giriのブログ

2016年9月29日 木曜日

手放すこと&身体の声~セションの感想~《クリスタル ヒーリング 名古屋》

   

覚醒のフィ―ルド(究極の癒しコース)を受けていただいたHさんから感想をいただきました。

手放すということがテーマの一つでした。
ご本人に了承いただいてシェアさせていただきます。

マルガさん、ギリさん

 今日はセッションありがとうございました。

 メニュー以外の子宮のセッションも、していただきとても楽になりました。

手放せないのではなく
 手放したくなかったんですね。
 他の事もそうあるかも知れないなと、改めて思いました。

 マルガさんのボディワークが始まって
 直ぐに左奥歯が浮いてきて(数週間前から調子が悪かったです)
 その後、顔左半分の骨に力がかかった様な浮いた様な感じになりました。

 うつ伏せの時は、段々と腰がだるく重くなったのですが、仰向けになると楽になり終わってからは軽くなってる感じでした。

 ギリさんのワークでは
  頭を触らせてる時に
 自分の寂しい顔が浮かび
 「縛られてるメモ」と言葉が浮かび
 湖が出て来て「こだわってるもの」と言葉が浮かびました。

 子宮のセッションの時は
 お話ししましたが、空洞が出来て軽くなり、お腹が柔らかくなったのがわかりました。

 自分でも鏡を見てスッキリして
 柔らかな表情になってるなとわかりました。

 自分の中で色んな事が起こり
  とても濃い1日になりました☆  H




Hさんは、子宮筋腫を持っていて、ぽっこりお腹が膨らんでいました。

そのお腹が気になって、セッションの最後に、マルガに、お腹を触ってもらいながら、ヒーリングスピリット
(ヒーリングサークルの14の波動が全部入った強力なヒーリングパワーを持つクリスタル)のライト・トランスミションをしました。

これが、Hさんが、書いてくれたメニュー以外の子宮セッションです。

Hさんの目から涙が流れました。

「Hさん、子宮筋腫本当に手放したいの?」とマルガが聞きました。

「私、子どもがいないことに、すごく罪悪感を持っていて・・・
 ぽっこりしたお腹のこと、
子どもみたい・・・て思っていたんです。
主人も子供がおなかにいるみたいで可愛い と言ってくれたり・・・・」

Hさんが話をし涙を流されると、手の中にあったお腹が柔らかくなった とマルガは感じました。

次のようなメールをまたいただきました。

頂いたメールを何度も読み返しています。
 
ハートを開く、魂の声を聞けるようにと、そちらにばかり意識が向いて
身体の声を後回しにしていたんだなと
マルガさんの言葉でハッとしました。

 
朝目覚めたら
自分の身体が愛おしく
ぎゅと抱きしめてあげました。

お腹の張りもかなり楽になりました。
セッションから自宅に戻り、トイレを済ますとピンク色の胎児のような形をした物が出て
これでお別れだねと思い「今までありがとう」と心で声をかけて送りました。

セッションの次の夜には
左の脳に上から何か入ってきてる感じがして
明方目覚めると、左半分頭から肩にかけて冷たいものが流れる感じがしました。

9月に入り動き出しているんだなと
まだ焦りはありますがカードにあったように
忍耐強く自分を信頼して委ねていきたいです。

そして
マルガさんが言われてた
ボディワーク2days
受講してみようかなと考えています。

    H


胎児のようなものの文字を見て、びっくり・・・・Hさんに確認したら、5,6cmのピンク色のオリモノ
だったそうです。

思いと身体は、本当につながっていますね。

私たちの身体に、耳を傾けると、私たちの色々な無意識の声が聞こえてきます。

そんなことを改めて、教えてもらったセッションでした。

自分自身の身体を愛おしむこと

大事にすることから

自分自身をより深く知る

自分とより親しくなる道が開かれます。

覚醒のフィ―ルドセッション

2daysボディワーク講習会





投稿者 Banyan tree | コメント(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

カレンダー

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30