giriのブログ

2021年10月12日 火曜日

秋の畑、生き物たち、第一次呼吸・・・《ヒーリング ニュートラルなタッチ》




オクラの花にやってきたツユ虫



秋になり、私たちの畑も全く景色が変わります。

穏やかですね。

夏の間、

あっという間にジャングルのように草ボーボーになる

自然の力、

野菜も、キュウリやなす・・・次から次へと実をつける・・

夏と違い、

秋は自然の力の勢いがとても穏やかです。




夏の間、いっぱいできてくれたナスやキュウリ、ズッキー二に変わり、

小株やルッコラができてきました。

空芯菜やオクラは、今も食べきれないほどできてくれています。



ツマグロヒョウモン



イナゴ



四角豆の花に来るウラナミシジミ



モンシロチョウの蛹


セッション・ワークショップのお問い合わせは

ここ(クリック!)



天気の良い日は、虫たちもいっぱい、姿を見せてくれます。

モンシロチョウ、

ツマグロヒョウモン、

セセリチョウ、

しじみちょう、

バッタ、



行くたびに、

その時その時の、生き物たちの姿、

その様変わりに、感動します。

行くと、その日の畑仕事が一通り終わっても、去り難く、

畑の様子、虫たちを眺めていたりします。

生命ってすごな〜




第一次呼吸ってご存知ですか?

クラニオ・バイオのセッションを受けられた方は、

ご存知かもしれません。

生きとし生けるもの全てに

起こっている宇宙エネルギーの呼吸です。

肺の呼吸以前に起こっているので、

プライマルーprimal(原初的、第一次的)な呼吸と呼びます。

無意識に身体で起こっているものなので、

私たちに自覚はありません。

クラニオ・バイオのセッションは、

その第一次呼吸をサポートするセッションです。

この第一次呼吸こそが

私たちの心身を作る根源的な力、いのちです。

それは、全ての生きとし生けるものに

無条件に与えられるエネルギー、

無条件の愛です。

その顕れ方は、キャベツだったり、

モンシロチョウだったり、

ミミズだったり、

人間だったりします。


みんな繋がっていて、一つのいのちとも言えますね。

自然の中にいて癒されたり、

元気になるのは いのちの力ですね。

僕は畑で、その力を受け取っているようです。

・・・

『僕らはみんな生きている、

生きている 

生きているから歌うんだ

ミミズだって オケラだって アメンボだって

みんな みんな生きているんだ


友だちなんだ・・・』

『手のひらに太陽を』という歌を思い出します。

生きているから笑うんだ、

生きているから悲しいんだ

とも歌ってますね。

どんな感情も、気持ちも 生きている証ですね。


いのちの尊さを畑に行くと自然に感じます。


ワークショップ・セッションのお問い合わせは
ここ(クリック!)


TEL.052ー833ー1623






第一次呼吸と出会う!!
生きること、ヒーリングの原点の探求!

ニュートラルなタッチ〜パート1ー10/19(火)&30(土),パート2ー10/31(日)




自分自身を見つけ路を歩む
パスオブライフwithマルガ





いのちの根源からの癒し
クラニオセイクラルバイオダイナミクスwith ギリ


最後まで読んでいただきありがとうございます。




投稿者 Banyan tree | 記事URL | コメント(0)

2021年10月 7日 木曜日

両親の痛み、魂の癒し《ヒーリング パリギャン Osho》

こんにちは

スタジオウーヌスのギリです。

両親との関係について、

最近、何人かの人から話を聞きました。

両親との関係は、誰しも葛藤が生じます。

そして苦しみます。

価値観の違い、幼少期の心の傷、感情的なもつれ・・・

『傷つけられた』『わかってくれない』・・・・


それとは、別に、より深いレベルで、魂の関係

両親の魂の渇望を私たちが引き継いでいること

そんなことを何年か前に、パリギャンのセッションで

学びました。

数年前のブログ記事ですが再掲します。

読んでみてください。


セッション・ワークショップのお問い合わせは

ここ(クリック!)
telephone 052−833−1623




(パリギャン スイス人のヒーラー、瞑想家)

