giriのブログ

2020年2月25日 火曜日

『お家中にクラニオセッションしてもらったみたい・・・』《ヒーリング 名古屋》


shineセッション・ワークショップのお問い合わせ・申込みは

ここ

telephone052-833-1623






こんにちは

スタジオウーヌスのギリです。

先日、第一次呼吸について書きました。

(第一次呼吸~私たちを貫くいのち)

こんなことがありました。

病気の友人宅に伺ってセッションをしました。

男女2人のお家です。

男性の方が、難病で、歩いたりするのがだんだんと困難になる病気でした。

女性は、その時、鬱っぽい状態、

家の中が雑然としています。

二人とも古い友人で、2日程泊まって男性にセッションをしました。

男性は、調子が上向き、女性は、翌日から掃除を始めました。

そしてこんな風に言ってました。

『家じゅうがクラニオセッションをしてもらったみたいで、

家じゅうがピカピカ輝いているみたいになったよ。』




こんなこともあります。

セッションルームの隣の部屋にいるマルガが、こんなふうに時々言います。

『クラニオのタイド(波)を隣の部屋にいて、感じてたよ。

私もセッションを受けていたみたい・・・・』



私たちは、第一次呼吸と言われる宇宙エネルギーの呼吸を行っています。

クラニオのセッションは、その第一次呼吸とつながり、サポートします。

宇宙的な広がりの中で、セッションは起こります。

クライアントとセラピストを取り巻く空間にも

第一次呼吸が拡がります。



あるグループ、あるいは、地域、国が、新しい息吹に満ちている時、

それは、そのグループ、地域が第一次呼吸に繋がっている、

導かれているのだと思います。







イタリア、ミラノのガレリアを思い出しました。

お存知の方もいると思います。

ミラノの中心のアーケードです。

十字の形で作られ、屋根は大きなガラス張り。

そしてクロスした部分は、大きなアーチ状のドーム、

ここに入ったとき、その大きさ、高さ、そして、透明感、

崇高 とも言えるような精神性を感じました。

それにとても驚き、感銘を受けました。

これって何?

と思って、調べたら、イタリア王国 と言う形で、

初めてイタリアが統一国家になった象徴だということがわかりました。

中世から脱却して、近代国家としてイタリアが生まれることへの

宇宙からの祝福のように感じました。



一見、大混乱の中にある、日本と地球

コロナウィルスの流行に不安になりがちです。

不安や恐怖ではなく、愛や歓びに繋がることが

免疫力を高めます。

こんな時こそ、私たちの内側にある愛、平和とつながりましょう。

そこから大きないのちのサポートが入ります。




セッション・ワークショップのお問い合わせ・申込みは

ここ

052-833-1623





NEW!!! ワークショップwith マルガ 「ギフトを生きる」

第1回3月7日~リラクゼーション、等身大の自分に戻る




心身の深い癒し

クラニオセイクラルバイオダイナミクス



5回続きのボディワークセッション~深い癒しの旅
ヒーリングジャーニー 第2期モニター募集!!



最後まで読んでいただき、ありがとうございますheart04









投稿者 Banyan tree | 記事URL | コメント(0)

2020年2月24日 月曜日

第2期モニター募集!!ヒーリングジャーニー《ボディワーク クラニオ 名古屋》




こんにちは ウタジオウーヌスのギリです。

ヒーリングジャーニーの新規モニターの募集です。

あなた自身の新しい可能性にチャレンジしませんか?



