クラニオセイクラル(頭蓋仙骨療法)

2019年3月 2日 土曜日

脳下垂体~身体の神秘《クラニオセイクラル・バイオダイナミクス 名古屋》



脳下垂体の機能に障害のある方に

クラニオのセッションをしている。

そんな訳で、脳下垂体について改めて勉強する。



これは、ウーヌスにある頭蓋模型。

青色の前頭骨を外したのが、下の写真。





真ん中にある薄い黄色の骨が蝶形骨



文字通り、蝶の形をしている。

でしょ?

頭には、23の骨があって、夫々が、規則的に動いていて、

宇宙エネルギーの呼吸、第一次呼吸をしている。

蝶形骨は、その中の中枢。

2枚目の写真では、黄色い骨の真ん中にある窪みが

トルコ鞍と言われ、そこにすっぽりと、

脳下垂体は、入っている。

護られている。



上の写真では、赤い卵型が、脳下垂体。

副腎皮質刺激ホルモン、甲状腺刺激ホルモン、

性腺刺激ホルモン・・・他多くのホルモンを分泌する。


その周りにあるのが、蝶形骨。


こんなに護られているのって、

本当に大事な臓器なんだね~!!


こんなふうに私たちの身体が作られていることに、

ただただ 感嘆する!


脳下垂体は、松果体も含めて、第3の目ともいわれる。



クライアントさんには、頭蓋のモデルを見せて、

脳下垂体の場所について説明した。

そして脳下垂体とお話するように、お願いした。

私たちの身体も、声をかけたり、意識したりすると 

それを理解する。聞きとる。

だから、ありがとうって

自分の身体に声をかけてあげるといい、

何でもそうですね。

子供も、声をかけられたリ、誉められると

成長する。進歩する。

植物も

奇跡のリンゴの木村さんの話は、知っている人も

多いと思う。

何年か前、電線にぶつかりそうになって飛んでいた

カブトムシ、きっと生まれたばかりのカブトムシの雄が

あまりにも危なげだったので、

「あっち!」と言って、っ森の方を指さしたら、

方向転換して飛んで行った。

すべての物は、エネルギーに還元され、

エネルギーのフィ―ルドの中では、一つに繋がっている。

だから、声をかける

意識を向けると

それが通じる。

日本語を話す相手でなくても

一寸話がずれたかな?





クライアントさん、毎回、元気になっている。

脳下垂体がどのように変化しているのかは

よくわからない。

ただ、クラニオのセッションを通して私たちの

最も原初的なエネルギーである第1次呼吸(宇宙エネルギーの呼吸)

により深くつながることで、身体が健康になっていることは、

よくわかる。




それがうれしい・・・






心身の深い癒しshine
クラニオセッション



投稿者 Banyan tree | 記事URL | コメント(0)

2018年12月14日 金曜日

ツレがうつになりまして《夫婦 絆 ヒーリング》

こんにちは

スタジオウーヌスのギリです。

映画「ツレがうつになりまして」を観ました。

知ってますか?


真面目なエリートサラリーマンだった夫がある日突然

「死にたい」

身体がだるい、痛い、何もしたくない、夜眠れない

病院の診断は、うつ病

「仕事辞めないと離婚するよ!」

この夫婦、売れない漫画家を夫の収入で成り立っている夫婦

「あなたは、マンガの才能がある、好きなことだけやったらいい

お金は、僕が作るから・・・」と言って結婚した夫婦

夫(ツレと呼ばれる)が、失業すれば、生活に困るのは、目に見えている

そんなことお構いなしに、

「仕事辞めて」という妻、

カッコイイ!!

愛がある!!

まったく、何もできなかったり、

自信が持てず、自分を責めるツレ

一日中、布団に入って眠ってばかりいるツレ

自殺未遂も!

そんなツレに戸惑ったり、イラだったりしながらも

寄り添う妻

ドン底の中

一緒に寄り添う姿が美しい

その中で、お互い学び、変わっていく

成長する!

