giriのブログ

2019年3月21日 木曜日

春分の日、地球暦、OSHOエンライトメントディ





今日は、春分の日
昼とよるの長さが同じ日
暦によっては、一年の始まりの日。
地球暦でも一年の始まりです。



地球暦は、太陽を真ん中として、太陽系の惑星

水星、金星、地球、火星、木星、土星、天王星、海王星、

冥王星を配置したカレンダー。

毎日、夫々の惑星のの位置を表示したピンを動かします。

宇宙の中の私を、より感じて生きる指針になります。


今日は、一年の初めで、新しい地球暦をウーヌスのリビングの

壁に張り替えました。


この地球暦、浜松に住む、杉山開知さんが作ったもの

実家の浜松で農業をしだしてから、都会での時間と農作業の

時間の違いから時間について探求を始め、新しい暦を

創るに至ったと聞きました。

すご~い!!

こんなオリジナリティに富む人がいます。



そして今日は、OSHOエンライトメントディ

1953年3月21日、OSHOが悟りを開いた日

世界中で、そして名古屋でもOSHOを愛する人々の

お祝いが繰り広げられます。


ブッダ(覚者、悟りを開いた人)の出現が、

祝い、愛、祈りの輪が、私たちの地球のエネルギーを変えます。

自分自身の神性(仏性)を思い出す日。

仏陀(お釈迦さま)とOSHOの最後の言葉は、ともに

サマサティ=Right Remenberance = 正念

正しい記憶とは、

YOU ARE A  BUDDHA!!


そして満月です。

美しい日をお過ごしください。



3月22日&24日マルガの東京セッション

投稿者 Banyan tree | 記事URL | コメント(0)

2019年3月19日 火曜日

3月22(金)24(日)マルガ東京セッションのお知らせ

   
 

    東京にてマルガのつながるセッションをオープンいたします。

    春分の日の翌日、はじまりのエネルギーに満ちたとき。

    あなた自身のいのちの歓びにつながる時間。
    
    新しいスタートにいい時期。

    ご自身の本来の生へのコミットにお役立てください。

    メニューはつながるセッションです。

 つながるセッションは、あなたの内側に流れる

 いのちの伏流を見つけ、

 生そのものが、歓びに満ちた流れになるように

 サポートします。


 
    

    あなたがすでに持っている美しさ、強み。

    それをまだ気づいていないなら、

 見つけるお手伝いをします。

    それはあなたが弱みだと想っているところかもしれません。


    その美しさ、強みを日々自分の人生に活かしていくために、

    このセッションではより深く体験していただきます。






    お話を聴き、エクササイズ、マッサージなどあなたに

    今一番サポートとなることをします。

    
    2時間 22.000円

  詳しくは
  つながるセッション




    日時:
    3月22日金曜日
    10:00、13:30、16:00
 3月22日日曜日
 10:00
    希望のスタート時間をお知らせください。

    場所:東京都内
    手入れの行き届いた安心できるスペースです。
    ご予約をされた方に詳細はお知らせいたします。

 お問い合わせ・お申し込みは
 ここ
 telephone
 052-833-1623


  





投稿者 Banyan tree | 記事URL | コメント(0)

2019年3月 2日 土曜日

脳下垂体~身体の神秘《クラニオセイクラル・バイオダイナミクス 名古屋》



脳下垂体の機能に障害のある方に

クラニオのセッションをしている。

そんな訳で、脳下垂体について改めて勉強する。



これは、ウーヌスにある頭蓋模型。

青色の前頭骨を外したのが、下の写真。





真ん中にある薄い黄色の骨が蝶形骨



文字通り、蝶の形をしている。

でしょ?

頭には、23の骨があって、夫々が、規則的に動いていて、

宇宙エネルギーの呼吸、第一次呼吸をしている。

蝶形骨は、その中の中枢。

2枚目の写真では、黄色い骨の真ん中にある窪みが

トルコ鞍と言われ、そこにすっぽりと、

脳下垂体は、入っている。

護られている。



上の写真では、赤い卵型が、脳下垂体。

副腎皮質刺激ホルモン、甲状腺刺激ホルモン、

性腺刺激ホルモン・・・他多くのホルモンを分泌する。


その周りにあるのが、蝶形骨。


こんなに護られているのって、

本当に大事な臓器なんだね~!!


こんなふうに私たちの身体が作られていることに、

ただただ 感嘆する!


脳下垂体は、松果体も含めて、第3の目ともいわれる。



クライアントさんには、頭蓋のモデルを見せて、

脳下垂体の場所について説明した。

そして脳下垂体とお話するように、お願いした。

私たちの身体も、声をかけたり、意識したりすると 

それを理解する。聞きとる。

だから、ありがとうって

自分の身体に声をかけてあげるといい、

何でもそうですね。

子供も、声をかけられたリ、誉められると

成長する。進歩する。

植物も

奇跡のリンゴの木村さんの話は、知っている人も

多いと思う。

何年か前、電線にぶつかりそうになって飛んでいた

カブトムシ、きっと生まれたばかりのカブトムシの雄が

あまりにも危なげだったので、

「あっち!」と言って、っ森の方を指さしたら、

方向転換して飛んで行った。

すべての物は、エネルギーに還元され、

エネルギーのフィ―ルドの中では、一つに繋がっている。

だから、声をかける

意識を向けると

それが通じる。

日本語を話す相手でなくても

一寸話がずれたかな?





