giriのブログ

2020年11月26日 木曜日

自然は待ってくれない《名古屋 ヒーリング 野菜作り》






赤い小蕪



ブロッコリー


今、私たちの畑では、冬野菜が育っています。

大根、カブ、白菜、小松菜・・・・

どの子も少し、小さめです。

タネをまいたり、苗を植える時期が

ちょっと遅かったんですね。

9月、種をまいたりする時期

私たちは、アクアフローティングツアーで、

奄美の加計呂麻島や沖縄に行ってました。

うんと暑い日も多く、

9月は畑に行くことが少なかったんです。

私たちの自己都合ですね。


ウーヌスへのお問い合わせ・セッションの予約は

ここ(クリック!)



一つ、一つの野菜に、種まきの時期があります。

季節の移り変わりに応じて、

ちょうどいい時期があります。

秋は、冬に向けて、気温が日々下がります。

野菜が成長しやすいためには、ある程度の温度が必要。

冬野菜は、概ね15〜20度とか

そこで、種まきが遅れると、

ちょうど大きくなりやすい時期を逃すことになります。

野菜を作るって、自然のリズム、摂理が第一

自然は、待ってくれないな〜

そんなことを改めて感じます。

本当は、人間も自然の一部

自己都合や

会社都合

その他もろもろの人間の都合

で、自然の摂理の中で生きていること

生かされていることを忘れています。

そして、内なる自然を忘れています。

少し前まで、私たち人間は、

季節の移り変わり、星の動き・・・

そんな自然の動きにもっともっと敏感に

生きてきたのだと思います。

自然の流れ、宇宙の摂理の中で、より生かされる

生き方をしたいと思います。

野菜作りで、こんなことを教わっています。

コロナパンデミックも、

私たちの生き方、自然との関わりを

一人一人に問うています。


11月29日8AM〜ダイナミック瞑想会します!!




ルッコラが大きくなりだしています。

嬉しい!!



キャベツが玉を巻き出しています。

こんな大きな野菜を自分の畑で作れるって驚き!



あなたの内なる自然のリズムに出会う
クラニオセイクラル・バイオダイナミクス






マルガサイキックマッサージ再開



セッションのお問い合わせ・お申し込みは

ここ(クリック!)

投稿者 Banyan tree | 記事URL | コメント(0)

2020年11月20日 金曜日

マルガのタッチ〜サイキックマッサージ再開に寄せて《名古屋 ヒーリング》




マルガが久々にサイキックマッサージを再開した。

最初に、マルガのタッチを受けたのを

とても鮮明に覚えている。

もう、7年ほど前、足助の和尚庵で、

ボーンアゲインという1週間のリトリートを行った。

OSHOが最後に作った瞑想の一つだ。

僕は、主催者、マルガは、参加者だった。

毎日1時間、子供になる・・・

自分の内側の子供を解放する・・・

そして1時間座る  という瞑想

朝は、ダイナミック瞑想から始まり、

夕刻にはクンダリーニ瞑想

開いた時間は、自由時間

ある日、何人かでマッサージのしあいっこをした。

マルガに足を触れてもらった

自然にさりげなく、

それでいて、しっかりと

足が触れられる。

触れられる というより、

ちゃんとホールドされる。

触られて、

安心する

安心すると

心も体も緩み、

開く、

さりげないひと触れが

とても新鮮で、驚いた。

この人、体の触れかた知ってる・・・

この人が知ってる

というより

手が知ってる・・・

こういう手は、あまりない・・・

あの時の感覚がまだ僕に残っている。





サイキックマッサージ再開



セッションの問い合わせ・お申し込みは

ここ(クリック)

telephone052−833−1623






投稿者 Banyan tree | 記事URL | コメント(0)

2020年11月20日 金曜日

秋色《紅葉 ヒーリング 名古屋》

こんにちは

すっかり秋が深まっています。

名古屋市内を歩いていても、紅葉の美しさに、足を止めます。

ウーヌスから歩いて10分くらいの所に、隼人池があります。

これか3枚は、隼人池で撮った写真です。

紅葉って、緑と一緒だと、その赤や黄色が一層鮮やかですね。

コントラストや全体の色合いの調和が生まれます。

今年の紅葉での発見!!













上の写真は、瑞穂グラウンド付近

これから下の写真何枚かは、香嵐渓



流石に、紅葉の名所、紅葉も黄葉も綺麗でした。






川に落ち
紅ます
秋の昼下がり






赤ちゃんが、銀杏の落葉と遊んでる・・・




大人もはしゃぐ紅葉色








こちらは、畑の里芋堀、これも私たちの秋景色です。

ちゃんとできてて、よかった!!



ブロッコリー てんとう虫がアクセント!!

紅葉も後少しですね。

この時期だけ、享受できる楽しみです。

お楽しみください。





久々にマルガのサイキックマッサージが受けられます!!!!
マルガサイキックマッサージ再開!!!