そんな中、妻が一念発起してマンガが売れ出す。

本を書く

何年かして

外に出て働けないツレは、

妻のマネージメント会社を立ち上げ、

社長に!!

あるがままの自分、お互いを認め、許しあうと

そこから何かが育ってくる

愛こそが栄養

ハートが暖かくなった❤



うつと言うと、母がうつになったっことがあります。

もう20年近く前

海外旅行で、調子を崩し、やせ細って入院

うつ病の診断・・

そんな時に、ギリは、インドのOSHOコミューンから帰ってきて

ちょうど、21日間、実家にいることができました。

クラニオのトレーニングを終えたばかりで

海外放浪?中の身

たまにできる親孝行

練習にもなり

毎日母にセッションをしました。

見る見る回復して

すっかりよくなりました。

母の回復ぶりが評判になり、クライアントができました。

うつの人、クラニオの施術お勧めです。

(健康な人も、心身のリフレッシュに!)




心身の深いヒーリング
クラニオセイクラル・バイオダイナミクス




セッション枠増やしました!!
12月20~24日マルガ&ギリ東京セッション










 

投稿者 Banyan tree | 記事URL | コメント(0)

2018年12月 8日 土曜日

美人になるクラニオセッション




今日のクラニオのクライアントさん

「前回のセッションの翌日、

肌がすべすべなのにびっくりしました。

ガサガサだったのに・・・

クラニオのセッションって、何にもして無いみたいなのに

何してるんですか?」

セッション後、いつもクライアントさんが、美人になっているのに

ハッとします。

顔の緊張が緩んで

目がぱっちり、

そして輝いています。

体液がよく循環するので

肌もすべすべ、つるつるになります。


くわしくは・・
美人になるクラニオセッション

申込みは  ここから




身体を通して自分と出会う!
パスオブライフ


日時 12月15日(土)午前10時~16(日)午後6時
   (16日は、午前8時~)

内容 身体とつながることから始めます。
   そして、感情や、ハート、内なる自分と
   出会います。
   自分自身の真実を見付けます。
   そして、人と出会います。
   瞑想や、エクササイズ、マッサージ
   の交換セッションを行います。
   
次のような方にお勧めです。
   1、人生の岐路にある方
   2、 自分自身に繋がりたい人
   3、 自分自身に寛ぎたい方
   4、人との関係にスペースを持ちたい方
   5、自分自身をもっとケアしたい方
   6、ボディワークを学びたい方
   7、瞑想に興味のある方
   8、セラピスト等人に関わる仕事の方

会場 名古屋中区大須サマディ
   (詳細は、申込み後連絡します)

会費 43,000円

くわしくは、
12月15&16パスオブライフ



12月20~23東京セッション





投稿者 Banyan tree | 記事URL | コメント(0)

2018年12月 6日 木曜日

安全であることから起こる奇跡《ポリヴェーガル理論 パスオブライフ》

こんにちは

スタジオウーヌスのギリです。

FBで、ポリヴェーガル理論入門という本のお話
をしています。
(今日、12月6日午後8時~2回目をします。FBの名前は、
Giri Maruta です。)

その一節の文章です。



「神経系にとっての最重要事項は、
私たちが「安全である」ということです。
安全であれば、数々の奇跡が起こります。
会的な交流ができるようになるというだけではありません。
脳の特定の領域にアクセスすることができるようになるため、
快感を得ることができり、

