Margaのブログ

2016年12月10日 土曜日

見えてない見えてる世界4/21<マルガ つながる セッション>



自分が見ている世界と
みんなが見ている世界。
同じ空間にいてみんなどんな世界見てるんかな。


わたしは視力が低い。
0.0ナントカぐらいの数字。

視力が低いのがわかったのは、
4歳ぐらい。

そこから今に至るまで
眼鏡やコンタクトレンズで視力矯正してる。

遺伝ですと言われ、
母は相当なショックを受けたらしい。
女の子なのに、一生眼鏡で過ごすなんて・・
というかんじ。

母は美しい娘をもちたかった。

それぞれの親が期待するかたちってあるよね。

だから、母の想像する美しい娘は
眼鏡をかけてなかったんやろう。

それで、わたしは小学校2年生のときに
初めてコンタクトレンズを付けた。

めっちゃいやだった。
目に入れるのこわいし、
ずれたり、ごみ入ったら痛いし。


母親と子供。

自分の理想があって、その形が幸せだと思い、
子供のためとおもって一生懸命にそれを与える。

子供も期待に応えたくて一生懸命に受け入れようとする。

これはわたしと母とに起こってたかたち。
いろんなかたちで母と子の関わりがある。





眼鏡やコンタクトをしていないと、
不安で外に出れない。

これってちょっとなんかへん、
そんなふうに感じだした。


実際、眼鏡やコンタクトをつけてると目が苦しい。
それはずっと感じてたけど、
つけないことには生活できない生きれないって思ってたから
我慢してたんよね。


ずっと目をコントロールして生きてた。

あまりにも自分にとっては当たり前のことで
コントロールとも気づかなかったけど、
そのことに気づいてしまった。


わたしにとって、
サバイバルには見えることが必要。
見えないことは生存の危機に関わってる。

そんなことがわかって、
少しほっとした。


裸になりたいよー、
目の声。身体の声。わたしの声。

無理に見なくてもいいか、
最近、そんなふうに思えてきた。

だからときどき、
裸眼で外で過ごせるようになってきた。

必要なときだけ、眼鏡を目にあてる。
それ以外は、眼鏡は頭の上にのせておく。



裸の世界。

いままでもそれは見えてたはずだけど、
いままではそれを見えてない世界としてた。


でも、その見えてない世界をそのまま見たら、すごい世界があった。


めっちゃ美しい。

光の世界。


はっきり見えない目が嫌いだったけど、
その見えない目で見える世界が
こんなに美しいとは知らなかった。


あぁ、これを与えてもらってたのか。

涙がでた。


このわたしを通して見えてる世界を表現していく。
同じ世界に生きてて、違う見方をしてる。
そのさまざまな世界が、同じところにある。


マルガの
あなた自身とつながるセッション


12/17.18自分とつながる、だれかと出会う
ボディワーク講習会

あなたの生命を知る
覚醒のフィールド


予約は、
052-833-1623/info@☆banyantree8.com (☆をはずして送信してください)





投稿者 Banyan tree

カレンダー

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30