クライアントさん、毎回、元気になっている。

脳下垂体がどのように変化しているのかは

よくわからない。

ただ、クラニオのセッションを通して私たちの

最も原初的なエネルギーである第1次呼吸(宇宙エネルギーの呼吸)

により深くつながることで、身体が健康になっていることは、

よくわかる。




それがうれしい・・・






心身の深い癒しshine
クラニオセッション



投稿者 Banyan tree | 記事URL | コメント(0)

2019年3月 1日 金曜日

母のこと《生と死 クラニオ 名古屋》

母のこと

母は、今年94歳。

10年以上前に、生まれ、育った関西の老人ホームに入居した。

兄嫁とは、暮らしたくない。

次男(ギリ)は、海外で生活したり、あてにできない。

二人の子供のいる名古屋から関西の老人ホームへ。

二人の子供は、母の決断に、唖然としていた。

思い切りのいい人で

自分のことは、自分で決める

そんな凛としたところのある人だと

年老いた母の生き様を観ていてよくわかる。


海外にいる孫から送られるひ孫の動画を見るのが楽しみで、

数年前からスマホでラインを始めた。

老人ホームに入ってからは始めた水彩画も、

この数年上達している。

足腰こそ衰えが見えるものの、頭脳明晰、

このまま100まで生きるもの と思っていた。

そんな母が、体調を壊した。

「呼吸が苦しい。」

検査をすると肺と胸膜の間に水が溜まって、肺を圧迫している。

それで呼吸が苦しい。

1月になって入院した。

いのちの先行きが定かでない

自分の母親が、それ程遠くないうちに死ぬことは、

もちろん知っている。

頭の中では、理解していた。

それが、目の前に来ると、

ひどく動揺する。

自分自身の存在の深い所がぐらつく。

様々なことが手がつかない。

できることは、できるだけ、多くの時間を母と過ごすこと

と思い、昨秋から、頻繁に老人ホームや病院に通っている。

ぼくは、母に、クラニオと

ヒーリングサークルのセッションを続ける。


医療としての治療に色々な選択肢がある。

延命治療は、しない。

という母の考えは、ハッキリしている。

ところが、現実に向き合って、どこまでが、

医療行為で、どこからが延命治療と考えるのかは、

その線引きは、とても難しい。

幸い というか、 奇跡的に

担当医が、母が親しくしている同窓生の息子さん。


何かと親身になってケアをしていただいている。

弱気になる母に

「丸田さんには、長生きしてもらわないという人が何人もいますから、

私の母もそうですし、うちの嫁も丸田さんのファんですから・・・」

と励ましてくれる。

ロンドンにいる孫(僕の姪)から

1歳と3歳のひ孫の動画が送られてくる・・・

「返事来なくても、おばあちゃんの既読が

付くだけで嬉しいから」と、書かれている・・・

こんな優しさが、何よりも母を励ます。

いのちは、こんなふうにつながっているんだなあ 

とつくづく感じる。

小さいことの重なり合い

家族、友人、医療現場や様々な場で関わる人との関係

食べること、見ること

そんな重層な関わりあいの中で、

生きようとする気持ちが生まれる。



幸い、この2週間ほどで、随分回復した。

「いつ死んでもいいんだから・・・」

と言っていた母が

「早く、退院したい。老人ホームの自分の部屋に戻りたい。」

と言って、リハビリに頑張りだす。

幸い、とても気持ちの優しい、

若い女性の理学療法士が、母の担当をしてくれている。

少し前は、苦しいからリハビリしたくない 

と言っていたから随分違う。

母の最期の時期と付き合いながら

いのちについて教えられている。





心身の深い癒し

クラニオセイクラル・バイオダイナミクスセッション
















投稿者 Banyan tree | 記事URL | コメント(0)

2019年2月26日 火曜日

覚醒のフィ―ルドのクリスタルのこと・・・




今年から始まった覚醒のフィ―ルドのトレーニング

改めて覚醒のフィ―ルドやクリスタルたちについて理解することがある。

本当に、このクリスタルたちは、私たちに使われるととても歓ぶ、

ワークショップのたびに、輝きを増す。

ピッカ、ピカに光出す。

呼びかけると応えてくれる。


サンパティは、エナジャイズする度に、一つ一つのクリスタルに

これこれの波動を入れてていいかどうか聞く。

多くのクリスタルが、歓んでYES と言う。

新しい波動を入れることは、

そのクリスタルの今までの、在り方をすっかり変えて、

違った生命を生きることになる。

ハイエストプロテクション(究極の御守り)だったり、

ナチュラルフリークエンシー(一人ひとりの本来の個性の波動)だったり、

それは、何万年と生きてきた彼らのいのちのあり方を全く変えること


だから、時々、NO というクリスタルがあるそうです。

そしてそういうクリスタルには、サンパティはエナジャイズしない。

何度もサンパティに聞いた話だけど、

トレーニングをしていると、

改めて、一つ一つのクリスタルのいのちをリアルに感じる。

覚醒のフィ―ルドのクリスタルたちは、



私たちの意識の変容のために、

自分たちのいのちを捧げてくれている存在。





ハイエストプロテクション等お持ちの方、

毎日、呼びかけ(充分エネルギーを受け取るための儀式)をして、



クリスタルと仲良くする時間を持ってくださいね。






先日、裏伊勢の一つと言われる瀧原宮に行ってきました。

鳥居の前に着いた瞬間、

清浄なエネルギーにびっくりしました。

瀧原宮に流れる川で、クリスタルを浄化してきました。

水に入って本当に嬉しそう・・・・

水と一つになっていました。




こちらは、サンパティのエナジャイズしたクリスタル浄化液

クリスタルクリアー、

簡単に浄化できます。

1本2500円です。

ご活用ください。



魂の声を聴く!
覚醒のフィ―ルドセッション




投稿者 Banyan tree | 記事URL | コメント(0)

カレンダー

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

月別アーカイブ