Margaのブログ

2017年8月25日 金曜日

ギリシャの旅②ー自分で歩く <名古屋 つながる サイキックマッサージ>



体に意識をもつことをとても大切にしてる。



たとえば、だれかとの関係性をおもいうかべてみる。

あなたのまわりにいる仲間、友だち、パートナー、家族。

そのひとはいつもあなたを本当に実際的にサポートしてくれている。

それはあなたが気づいているときも、

気づいていないときもずーっと。

そんな関係性をあなたが知らないあいだにもっていたとしたら。

それがわたしたちの体。

大切な仲間であり、パートナー。

見返りなんて言葉すら知らない、あなたのために存在してる。



ボディマインドに語りかける忘れさられた言語を思い出す、

この瞑想の中ででてくる言葉、


体は魂のじゃまをしない

体と魂の意見は一致している。





今回のギリシャ、コルフ島でのリトリートは

本当に素晴らしい美しいグループでした。





印象的な場面がいくつもあります。

そのなかでも大きな地点と感じているところ。

それは、

あるきっかけから、

みんな自発的に歩くようになったこと。



日本みたいな湿気はないけれど、ギリシャの日差しはとても強烈。

長時間のフライトやジェットラグの影響もあるし、

宿からビーチまで、

宿からグループが開催される場所までの15分ほどの道。


その道を歩くのは最初は大変に感じるかもしれない。

でも、

普段の生活のように電車や車やバスで移動すると、

見えないものがあり、自分の体験をのがす。



自分の足で歩いていると、

わたしたちそれぞれが自分の人生を創っていることがわかります。

それと同時に生かされてることも知る。

底からふつふつと力とよろこびがわいてくる。



自分につながることもなく、ただ運ばれる人生なんていや!

わたしはそう思う。

わたしは自分の足を感じたい。

肉体という根っこを地球につなげて全存在と共に生きたい。




なにもかも自分が選択している。

リトリートに参加するのも、結婚生活も、仕事も、このいのちも。


それがわかると、プロセスの存在を知る。

自分の歩いてきた道。

プロセスはいままでもずっと続いていて、

いまもここという大切な一場面が、プロセスとなる。




そこにいけばなにかが変わる。

そんな幻想をやめて、

本当にわたしを生きる。



みんなが自発的に歩きはじめたのを見て、

本当の自分のいのちを生きはじめたんだ、

そう感じた。


オリジナルな一歩一歩。

美しいよ。



体験するとは、体を通して起こること。

自分で歩くって、まさに、

本当の自分でフルサイズで生きること。



参加者のみなさんがしっかり自分とつながりだし、

リトリートへ参加したそれぞれの意図を思い出したみたいに

歩き出したら、

みんなの顔や体、エネルギーがほんとに活き活きしだした。

まったくの別人みたいになって、

生きてる!人になった。

生のフレッシュな生命がみんなからあふれだした、

そのエネルギーは、本当に美しいの。




セッションもグループも、

参加したからなにか起こるわけじゃない。

すべて共同創造だとおもう。


主催者と参加者、

受け手と与え手。

そんな名前はついてるけど、

みんなで、その場所で、星たちと、太陽や月と、

みーんなで創りあげてる。

みんなそれぞれが自分でいる。


なにがでてくるかわからない。

なにが起こってもほんとうにOK!

なんにも起こらないことが起こっても、信頼がある。




ウーヌスの9月はいろいろなグループがあります!


あなたがこれ!っと感じるものに是非どうぞ。


★☆★9月1日・金曜日
ペインティングワークショップ


★☆★9月18日・祝日
覚醒のフィールドワークショップ


★☆★9月21日28日木曜日
パスオブライフ(旧ボディワーク講習会)



★☆★個人セッション
サイキックマッサージ
覚醒のフィールド
クラニオセイクラルバイオダイナミクス
つながるセッション


予約、問い合わせは、
052-833-1623/問い合わせフォーム









投稿者 Banyan tree

カレンダー

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30