giriのブログ

2021年2月21日 日曜日

奈良の大仏に寄せて



       東大寺大仏殿


先日、私用があって、奈良に行ってきました。

何十年ぶりかの奈良、小学校の修学旅行以来でしょうか?

1泊して、春日大社と東大寺に行ってきました。

京都とは、また全く違ったのびやかさを感じました。






奈良の大仏の威容に圧倒されました。

そして穏やかで、静かな佇まい



ちょうど、僧侶の読経にも出会いました。

小さくてよく見えませんが、お坊さんがいます。

1300年前にこんな大きな大仏を作らせた想い、

エネルギーは、何だろう?

と、思いを巡らしました。

時代の精神?

大きな力、意思のようなものを感じました。

そんな疑問を持って、調べてみると

出てくるのは、

聖武天皇です。

そして聖武天皇の発した

大仏建立の詔(みことのり)に出会います。

742年の詔に書かれていることで、

印象に残ることは3つ

1、生とし生けるもの 

植物、動物、全てが栄えることへの祈願

地球的、宇宙的な世界観、

これは、当時唐から入ってきた

華厳経の教えらしい

〜個の中に全体があり、

全体は一つ一つの個とつながっている、

万物は全てつながっている〜

2、そして、全ての人民に、

大仏建立に関わってもらいたい

力ある権力者、財力者の物でなく、

どんな小さなことでも、一枝の草、一握りの土を持って


手伝いたいものがあれば、それを許せ と言っています。

民衆全てのための大仏建立を行う

3、そして大仏建立に関わるものは、

日に3度、心の中の大仏を礼拝するように、

内なる仏陀ということでしょうか?


少し、時代背景を書くと

天然痘の流行

飢饉

権力者間の争い、地方の反乱

もう一つ書くと、

聖武天皇個人生育歴等痛みや悲しみの多い

人生の人だったようです。

時代の混乱と痛みの救済として大仏建立がありました。

全ての人民、そして生とし生けるもの、全ての存在

の幸福と調和

そんな思いを持って、

国の命運をかけた国家プロジェクトに挑んだ

一人の人間、為政者がいたことに感動します。

1300年前のことですが、

今私達が置かれている状況とも重なり、

過去の歴史の出来事のようには思えません。

そして、聖武天皇は、彼の痛みの中で、

優れた時代のチャネルとして

大仏建立という事業を成し遂げたように感じます。

そして1300年後の今なお奈良の大仏は私達に何かを

伝えています。


僕は、一人の人間のピュアな想いの持つ力を

教えられました。




shineセッション・ワークショプのお問い合わせは
ここ
telephone 052−833−1623





深い深い寛ぎと癒し  with ギリ
クラニオセイクラル・バイオダイナミクス 



あなたの美、エッセンスに出会う with マルガ
サイキックマッサージ






多聞天@大仏殿




蓮弁線刻画 釈迦像@大仏殿




春日大社



@春日大社





@春日大社




夜の二月堂




鹿のひそひそ話?



セッション・ワークショプのお問い合わせは
ここ
telephone 052−833−1623






深い深い寛ぎと癒し
クラニオセイクラル・バイオダイナミクス



あなたの美、エッセンスに出会う
サイキックマッサージ







投稿者 Banyan tree | コメント(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

カレンダー

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

月別アーカイブ