giriのブログ

2016年5月20日 金曜日

諦め《ヒーリング スピリチュアル 名古屋》

名古屋でクラニオセイクラルサイキックマッサージクリスタルヒーリング等をしているスタジオウーヌスです。

僕自身の人生や仕事に関わるサトルボディヒーリングのスカイプセッションをトーショ―から受けた。

リーディングによって彼が最初に読み取ったのは、

ヨーロッパの水夫のイメージ
まだ若くて、充分仕事も身に付いていないらしい
ミスをしたりして他の船員からいじめられる。
最終的に、リンチに会い、
海に投げ捨てられて命を落とす

その描写を聞いて
「あきらめ」という言葉が浮かんだ

やっても無駄
どうせうまくいかない
失敗するのがこわい

どうしたらいいかわからない
ショック
スペースアウト

そんな言葉も続く

進学校の高校時代を過ごし、
国立大学に入学した。

そのころから
自分より勉強の良くできる
どう頑張っても及ばない
と何人かのクラスメートを評価した。

自分はどうせそこまでできないから

そんな諦めを無意識によく持った。

高校時代の友人たちの中で、
成績が必ずしも良くなかった友人で社会的活躍している人たちが何人もいる。

ひたむき
頑張り

そんな言葉が彼らには当たる。

そんなひたむきさを持てない自分をどこか不思議に思っていた。

いろんな才能があって
どんなこともできるけど
どこか中途半端と
自分自身ジャッジしている。

今回のセッションで
この態度の根っこにあるものに触れたように思う。

無意識の中に巣食う ショック 諦め

それが、今世にまで影響を与えているリンチ殺人
その恐怖やショックから来ているとしたら
ジャッジするより、
自分自身を慈しみたい。
そして無意識にまだ持っている諦めの感情から自由になろう。

新しい人生の再スタート 

そんな気がする。

(「この過去世の事件は、ギリの人生にいつも影響しているわけではないからね。でも何かの時に、浮上して影響を与えるものだったようだよ。」
こんなふうに最後にトーショ―がフォローしてくれた。)

リーディングの後でエナジークリーニングのワークをする。

そのクリーニングが全部終わったとき、
あたかも足の裏に穴が開いたかのように、エネルギーが流れているのを感じた。
それは、大地へのグランディングのエネルギー


トーショ―のセッションに興味のある方は、
インナーブロッサミング


ギリのセッション
クラニオセイクラルバイオダイナミクスセッション

覚醒のフィ―ルドセッション








投稿者 Banyan tree | コメント(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

カレンダー

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31