heart01 パリギャンのセッションを受けた。

テーマは、仕事。

まず、僕の両手を握ってエネルギーを感じる。

うーん と 

何かを考えながら、手元でペンジュラムを使う。

そして僕の左手を取って、

掌を上に向けて、

手首の上に、ペンジュラムを置いて、

ワークをし始める。



heart01「お母さんの中に、人生に対するNOがあるよ。

ギリの左に、それがあるから、

仕事やお金、物質との関係に対して 影響するよ、

そのまま・・・・」

左手首、掌 様々な部分に、

ペンジュラムでワークをする。

掌、腕、肩とエネルギーが動き、熱が出る。

内側が熱い!!!

「お母さんは、社会の枠の中で生きてたよね。

だから、本当に望んだ生き方をしていない!!

本当に愛した人と結婚したのではなく・・・・」

「創造力があって、

自分一人で決める力がある人なのだけど 

その可能性を生きなかった!!」

「だから、深い痛みや諦め、

人生に対するNOを持っている。

ギリは、

そのままそれを内側にもらっている・・・」

ペンジュラムでワークするにつれ、

深い層にあるもの、

より本質に近いものにアクセスする。

「大勢の人の母、スピリチュアルな大地の母、

そんな質がお母さんには、あるよ。

それはそのままギリが受け継いでいるもの・・・・」



heart01 そして、右手を取って、

同じように、

右の手首や掌にペンジュラムを使ってワークをする。

「お父さんは、自分のことを本当には、

愛していない女性と結婚生活をすること、

そのことを受け入れてはいたけど、

深い所で、傷ついていたね。

男にとって、女性に深く愛されること、

その暖かさが、一番大事なことだから。

それを得られない痛みをお父さんは、持っていたね。」

「お父さんは、社会の枠の中で、

生きることに、疲れていたね。

もう十分、そんな感じ・・・

社会の中でワイルドな質を

生きることができなくて・・・・」

僕の中で、とてもエネルギーが動き、リリースされた。

それと同時に、今まで知らなかった、

両親の痛みに触れて涙が流れた。



heart01 両親が結婚したのは、

敗戦すぐの1947年(昭和23年)、

母にとって、父が意中の人でなかったことは、

よく知っている。

母が若い頃よく、

「戦争で素敵な人は、みんな死んでしまって・・・・

お爺さんに、お父さんは、

出世する人だからと言われて・・・

もう24歳で、当時の24歳は、

オールドミスと言われるような齢で・・・・」

そんなふうに言っていたのを覚えている。

心から愛していない人と結婚することは、

もうすでにそこで自分の人生を諦めること・・・

そんな母の人生への諦め、

NOをまだぼくのシステムの中で、

エネルギーとして持っているとは、知らなかった!!


heart01 母は、絵を描いたり、芸術的な才能のある人で、

それでも、決して、個展をしたり、

日展等に応募したりとかのチャレンジはしなかった。

主婦の趣味の範囲に抑えていた。

その枠の中で生きるのが、身の安全だったのだろう。

それでも、母はとても決断力のある人だった。

一人で、名古屋を離れ

故郷の近くの老人ホームに入ることを決めて、

ぼくと兄を慌てさせた。


実家の家を建てるときは、

母の姪の建築士と相談して、

地元の大工に頼んで、母好みの家を建てた。

「お母さんが、知らない間に家を建ててしまった。」

そんなふうに、父が母のことを賞賛をこめて

言っていたのを思い出す。

決断力というパリギャンの言葉から

そんなことを思い出す。

彼女の主婦という枠を超えない、

一番大きなの事業は、

(僕と兄という二人の子供を育てること、

父の妻であることを除いては、)

