giriのブログ

2020年2月15日 土曜日

無能症の赤ちゃん~いのちの尊さ《ボディワーク ヒーリング 名古屋》


『「無脳症」のわが子を宿して 突如、妊婦健診で知らされる苦しみ』

という
記事を読んで、何度も泣きました。

いのちの尊厳に触れて、感動しました。

無能症の赤ちゃんとお母さんの話です。

無能症とは、脳の一部、または、全部が欠如する疾患です。

1000人に一人の確率で生まれる。

基本、出産後数日で死亡する。

現在の医療では、主産前にそのことがわかる。

殆どの、母親が中絶する。

それでも、お腹の赤ちゃんは、お腹の中で動いたり、

足でけったりする。

何ヶ月が、自分のお腹の中で、育ってきた子供

日々、刻々そのいのちを感じ、共に生きてきた母親

にとって、すぐに死ぬことをわかっているいのちであれ、

生まれる前に、そのいのちを止めることは、苦しく辛い

中には、出産を選ぶ人もいる。

自分の身体の中で育っているいのち、


その存在が、この世に数日しか生存できなくとも

そのいのちを全うさせたい・・・

そんな人のインタビュー記事を読んだ。


朝の8時に生まれ、翌朝5時に亡くなった。

その間に、母乳を2回飲み、4回排泄した。

そして牧師から洗礼を受けた。

(父親の願いだった)

最後の瞬間は、父親の胸に抱かれ、

わ~と泣いた・・・・

赤ちゃんがいた時間は、部屋中がキラキラと輝き

人生で一番幸せな時間だった、

そして赤ちゃんの意気が絶え、

身体が時間と共に変わって行く・・

乾いていく・・・・

数時間経ち、

亡骸が看護婦さんに連れていかれる時、

それは、発狂する寸前だった 

と言う・・・

この記事を読んで何度も慟哭した。

いのちの尊さに、打たれた。

そして母親たちの愛の深さに・・・

是非読んでみてください。



「無脳症」のわが子を宿して 





NEW!!! ワークショップwith マルガ 「ギフトを生きる」
第1回3月7日~リラクゼーション、等身大の自分に戻る



お問い合わせ・申し込みは
ここ
telephone052-833-1623




NEW!!! 深い癒しのシリーズセッション
ヒーリングジャーニ― with ギリ





心身のケア、しっかりしたタッチ
リバランシングマッサージ



最後まで読んでいただき、ありがとうございますheart04









投稿者 Banyan tree | コメント(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

カレンダー

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月別アーカイブ