giriのブログ

2014年7月17日 木曜日

アクアフローティングとの出会い


アクアフローティングって初めて名前を聞く人もいますよね?

水の中で行うヒーリングです。

ワツー(WATSU)のほうが、少し知られています。

ワツーは、ウォ―ターシアツの略、水の中でするリラクゼーションでありり、ボディワークです。
だから、いろんな風に、身体を動かします。

アクアフローティングは、より瞑想を重視します。
水という存在の中に、身を任せ、起こることにゆだねます。
そのことを通じてヒーリングが起こります。

手放すこと、信頼すること、そして、繊細に人と付き合うこと、親密さを学ぶとても有効な方法です。


この木に囲まれたスィミングプールがアクアフローティングの発祥地。
インドのOSHOコミューンのスィミングプールです。
夏には、木々の花が水面に浮かびます。
ギリの知っている世界中で一番美しいスィミングプールです。

アクアフローティングは、1990年代のインドのOSHOコミューンで生まれたものです。
コキーラというドイツ人の女性がいろいろな手法を統合したのですが、彼女は、今来日しているサガプリヤの生徒で、サイキックマッサージやパルセイションのセラピストでした。
彼女のするトレーニングは、すっかり、サガプリヤ的な瞑想の世界だったのをよく覚えています。

3月~5月、インドの夏の時期、OSHOコミューンのプールでは、アクアフローティングが盛んにおこなわれていました。
ギリも自己流でやっていたのですが、ある日、コキーラがやってきて
「 あなたは、生まれながらのフローターだね、トレーニングに招待するからいらっしゃい。」
と言われました。

初めてのトレーニングだったのですが、最初からアシスタントで、いろんなことを任されました。
こんなふうに、トレーニングで扱われるのは、初めてのことで、びっくりと同時に、何かが深く癒されました。
人に信頼される 任される ということは、とても大きなヒーリングになります。

それ以来、アクアフローティングは、とても大好きなことで、インドや日本、名古屋近辺、九州、神戸等で機会があるごとにセッションをしてきました。
ただ、夏の海以外、ぴったしの温水プールが必ずしも近くになく、ちょっと封印気味になっていたヒーリング手法です。

とっても気持ちよく、自分でもできるようになるととってもいいので、
今年は、アクアフローティングの普及に努め体と思います。

出張もしますので 関心のある方はご相談ください!!

HP
アクアフローティングセッション

関連ブログ
7月27日(日)アクアフローティンの集い参加者募集します

youtube aquafloating






投稿者 Banyan tree | コメント(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

カレンダー

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31