giriのブログ

2017年3月27日 月曜日

与えること~マグダラのマリア《OSHO 名古屋 ヒーリング》



昨日は午後、OSHOイベントセンターの瞑想会へ

その後、OSHOネオタロットをマルガとSと3人で遊んだ。

このタロットカード、絵が美しくて大好き。

ギリが今この時に、気づきを与えてくれるカード
として引いたカードは、ギビング

マグダラのマリアが、イエスの足に精油を
注いだという逸話のカード

無条件に与えること、シェアすること・・・・

絵に描かれているのは、キリストとマグダラのマリア
とユダ

赤字は、解説
黒い字は、OSHOの言葉です。

21、与えること Giving

いまこそ開いて、けちであることをやめて、
自分がなしうるかぎりにことを、
自分がもちうる限りのものを
与えることです。
あなたのありあまる愛を
あなたのありあまるハートを与える時です。


マリー・マグダレーナを覚えているだろうか? 
私には、彼女だけがほんとうに
イエスについて行った人のように思える。
彼女の真正さは途方もなかった。
ある日、彼女はやってきて、
非常に、非常に高価な香水をイエスの足にかけた。
ユダはその場にいて、その機会を逃さなかった。
彼は言った。
「いいですか、あなたは彼女を止めるべきだったのですよ! 
これは無駄です! あのオイルは非常に高いのですよ......
売ることだってできたのです。
人びとは飢えています。
それに、この香水は非常に高いのに、
なぜそれを無駄にするのですか?」
論理的に見える。

だが、イエスはなんと言うだろう? 
イエスが言うことは非常に非論理的だ。
彼は言う。
「貧しい人たちは常にいる。
私が去ったら、お前が彼らの面倒を見ればいい。
お前にはこの女性のハートがわからない。
彼女に香水をかけさせるがいい――
高価か、高価でないか、それは関係ない。
私は彼女のハートのなかにすばらしいフィーリングが
立ち昇っているのを見ることができる。
これが祈りだ......
私には彼女の祈りを邪魔することはできない」

マリー・マグダレーナにはハートの美しさがあることを
イエスは理解した。
イエスが見ているのは香水ではない――
彼はその女性のハートを見ている。


OSHO ZEN:PATH OF PARADOX



個人セッション
心身の深い癒し

クラニオセイクラル・バイオダイナミクス

魂の目的を知る
覚醒のフィ―ルド

ワークショップ
安心・安全なスペースを学ぶ

4月8(土)/9(日)パス・オブ・ライフ(旧ボディワーク講習会)参加者募集
内なるの智慧・才能を開く

4/29~ボディワーク講習会7days





投稿者 Banyan tree | コメント(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

カレンダー

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31