2017年9月10日 日曜日

体験談②


泣きそうだったなぁ、嬉しくて...

のその前に


昨夜の月 松本 、美しかった
水瓶座♒️で月食もともなった8日の満月

真反対の獅子座のエネルギーも入ってきた
特別な満月

飛行機に乗った途端に私はどうやら爆睡で
まんまる満月はすっかり見損ねましたが
(見たかったよ〜)


皆さまはいかがお過ごしでしたでしょうか?


ここ半年、2月の月食あたりから
自分に正直に歩いてきた方にとっては
何かが見え始めた、手ごたえがある夏になっているかもしれないですね✨



私は、首がザラザラ、これってアレルギーかな?
アゴにぷちぷち、吹き出物...
そして時差ボケ、身体重し


そんな訳で
心と身体が日本仕様に戻るのに
もう少しかかりそうですが


コルフの書き残しがいくつかあって




感動したことの一つ

海にこの美しい夕陽が沈んだあと






帰り道の空には
満月に近づいた月がくっきりと輝き

本当に太陽の真逆に月は輝いていて


満月って、地球(私たち)をはさんで
本当に太陽と一直線になるのね、
を体感できたこと










水平線と沈んだ夕陽あればこそ、の実感✨✨





そして
最後の夜に 6人で食事をしていた時のこと



お茶目にインタビュー、(徹子の部屋ふう、笑)
「コルフに来て何が良かった?Top 3 」




「ヌーディストビーチ!!」とYちゃん






確かに、これは一生忘れられない
温泉だって水着は着て入らない、って言われ

まぁね


岩に水を運んでクレイを作って
身体中塗って、、落とした後はツルツルだった


けど、これは重要機密、極秘だからね

写真、拡大禁止だし!

内緒だよ



(だれに〜?笑笑)






「食事が全部、本当に美味しかったこと〜」






それは、確かに。
ギリシャに 美味しい経験 が全くなかった私に
衝撃の、コルフのレベルの高さでした






個人的には、
ナチュラルフリークエンシー✨✨と














プールでの アクアフローティング







これは、言葉で説明できないけれど、別世界



ノウズクリップをした私です〜











歌を歌わせてもらったことも
きっと一生忘れない



連日の疲れか、爆睡していた方も多く、、笑
お陰で肩の力が抜けて

ギリシャへ、そして 今ここ と
みんなへの感謝を声にのせて

最後は即興のアカペラで...










そして、みなそれぞれにベスト3があって





でね、
そのテーブルでAちゃんが真顔で言ったのです




「コルフに来て一番良かったことは

   れいこさんに会えたこと」って







そんなことは一番言いそうにない彼女、
最初は冗談かお世辞かと...



頑張って生きてきたかい、ありました 。



もっとあります・・・・・

コルフ島セレブレーションと夕陽と

コルフ島夜のコルフタウンへ

コルフ島アリラス記

コルフ島追記①猫編

ギリシャ番外編獅子座の満月前夜




大地と宇宙(sora)の愛をもっと感じるLesson
MIEさん





巡り、巡って今がある





ギリシャの旅から
戻って来ました。

ひとつの巡りが終わり
戻って来た感じです。

宙模様から読み取ると
土星の学びの何年間。
学びですから、
私にとっては
厳しく感じるそんな場面の
連続でした。

土星は私に山羊座の
学びを運んでくれます。
それは、
社会的なものと関係のある
学びになります。

多分、、
それは仕事と関係があり
それは時代と関係があり

多分、
今までと何か違う形を
見つける為の学びであり

そのことが新しい時代を
作る事と関係しているのだな、

そんな風に読み解いています。




だから、、
一緒に世の中を変えよう、、と
誓った人に
裏切られた、、
(実際には裏切られては
いませんが、そう書く方がインパクトがあるのであえてそんな風に書きます。)