ヒーリングジャーニーのモニターセッションを続けています。

ヒーリングジャーニーは、ボディワーク+カウンセリング、

瞑想、エクササイズ等の5回続きのセッションです。

身体に触れることは、内側にある様々な感情や緊張、

思い込み・・そして新たな可能性を開きます。

そして様々な気づきが起こります。

ヒーリングジャーニーは、身体に触れることを基礎として、

人生のトータルな変容をサポートします。

クライアントの方たちには、こんなことが起こっています。


*身体が開かれることで、自分自身とより丁寧に付き合うようになる。

*それを通して、家族や友人との関係が変化する。

*身体のブロックと人生のそれの共通点を理解し、

 身体のケアをよりするようになる

*新しい人生へのビジョンが生まれる、

*食生活の変化

*あるがままの自分の受容





身体は、魂の宿る寺院であり、身体のありようは、

その人のありようを示す鏡です。


3人の方へのモニターセッションを通して、

改めてボディワークの可能性を教えられています。


今回、ヒーリングジャーニーをより充実したプログラムにする為

いくつかの変更点を加えて、再度、

若干名の方のモニターを募集します。



ヒーリングジャーニー

意図 ボディワーク、カウンセリング等を定期的に受けることで、
   心身を癒し、自分自身の本来のエッセンスとつながりる
   新しい人生のプロセスへの移行、変容をサポートします。

内容 oneボディワークセッション 
    クラニオセイクラル・バイオダイナミクス&
    リバランシングマッサージ
   (クラニオと違い、しっかりとしたマッサージをします)
   どちらを主に行うかは、セッション毎に判断します。
   
   twoカウンセリング 瞑想法、各種エクササイズ、

   three日常生活の中でのプロセスへのコミットメント

   

スケジュール

  初回 3時間30分
     ヒーリングジャーニーを受ける理由、目的を明確にして
     コミットメントを確認します。
     カウンセリング→ボディワークセッション→
     セッション後のフィ―ドバック
     を通して、ヒーリングジャーニーでの目標、内容を調整します。

  2回目~5回目 2時間30分
     アクんせリング、ボディワーク、瞑想等のエクササイズ
  
  セッションの間の日常生活の中で
     瞑想法やエクササイズをしたり、気づいたことをノートに書く等
     で、自らプロセスに関わります。

  期間 2月間前後

参加費 70000円→50000円

shine終了後、簡単なアンケート、感想文をお願いします


お問い合わせ・申込みは

ここ

052-833-1623




NEW!!! ワークショップwith マルガ 「ギフトを生きる」
第1回3月7日~リラクゼーション、等身大の自分に戻る






心身の深い癒し
クラニオセイクラルバイオダイナミクス


最後まで読んでいただき、ありがとうございますheart04







  







投稿者 Banyan tree | 記事URL | コメント(0)

2020年2月22日 土曜日

第一次呼吸~私たちを貫くいのち《クラニオセイクラル・バイオダイナミクス 名古屋》


セッション・ワークショップのお問い合わせ・お申し込みは

ここから

telephone 052-833-1623








クラニオセイクラルのセッションをすると

ギリさんは、何をしているのですか?

エネルギーを入れているのですか?

そんな質問をよく受けます。

ただ、座って,手を当てる

時々、手を当てる場所が変わる

それだけで、身体の中で、臓器や骨が動いたり、

体が熱くなったり、

エネルギーの流れを感じたり、

ふわっと、身体が軽くなったり、

一体感、ワンネスを感じたりします。

(あるいは気持ちよく眠っていて何が起こったかは、よくわからない)

セッション後は、すっきり・・

あるいは、ゆったりくつろいで、けだるく感じたり・・・

それを説明するのに、

第一次呼吸と言う言葉をよく使います。

私たちが、肺でする空気の呼吸とは別の呼吸です。

え?

と思いますよね?

