giriのブログ

2018年10月24日 水曜日

アドバンストレーニングに行ってきました~持続する拡がりのエネルギー



クラニオのアドバンストレーニング@大阪に行ってきました。

今回のテーマは、第一次呼吸のサイクルを

表現しない身体へのアプローチ・・・

だいぶ専門的な領域です。

できるだけ、わかり易く書きます。

生きとし生ける存在は、宇宙エネルギーの呼吸をしています。

日本語で、気、あるいはプラーナと呼ぶものです。

クラニオ・バイオダイナミクスでは、

その宇宙的なエネルギーの呼吸

(肺での空気の呼吸とは別のエネルギーの呼吸です)に

アクセスすることが、施術の基本となります。

ミクロの単位で、身体が拡がったり、狭まったりします。

訓練すると、その動きを感知できるようになります。

それは、生命エネルギーの顕現です。

ところが、現代人の中には、

様々な原因から、第一次呼吸が、顕れない場合があります。

原因として、過度のストレス、トラウマ、麻酔、

抗生物質、臓器移植・・・

数十年まで、生き延びれない症状でも延命が可能になっています。

私たちの身体が置かれている状況は、

クラニオの父、サザーランドの時代とは、違ったものになっています。

そこから、第一次呼吸を顕さないクライアントへの

アプローチが必要になります。

僕自身、第一次呼吸を顕さない、

生命力をほとんど感じない身体状態の方への

セッションでひどく無力に感じたことが何度もあります。

そこで、今回のトレーニングでは、

第一次呼吸の顕れる以前のより原初的な生命力に

つながるアプローチを学びました。

PPE(Phase of Prolonged Expansion )~

「持続する拡がりの様相」と今回訳されました。

持続する拡がりとは、常に拡張している宇宙の力です。

物理学的には、宇宙は、常に拡張していると言われます。

聞いたことありますか?

私たちの身体も常に拡張する力が作用しています。

それは、空、無、あるいは真空から

世界に顕れる最も原初的なエネルギーです。

その最も原初的なエネルギーは、一般的には、

インハレーション(拡張)、エクスハレーション(屈曲)

をもつ、第一次呼吸として顕れます。

前述した様々な理由で、

第一次呼吸を顕さないクライアントも生命がある限り、

持続する拡がりの力を持っています。

それとつながることは、充分顕現されない生命力へのサポートです。

5日間トレーニングに参加して、

何度も交換セッションを体験しました。

その体験から言うと、

PPEへのアプローチは、

最も原初的な生命力へとのつながりなので、

とても静かで、深く、パワフル、

第一次呼吸を顕す、健康な身体へもとても有効な

アプローチとなります。

セミナー後、関西の老人ホームにいる母を訪ねました。

ちょっとした出来事があって、疲れ切って、尿が出ない・・・

と言っていた母に早速施術をしました。

尿がたくさん出て、よく眠れた・・・・

と喜んでいました。

このセミナーでの内容は、先生のバードレイナと

パートナーのカビが、数年かけて開発して今年初めて

教えだしたメソッドだそうです。

探求者であり、優れた教育者でもあるバードレイナには、

会うたびに、多くのことを学びます。

尊敬できる師を持てることは、人生における大きなギフトです。

これからのギリのクラニオのセッション、PPEのアプローチを

活用していきます。



クラニオセイクラル・バイオダイナミクス(HP)

お問い合わせ・お申し込み 


telephone052-833-1623 





投稿者 Banyan tree | コメント(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

カレンダー

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

月別アーカイブ