そのやり方じゃないよ、、って
あなたのスタンスは違うよって

そして、
会社の崩壊
経済の破綻、、

何度書いても
ドキドキして
まだ、胸が痛くなる学びの日々

そして、
今年は12年に一度の
大変化を迎える私の宙模様。

木星が太陽星座
私がなるべく力を発揮する
蠍座の領域に入ります。

さらに私の木星の役割は
山羊座にあり、
学びが、社会的なものと深い
関係に達成を味わう宙模様




そうか、そうですか、、

失敗は成功のもと
だからたくさん失敗を
したのですかね。

少し自信をなくしてましたが、、
宙模様を読み解いていくと
少しずつ、自分の感覚を
信じてみようと、、
そんな風に思っています。

大きな学びを活かしたい。

きっとこれからの時代に
ふさわしい形で

そう
新しい形で社会に貢献する
そんな事を感じ

そして、その土台が
わかりはじめた旅だったと
思っています。


わたしの両親の写真です。

撮影したのは今から
10年ほど前。
まだ意識がはっきりとしていた頃

この二人が出会ったから
私が生まれました。

この広い地球上で
7000億に近い人の中で
巡りあって、出会い、結ばれ
私と言う命が誕生しました。

それだけで奇跡ですね。
奇跡の賜物が私の命なわけです。

そしてそこから56年
私はこの肉体を持って
生きてきたわけです。

私の場合は
父と母にとっては
想像もできない、異端児で、、

二人にとっては
理解しがたい生き方だった
ようです。

たくさん心配をかけました。
たくさん迷惑をかけました。
たくさん涙を流させました。

ごめんね。
本当にごめんなさい。
私はいい娘ではありませんでした。

大人になって、、
たくさんの失敗と苦労を
重ねた時
父と母の大きな愛を理解しました。

母のお小言が母の愛の表現であり

父のちょっと不器用な表現が
愛であり

怒りながらも
理解できないながらも
私にいつも愛を振りそいで
くれた事

やっと理解しました。

私は確かにこの二人を
選んで生まれてきたのです。




父と母の人生の最後は
施設と病院の繰り返しで

もっと楽しみたかったよね。
家に居たかったよね。

私はいわゆる親不孝な娘でした。

それでも私は自分のやりたい事を
優先する人生を選びました。

いつも自分への問いかけは
後悔をしないか?
自分がやりたい事は何?

そして、
自分が出来る事は
何なのか、、
自分の志は何のか?