セッションのお申し込み・お問い合わせは

ここ(クリック)


telephone 052−833−1623

最後まで読んでいただきありがとうございます。

良い1日をお過ごしください。




投稿者 Banyan tree | 記事URL | コメント(0)

2020年11月17日 火曜日

11/22(日),29(日)8am〜ダイナミック瞑想します《名古屋 OSHO 瞑想》



こんにちは

スタジオウーヌスのギリです。

ダイナミック瞑想のお知らせです。

コロナ禍の一年、

私たちは、多くの緊張、ストレスを抱えてきました。

2020年、私たちは、地球レベルでの苦しみ、制限、

不安感の中にいます。

ダイナミック瞑想を通して、リフレッシュし、

自分自身と繋がりたいと思います。





ダイナミック瞑想は、神秘家OSHOが創造した

現代人の為の革命的な瞑想法です。

ストレスの多い現代人にとって

まず、感情や心身のエネルギーの浄化が

最初に必要だとOSHOは、考えます。

浄化の後、初めて瞑想のスペースが生まれます。

1時間の瞑想法です。

5つのステージに分かれています。

第1ステージは、呼吸

  身体に酸素をいっぱい取り入れ、無意識をかき混ぜます。

第2ステージは、カタルシス。

  叫び、泣き、笑い、踊り、飛び跳ねます。

  起こることを全て許します。

第3ステージは、ジャンプ!

  第1チャクラ、生命エネルギーを目覚めさせます。

第4ステージは、観照、瞑想のピーク

第5ステージは、祝祭のダンス、

 生きる喜びを踊ります。


誰にでも参加できます。

ご気軽においで下さい。

日時 11月22(日),29(日)午前8時~
   (7時45分開場)
                               
会費  1000円
場所  スペースサマディ 名古屋市中区
    大須3-5-40石川方
交通  地下鉄上前津駅(10番出口)・
    矢場町駅(4番出口)から徒歩10分
会費  1000円
持ち物  体を動かしやすい服装 
    下着等着替え(汗をかきます)
    飲み物、タオル、ヨガマット

募集人数  3名 (密にならないよう制限をします。
          参加希望者は、早めに連絡下さい)

当日の連絡先 090-9948-0920(ギリ)



問い合わせ・申し込みは、

ここ(クリック)

telephone 052-833-1623

投稿者 Banyan tree | 記事URL | コメント(0)

2020年11月 9日 月曜日

自分を傷つけないで《コロナ 名古屋 ヒーリング》




先日セッションに来てくれた

東京の大学に通う20歳の男性に話を伺った。

コロナの流行、それに伴う社会の変化、

若い人の多くが、様々な困難を強いられている。

それにも拘らず、政治、社会の対応は、あまりにも乏しい、

血が通っていない、

あまりにも多くのことが理不尽に進んでいる、

激しい憤り、怒りを覚える、

そしてそれを話し合える人間もいない

慣れない東京の暮し、

絶望感、孤独感の中、アパートに引き籠った

大学を休学した。


話を聞いて、痛いほど彼の気持ちがわかった。

僕自身は、同じ年頃のころは、学生運動があった。

世界中の、若者の反乱、異議申しだて、ヒッピーや

フラワーピープル・・・・そんな時代だったので、

僕自身の怒りや憤りは、世界につながっていた。

そしてそれを表現する方法を持っていた。

憤りや怒りが表現する場を持たない時、

あるいはそれを昇華する方法をもたない時、

その怒りは、内向し、自分自身を攻撃する。

日本中で、そしてこの地球中の多くの人が

それをしている。

僕も時々、それをする。


セッションのお問い合わせ・申し込みは
ここ



鬱や自閉、

そして様々な精神的、肉体的な疾患、

自傷行為、

自殺、

その殆どが、内向した怒りや悲しみが

自分自身を攻撃しているように思う。


政治や社会、という大きな『敵』(鉤括弧は、そう思うと言う意味)

だけでなく、

身近な人間関係、社会関係の中で、

例えば、上司、親、夫や妻、学校、教師、友人、

多くの関係性の中で正直に、

自分自身を表現できない時、

怒りが内向する。

そして、自分自身を内側から蝕んで行く、

怒りや憤りを感じるのは、

とても自然なことだし、

とても尊い事だと思う

そんなふうに彼には伝えた。

多くの人が、社会の矛盾や理不尽に、

鈍感になることで、

何も感じなく、無関心でいるかのように

振る舞うことで

自分を守っている。

実のところ、そうすることも、

自分自身を殺している。

生き生きと感じ、生き生きと生きる

ことを止め、

死んだように生きることを

選んでいる。

彼には、そんなふうには、

生きてもらいたくなかった。

理不尽や矛盾には、憤りや怒りを感じる

感受性を

繊細さや

優しさを

持ち続けて欲しい。

ただ、自分を傷つけるのは、やめてほしい。

自分がそうやって自分を傷つけていたのを知って欲しい、

彼は聡明な人で、そのことを理解した。


翌日、ダイナミック瞑想とジベリッシュ瞑想を

共に行なった。

それは、怒りや痛みを昇華する最も有効な方法だと思う。

ぼくは、怒りや痛みを内向させない方法を

それをエネエルギーとして生きる方法を

OSHOから学んだ。

OSHOの智慧を彼に伝えた。

きっと、この文章を読んでくれている人の中にも

自分を傷つけていることに気づく人がいるだろう。

自分を傷つけるのは、やめてほしい。

あなた自身のために

そして世界のために



11/4(水)6(金)13(金)15(日)ダイナミック瞑想会のお知らせ




心身の深い癒し 自己治癒力の向上に!
クラニオセイクラル・バイオダイナミクス





あなたのエッセンスを生きる!
つながるセッション with マルガ


セッションのお問い合わせ・申し込みは
ここ

telephone 052-833-1623









投稿者 Banyan tree | 記事URL | コメント(0)

カレンダー

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

月別アーカイブ