giriのブログ

2020年1月 4日 土曜日

小さなクリエイティビティ~餃子作り~

こんにちは

スタジオウーヌスのギリです。

今日は餃子作りの話

年末に、餃子を作ることになった。

キャベツ、白菜、しいたけ、ニラにひき肉、生姜、ニンニク、

皮も自分で作ろうとなって、ネットで調べると

薄力粉と強力粉を半々、

そして熱湯で、こねる、とある。

ピザ生地を自分で作るので、

生地を作るのは、慣れている。

大きな生地の塊から小さな丸い球を作り、

それを麺棒で、こねる。

そして小さな円状の皮にする。

これがなかなか難しい。

麺棒で、生地を伸ばし、

方向をかえ、

生地を裏返しにして

できるだけ円形に作って行く

形ができていくのが、超楽しい

おままごと

遊び心が歓ぶ

ちょっと大きくてもいいだろう

ちょっと変な形でもいいだろう

と思いながら、20枚以上の餃子の皮を作った。

それに餃子の具を入れて

包んで・・・・

フライパンに乗っている餃子を見て、マルガに笑われた。

(写真を撮ってなくて残念!)

こんなふうに、料理が、小さな挑戦、クリエイティビティにつながると

とっても幸せ、

そうそう味もとても美味しくできました。

時々、マルガがこうしたらいい 

ああしたらいいと教えてくれる。

「作ったことあるの?」

と聞くと、

「お母さんが作るの見てた。」

「餃子屋さんでこんな風に焼いていた・・・」

そんな風に言う。

いつも僕を驚かせんだよね、

こんなところが、

ぼくには、持っていない才能!!!!




*セッション*




深い癒し
心身の統合に!


クラニオセイクラル・バイオダイナミクス






しっかりとしたタッチが必要な方には

リバランシングマッサージ






あなたのエッセンスに出会う!

つながるセッション with マルガ



shineお問い合わせ・お申し込みは、

ここから


telephone 052-833-1623






投稿者 Banyan tree | 記事URL | コメント(0)

2020年1月 3日 金曜日

ハートの変容の力《瞑想 ヒーリング 名古屋》


「・・・ある日、坐禅していると、心境がスーっと澄んでね。

まことに静かな世界になった。

あらゆる生きものの苦しみや痛みが、

わがごとのように感じられたんだ。

なんというか、まるで〝いのち〟から

しみ出てくるように感じられてきた・・・・」


昨日のブログで、村上光照老師のこんな言葉を紹介しました。




ガンガジ

アメリカ人のスピリチュアルティ―チャーのガンガジの

言葉を思い出しました。

サットサング(真理を追究する集まり、覚者との質疑応答)の中で、

「光明を得ることは、至福の中にいつもいるように

思っているかもしれませんが、

世界中の苦悩、痛みを受け入れることでもあります・・・・」

こんなふうに語っていました。

その時、ストーンと言葉が僕の存在に入ってきました。



OSHOの瞑想法の一つに、

アティ―シャのハート瞑想があります。

世界中の苦しみ、

悲嘆をハートに吸い込み、

ハートから至福、祝福を吐き出す 

と言う瞑想法です。。

自分自身の、そして世界の苦しみを

祝福に変える力を私たちのハートは、持っています。


混沌、混迷の時代、

自分自身を

そして世界を変えるのは、

私たち自身。

私たち自身が、

自分自身を

そして世界を変容させる力を

持っていることを知ることは、

素晴らしいことではないですか?



やってみましょうか?


ハートにチューニングして

(ハートに手を当てってもいいでしょう)

苦しみや痛みを吸い込み

歓び、祝福の息吹を吐き出してみてください。

そして何度か繰り返してみましょう。

素晴らしい一日になるでしょう。



2020年新しい年に・・・&座る瞑想のこと・・・
(昨日のブログ)



HAVE A BEAUTIFUL DAY heart04






shineセッションshine







深い癒し
心身の統合に!


クラニオセイクラル・バイオダイナミクス




しっかりとしたタッチが必要な方には

リバランシングマッサージ







あなたのエッセンスに出会う!

つながるセッション


shineお問い合わせ・お申し込みは、

ここから


telephone
 052-833-1623


投稿者 Banyan tree | 記事URL | コメント(0)

2020年1月 3日 金曜日

2020年新しい年に・・・&座る瞑想のこと・・・《ヒーリング 名古屋》




あけましておめでとうございます。

今日は、お正月の2日。

皆様いかがお過ごしですか?

