giriのブログ

2014年8月 5日 火曜日

二人の母へのクラニオセッション

7月31日~8月4日神戸でワークをしてきました。
その間に、ギリの母親とマルガのお母さんにクラニオのセッションをしました。
これは、僕にとって、ちょっとまれなイヴェントでした。

母には、機会があるごとにセッションをします。
母は、今、宝塚の老人ホームにいます。
年に2度くらいしか会わないので、それほど機会はありません。
それも、いつもどこか忙しくセッションをしてきました。

今回は、時間もたっぷりあったので、ゆっくり1時間以上のセッションをしました。
時間が経つにつれ、深い静かなスペースに入っていくので、ハンドポジションも3つほどのポジションで、ゆったり静けさの中に寛ぐセッションを心がけました。
セッションを終えて
「今までのセッションと随分違ったね~ すごく身体が楽になった・・・・・」
とのこと、
母には、バイオダイナミクスを学ぶ以前からクラニオのセッションをしてきました。
やっと、バイオダイナミクスの何かがわかってもらえたようです。
常々「長い時間をかけて、高いお金を使って何をまた勉強しているの?」
とぼくのクラ二オ(バイオダイナミクス)のトレーニングを疑問に思っていたようなので、少し理解してもらえたようでよかったです。

10数年前、初めてのトレーニングを終えてインドから日本に帰ってきた時、母は、うつ病で痩せ衰えていました。
海外旅行で、自律神経の不調を生じ、入退院を繰り返していました。

ちょうど3週間、実家にいることができ、毎日クラニオのセッションをしました。
すっかりよくなって みるみる体調が戻りました。
初めて学んだクラニオでこんなに効果があり、親孝行ができて とても嬉しい出来事でした。

その後、母の様子を見ていた母の友人からもセッションの依頼が相次ぎました。

母へのセッションの翌日、大阪にいるマルガのお母さんにセッションをしました。
右足が突っ張って長い間立ったり歩いたりが、つらい ということです。
どうも、坐骨神経痛のようなので、坐骨神経のある仙骨、腰椎に触れました。
仙骨や腰椎が、大きく緩んで、スペースが生まれました。
セッション全体を通して、第1次呼吸(宇宙的な生命エネルギー)がしっかり感じられて、全体的に健康な身体でした。
長生きされますね。
ギリに会うのは、2度目です。ぼくに身体を任せることに緊張もあったと思います。
それでもゆったり寛がれたようで、その夜もゆっくり休まれたようでした。
足のツッパリや痛みもすっかり軽減していたようです。

クラニオ(バイオダイナミクス)は、静けさの中で出会い、ヒーリングをサポートします。
こんなふうに、母やパートナーのお母さんに出会える方法を持っていることをとてもうれしく思いました。

ぼくのクラニオを信頼してくれて母親へのセッションを依頼してくれたマルガにも感謝です。

7月のお勧めメニュー~クラニオ(バイオダイナミクス

クラニオセイクラルセッション




投稿者 Banyan tree | コメント(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

カレンダー

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31