おおらかで、創造性に富み、積極的になることが
できるの
ようになるのです。」





この文章を読んでいて、私たちの行う、
パスオブライフのことを思い出しました。

ボディワークを教えるワークショップが、
パスオブライフの前身です。
基本的なボディワークの手技を教えました。

形を教えると、その形通りにすることに
意識が向かいます。

「正しくできてる?」

「間違っていない?」

形より、自分自身に繋がることにフォ―カスすると、

自分の身体とクライアントの間に起こっていること

そこから起こる身体の動きにYES ということ

そこからとても自然で美しい身体の動きが生まれました。

正しさ、外側の基準に自分を合わせるのではなく、

自分の内側に意識を向けること

内側のより瑞々しいエネルギーにつながる時、

起こること全てが受け入れられる時、

心の底から安全で

安心できる環境が生まれます。

その環境にいる時
私たちは、内側に開くことができます。

それは、内なる厳しい監督官をオフにする時、

そんな時、

内側のまだ陽の目を見ていなかった芽が
開きだします。

最初は、おっかなびっくり

でもすぐに、水を得た魚のように泳ぎ始めます。


自分自身の身体につながる時、

今、ここに私たちは、引き戻されます。

頭から身体に

ハートに

魂に

私たちはつながります。

安全、安心安全なスペースでそれが起こります。

奇跡が起こります。

それは、私たちの内側に隠されていた本質の
芽吹きです。

私たちは、パスオブライフの度に、
数々の奇跡を目にしてきました。

今年の締めくくりに
来年の飛躍の準備にご活用下さい

身体を通して自分と出会う!
今年最後の!
パスオブライフ


日時 12月15日(土)午前10時~16(日)午後6時
   (16日は、午前8時~)

内容 身体とつながることから始めます。
   そして、感情や、ハート、内なる自分と
   出会います。
   私たちの身体は、私たちの宝箱
   一人ひとりの輝き、宝石を見付けます。
   そして輝く自分とつながりながら
   人と出会います。
   瞑想や、エクササイズ、マッサージ
   の交換セッションを行います。
   

次のような方にお勧めです。
   1、人生の岐路にある
   2、 自分自身に繋がりたい人
   3、 自分自身に寛ぎたい方
   4、人との関係にスペースを持ちたい方
   5、自分自身をもっとケアしたい方
   6、ボディワークを学びたい方
   7、瞑想に興味のある方
   8、セラピスト等人に関わる仕事の方


会場 名古屋中区大須サマディ
   (詳細は、申込み後連絡します)

会費 43,000円

お問い合わせ・申し込み ↓


telephone
052-833-1623



くわしくは、
12月15&16パスオブライフ参加者募集❤






今年最後の東京セッションshine
12/20~23東京セッションのお知らせ





投稿者 Banyan tree | 記事URL | コメント(0)

2018年10月27日 土曜日

クラニオアドバンストレーニング②

こんにちは、スタジオウーヌスのギリです。

今回も少し専門的なことを書きます。

前回のブログで、私たちの身体に、

持続する拡がりの力が働いていることについて書きました。

それは、無、あるいは、真空から、

世界に顕れる最初の力、エネルギーです。

そして、その力は、

常に拡張する宇宙のエネルギーであることを書きました。

宇宙が常に拡張していることは、

科学的な知識として多くの人が知っていることです。

僕の中でも、聞いたことあるけど・・・・

よくわからない話・・・

自分自身が、クライアントの身体に触れて、

感じる力が、拡張する宇宙のエネルギーであることに、

とてもワクワク、感動しました。

宇宙と自分自身が繋がっていること、

あるいは、一体なことを体感できるのは、

とても素晴らしいことです。

すごくないですか?

私たちの身体は大きなエネルギーのフィ―ルドの中に存在しています。

クラニオセイクラル・バイオダイナミクスでは、

身体を取り巻く、エネルギーフィ―ルドを液の身体と呼び、

そこの領域で感じる波動をフルイッドタイドと呼びます。

私たちがしている宇宙エネルギーの呼吸が、身体に近い領域では、

より短い波(一般的に、1分間に2,5サイクルと言われます)に

変化します。

そして同時に、気体のエネルギーのフィ―ルドが存在します。

それをタイダルフィ―ルド(潮汐のフィ―ルド)と呼びます。

そこでのエネルギーの顕れ方は、ロングタイドと呼び、100秒に1サイクル

と一般的に言われます。


今回、全く新しい世界が、紹介されました。

それは、前回紹介したPPE(持続する拡がりの様相)

