giriのブログ

2015年7月10日 金曜日

7月24(金)&27(月)トーショ―の個人セッション(サトルボディヒーリング)オープンします



「この木は、智慧があるね~」 トーショー  @鶴舞公園、名古屋

毎回好評なトーショ―サトルボディヒーリングが、今回もオープンできることになりました!!!!

歓びの声の数々を紹介します。

heart01ハートを開くことにより一歩ずつ自分にも他人にも優しくなってきた感じがします。
心の中からあふれ出てくるものがあり、
強く生きることしかなかった自分がもっと楽に、
もっと優しく生きることができ、
これからの人生の目標を見つけることができる、
そんな気がしてならないです。
(Mさん)

heart01とても不思議な体験です、一回目よりも2回目、回を重ねるごとに深まります。
セッション後、こころが洗われるような穏やかな感じがします。
(Yさん)

heart01息子に対する罪悪感はほとんど無くなり、
それと同時に他の人に対しても以前よりも考え過ぎることもなく
自然に振る舞えるようになった気がします。
ここ1、2年聞きたいと思う音楽もなかったのですが、心に響くものが見つかり、昨日CDを買いました。
(Hさん)

遠隔セッションを何回か受けてくださった方の感想です。
それぞれ別のときにいただきました。
heart01いつもあるチャクラの痛みや傷ついた感覚を感じません。
ハートの痛みの代わりにとってもハートフルな感覚がします。

heart01ヒーリングを受けて徐々に変わっていく自分がわかります。
そんな自分に喜びを感じているし、今まで押し込めていた部分がこんなに素晴らしい自分なんだって感激してます。(Mさん)


サトルボディとは、7つのチャクラに呼応した物理的な身体をとりまいてるエネルギー体です。

インドでは、私たちの身体は、7つのエネルギーのセンター(チャクラ)をもつと言われます。

第1チャクラは、肛門や生殖器のエリアで、お金や仕事、物質的な生活に関わる領域のエネルギーです。
グラウンディングにも関わります。

第2チャクラは、ハラ、仙骨のエリア、感情や感覚、セクシュアリティに関わります。

第3チャクラは、みぞおちや胃のエリア、自分自身の真実、意志、実現する力に関わります。

これら3つのエネルギーセンターは、私たちの日常生活に関係します。

私たちが苦しんだり、悩んだりする自分自身の行動のパターン、人生でのトラブルの多くが、これらの3つのエネルギーの傷から来ることがあります。

それは、今世のトラウマ的な経験や、過去世の出来事から来るものかもしれません。

こういったエネルギーの状態がわたしたちの日常生活に不調和をもたらします。

サトルボディヒーリングは、ハートの愛と慈悲のスペースから 
これらの3つのエネルギーをリーディングをしてチャクラとエネルギー体のヒーリングをします。

トーショ―は、サトルボディヒーリングトレーニングの1期生で、10年近いキャリアを持ち、世界中の人々を癒してきました。

名古屋でも、毎回大好評で、全ての人に喜ばれています。

以下、トーショーの文章です。




普段の生活で苦しみを感じるとき、
日常生活と密接に関連している下位の3つのチャクラが、影響を受けています。

ハートのシンクロニシティの中に入り、
ひとつであるところから、人間の深みと何かより大きなものに触れるこのワークは、

人生のどの領域についても、
パターンにとらわれているとき、
新しい方向性を模索しているとき、
瞑想を深めたいと感じるとき、
に役立ちます。


制限のパターンを解消し、
その背後に隠れていた、
本質を育てることで


チャレンジを克服して
前進できるよう、手助けします。


7/24(金曜)① 午後1時~ ② 午後3時~
7/27(月曜)①   午前10時~ ② 午後1時~ ③午後3時~

【 セッション代金 】15.000円


予約・お問い合わせは、
スタジオウーヌスまで。

052-833-1623  /  info★banyantree8.com  (★を@へ変更して送信してください)







参加者募集(あと若干名)!!!
気持ちいい!!楽しい!!温泉!!変容!!リラクセーション!!!
7月25(土)&26(日)ハート瞑想&アクアフローティング@知多美浜with トーショ―&ギリ

2015夏 アクアフローティング!!ワークショップ&トレーニング

投稿者 Banyan tree | コメント(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

カレンダー

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30