giriのブログ

2017年3月26日 日曜日

自分のいのちを生きる~安心・安全とは⑤

昨日、半年ぶりにYさんがクラニオのセッションに
いらっしゃいました。

一見して表情が違っていました。

お話をしていて、とてもクリアー

今まであった、もや~としていたベールがはがれていました。

Yさんは、一昨年、精神的な不調が生じ、統合失調症
という病名がついて退職して通院治療中。

昨年は、障害者の授産施設で働いたりしていました。


今年に入って、薬を飲むのを止めて、
求職活動を始めたそうです。

その話を聞いて納得!!

施術をするサイドからは、薬の副作用がハッキリしていました。

関節の硬化や意識の不明瞭さ


今年になって、「もう薬を飲まないで、自分を治す。」
と、決めたそうです。

お話を伺っていて、決心した というより、
そんなことがYさんの中で起こった
そんなふうに、聞こえました。
病人でいるのが嫌、
病人にされるのもいや
という、
いのちの叫びのようでした。

少し前から、ホテルのクリーニングの仕事を始めたそうです。

Yさんには、障害年金の受給、障害者枠での就労
の可能性もありました。

物質的には、その方が安全です。

ただ、それをすると、いつも病気であること、障害者であること

を自分で選択をすることになります。

Yさんにとって、物質的に安全なことより、
もっと大事なことがあったようです。

自分自身を生きることでしょうか?

自分のいのちを生きること

安心・安全ということについて また一つ、教えられました。

自分のいのちを生きることが、本当の意味で、安全、安心な生き方です。
物質的な意味でのリスクを冒しても

それがあって、自分より大きな存在のサポートがやってきます。

より大きな存在とのつながりができる時、自分を生きることが生まれます。


続き(安全・安心とは⑥)



関連ブログ
安全、安心とは?~「身体はトラウマを記憶する」を読んで・・・

今、ここ・・・・安全・安心とは②

Offering(捧げること)~安全・安心とは➂

私は、あなた共にいます~安全・安心とは④

人間にとって安全とは何か?-ポリヴェーガル理論

個人セッション
心身の深い癒し
クラニオセイクラル・バイオダイナミクス

魂の目的を知る
覚醒のフィ―ルド

ワークショップ
安心・安全なスペースを学ぶ
4月8(土)/9(日)パス・オブ・ライフ(旧ボディワーク講習会)参加者募集











投稿者 Banyan tree | コメント(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

カレンダー

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31