Margaのブログ

2016年8月25日 木曜日

ギリシャ、イタリアー旅②再会<名古屋 瞑想 クリスタル>



昨日から書き始めた旅でのこと。

今日はなにを書こうかな。


わたしたちがギリシャへ行ったのは、
サンパティのグループに参加するため。

わたしはサンパティとは今回、初めて実際に会った。






ギリとサンパティは昔からの友人。

彼らが会ったのも数年ぶり。

会ってない間、
ギリは、サンパティに会いたいなって時々言ってた。


だから、会った時のふたりの喜びようったら!!


サンパティは、
飛び跳ねそうなぐらい喜んで、
手をつないだり、手を握ったり、キスを送ったり、
顔を見ては、ニコニコして喜びの言葉をいっぱい表現してた。
もうすっごく可愛かった!

そしてギリは、
なんとも言えん幸せな顔してたー!
ちょっと照れてるふうにも見えた。
言葉は少なくて、
優しい目でサンパティの喜ぶ顔見てた。

そのギリの顔、
とてもひさしぶりに見たような、
初めてみたような、
ほんといい顔してたなぁ。

表現方法はちがうけど、
ふたりは見つめあって、
何度も再会を喜んでた。

すごーく素敵な場面だったよ。
美しかった。


わたしもその場にいて、
とてもハッピーだった。


こんなかんじで、
サンパティはすっごくチャーミングなひと。

正直、気楽、繊細、安心感、
というのも感じた。



サンパティを通して生まれた覚醒のフィールド。

これを本当に愛していて、信頼している。
それがサンパティに会ったことで、
今回のグループに参加したことで、
はっきりと伝わってきた。

その姿は本当に美しい。

そのことをわたし自身が知れたことは、
このセッションをするうえで、
ものすごく大きなサポートになった。
そして、このセッションを受ける人にもね。


覚醒のフィールドのセッションのときに
話してますが、

このワークが生まれたきっかけは、
Oshoが肉体を離れたこと。


わたしたちは人が肉体だけの存在だけではないことも知ってる。
でも、大切な人が亡くなると、
大きなショックを受ける。

そこから生き方が変わる、
そうゆうこと経験してるひと、少なからずいるよね。
わたしもそのひとり。


サンパティもそのとき、
大きなショックを受けた。

自分がこれからどうやって生きていったらいいのか。
そしてひとりで朝から晩まで瞑想したそうです。

そして、存在にお願いします。
「Oshoのボディの代わりになるものをわたしに与えてください」

瞑想は続いた。

あるとき、エネルギーがやってくる。

彼女は、これはわたしが存在にお願いしたものだ、
とはっきりと理解した。

そしてまたちがうエネルギーがやってくる。

それが続いて、
そのエネルギーをクリスタルに入れることを思いつく。

そしてまた
新しいエネルギーがやってきて、
それをクリスタルに入れて。

そうゆうふうにして
覚醒のフィールドがうまれた。

フィールドの外側にあるカードの絵も
サンパティがエネルギーを描いたもの。






ギリとサンパティの再会を見たけど、

覚醒のフィールドが誕生したことは
サンパティにとって再会だったのかな。

サンパティの、このフィールドへの愛と信頼を見て、
ものすごく美しいなって感じたし、
羨ましいなぁって感じた。

だって、自分を通して生まれたものが
こうやって実際に世界に拡がって、
たくさんの人に気づきや愛、いろいろな体験が起こってる。
すばらしいよね。


セッションを提供するというかたちで、
そのワークにわたしは参加してる。
今回感じたのは、
存在へ、サンパティへ、そしてこのセッションを受けたい人への
敬意みたいなものが、ぐぐっと高まった。


それと、
少し前からわたしの中でうまれたきた、
わたしのオリジナルのワークというものへも
滋養を与えてもらったかんじ。



まだの方、
覚醒のフィールドを体験しにきてくださいね。
http://www.banyantree8.com/menu02/sub02/awakening/

8/26.27 
自分とつながる、だれかと出会う
ボディワーク講習会
http://www.banyantree8.com/blog/2016/08/967days-1327480.html


マルガのサイキックマッサージ
http://www.banyantree8.com/psychicmassage/

予約は、
052-833-1623/info@★banyantree8.com (★をはずして送信してください)



投稿者 Banyan tree

カレンダー

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31