giriのブログ

2022年5月29日 日曜日

子供心《ヒーリング スタジオウーヌス》



(私たちの畑のフェンネルに産卵しているキアゲハ 
 2022年4月20日)


ぎりは、子供の頃から昆虫や動物が大好きだった。

ファーブル昆虫記やシートン動物記が愛読書。

幼稚園児の時、昆虫図鑑を読みたくて、

カタカナを2日間で覚えた。

ちょっとした神童(笑)!!



(キアゲハの幼虫 体長3cm弱かな?2022年5月18日)


生き物を殺すのが嫌で、昆虫採集をすることができなかった。

小学生の時、昆虫採集をしているクラスメイトがいて、

彼に倣って昆虫採集を始めた。

昆虫採集で、賞を取ったり、

文房具の景品をたくさんもらった。

いつも大人に揉めたれて、自慢だった。

父方の祖母が、東京から遊びに来て

標本を見て、

『たくさん殺傷をなさいましたね。』

とポツリと一言。

その言葉が、心に突き刺さって脳裏から離れなかった。




(キアゲハの蛹 2022年5月26日)

中学生になり、

いつの間にかまだ見ぬ蝶々を追い求めることをしなくなった。

社会科学に関心は移ったが、虫好きは変わらなかった。


今でも何十年も前に覚えた虫の名前を覚えている。

子供の頃に好きだったことって、

その人のエッセンスに関わっているようだ。

だから一人一人にとって大事なこと。

昆虫学者にはならなかったが、

今でも、虫や、蝶々を見るとワクワクする。

そういえば、兄はラジオや機械をいつも分解していた。

大人たちは、日本のエジソンになる 

と兄のことを話していた。

兄は、そのまま大人になり、今でもエンジニアをしている。

あなたは、子供の頃何が大好きでしたか?


もし、今元気がなかったりしたら、

(そうでなくてもね)

子供に戻って、大好きだったことをやってみるといいよ。

心の中で何かが動き出すから・・・・



深い寛ぎと癒し
クラニオセイクラル・バイオダイナミクス





NEW !!マルガのボディワークセッション

heart04セッション・ワークショップのお問い合わせは
ここ(クリックしてください。
問い合わせフォームが出てきます)



最後まで読んでいただきありがとうございました。

愛を込めて

ぎり


投稿者 Banyan tree | コメント(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

カレンダー

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

月別アーカイブ