その事を
誰のせいにもせず
誰にも頼らず

私は私自身の道を選択することを
2012年から今日までに学びました。

ある日
だいぶ痴呆が進んだ父が

「あなたはまだ東京で頑張って
    おられるのですね。
    それはよかった。

    私も幸せな事に今は
     二つ家がありまして、、
    (自宅と施設の事です。)
     こっちの家には私の
      お世話をしてくれる人がいます。

     だからあなたはあなたの
       居場所で頑張って
       欲しいのですよね。

       一緒に楽しみましょう。
       なるようになりますから、、」

と言ってくれました。

もう、私の名前を思い出すのにも
時間がかかるような時でも

「暗くなる前にお帰りなさい。
   本当は私が送らないといけない
   のだけど、
   それが、
   私の仕事だけど
  送れないんですよ。

    ひとりで帰れますか?
     大丈夫かな、、?  
     お父さんは大丈夫ですよ。」

と私を心配してくれてました。


その言葉に何度も助けられ
その言葉に何度も勇気をもらい
その言葉に何度も愛を感じ

そして、その言葉に
自分の歩く人生を知り
生きてきたように思います。

父と母の痴呆は
私にとっては
たくさんの愛を学ぶ日々でした。

たくさんの優しさを学ぶ日々でした。

父と母だけでなく
施設の人にも
病院の人にも

そして、

最後まで父と母の事を
お世話してくれた
弟夫婦に

私は守られて今を生かされて
いるのです。


私が私になるべく人になるために

学びも、試練と思えることも
優しさも愛と感じることも

全部、全部、私にとって
必要なるものが与えられて
いるのです。

誰とも違う
私の人生があるように

この世に生まれた人みんなに
その人だけの人生がある。

そして、あなたがなるべく人に
なるための学びや愛が用意
されているのです。

自分の人生を生きると
言うことは
難しいことではなく

その与えられていることに
気がつき、
そして受け止める事


自分を生きると言うことは
自分の意志が宇宙の意志と
繋がるということ

自分の意志と宇宙の意志が
繋がるということは

自分の意志があることと
宇宙の意志があることを知ること。

実は知らなくても
私達は繋がっていて
繋がっていることを
確かめるために

人と出逢い、別れ
物と出逢い、育む

はじまっては終わる
終わってははじまるを
繰り返していくのです。

ここからの時代は
今までよりもっと早く

もっと確実にその事を体感できる
時代になるのです。

だから、、
もっと体感したら
もっと楽しくなるよ。

自分を理解したら
もっと自由になるよ

宇宙を知ったら
もっと自信が持てるよ。

必ず、もっと楽しめる
不安や心配から解放されるために

もっと知ってみたらいい
もっと学んだらいい

そんな風に思います。




ギリシャという大地からは
自然界が私達に

ひとり、ひとりに
必要なものがあるといいこと学び

ギリシャという大地から
必要な物は与えられて、
そして残されると
教えられ

私達はその時代を生き
その時代を生きることは
未来に繋げるためと
確信できました。



私は20日間にわたる
ギリシャの旅は
ここまでの人生に
ひとつの区切りをつける

そんなことを目的としました。


そして、12年に一度の
大転換の時に、

さらに地球に貢献できる
存在になることを約束したいと
そう決めていました。

8月5日に
素晴らしい
イニシエーションを受け
新しい命をいただきました。

イニシエーションに興味のある方は

ルミナさんのブログを
読んでみてください。

https://ameblo.jp/neoluminous/entry-12302053157.html

獅子座のエネルギーを
持って、
新しく生きる
エネルギーを受け取りました。


そして、その7日後に
この肉体を私にくれた
ひとりである父が息を
ひきとりました。







きっと、
安心してくれたのだと
そう理解して
父の愛を受け取りました。

ありがとう。お父さん。

月星座が蟹座の父は
家族の絆を
父としての最後の役割りを通して
教えてくれました。

そしてそのことを理解したことを
見届けたことを確認して

先に旅立った母のもとに
旅立ちました。

父が肉体を離れてすぐに
ギリシャ神話ゼウスの聖地に
一緒に行って来ました。

なぜかわからないけど
来たかったんだね
ここに、、

そう感じながら
山を登りました。




私のことを愛して下さる
たくさんの方が

「最後に美恵さんと旅をしたかったんだね」

とそう言ってくださいました。

私は親不孝な娘だったのではなく
私がなるべく人になるための
道を歩いてきた。

そして、、

家族は一緒にいることだけではなく
その人に必要な学びを
一緒に体験するチームであり、

家族はいろんな形の愛が
あることを伝えあうチーム

家族はその人が
なるべく人になるために
助けあうチーム

なんだとそう感じています。

時代は未来につなぐために
あなたがあなたがなるべく人に
なることを、

今、望んでいることに
気がついて欲しい。

あなたは確かに愛されています。

そして、あなたは確かに
奇跡の賜物なのです。

あなたがあなたのその奇跡に
出逢うために

私はお手伝いできると
思います。

あなたがなるべくあなたになるために

一緒にご飯を食べましょう。

今日は父が肉体を持って
過ごす最後の夜です。




たくさんの思い出を
話しながらすごします。

今日も最後まで読んで
くださってありがとうございます。

感謝


泣きそうだったなぁ、嬉しくて...

のその前に


昨夜の月


投稿者 Banyan tree