エネルギーの呼吸のことを第一次呼吸と呼びます。

英語で言うと、Primal Respiration 

(原初呼吸とも訳します。)

エネルギー、漢字で表現すれば、氣ですよね。

氣の呼吸、宇宙エネルギーの呼吸です。

私たちは、

そして生きとし生きるものは、




木々や花々、

細菌や猫や鳥たちも・・・・気の呼吸をしています。

エネルギーがやって来るとか、

エネルギーの影響を受ける とかではなく、

気(エネルギー)が入って出ていく

気が入る時に、

細胞、内臓や、骨、あるいは体全体が、

ミクロンのレベルで、大きく広がって、

気が出る時に、ミクロンのレベルで、小さくなる

それが規則的に起こっています。

その呼吸のリズムは、訓練をすることで、

感じることができます。

施術者としてこの呼吸が起こって、

拡がって行くのを感じるのは、至福です。








このエネルギーは、宇宙を創造する力でもあります。

無から顕れ、宇宙を、

この地、物質を生み出す力です。

それを神と呼ぶこともあるでしょうし、

愛と呼ぶこともあるでしょう。

先ほど、第一次呼吸の広がりを感じるのは、至福です。

と書きました。

神とも無条件の愛とも言えるものを感じるのですから

至福に感じても当然ですね。

クラニオセイクラル・バイオダイナミクスのセッションでは、

施術者が、ニュートラル(中立的)で、

静寂のスーペースに、深まれば、深まるほど、

第一次呼吸をサポートします。

神の意思が、私たちを貫くのをサポートします。

この第一次呼吸、宇宙エネルギーの呼吸が、

わたしたちのいのちの原初的な存在です。

それは、大きないのち、

私たちの数十年という寿命のある個体の中に

閉じ込められたいのちのあり方ではなく、

より普遍的ないのちです。

そう私たちは、普遍的ないのちの一部です。

個としての存在でありながら、

大きないのちの部分であるいのちです。

この大きないのちに私たちは、貫かれています。


私たちは、自分たちを貫くいのちに

生かされている存在です。

そしてこの宇宙エネルギーは、

私たちの身体の中で、

リンパ液、脳脊髄液、血液、臓器、等に浸透し、

私たちの身体を癒し、動かします。

そして魂を、DNAを目覚めさせる力でもあります。

そう、物質的な身体を動かす力としてだけではなく、

精神的なエネルギーでもあります。

私たちは、自分自身の身体を超えたいのちによって生が与えられている 

そのことを知る時、

エゴや保身を超えた

生き方をするようになるでしょう。

プリンスダイヤモンドに乗り込んだ岩田医師の行動を見ると

自分自身の保身を超えた自らの使命を生きる

人の清々しさを見ます。

宇宙の意思を生きている人の姿を見ます。

日々の暮らしの中で、我欲を超えた生き方をしたいと思います。

私たちが大いなるいのちに生かされていることを知る時、

そんな生き方がより容易になるでしょう。








NEW!!! ワークショップwith マルガ 「ギフトを生きる」
第1回3月7日~リラクゼーション、等身大の自分に戻る


お問い合わせ・申し込みは
ここ
telephone052-833-1623





NEW!!! 深い癒しのシリーズセッション
ヒーリングジャーニ― with ギリ





心身の深い癒し
クラニオセイクラルバイオダイナミクス



最後まで読んでいただき、ありがとうございますheart04





投稿者 Banyan tree | 記事URL | コメント(0)

2020年2月16日 日曜日

生を役立たずのまま楽しむがいい《OSHO いのち ヒーリング》


お問い合わせ・申し込みは
ここ
telephone052-833-1623




こんにちは

スタジオウーヌスのギリです。

私たち、外からの評価に四苦八苦してませんか?

親、教師、学校、会社、世間の求める自分に、一生懸命

身を削っていませんか?

そんなことを考えさせるOSHOの話です。

以下、OSHOの言葉です。


 
 