家族でお過ごしの方

海外旅行やスキー等のバカンス中の方

恋人と二人

あるいは、一人で・・・・

仕事の人も・・・

一人ひとりの仕方で、素敵なお正月をお過ごしください。

そして、2020年が素晴らしい年になりますように

お祈りします。


本年も、マルガ、ギリ、

スタジオウーヌスをよろしくお願いします。




須佐之男神社@八事


私たちは、近くの神社に初詣に行ったり、

手作りおせちを食べたり、

普段とは違ったことを話し合ったり・・・

何か少しいつもと違った時間を持っています。

覚醒のフィ―ルドのセッションを終了して

私たちにとっては、新たな始まりの年

ここから何が生まれるのか

じっくり探索中です。


去年から、ギリは、座る瞑想をよくしています。

朝起きてすぐ、

あるいは、夜明け前に目が覚めた時、

ただ座って、呼吸を見ます。

考え事をしているのに気づいたら、

また呼吸を見ることに、戻ります。

ある時、呼吸と呼吸のギャップに気づきました。

それに気づくと、

空あるいは、

無に、

永遠に吸い込まれるように感じます。

そして、至福がやってきます。




お問い合わせ・セッションのお申し込みは、

ここから

telephone 052-833-1623





先日、名古屋であったクリシュナの瞑想会に参加しました。

随分、久しぶりの参加です。

クリシュナは、OSHOの弟子で、

長らく日本に住むネパール人です。

深い瞑想を経験し、覚者として瞑想をシェアしています。

どんなことでも、シェアする人で、

瞑想をリードした次の瞬間は、

みんなのためにカレーを作ってくれていたりします。

ぼくは、彼のそんな人柄が大好きです。

その日、朝7時からのダイナミック瞑想から参加しました。

後から聞くと、

泊まりで参加していたメンバーは、

午前2時30分から座っていたとか・・

びっくり、と同時に、

あの濃密なエネルギーがそんな風にして生まれていたのだと、

納得しました。



村上光照老師と池谷啓さん
https://ichirindo.hatenablog.com/entry/20160418/1460941327)


FBで池谷啓さんと言う方が、

村上光照さんという禅僧を紹介していました。

現在80歳を超える老師です。

学生時代から禅の道に入り、

朝2時に起き、ひたすら座禅をされたそうです。

池谷さんが、こんなふうに村上さんの言葉を書いています。

「・・・ある日、坐禅していると、心境がスーっと澄んでね。

まことに静かな世界になった。

あらゆる生きものの苦しみや痛みが、

わがごとのように感じられたんだ。

なんというか、まるで〝いのち〟から

しみ出てくるように感じられてきた・・・・」

これこれ、僕が体験しているのではないのですが、

自分自身のいのちが大きないのちと一つになった時、

こんなふうに感じるのだろうなあ と、とても共感しました。

これこれと感じたのは僕の存在がそこに行き着きたい

と願っていることのように感じます。

昨年末から座りだした、きっかけになった文章です。

実は3つのソースからほぼ同時期に、

座る瞑想の情報がやってきて

否応なしに座りだした そんな感じ座っています。


もう一つ、年の初めのトピックです。

マルガが新しいブログを去年から書いています。

こっそり書いていて、ぼくも今まで読んでなかったのですが、

マルガらしい素晴らしい文章を書いています。

マルガオリジナルな感じる世界が、とても素敵です。

読んでみてください。


ウーヌスのHPにもマルガの新ブログとしてリンクしました。

ご覧ください。




マルガの新ブログ





深い癒し
心身の統合に!


クラニオセイクラル・バイオダイナミクス





あなたのエッセンスに出会う!

つながるセッション




heart04お問い合わせ・お申し込みは、

ここから


telephone
052-833-1623






投稿者 Banyan tree | 記事URL | コメント(0)

2019年12月31日 火曜日

ありがとうございました 《2019→2020 感謝》


2019年、ありがとうございました!
マルガ、ギリ、ウーヌスとご縁のあったみなさんに感謝申し上げます。



たくさんの方とお会いし、
美しい場を共に創りあじあわいました。
本当にありがとうございました!



ウーヌスとしては今までやってきた大きな仕事が終わるということが起きました。
それは、さあ、はじまるよ!といった合図のように感じています。



2020年、わたしたちにとって新たなスタートです。

年が変わるということだけでなく、
多くの方にとっても新しいはじまりではありませんか?

いままでの枠に気づき、それぞれが自分自身の道を開拓していくでしょう。




ふたりで2019年労おうと名古屋めしを食べにいった会計金額
5555 GOGOGOGO

みなさん、GO!行けー!だってよ。





2020年も、ウーヌス、マルガ、ギリを、どうぞよろしくお願いします。
これからもすべての出会いを楽しみます!



2020年1月4日よりオープンしています。


★★★マルガのオリジナルセッション

つながるセッション


★★★ギリのセッション

クラニオセイクラルバイオダイナミクス


予約は問い合わせフォームより



愛と感謝をこめて♡♡♡

スタジオウーヌス

マルガ ギリ










投稿者 Banyan tree | 記事URL | コメント(0)

2019年12月27日 金曜日

人の癒し、猫の癒し《トラウマ ヒーリング ポリエーガル理論》



スタジオウーヌスのギリです。

年末のあわただしい時期、皆様いかがお過ごしですか?