~常に拡張する宇宙に働いているエネルギー~であり、

Zone(ゾーン)とよばれるPPEの性質の変化する様々な

領域です。

今回のセミナーで素晴らしかったのは、夫々の新しい

コンセプトが、体感できるものであり、

施術に有効なものであることです。

そして様々な事象をこのコンセプトを通して、

より明瞭に理解できること

です。



さて、各ゾーンに関してです。

Zone Aは、物理的な身体。

クラニオ・バイオダイナミクスではこの領域では、ワークをしません。

ZoneBは、クライアントとプラクティショナ―を取り巻くフィ―ルド、

液の身体、生体エネルギーフィ―ルドとも呼ばれます。

ZoneC 個人的な質を超え、人類としての人間性の顕れるフィ―ルド、

感謝、慈悲、人類的なハート、

「理由なく涙が出る,悲しみではなく感謝の涙・・」

こんなふうに、シェアしてくれた参加者がいて、

このゾーンへの理解が膨らんでいきました。

ZoneD 広大な地平線、地球、生きとし
て生きるもの全てにつながる、

地球規模の領域。

ZoneCも、ZoneEも安心でききる世界なのだけど

CからDに行くのが、とてつもなく苦しい

と、サイキックなプラクティショナ―がシェアしていた。

レットゴーが彼女のテーマなので、すごく納得!!

ZoneE 宇宙(大宇宙、小宇宙)、存在の基本的土台、スティルネス、

ここでは、三次元を超えた世界も含みます。

ギリ自身の体験では、クライアントと共にただあり、

存在、宇宙と一体であるとことを感じる時、

3次元とは、別な領域を感じます。

今回のトレーニングでは、

持続する拡がりの力(拡張する宇宙の力)につながりました。

そしてその力が、今、身体で、

どこのゾーンで、働いているのかを知覚していきます。

どのゾーンにいるかで、

身体に働いている持続する拡がり力の質が変わります。

ゾーンBでは、密度が、濃い、暖かい・・・

ゾーンが拡がるにつれ、質が希薄になり、

軽やかになります。

そして,ある時点で、ニュートラルに感じ、身体の統合が起こります。

第一次呼吸が起こったり、点火(イグ二ション)や、

スティルネスが起ったりします。

プラクティショナ―以外よくわからないですよね。

個人的には、宇宙がより身近になりました。

理論としてではなく、体験的に、

宇宙を身体感覚として感じられました。

余り関心がない、アストロジーの世界が、身近になりました。

セッションの終わりに、プラクティショナ―は、

大きく広げた意識のフィ―ルドを

身体領域まで少しずつ戻します。

クライアントをしていて、

身体に意識が戻ってくるのがよくわかりました。

「セッション終わって行きます。」

っていうタイミングだな と思って少し経つと

プラクティショナ―の声が聞こえます。

意識がいかに働いているのか

意識がいかに影響しあっているのかが、よくわかります。

愛を持って接するとその人に愛が目覚めます。

怒りや憎しみを持って接すると、怒りや憎しみが生まれます。

私たち一人ひとりの意識が世界を作っていることが、

改めてよくわかりました。

今回のセミナーのキーワードを英語で検索にかけました。

全く、出てこなくて、英語でもあまり紹介されていない

領域のことのようです。

先生のバードレイナいわく、

2000年ころより、オステオパシーの世界で言われてきたことで、

バードレイナとパートナーのカビが、7,8年かけてクラニオ・

バイオの世界に紹介できるように、作り直したということです。

そんな訳で、他の文献等で、検証しているものでなく、セミナー

を通してのギリの理解であることを書き加えておきます。



クラニオセイクラル・バイオダイナミクス・セッション



投稿者 Banyan tree | 記事URL | コメント(0)

カレンダー

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31