giriのブログ

2021年7月10日 土曜日

宇宙とのラインが太くなった感覚・・・クラニオ遠隔セッションの感想いただきました




こんにちは、スタジオウーヌスのギリです。

梅雨明けももうすぐ、そんな真夏のような今日の天気です。

ピュアネス主催の中尾智佳さんから

クラニオ遠隔セッションのモニターの感想をいただきました。

ご本人の承諾を得て、本名で感想をシェアさせていただきます。

『宇宙とのラインがお掃除されて、太くなった感覚がありました。』

と書いてくれています。

私たち、生きとし生けるものは、宇宙の生命エネルギーの呼吸

ー第一次呼吸をしています。

クラニオ・バイオのセッションは、私たちの生命そのものである

第一次呼吸をサポートします。

宇宙とのラインが太くなった というのは、クラニオ・バイオの

ワークをとても良く表現してくれています。

そしてもしかすると、対面セッションより、遠隔の方が、より純粋に

宇宙エネルギーとしてのー第一次呼吸と

繋がりやすいのかもしれません。

このことはこれから探求していきたいと思います。

以下中尾さんの文章です。






ギリさん

先日はありがとうございました。

ご感想をお送りします。

久しぶりのギリさんのセッション。

遠隔で受けれるなんて最高!

ととても楽しみにしていました。

施術前のお話で、

体の不調(左耳の炎症、肩・首・頭の緊張感)について

話している中で、

おそらく過去世と思われる映像が見え始めました。

おそらく、体の不調はこの映像で見た出来事と

関わりがあるのかもしれないと思いました。

そこには、触れたくないし

認めたくない「何か」が

あるように感じました。

でも、その「何か」と出会う予感、

出会う準備が整っているような感覚もありました。


施術が始まります。

遠隔ですので、

直接触れられていないのですが、

ギリさんの手がどこに当てられているか、

そして微細な力加減や手の当て方なども

体感としてしっかりとあり、

対面と変わらない感じにとても安心しました。

施術が進むと、

体のエネルギーラインが整い

エネルギーが動いているのを感じました。

沢山の映像が出てきては、

螺旋を描き宇宙空間に解放されていき、

終わりという感覚が湧いてきます。

宇宙とのラインがお掃除されて

太くなった感覚がありました。

エネルギー循環が大きくなり、

体はユルユル、

始めにお話した肩・首・頭の緊張感はなく、

宇宙に漂っている感覚で

とても心地よくなっていきました。

すると胸の辺りに重さのある何かでてきました。

悔しい、

悲しい、

無念と

言う感情と共に苦しい体感もありました。

ここで感じた何かは、

施術前のお話のときの「何か」だとピンときました。

ギリさんに伝えると、

言葉をかけて手を当てる場所を変えてくださり、

ホールドされているような安心感の中で

その「何か」が動き始めるのを感じました。

施術後のお話の中で、

「何か」について私の中で感じる事をシェアしていると、

その「何か」に対する思いが変わってきました。

愛おしくなるというか、会えた喜びを感じました。

ギリさんがかけてくださる言葉が、

更に深い気づきに繋がっていき

この「何か」と向き合いたいな、

癒していきたいなという思いが自然と出てきて、

真っ暗なトンネルの中で

出口の光を感じたような感覚になりました。

ありがとうございました。

セッション後、

左耳の炎症は

セッション直後にすっかり良くなっています。

(汁も出ていないですし、腫れも治まっています)

毎日「何か」と触れ合うトキを過ごしています。

少しずつ癒されているようにも感じます。


以上です。


中尾智佳 ピュアネス




7月15日受付まで3000円で受け付けます!
クラニオバイオの遠隔セッションのモニター募集します




クラニオ・バイオダイナミクスセッション






7月31日(土)8月1日(日)ニュートラルなタッチを開催します


投稿者 Banyan tree | コメント(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

カレンダー

2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