giriのブログ

2014年8月12日 火曜日

アクアフローティング&リバランシングセッションの感想いただきました


先日、東京からアクアフローティングとリバランシングのセッションに来ていただいたYさんから感想をいただきました。
ギリにとって、アクフローティングの後、ボディワークをするというのは、最初の体験でとても興味深いセッションでした。
Yさんありがとうございました。
シェアさせていただきます。

先日はありがとうございました。
怒涛のような1日だったな...と
思いました。

昨日より今日朝遅くまで寝てました。台風もきてたからかもです。
→東京は今吹き荒れてます。

アクアフローティングはからだの緊張を緩めたり、自分の無邪気さとつながったり。
リバランシングはからだの硬いところに更にアプローチしてからクラニオだったからか、マインドが働いてもサラサラ流れていきました。
仙骨のとこではゆらっとからだが動いてました。
終わったとき、なんでここにいるんだろう?
なにしてるんだろ?って思うくらい、深く落ちてたかんじです。

昨日は、ハートとつながって安心してる感じがあるなぁって思ってました。

ありがとうございました。


二つのセッションを続けてして水の力を改めて感じました。
水と一緒にいるだけで寛ぐんですよね。
アクアフローティングは、力を抜いて水に浮かぶのでなおさらです。
セッションをする人、受ける人が、ともに海の水とつながります。
海の水と体内の水が一つにになります。
身体の外も内も区別がなくなり、水として一つになります。
水に身をゆだねるとこんなことが起こります。
大きな寛ぎ 
セッションを受ける人とする人の一体感
存在としての海との一体感が生まれます。
そのことがとても簡単に起こります。

それがすごい!!って感じます。
アクフローティングの後のボディワークでも とりわけ クラニオ(バイオダイナミクス)をしている時、水をとても感じました。
あたかも海の中でアクアフローティングをしているかのように水を感じました。

水は、情報を記憶すると言われます。
私たちの身体に感謝をすると、その感謝が身体の水に伝えられます。
そんなふうにして血液や体液も歓びに満ちて身体全体が幸せになるのではないでしょうか?

生命は、海から生まれたと言われます。
6億年前とか アクフローティングで生まれる安らぎは、そんな太古の記憶にもつながるかのようにまで感じられます。

アクフローティングセッション

クラニオセイクラル・バイオダイナミクス

関連ブログ
怒涛のアクアフローティング3連チャン








投稿者 Banyan tree | コメント(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

カレンダー

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31