実家の家を建てたことだったのかもしれない。

主婦や社会という枠を少しでも、

超えることができたら、

もっと彼女の力を生きれただろうと思う。



heart01 そして、何よりも驚いたのが、

「スピリチュアルな大地の母」という質・・・

ぼくも知らないし、

本人の意識にも決して上がったことがないと思う。

母の意識にも上っていなかった

彼女のより本質的なものを僕が

母からのギフトとして受け継いでいること、

それを知ることは、どこか感動的なことだった。

そしてそれを僕が生きることが、

母の癒しにもなるのだと思う。

両親、あるいは先祖の中に眠っていた、

生への渇望、それを私たちにバトンタッチされる。

彼らが意識していなくても・・・

そしてそれに陽の目を見させるのが私たちの役割。

そんなふうに思うととても感動的だ。


heart01 父は、社会的には、成功した、

人目には、幸せな人生を歩んだ人である。

ぼくが子供のころ、

母のヒステリーに、翻弄される父をよく見た。

母との関係に、不平を言ったり、

痛みを表現することは、ほとんどなかった。

本人もこんなものと

自分自身を納得させていたのだと思う。

しかし、父は、父で、深い所で、満たされていず、

痛みを持っていたと感じると、とても心が痛い。

品行方正な人だっただけになおさら心が痛む。

ぼくは、学生運動をしたり、

精神的な探求をはじめ、

仕事や日本から離れたり、

父には理解できない、人生を歩んできたけど、

それでもどこかいつも僕のことを

愛してくれていた父を思い出す。

父が他界して14年になる。

充分意思疎通もできないまま、父に先立たれた。

それでも、父にとって満たされなかった

愛や人生への渇望が僕の中で、

生きていることを今回のセッションで知って、

随分心強く感じる。


heart01 仕事についてのセッションが、思わぬ展開になった。

両親との関係、特に母との関係は、

随分、ワークをしてきた。

それでも、まだまだ あるんですね。

自分自身へのワークは、いつまでも続くのですね。

生きるということは、そういうことのようです。

本当にいいセッションでした。

パリギャンありがと~

セッション・ワークショップのお問い合わせは
ここ

telephone 052−833~1623






参加者募集!!

自分自身のうちに深く寛ぎ、
ただあること、人と出会うことを探求します!


ニュートラルなタッチ〜パート1-10/19(火)30(土)パート2-10/31(日)

こんな人にお勧めです
✳︎人生の転機にある方
✳︎自分自身を探求している方
✳︎セラピスト、ヒーラー、教育職、医療職等
 人と関わる仕事の方
✳︎クラニオバイオ、ボディワークに関心のある方






私自身の道を感じ、決めて、行動する
パスオブライフwith マルガ





深い寛ぎと癒し
クラニオ・バイオダイナミクスwithぎり


最後まで読んでいただきありがとうございます。

愛と感謝を込めて ぎり






投稿者 Banyan tree | 記事URL | コメント(0)

2021年10月 5日 火曜日

無為・・・何もしないこと・・・《アクアフローティング ニュートラルなタッチ》






今年の夏、

何度かアクアフローティングのワークショップの参加者から

セッションを受けた。

私たちは、鎌倉で、イントロダクションワークショップという

3時間ほどの短いワークショップを何度も行った。

参加者の多くは、初めての人・・・



僕は、水の上に浮いていて・・・

セッションをしている人が

戸惑っているのがよく分かったりする・・・

『どうしたらいいの?』

『これでいいの?』

よくわからなくて、僕の体から手が離されたりする。

僕の身体が勝手にうつ伏せになることも

そんな時は、マルガが、セッションをしている人の横にいて

『こうしたらいいよ。』と教えてくれていたりする・・・

そんな風にしてだんだん慣れていくんだけど・・・

受けている僕は、実はとても気持ちがいい・・・

一人で浮いているよりも、はるかに水にレットゴーしている。

もちろん、慣れている人、そうでない人の違いはある・・・

それでも慣れていない人でもとても気持ちがよかった。

アクアフローティングは、水がしてくれるワーク

水にお任せする・・・あるいは、水と一つになってワークをする・・・

だから、セッションする人が、無理矢理、力任せに、

クライアントの身体を扱わなければ、

初めてで、戸惑っていても、水が何かをしてくれている・・・


これは、無為のなすわざかな?



