giriのブログ

2020年12月 1日 火曜日

クラニオセッションの体験談をいただきました《名古屋 ヒーリング》


クラニオセッションの体験談を

竹中路子さまからいただきました。


竹中さんは、ヨガの先生

とても明確に、自分の身体の中で起こっていることを

内観しています。

竹中さんの体験談は、クラニオセイクラル・バイオダイナミクス

のセッションを通して起こることを伝えてくれます。

ご本人の了承を得て、本名で紹介させていただきます。




Giri様

2回目のクラニオのセッションありがとうございました。

今回も...

何とも言えない優しさに包まれているような体験で、

まだその余韻の中にいます。

普段からヨガや瞑想を通して

「内観する」事に親しんでいますが、

今回のセッションではより繊細に、

微細な感覚にアクセスし、

新たな自分自身に出会えたような気がします。

思い出しながら書いています。

まず最初に、

仙骨に触れられた瞬間に全身にすーっと静寂が訪れ

(まるで一旦全ての生命維持機能が止まったような)、

そこからゆっくりと新しい働きが始まりました。

「訪れた身体の感覚」

・仙骨からみぞおち、胸に向かって

 呼吸の波が身体の真ん中を

 風の様に抜けて行った。

・仙骨がぐうっと身体の深部に

 沈み込んでいくような感覚。

・鼠径部辺り、鎖骨周辺がチリチリ、

 しゅわしゅわと気泡が弾けるような感覚。

・胸部が大きく緩んでいく感覚。

・小川のせせらぎのように、

液体がゆっくり身体を進んでいくような感覚。

(ちょろちょろという感じです。)


意識はあり、自分の身体を眺めている。

眠くはなくリラクゼーションとも違う感じの中、

時折思考がやってきては消えていく。

頭は目覚めて、肉体は休んでいるような状態、

内部に様々な変化が訪れてはまた去ってゆき、

全てが静かさの中で進んで行きました。

「セッションを終えて」

・私の中にこんなにも静かなスペースが

 あることに驚きました。

 素敵な場所を見つけたような喜びがあります。

・後日今回のセッションの感想を

 シェアした方の言葉を借りて、

 まさに「自分の真ん中に戻る」感じです。

・どんなに世界が激動の中にあっても、

 いつも静かで穏やかな場所が

 自分の内側にあることを実感できました。

・セッションの後数日は夕焼けや樹々の緑が

 やけに鮮やかに見えました。

・自分にとって本当に大切なことは

 目に見えないし、とても儚い。


自分の肉体に誘導されるように受けたセッションは、

私にとってベストなタイミングだったと思いました。

やはり普段から自分の身体とよく繋がって

言い分を聞いてあげることの大切さを実感。

家事や仕事、自分の役割をこなすため

一日24時間をどうやってやりくりするかを考えて

一日が始まります。

それも大切な事ですが、

効率が過剰になると

自分の真ん中からどんどん離れてしまいます。

何事も自分自身が整ってこそ、

内面の健やかさがあってこそ

周りにも自分にも優しくできるし、頑張れる。

その事が腑に落ちた体験になりました。

感謝申し上げます。

竹中路子

竹中さんのHP,STUDIO MARUKO


竹中様ありがとうございました。



クラニオセッションについて





マルガサイキックマッサージ再開


セッションのお問い合わせ・お申し込みは

ここ(クリック!)

telephone 052−833−1623



最後まで読んでいただきありがとうございます。





投稿者 Banyan tree | コメント(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

カレンダー

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別アーカイブ