giriのブログ

2016年4月 4日 月曜日

5月14~16日パリギャンのワークショップ&個人セッション≪スピリチュアル 名古屋≫

今、マルガとギリは、インドのプーネ、OSHOリゾートを訪れています。
ギリにとっては、10年ぶり。
マルガは、初めてです。
毎日、毎日何百人の人が瞑想を続けている場所は、やはりエネルギーが全く違います。
入ったとたんに、内側の深い所が寛ぎ、歓びます。
朝のダイナミック瞑想から楽しんでいます。
プーネのリポートは、またの機会にさせてもらいます。
今日は、急に5月に来日が決まったパリギャンのワークの案内です。





こんにちは

毎回、大好評なパリギャンのワーク

仙人のような風貌

暖かいハート

超繊細な感受性

驚くような秘教的知識

彼の口から出る言葉

手に触れられた感触

そしてエネルギーペインティング

全てが、私たちの、内なる本質に

気づき、開く助けになります。

彼の存在に触れることが、大きなギフトです。

今春は、連休あけの5月14日~16日名古屋でのワークを行います。

以下の内容で行います。



shine個人セッション

5月14日(土)

①午後2時~3時(予約済み)
②午後3時30分~午4時半(予約済み)
③午後5時~6時

16日(月)
①午後1時~2時
②午後2時30分~午後3時30分(予約済み)
③午後4時~5時

セッション料 15000円
通訳料    3000円

お申込み&お問い合わせは


shine5月15日(日) ワンデイワークショップ 「感情解放&ペインティングワークショップ」

私たちが、自らの感情にOKを出せる時

怒りや悲しみ、歓びや安らぎ、不安、嫉妬、陶酔 幸せ・・・・

私たちは、深く寛ぎます。

そして隠されていた感情に滞っていたエネルギーが動き出します。

それは、自分自身をより深く知り、より豊かな生への大きなサポートになります。

アークショップでは、ペインティング、瞑想、ペアでのエクササイズ

遊び心に満ちた様々な手法を使い、

私たちの中で隠されていた感情を表現し、体験します。

何よりもその体験が、私たちの新しい生の在り方へのギフトになります。


日時 5月15日(日)午前10時~午後5時
場所 スペースサマディ
   
名古屋市中区大須3-5-40
   地下鉄上前津8番出口、矢場町駅4番出口 ともに徒歩8分くらい 
会費 15000円

お申込み・お問い合わせは


heart01パリギャンの手法について by パリギャン

このワークの目的は・・

センタリングし、寛ぎ、そして、いつも私たちと共にある内なる静けさ、喜びと愛に繋がることを助けることです。
手法の基本は、この瞬間への寛いだ気づきです。
いくつかの手法の違いは、我々の注意を集中する違ったやり方にすぎません。
この瞬間に寛ぐことが、マジックのすべてです。
私の役目は、とても受身です。それは、私が見たものを少し説明したり、表現することです。
ほかに何も必要ありません。

私が使う手法は・・

痛みや精神的障害を 何の判断もせず観察し、感じ、そこにリラックスしていくとより深いレベルでの感覚に変容されます。
そしてまた観察するとまた変容し...と 何度も繰り返していくと最後には静けさの状態に至ります。

問題のもつルーツに目を向け、リラックスして容易に手放すのを助けます。
以下の方法を主に用い その時その状況に応じて最も適した方法を選んでセッションします。



1手のワーク

手は、私たちの感情や思考のサトルボディ(微細な体ーエネルギー体)を反映しています。

手が寛ぎ、マインドが静かになると、問題は、消えるでしょう。
なぜなら、私たちが問題と捉えるものは、一般的にマインドの緊張だからです。
そのためには、やさしい動き、すなわち、ソフトなマッサージかただ手を取るだけで充分です。
足においても同じことが起こりえます。足ではプロセスがもっと深く起こります。
しかし、そのプロセスは、ゆっくりと起こり、感じ取るのはもっと困難です。
何故ならそれは、より無意識のレベルに働きかけるからです。



2エネルギーペインティング

ここでの色と動きは、クライアントを内側の静けさと美の場所にガイドします。
課題の外側の兆候から始めます。あなたの内なるスペースを反映することにより、色の動きを観ることが、言葉を超えた直接の理解をもたらします。
この理解によって、何かがくつろぎ、内なるスペースが変化し、より深い層が、開き始めます。
色が変わり、プロセスがより深い層で続きます。
このプロセスは、状況がゆるし、クライアントがOKと感じる所まで進みます。



3ペンジュラムのワーク

ある状況には、色ではなく、ペンジュラムのほうが適していることがあります。
これも同じように働きますが、より直接的、より男性的で、よりフォ-カスし、集中的です。
時には、このやり方は、鋭い痛みあるいは、鋭い痛みのブロックを取り除くことを助けます。
何故なら、痛みは、多くの場合、筋肉の緊張により作り出されます。

そして物理的な緊張は、多くの場合、心理的、感情的なストレスだからです。

ある状況には、色ではなく、ペンジュラムのほうが適していることがあります。
これも同じように働きますが、より直接的、より男性的で、よりフォ-カスし、集中的です。
時には、このやり方は、鋭い痛みあるいは、鋭い痛みのブロックを取り除くことを助けます。
何故なら、痛みは、多くの場合、筋肉の緊張により作り出されます。

そして物理的な緊張は、多くの場合、心理的、感情的なストレスだからです。



Parigyan(パリギャン)のプロフィ-ル

1951年スイスの伝統的な家庭に生まれる。
フライブルグ大学で神学を専攻する途上、数学・物理学に進み修士課程を卒業する。

その後、物理学・心理学に興味を持ち1976年インドへと旅発つ。プーナにて瞑想の師 Oshoに出会い、弟子となる。
それ以来瞑想を行い、サイキックマッサージ、バイオエナジー、マッサージ、ブレスセラピー、占星学、レイキ、オーラソーマ、家族に座などを体験する。

そうした学びから新しいセラピー・手法を編み出そうとペンデュラムを用いてエネルギーを見ていく過程で、痛みが消えるという不思議な体験からその領域を深めてゆく。

興味は 自他共の内的成長、瞑想、美、アート(歌、音楽、編み物など...)

関連ブログ
It was gone パリギャンのセッション

両親の痛み~パリギャンのセッションを受けて












投稿者 Banyan tree | コメント(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

カレンダー

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31