老子が弟子とともに旅をしていた。

彼らは、何百人もの樵(きこり)たちが木を切っている森にやってきた。

森全体が、無数の枝をつけた一本の大木を残して、

ほとんど切り倒されていた。

その木は一万人が木陰に坐れるほど大きかった。
 
老子は弟子たちに、

なぜその木は切られていないのかをたずねてくるように言った。

彼らは樵のところに行ってたずねた。

すると、彼らは言った。「この木はまるで役に立たない。

枝という枝に節があり、これからはなにも作れない。

まっすぐな枝がひとつもない。

燃料にすることもできない。

煙が目の毒だからね。

この木はまったくの役立たずだ。

だから切らないんだよ」

 弟子たちは戻って老子に伝えた。

老子は笑って言った。

「この木のようになるがいい。

お前たちが役に立ったら、

切られてどこかの家の家具になってしまうだろう。

お前たちが美しかったら、市場で売られて商品になってしまうだろう。

この木のようになるがいい。

まったくの役立たずに......。そうなったらお前たちは大きく

大きく成長して、何千もの人びとがその下に木陰を見いだすだろう」


 老子はあなたとはまったくちがった生をもっている。

彼は最後の者でいなさいと言う。

世間をまるで自分がいないかのように動くことだ。

競争してはいけない。


自分の価値を証明しようとしてはいけない。


その必要はない。


生を役立たずのままで楽しむがいい。

OSHO





NEW!!! ワークショップwith マルガ 「ギフトを生きる」
第1回3月7日~リラクゼーション、等身大の自分に戻る


お問い合わせ・申し込みは
ここ
telephone052-833-1623




NEW!!! 深い癒しのシリーズセッション
ヒーリングジャーニ― with ギリ




心身の深い癒し
クラニオセイクラルバイオダイナミクス


最後まで読んでいただき、ありがとうございますheart01











 

投稿者 Banyan tree | 記事URL | コメント(0)

2020年2月15日 土曜日

無能症の赤ちゃん~いのちの尊さ《ボディワーク ヒーリング 名古屋》


『「無脳症」のわが子を宿して 突如、妊婦健診で知らされる苦しみ』

という
記事を読んで、何度も泣きました。

いのちの尊厳に触れて、感動しました。

無能症の赤ちゃんとお母さんの話です。

無能症とは、脳の一部、または、全部が欠如する疾患です。

1000人に一人の確率で生まれる。

基本、出産後数日で死亡する。

現在の医療では、主産前にそのことがわかる。

殆どの、母親が中絶する。

それでも、お腹の赤ちゃんは、お腹の中で動いたり、

足でけったりする。

何ヶ月が、自分のお腹の中で、育ってきた子供

日々、刻々そのいのちを感じ、共に生きてきた母親

にとって、すぐに死ぬことをわかっているいのちであれ、

生まれる前に、そのいのちを止めることは、苦しく辛い

中には、出産を選ぶ人もいる。

自分の身体の中で育っているいのち、


その存在が、この世に数日しか生存できなくとも

そのいのちを全うさせたい・・・

そんな人のインタビュー記事を読んだ。


朝の8時に生まれ、翌朝5時に亡くなった。

その間に、母乳を2回飲み、4回排泄した。

そして牧師から洗礼を受けた。

(父親の願いだった)

最後の瞬間は、父親の胸に抱かれ、

わ~と泣いた・・・・

赤ちゃんがいた時間は、部屋中がキラキラと輝き

人生で一番幸せな時間だった、

そして赤ちゃんの意気が絶え、

身体が時間と共に変わって行く・・

乾いていく・・・・

数時間経ち、

亡骸が看護婦さんに連れていかれる時、

それは、発狂する寸前だった 

と言う・・・

この記事を読んで何度も慟哭した。

いのちの尊さに、打たれた。

そして母親たちの愛の深さに・・・

是非読んでみてください。



「無脳症」のわが子を宿して 





NEW!!! ワークショップwith マルガ 「ギフトを生きる」
第1回3月7日~リラクゼーション、等身大の自分に戻る



お問い合わせ・申し込みは
ここ
telephone052-833-1623




NEW!!! 深い癒しのシリーズセッション
ヒーリングジャーニ― with ギリ





心身のケア、しっかりしたタッチ
リバランシングマッサージ



最後まで読んでいただき、ありがとうございますheart04







投稿者 Banyan tree | 記事URL | コメント(0)

カレンダー

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

月別アーカイブ