giriのブログ

2016年11月10日 木曜日

ヒーラー、セラピスト、友人、恋人達へ《ヒーリング 名古屋 スクール》

こんにちは、名古屋で、クラニオセイクラルサイキックマッサージクリスタルヒーリングボディワーク講習会
等を提供しているスタジオウーヌスです。




@猿投山

めっきり寒くなりました。
皆様いかがお過ごしですか?

11月7日のブログでも紹介したJeff Fosterの詩を訳しました。
人と共にいること、寄り添うこととは、どんなことなのか?
心に響く言葉です。
原文も載せます。
英語のできる方、訳文をチェックしてみてください。

ヒーラー、セラピスト 友人恋人達へ

あなたが、痛みの中にいる友とともにいる時
彼らの世界がもはや意味をなさない時
混乱が荒れ狂い、
心に休息を見出されない時

少しの間
物事をよくしよう
安心させよう
答えを与えよう
彼らを癒そうとする
そんな誘惑にあらがうだろうか?

あなたは、友に、静けさを 傾聴を 
そしてあなたの存在と 暖かさを
捧げだろうか?

あなたは、母親が彼女の幼子を抱くのと
同じ優しさを持って
友をハートに抱くだろうか?

あなたは、彼らが今いる所で、
彼らが変化すること、変容することを求めずに、
あなたの必要やスケジュールから自由に、
彼らを抱くだろうか?

あなたは、自分自身の我慢できなさと居心地の悪さを
自分のうちに抱えながら、
あなたの友の近くに居るだろうか?
あなたは、彼らの目をそしてあなた自身を見つめるだろうか?

あなたは、崩れ去ることを信頼し、
あなたがただ彼らの古い夢が壊れるのを、目撃していることを知りながら
癒しの地獄に彼らともに留まるだろうか?

時には、何もしないことの中で
全てのことがほどかれていく
そして愛だけが、真の薬として顕れる。

Matt Licata and Jeff Foster


Healers, therapists, friends, and lovers!

When you sit with a friend in pain,
when their world no longer makes sense;
when confusion rages and
no rest is to be found.

Just for a moment,
will you resist the temptation
to make things better,
to reassure them,
to provide answers,
even to heal them?

Will you offer your stillness, your listening,
your presence, and the warmth
of your immediacy?

Will you hold them in your heart,
with the same tenderness
of a mother holding her little one?

Will you embrace them where they are,
without needing them to change or transform
according to your own needs and schedule?

Will you stay close,
holding your own impatience
and discomfort near?
Will you look into their eyes
and see yourself?

Will you stay in the inferno of healing
with them, trusting in disintegration,
knowing that you are only witnessing
the falling away of an old dream?

Sometimes in doing nothing
everything is undone,
and love is revealed to be
the only true medicine.

- Matt Licata and Jeff Foster

http://alovinghealingspace.blogspot.jp/2014/12/healers-therapists-friends-and-lovers.html

「いい人であるな」 by Jeff Foster 


11/12(土)13(日)2daysボディワーク講習会~自分に繋がり、人と出会う~若干名参加枠有

ギリのクラニオバイオダイナミクス

マルガのサイキックマッサージ

覚醒のフィールド~魂の求める生き方、本来の自分自身の再発見の旅





投稿者 Banyan tree | コメント(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

カレンダー

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31