giriのブログ

2022年1月11日 火曜日

誕生日に〜生きること死ぬこと〜《クラニオバイオダイナミクス 第一次呼吸》





                                   @山崎川


1月8日は誕生日でした。

69歳になりました。

自分の年齢にびっくりしています。

人生100年時代、

100歳まで生きるつもりで、精進したいと思います。


同じ日にご縁のある方が亡くなりました。

とても静かで、平安なお顔を拝ませていただきました。

悲しみや痛みより、

よかったね 

お疲れ様 

と思える、安らかなお顔でした。


誕生日に死と出会うのは、

生と死

生まれること と 魂が肉体を離れること

それが、別なことではなく、

一つのいのちの流れの中で起こっていることが

腑に落ちるような体験でした。


クラニオセイクラル・バイオダイナミクスでは、

私たちの身体が私たちの無意識下で行っている、

第一次呼吸(宇宙エネルギーの呼吸)に乗って、

受精時に魂が肉体に入ってくる、

と考えています。

そして魂が肉体を去る時は、

第一次呼吸に乗って魂が宇宙に戻っていく 

と考えられています。


(第一次呼吸に関して、改めてブログ記事を書きます。)



これは、2016年に

アメリカのノースウェスト大学が撮影に成功した

人の受精の瞬間の映像です。


精子が、卵子に入って行く映像です。

精子が卵子に近づくと、

精子の頭から亜鉛の火花が放たれます。

そして精子が、卵子の中に入ると、

カルシウムイオンの光が、卵子の一点から全体に広がります。

亜鉛の火花、カルシウムイオンの光、

とても美しい、神々しい、瞬間です。

肉体に魂が宿る瞬間、

卵子という物質に、

聖なる存在(精神、魂、神、いろんな言い方があるでしょう)が、

受肉した瞬間です。

私たちは、受胎した瞬間から、光に満ちた存在です。


受胎するとは、

父なる天と

母なる大地が

一つになることですね。



これは、魂(spirit)が降りてきて,肉体に宿り、

そして、肉体が滅び、魂がまた宇宙にも戻っていく、

ことを描いた図です。


私たちが、今、肉体を持って、地上に生きていることは

大きないのちの流れの中の一コマ・・・・・

一息大きく息を吸って、

永遠の時間の中に私たちが存在することを感じてみませんか?


一瞬、一瞬大事に生きたいと思います。


関連ブログ
第一次呼吸〜生きとし生けるもの、宇宙を生み育てる力



セッション・ワークショップのお問い合わせは
ここ(クリックしてください)
telephone052−833ー1623




大いなるいのちー第一次呼吸に触れる、触れられるheart04

人生の岐路にある方
セラピスト、医療職、教員等に人と関わる仕事の方
自分自身と出会いたい方

YOU ARE WELCOME❤️


2月5(土)6(日)ボディワーク講習会
〜ニュートラルなタッチ〜






深い寛ぎと癒し
クラニオセイクラルバイオダイナミクスwithぎり





あなたの美、エッセンスをサポートするheart04
サイキックマッサージwithマルガ


最後まで読んでいただきありがとうございます。

愛と感謝を込めて

ぎり


投稿者 Banyan tree | コメント(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

カレンダー

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

月別アーカイブ