おなじことが、ニュートラルなタッチのワークショップでも起こる・・・

初めてのボディワーク体験の人に触れられて、

深く癒されることがある。

ただ自分自身に寛いで、人とともにいる・・・

そういうあり方が起こると

セッションをする人も受ける人も

愛と静けさのエネルギーの中、

深く寛いで、癒される。

そしてこのことは決して特別なことではない。

全ての人の内側にあるスペース、愛、空、無・・・

何かをしようとするのではなく、

ただいることに寛ぐときに起こることを


私たちは、伝えたい 

体験してもらいたい 

と思っているます。

ただいること、あることの体験が、

人生を変えることにもつながります。



参加者募集!!


こんな人にお勧めです
✳︎人生の転機にある方
✳︎自分自身を探求している方
✳︎セラピスト、ヒーラー、教育職、医療職等
 人と関わる仕事の方
✳︎クラニオバイオ、ボディワークに関心のある方


ニュートラルなタッチ〜パート1-10/19(火),30(土)パート2-10/31(日)





投稿者 Banyan tree | 記事URL | コメント(0)

2021年10月 5日 火曜日

自分を責めないで・・・《鬱 ストレス ジベリッシュ》



ウーヌスのお客様は、女性が多いのですが、

たまに男性もいらっしゃいます。

スピ系や探究者の人ももちろんいます。

企業戦士の方も

日本の社会は、競争社会、

子供の頃から、いい学校目指して、勉強、受験・・・

そしていい会社に・・・

会社に入ったら落ちこぼれないように・・・・

頑張って

パワハラやモラハラ

すっかり疲れ果てて

その上、コロナ・・・

鬱状態・・・・

社会全体も鬱っぽい!!


誰でも、鬱になったり、

死にたくなったり、

そんなことがありますよね。





時々、疲れ果てた企業戦士がやってきます。

そんな方には、しっかりマッサージをして

クラニオ・・・

時には、ジベリッシュ瞑想(後述)を一緒にしたりもします。

鬱々として内向しているエネルギーが流れ出すと

生命が甦ります。

自分自身を取り戻します。

自分自身と繋がったら

後は、自分自身の人生の選択です。



そんなお手伝いができる日は、

とても嬉しい。



ここで一つ、言いたいこと

自分を責めないで

鬱になったり、

落ちこぼれたり

そんな風に思って

責めないで

きっとこれは

チャンスだから

ひたすら走ってきて

無理して頑張って

今、自分自身を振り返る

チャンスだから・・・・



ジベリッシュ瞑想

ジベリッシュは、意味のない言葉を話す瞑想法です。

意味のない言葉を発することで、滞ったエネルギーを解放します。

誰でも、どこでもできる瞑想法なので

おすすめです。

関心のある方は、下のビデオを見てください。

これは子供達がやっているものです。

座っても、立っても、OK 身体を動かしてエネルギーを発散します。

ジベリッシュでエネルギーを浄化した後、静かに座ります。

短い時間でも効果的です。

子供たちのジベリッシュ






おすすめです!!
自分を深く知りたい方に
人生の変わり目の方
セラピスト、医療職、教育職等人と関わる仕事の方に


参加者募集!!
パート1ー10/19(火)30(土)パート2ー31(日)
ボディワーク講習会〜ニュートラルなタッチ



ウーヌスのセッション





深い寛ぎと癒し
クラニオセイクラル・バイオダイナミクスwithぎり




自分自身の人生の道を創る
パスオブライフwithマルガ



最後まで読んでいただきありがとうございました。
愛を込めて ぎり




投稿者 Banyan tree | 記事URL | コメント(0)

カレンダー

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

月別アーカイブ