giriのブログ

2019年3月 2日 土曜日

脳下垂体~身体の神秘《クラニオセイクラル・バイオダイナミクス 名古屋》



脳下垂体の機能に障害のある方に

クラニオのセッションをしている。

そんな訳で、脳下垂体について改めて勉強する。



これは、ウーヌスにある頭蓋模型。

青色の前頭骨を外したのが、下の写真。





真ん中にある薄い黄色の骨が蝶形骨



文字通り、蝶の形をしている。

でしょ?

頭には、23の骨があって、夫々が、規則的に動いていて、

宇宙エネルギーの呼吸、第一次呼吸をしている。

蝶形骨は、その中の中枢。

2枚目の写真では、黄色い骨の真ん中にある窪みが

トルコ鞍と言われ、そこにすっぽりと、

脳下垂体は、入っている。

護られている。



上の写真では、赤い卵型が、脳下垂体。

副腎皮質刺激ホルモン、甲状腺刺激ホルモン、

性腺刺激ホルモン・・・他多くのホルモンを分泌する。


その周りにあるのが、蝶形骨。


こんなに護られているのって、

本当に大事な臓器なんだね~!!


こんなふうに私たちの身体が作られていることに、

ただただ 感嘆する!


脳下垂体は、松果体も含めて、第3の目ともいわれる。



クライアントさんには、頭蓋のモデルを見せて、

脳下垂体の場所について説明した。

そして脳下垂体とお話するように、お願いした。

私たちの身体も、声をかけたり、意識したりすると 

それを理解する。聞きとる。

だから、ありがとうって

自分の身体に声をかけてあげるといい、

何でもそうですね。

子供も、声をかけられたリ、誉められると

成長する。進歩する。

植物も

奇跡のリンゴの木村さんの話は、知っている人も

多いと思う。

何年か前、電線にぶつかりそうになって飛んでいた

カブトムシ、きっと生まれたばかりのカブトムシの雄が

あまりにも危なげだったので、

「あっち!」と言って、っ森の方を指さしたら、

方向転換して飛んで行った。

すべての物は、エネルギーに還元され、

エネルギーのフィ―ルドの中では、一つに繋がっている。

だから、声をかける

意識を向けると

それが通じる。

日本語を話す相手でなくても

一寸話がずれたかな?





クライアントさん、毎回、元気になっている。

脳下垂体がどのように変化しているのかは

よくわからない。

ただ、クラニオのセッションを通して私たちの

最も原初的なエネルギーである第1次呼吸(宇宙エネルギーの呼吸)

により深くつながることで、身体が健康になっていることは、

よくわかる。




それがうれしい・・・






心身の深い癒しshine
クラニオセッション





投稿者 Banyan tree | コメント(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

カレンダー

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

月別アーカイブ