人たちいるでしょ?

あれがシーク教徒です。

300人のボランティアが、一度に、5000人分の食事を作る。

ニンニクの皮をむき、玉ねぎを切り・・・・

それが、たんたんと行われる・・・

混沌としていて、それでいて、整然とものごとが進んでいく・・・

そこに秩序がある。



こんな大きな鍋で料理する・・・



それは、神の意思とも言えるように思う。

それ程、映像の一つ一つの場面が美しい。

何千人の人々が列をなし、そして大きな広間に集まる。

ステンレス製のカレー料理を食べるプレートを持って席に着く

バケツからカレーが分けられ、ご飯やチャパティ配られる。

お代わり自由、ただし、残さないことがルール・・・・

一日10万人の食事・・・ということは、5000人の食事を20回創る・・・・

それが500年間続いているという。

食材は、寄付で賄われる・・・・

老若男女、職業や階級、宗教の違いなく、誰でも食べられる・・・・

これが、シーク教総本山の目指している社会のあり方のように見える。

意図することの大事さ

彼らの志の強さを思い知らされる。

そして、インドと言う国の途方もなさを改めて垣間見る。



いろんな形の食卓がある。

食卓って、食べるだけでなく、コミュニケーションの場でもある。

一度一度の食卓を大事にしたい。

あなたは、今日、どんな食卓を囲んでいますか?





お勧めセッションheart04





深い癒し
心身の統合に!


クラニオセイクラル・バイオダイナミクス





あなたのエッセンスに出会う!

つながるセッション



heart04お問い合わせ・お申し込み
ここから
or

telephone 052-833-1623







投稿者 Banyan tree | 記事URL | コメント(0)

2019年12月19日 木曜日

自分はどんな人間でいたいのか?~伊藤詩織さん~




伊藤詩織さんの著作、Black Box


昨日、伊藤詩織さんが自らの受けたレイプ事件での

民事裁判での第一審で、勝訴判決が出た。

長く、苦しい戦いの後の勝利

詩織さん、おめでとう。

そして、同じように苦しんでいた多くの女性、

心を寄せる人々

おめでとうございます。




事件を少しだけ紹介します。

2015年、ジャーナリスト志望だった伊藤さん、

就職の相談の為、TBSの記者、山口氏と会食、

その際、薬を飲まされ、レイプされた。

その元記者、山口氏は、安倍首相と懇意、

準備されていた逮捕状は執行されず、

刑事事件は、不起訴

検察審査会の判定も不起訴を追認、

今回、民事訴訟の第一審判決が出て、

初めて伊藤詩織さんが勝訴した。

2017年から、本名で、自らの顔を出して、

自らをさらけだして闘っている。

その結果、日本での生活に危険を感じ、

現在、ロンドン在住で、

ジャーナリストとして活動をしている。

伊藤さんが、昨日の報告集会でこんなことを言っていた。

たくさんの人が支援をしてくれました。

中には、証言をすることで、自分の職場で、

居づらくなるかもしれない、

職を失うかもしれない、

そんな人たちもいました。

もちろん、わたしを支援したい、助けたい 

と思ってしてくれたのだと思います。

と同時に、それ以上に、 自分がどんな人間でありたいのか?

という思いから自らの危険を顧みず、

わたしを支援してくれているのだと思います。

「自分がどんな人間でありたいのか?」

それは、様々な誹謗やバッシング、さらに権力からの圧力

それに抗して闘ってきた、伊藤さん自身の思いでもあるだろう。

この言葉が、とても心に残った。

日々の日常の中で、小さな出来事の折に、

「自分がどんな人間でありたいのか?」

良心に照らして、曇るところが一点もないか?

いつも問われているように思う。


参考
日本の秘められた恥(BBCが伊藤さんの事件をドキュメンタリーに)





セッション



クラニオセイクラル・バイオダイナミクス




つながるセッション

heart04お問い合わせ・お申し込み
ここから
or
telephone052-833-1623




投稿者 Banyan tree | 記事URL | コメント(0)

2019年12月17日 火曜日

覚醒のフィ―ルドセッション終了のお知らせ



@東別院 2019/12/16


こんにちは。
スタジオウーヌスのマルガとギリです。
12月後半に入りました。みなさんいかがお過ごしですか?


今日はわたしたちからお知らせがあります。


ウーヌスで多くの方に受けていただいていた

覚醒のフィールドのセッションの提供をすでに終了いたしました。

サンパティの主宰するTransmission of light(トランスミッションオブライト)と

スタジオウーヌスとの契約が2019年12月2日をもちまして終了したためです。


大きな変化の時期に私たちはいます。

サンパティ、Transmission of lightの方向性と、

マルガとギリのワークに微妙なずれが生じてきていました。

サンパティとも話し合いを重ね、この結果に至りました。


heart04セッションのお申し込み・お問い合わせ



それぞれが、より本来の生き方、

ワークのあり方に改めて立ち戻る時がやってきました。

私たちはそのチャンスがやってきた、

と捉えています。


マルガとギリ、ウーヌスにとっても

大きな変化がはじまりました。

わたしたち一人ひとりが、本来の生き方をより純化する時です。

それが世界を新たにしていくのでしょう。


覚醒のフィールドのワーク、

セッションを通じて多くの方と出会えましたこと、

一人ひとりの美しさと触れ合えたこと、

みなさんと素晴らしい場を創れましたことを深く感謝します。

本当にありがとうございます。


今後もスタジオウーヌスでは、一人ひとりが、

本来なり方を生きていくためのサポートをしたいと願っています。

自分として立ったわたしたちひとりひとりが集い、

仲間として、共に新しい世界を創っていきたい、

と思います。

新たなウーヌスとしても、

マルガ、ギリのそれぞれの活動も、今後はしていく予定です。

どうぞ、これからもよろしくお願いします!

2019年は12月29日が予約最終日です。

2020年は1月4日からご予約をいただいています。




クラニオセイクラル・バイオダイナミクス




つながるセッション

heart04お問い合わせ・お申し込み
ここから
or 
telephone 052-833-1623



またお会いしますのを楽しみにしています。
どうぞ、あたたかい年末年始をお過ごしください。


愛と感謝をこめて

Marga, Giri






投稿者 Banyan tree | 記事URL | コメント(0)

カレンダー

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

月別アーカイブ