giriのブログ

2017年3月31日 金曜日

覚者にとっての安全~安全・安心とは⑧《ヒーリング 名古屋 ボディワーク》



安全ということを考える時、
思いだすのがこの写真です。

1985 年 11 月 4 日アメリカのシャーロット空港で撮られた写真です。

OSHOは、弟子に招かれて、アメリカに渡ります。
オレゴン州で、東京都23区の大きさに匹敵する
巨大なエコロジカルなコミュニテイー
ができあがりました。

そして多い時には、2万人の人々が世界中から集まりました。

それは、アメリカ。世界の支配者たちには、脅威でした。

そこで、逮捕状もなく、不当逮捕されました。

ソクラテス、キリスト、古来から真実を語る覚者は、
支配者たちを恐れさせます。
殺されました。
OSHOもこの時の逮捕の時、タリウムを被ばくされ、
それ以降急速に健康を悪化させました。
それが彼の死因です。


私だったら、この場面では、振えあがり、
顔をこわばらせるでしょう。

OSHOのこの笑顔は、驚異です。
人間がそれだけ気高くあれるのかを教えられます。

彼にとって、肉体の安全が、安心の絶対条件
ではないことがわかります。

肉体を超えたいのちを知っている神秘家
だけが持てる笑顔でしょうか。



個人セッション
心身の深い癒し
クラニオセイクラル・バイオダイナミクス

魂の目的を知る
覚醒のフィ―ルド

ワークショップ
安心・安全なスペースを学ぶ
4月8(土)/9(日)パス・オブ・ライフ(旧ボディワーク講習会)





投稿者 Banyan tree | コメント(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

カレンダー

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30