giriのブログ

2022年5月22日 日曜日

不妊治療と第一次呼吸《クラニオバイオ》





こんにちはスタッジオウーヌスのぎりです。

先日、不妊治療をなさっているAさんに

クラニオの施術をしました。

片方の卵巣に卵子が育っていないというお話でした。

そちらの卵巣へのワークをしました。

上の図のように、卵巣は、左右に二つあります。

大きさは、3、4cm。

卵巣の中で卵子は育ち、2cm位にまで大きくなります。

2cmって大きいよね!今回初めて知りました。

充分大きくなると卵が卵巣から飛び出し、

卵巣の横にある掌のような卵管采(らんかんさい)が、

卵をキャッチします。

卵管の入り口で、精子がくるのを待ちます。

精子と出会い、受精卵が、子宮に着床すすれば、

妊娠!!

精子と出会わなければ、生理が起こります。



セッションでは、片方の掌を仙骨に置き、

もう一方の掌を下腹部に置き、

卵巣をホールドしました。

数分経つと、小さなパルス(拍動)を感じだしました。

少しずつ、卵巣が動きだします。

いのちの蠢きのようなものを感じだしました。

『生きてるよ!!』

地中に眠っていた生き物が冬眠から覚めるかのような

そんな感じの動きが起こりました。


そしてしばらくすると今度は、

卵巣全体がモゾモゾ動いているのとは別の動きが

始まりました。

卵巣が広がりだします。

少しずつ広がって、大きく広がります。


セッション・ワークショップのお問い合わせは
ここ(クリックしてください。フォームにつながります)

TEL.052ー833ー1623





第一次呼吸の拡張(インハレーション)です。

第一次呼吸とは、

生きとし生けるものが全て行っているエネルギーの呼吸です。

それは、無(空、あるいはゼロポイント)からやってくる

宇宙を生成する力です。





受精卵を人の形まで成長させる力でもあります。

そして日々私たちはこの力に育まれています。


第一次呼吸のインハレーション(拡張)は、

大きな開放感を持ってやってきました。

いのちの躍動、歓びを感じます。


この第一次呼吸は、宇宙からやってくる、

生命の源からのエネルギーです。

孤立していた組織(卵巣)が、

大きないのちと一つにつながります。

そしてその組織、卵巣が蘇りました。

感動の瞬間です。

そしてまた収縮(エクスハレーション)します。

翌日、

『クラニオを受けた後、子供の頃のトラウマの夢を見ました。

そして、病院で今まで、動いていなかった卵巣に

小さな卵子が育っていることがわかりました。』

もう一度、施術に来ていただきました。

左と右の卵巣にワークをしました。


後日、メールをいただきました。

『卵子一つが凍結成功となりました。

あの時にクラニオを受けれたおかげだと

思っております。

本当に有難うございました。』

というメールをいただきました。


第一次呼吸ってすごいなあ〜

と改めて教えられました。

生命の神秘を感じるセッションでした。

Aさんありがとうごいざました。

お大事にしてください。



参考ブログ
第一次呼吸〜生命を司る力


第一次呼吸を学ぶ
ボディワーク講習会〜ニュートラルなタッチ









クラニオセイクラル・バイオダイナミクス






NEW !!マルガのボディワークセッション

セッション・ワークショップのお問い合わせは
ここ(お問い合わせフォームにつながります)


最後まで読んでいただきありがとうございました。

楽しい週末をお送りください。

愛と感謝を込めて

ぎり




投稿者 Banyan tree | 記事URL | コメント(0)

2022年5月11日 水曜日

街の中の農的暮らし《スタジオウーヌス 自然》



 ( 私たちの借りている畑@扶桑町 )   

農的な暮らし、こんな言葉に憧れていた。

田舎で、自然豊かな環境に住まないとできないと

思っていた。

振り返ってみると、

街の中でちょっと農的な暮らしをしている。

味噌や梅干しを作り(マルガ作ってくれている。)

バジルペーストやしその実の塩漬け、オイル漬け、




そして今の季節は、甘夏のマーマレード・・・等の保存食を作る。

自分達で作った常備食。

週1位の割合で、畑に行く、



  (草ボウボウの中で水菜がよくできている)


草刈りをし、

土を肥やし、

種をまき、

苗を植えて、

季節の野菜をいただく、

我が家の野菜の自給率は3分の1か半分くらいかな?

夏野菜が大量にできる7、8月は、

きっと60%以上・・・

自分達の手で、足で、

そして頭も少し使って、生活を育む・・・

少しずつ、手作りの生活が広がっていく・・・

街の中の農的暮らしは、そんな感じがする。

そしてそのことがとても心地よい。





(キアゲハが、フェンネルに産卵している)


畑に行くと、自然から色々教わる・・・


実のところ、よくわからないことが多い、

『え!どうしてこの子枯れちゃったの?』

教科書通りでないこともしてみる。


何種類の種を一箇所にばら撒いてみる

何種類もの野菜が混在する。

1種類だけいっぱいできたりする・・・

そんなことを実験中・・・・

人参とほうれん草があまり良くできない。


この2つの野菜は、今年のチャレンジかな?

ちょっと工夫しながらやってみる!!

野菜作りは基本、自然にお任せ、

人智を超えたものが野菜を育てる。

私たちの仕事は、気づいて、必要な手を加える。

その手加減が少しずつわかっていくようだ。


その手応えが嬉しい。

あ、去年から米作りグループにも入れてもらいました。

自分達で作ったお米食べてる!!





ウーヌスの提供する個人セッション




生の土台である身体からのアプローチ
マルガのボディワーク




深い寛ぎと癒し
クラニオセイクラルバイオダイナミクスwithぎり



個人セッション・ワークショップのお問い合わせは

ここ(クリックしてください。問い合わせフォームが出てきます)



最後まで読んでいただきありがとうございます。

良い1日をお過ごしください。

愛を込めて

ぎり










投稿者 Banyan tree | 記事URL | コメント(0)

カレンダー

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

月別アーカイブ