giriのブログ

2015年4月22日 水曜日

ハート瞑想の体験談



giriのブログへの訪問ありがとうございます。
昨日21日は、ウーヌスの近くの八事興正寺のマルシェの日、マルガと二人で行ってきました。



モミジの若葉がきれい'



ドウダンツツジ



こちらは、ハナミズキ マルガが大好きな花です。



こちらは、ウーヌスのベランダの多肉植物、芽が毎日毎日ぐいぐい伸びています。

今は、新しい生命がぐいぐい伸びる時期ですね。
何か新たな仕事や勉強に、チャレンジするのにピッタリの時期です。

さて、今日の本題、東京でトーショ―のハート瞑想を続けているヨッチェルさんがハート瞑想の体験談をご自身のブログに書いていらっしゃいます。
許可をいただき、掲載させておただ来ます。



昨日は、ハートの瞑想会がありましたheart01heart01heart01

これ、私がハートを入り口としてすべてにつながる瞑想を学び始めた、ユニティインスティチュートのハート瞑想ティチャートレーニングを修了された方が全国各地で行っている瞑想会です。

昨日は、ユニティインスティチュートの通訳であり、「悟りのシンクロニシティ」(ヒカルランド刊)という本の翻訳者である、市場義人さんのリードによる瞑想会でした。

義人さん、本当に暖かいお人柄で頭もよくフレンドリーで親しみやすくて本当に素敵な方です。

通訳者翻訳者としてもご活躍されており、話し手は外国人ティチャーの方ですが、言葉をそのまま訳す、というよりその背後にあるものまるごとそのままのハートが伝わる翻訳をしてくれますドキドキ

私は昨年、このハート瞑想会に初めて参加したのですが、とっても繊細に癒されて本当に素敵な時間でした。とってもあたたかいスペースがありました。

昨日の瞑想会は第一回目とのことで、「ハートで聴く」ハートは無条件にすべてを受容するスペースがあり、時間や空間を超えている、という体験がありました heart01heart01
言葉を超えた世界でした。


あらためて、私が探求の中で最も大切にしている、「自己受容」というもの、「受容性」ということ、本当に大切なんだなあ、と深く感じました(^∇^)

これからもハート瞑想を続けて、日常生活の中でもっとハートに深くいられたらいいなあと思います。


ヨッチェルさんのブログ 自分自身の本当の幸せを生きる~自己受容の旅

5・16(土)~18(月)ハートへの贈り物③~ハートの直観・本質を育てる&個人セッション

最後まで読んでいただいてありがとうございました。




投稿者 Banyan tree | コメント(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

カレンダー

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

月別アーカイブ