Margaのブログ

2017年6月19日 月曜日

Osho瞑想のこと、いろいろのこと<名古屋 つながる サイキックマッサージ>



7月、ウーヌスで開催するグループをリードしてくれるシッダ。

シッダと初めて会ったのは2013年5月。

ボーンアゲインという瞑想リトリートにて。

シッダがファシリテーターだった。

7日間のグループ。

泊まり、しかも大部屋!


無理やな。

知らんひとたちとの共同生活、しかも一週間なんてわたしには無理。行かれへん。


そう思ったけど、でもどうしても行きたかった。

理由はわからないけど、

内容もよくわからんかったけど、でも行きたい。

行きたい!でも、こわい!



そのときのわたしはまだマルガではなく、神戸でひとり自分のスペースをもって仕事をしてた。

ギリのセッションをその前の年に受けたので、

ギリの事は知っていた。


そのセッションでOshoのダイナミック瞑想の話を聞いた。

やってみたらいいよと。

関西でしてるところをギリが教えてくれて、ボーンアゲインの数か月前にはじめてダイナミック瞑想をした。

解説をうけて、んんんーと感じたけど、やってみるしかない。

ドーン!と音楽が大音量でなり、はじまったらクレイジーにみえた。



急に怖くなった。

真っ暗で、防音の部屋つまり密室で、

知らないひとたちで、

みんなクレイジーにふがふがしてるし。


いろんな怖いがおそってくる。

どうしよう。

逃げたい。

パニックになりそうになった。

どうしよう。



そうしたら、

なにか大きなものが背中の方からやってきた。

一瞬びくっとしたけど、でも大丈夫だと感じた。


その大きなものがゆっくり近づいてわたしを包んだ。

大きくてやさしくて安心した。

このひとがOshoなんだ。

そうおもった。



感じてた恐怖は消えて、

もうなにがなんだかわからなかったけど、

必死でダイナミック瞑想というものをやってみた。



それまでも瞑想というものにふれていたけど、

いままでわたしが知っている瞑想とはまったく違ってた。

始まる前に起こったこと、瞑想でのこと、終わったあとの感覚。

わたしにはものすごいインパクトだった。




1時間の瞑想が終わったあと、

ぜんぶ使い果たしたみたいにくたくたになった。

けど、ものすごく気持ちよくて、

お腹がからっぽになった。

はじめての感覚。

お腹のなか、自分の胴体ぜんぶが空洞になったみたい。

お腹がないの。


その感覚に驚いて、それが超気持ちよくて。


そのからっぽのお腹を感じてたら拡がっていった。

体を超えてからっぽがどんどん拡がる。

お腹と宇宙がひとつ。

お腹は宇宙。

そんな感覚だった。


それ以来、瞑想でのその体験は一度もないんだけどね。



さて、1週間のボーンアゲイン。

参加することに決めた。

なんで決めれたのか?

どうしても嫌だったら帰ったらいいやん。

そう自分に言い聞かせたら、気が楽になった。



大げさだけど、こわがりってのはそうゆうもの。

本音をごまかすために言い聞かせるのはいやだけど、

自分の本心やインスピレーションをサポートするのなら、

なだめたり言い聞かせたり、エイってジャンプしたり、

いろいろやったらいいよね。

やってみたいをやってみる、そのためにエネルギーをつかう。



初対面のシッダはリーダーっぽくなかった。

実際にファシリテーターとは、リーダーとはちがう。

でもわたしの感覚としては、グループを率いる人でもあるとおもう。

それは結果を設定して率いるのではなくて、

グループに参加者になにが起こっているか気づいてる、今ここにいるひと。

一緒にそれをしないとしても共にいるひと。

意図を知り、感覚と知恵と体験と未知を信頼してる存在。


こうやっていまの自分の理解を書くと、わかっていないこともたくさんありそう。



シッダのことや、ボーンアゲインのことなど、

また書いてみよう。



◆◆マルガのセッション

サイキックマッサージ

つながるセッション


◆◆パスオブライフ開催!(旧ボディワーク講習会2デイズ)
7/7.8自分とつながる、だれかと出会う


◆◆ボディマインドに語りかける忘れさられた言語を思い出す
7日間、自分の体からの声に耳を傾けます。
自分と仲直りしたい方、もっと仲良くしたい方、
http://www.banyantree8.com/blog/2017/05/osho-9-1386067.html


◆◆瀬戸内リトリート7/22〜24
まさに体がブッダ!
体と遊んで、自分とつながる
http://www.banyantree8.com/blog/2017/05/72224vivirahola-osho-1387521.html



予約、問い合わせは、
052-833-1623/MAIL




投稿者 Banyan tree

カレンダー

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30