昨日、知人宅での3世代、10人での賑やかな食事のこと、

インド、黄金寺院での10万人の食事、の話を書きました。

そこで思い出したのが、今年のギリシャリトリート


コルフ島、アリラスビーチのニコスアパートメントで、

私たち、マルガとギリは、3週間近くを過ごしました。







毎食をオープンエア―のテーブルで食べます。

ワイワイガヤガヤ、話しに花が咲きます。

ワークを共にする仲間との食事は、

とりわけ楽しいものがあります。

ただ、わいわい楽しいだけでなく、

ハートでの出会い、

そして、暖かく、繊細なエネルギーフィ―ルドが拡がります。

今まで、誰にも話したことのなシェアが起こったり、

あるいは、自分自身も知らなかった自分を

知る機会になったりします。

ニコスアパートメントでの食事は、


仲間とそして自分自身と深く出会う、

そして癒される

一人ひとりの人生にとって、稀有な時でもありました。

私たち参加者の中で起こったことが、猫たちにも

波及したようです。




ネコちゃんたちがニコスアパートメントにはいました。

一匹は、三毛の雄、大きくて、ゆったり、威厳があります。

ステキちゃん、いつかこう私たちの中で、

呼ばれるようになりました。

この写真では、左端。

3匹で私たちから餌をもらっている時に、突如、ステキちゃん

登場で、猫の間に緊張が走っています。

お母さんネコ(右上)がひるんでますね。

ステキちゃんは、飼い猫で、餌をもらっていて、

いつもは、おっとり。

こんな光景は、この時だけでした。




そしてお母さんねこと子猫、生後3、4ヶ月かなあ?







もう一匹同じように小さな子猫がいました。

この子は、ちょっと小さめ、で痩せています。

私たちが最初に出会った頃は、痩せこけていました。


目つきも怯えているでしょ?

小さい時に、親から離れ暮らした恐怖、トラウマのある

目の表情だと思います。

グレーなので、グレコ

姿かたちからは、

お母さんネコのもう一匹の子供のように見えますが、

離れて行動しています。



グレコが、お母さんたちにに近づくと威嚇されたりします。

グレコの方からは、明らかに仲間に入りたい 

と言った行動をとります。

ニコスアパートメントのマルガリータに聞くと、

ステキちゃんだけが飼い猫

他の猫は、いつの間にか紛れ込んできた猫で、

エサもやってないとか

「以前、全ての猫にエサをやっていたら、数が増えて困ったし、

お客さんの中には、食事時にネコが来るのを嫌う人もいるから、

今は、1匹だけにエサをやって、飼っている・・・

冬になって私たちも、お客さんも来なくなると、

いつの間にか、ここに居ついてた猫たちもいなくなる。

隣近所に住処を見つけるみたい・・・・

グレコがお母さんネコの子供かは、わからない・・・」


なるほど~ ネコの人(猫)生、

野良猫との宿の人たちの付きあい方に、どこかとても感心した。

いろんな生き方、付き合い方があるんだな~

ネコたちは、天に任せて生きている。

人間たちは、自分たちに心地よい猫との付き合い方を選択する・・・・

自分たちの人生や付き合い方も、学べるものがある・・・・・


私たち、短期間の滞在者には、猫は、ただ、可愛い存在。

ネコちゃんたちも私たちにだんだん慣れてきて、

近づくようになってきた。

エサをあげたりして、仲良くした。

滞在の終わりの方には、

食事時に、テーブルの上までやってきて、

私たちを困らせた。
















ネコたちとの付き合いで、

一番うれしかったのが、一匹孤立していたグレコが、

子猫どうしで遊びだし、

お母さんネコたちと合流しだしたこと。


もともと血縁の家族ネコの再統合なのか? 

血縁ではない子猫が合流したのかはよくわからない。


今まで、近づこうとすると追い返されていた、

グレコが、お母さんネコたちと楽しそうにじゃれたり、

行動しているのを見るのは、とても嬉しかった。

これは、リトリートの中で起こった、

私たち人間の愛のエネルギーフィ―ルドが、

猫たちも包み込んでいったことで起こったことと思う。

私たち、一人ひとりが癒され、仲良くなり、

愛が育まれ、愛のエネルギーフィ―ルドができると、

自然と、猫たちの警戒心が解け、私たちに近づきだした。

私たちもネコとの交流を楽しみ、


ネコたちと私たちの愛の波動が拡がって行った。

愛は、全てに波及する。

ポリヴェーガル理論からすると、

哺乳類も人間と同じような関係性に関わる神経系を持つ、

私たちの神経系の中で、癒しや統合が起こり、

そのエネルギーが猫たちの癒しを作ることは、理解できる。

一人で孤立し、怯えていたグレコに家族ができて、

随分とふっくら、太りだした。

ギリシャも冬、




グレコたちは、どうしてるかなあ?

もうすっかり大きくなって元気にしているかな?










ポリヴェーガル理論
(ギリの論文)


食卓~生きること、食べること(ブログ記事)


shineお勧めセッションheart04





深い癒し
心身の統合に!


クラニオセイクラル・バイオダイナミクス




あなたのエッセンスに出会う!

つながるセッション



お問い合わせ・お申し込み
ここから

or

telephone052-833-1623












投稿者 Banyan tree | 記事URL | コメント(0)

カレンダー

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

月別アーカイブ