サロン日記

2018年7月15日 日曜日

アクアフローティングリトリート開催します・・・水の破壊、癒し・・・


暑いですね

名古屋は、昨日38度だったそうです。

暑いはずです。



アオーラで初収穫のトマト

西日本の集中豪雨、

私たちが瀬戸内アクアフローティングリトリートを行う

竹原も大きな被害を受けた地区です。

この1週間

連絡を取り合いながら、対応を相談していました。

交通の便(三原駅への車での送迎)
アクアフローティングをするビーチが
確保されたので、
開催を決定しました。


アオ―ラは、一寸雨漏り等あったようですが、無事です。

地下水利用なので水の問題もありません。

アオーラから町への道が土砂崩れ、

近くで倒壊した家屋や死者もあり・・・

竹原までくる呉線は、復旧のめどが立っていません。



テレビで見る、映像、氾濫する河川、流される車、倒壊する家屋・・・


その凄まじい破壊するエネルギー・・・



そして今アオーラから送られてきた、静かで透明な海の姿・・・

そのギャップに唖然とします・・・・

それは、弥勒菩薩像と不動明王の違いのように

神道でいう、和魂と荒魂



アクアフローティングをすると、

水の神秘に出会います。

いのちが生まれる源泉

静寂に躍動感

その力の中に、

今ある形、秩序を一変させ、

いのちをも奪う力があることを

今回の豪雨で見せつけられました。

破壊と創造、

生と死・・・・

私たちのなかにある様々な顔

荒々しい生命力、

感情、

怒りや悲しみ

静けさや優しさ

人を思いやる気持ち

調和

あるがまま

あるごと

全部

オープンにして

受け入れる

そんなリトリートにしたいなあ 

と思います。





竹原のいろんな人たちが、協力してくれて、

リトリートが実現するようにサポートしてくれています。

予定していたビーチが利用できない可能性があり、

他のビーチや座敷の利用や交通手段の確保

断水で使えないゲストハウスに変わって

アオーラの友人のB&Bでの受け入れ・・・
等々

それは、開催に不安を持っていた

私たちにとても嬉しいニュースです。

そして、シェベルカーを持っているアジャッドは、

地域の復旧に大忙しで貢献しているようです。


私たちのリトリートは、

今、西日本で起こっていることと無関係ではありえません。

色々なことをシェアしましょう。

調和や癒し、祈りを深く持った集いになるでしょう。



アオーラでは、22日に予定していた

ハートダンスを開催することを昨日決めました。

こんな時だからこそ ハートと深くつながろう・・・・

お勧めです!!



7月22日(日)カレーランチお話会withギリ


7月31日アクアフローティングWS@長崎


8月16(木)17(金)パスオブライフ(ボディワーク講習会)


投稿者 Banyan tree | 記事URL | コメント(0)

2018年7月 9日 月曜日

7月22日(日)お話会withギリ《OSHO 瞑想 インド》

こんにちは

大雨の後、名古屋では、今日太陽が出て、暑い日になっています。

西日本中心に大きな被害が起きています。

このブログを読んでいる方にも、被害を受けたり、

ご家族が被害にあった方もあるかと思います。

ご無事と、できるだけ早い復旧をお祈りします。



今年5月、インドのOSHOリゾートにツアーで出かけました。

そして大好きなアクアフローティングをシェアしてきました。

大人気で、世界中の多くの人に、歓んでもらいました。

とても嬉しい体験でした。



もう30年以上前、人生のとても苦しい時期、

「瞑想をしてみたい」

と思いました。

当時の僕にとって、瞑想は、OSHOの瞑想でした。

それまで、本も読んだこともなく、

当時よく行った本屋さんに、

たくさんOSHOの本があるのを知っていました。

髭の長い、目のぎょろとして眼光の鋭い

怖いお爺さん

そんな印象を持っていただけのOSHO

だったのですが、

瞑想をしたいと思いとOSHOは、一つで

当時住んでいた仙台の瞑想センターを訪ねました。

センターリーダーも僕と瞑想をするのを喜んでくれて

毎日、仕事帰りに、瞑想リーダーの自宅でもある

センターを訪ねました。

そんな風にしてOSHO瞑想を始めました。

1987年、初めてインドのOSHOコミューン(現リゾート)

に出かけました。

当時は、仙台市役所の職員で、最大休暇を使って 約一月

インドに滞在しました。

OSHOの弟子になり、サンギート・ギリと言う名前をもらいました。

その日から、大きく人生が変わり始めます。

自分自身の内側のエネルギーとより繋がるようになった

そんな風に感じます。

その結果

市役所を辞めて

インドに渡り

計10年位インドで暮らします。

恋をしてヨーロッパに渡ったり・・・

波乱万丈の人生を送ってきました。


・・・・・・・・・・


今、時代が大きく動いていて

多くの人が人生の転機にあるようです。

私も自分自身、変化の時であることを感じています。


僕自身人生のまとめの時期(と思っています)と

大きな時代の変わり目

その中でどんな絵模様を織り込んでいけるのか

探しています。

それは、自分自身の中から生み出され、

人や社会との出会いの中で生まれていくものだと思います。



話をしたり、聞いたりしながら、

新しい理解や、出会いが生まれる場ができたら幸いです。



インド暮らしで身に付けた 

特製インドカレーとチャイも出ます。

気軽においでください。

話したいこと、聞きたいことのある方、WELCOME♥

日時 7月22日(日)午前11時~午後2時

内容 インド、OSHOのこと、人生について etc 

会費 2000円

場所 スタジオウーヌス

昼食、チャイ付き


問い合わせ・申し込み


telephone
 052-833-1623






投稿者 Banyan tree | 記事URL | コメント(0)

2018年7月 4日 水曜日

ギリシャリトリートのお宿の話~ニコスアパートメント





こんにちは

今日の名古屋は、雨模様です。

皆さまいかがお過ごしですか?

今日は、ギリシャリトリートで私たちが宿泊して、ワークをする

ニコスアパートメントについて紹介します。

ヨーロッパのバカンス地ならではの プール、セミナールーム付き

心安らげるリトリート施設です。





コルフ島アリラスビーチ(私たちがワークをする場所です)の

ゲストハウスやレストランは、殆どが家族経営、

大きな資本が経営しているホテルとかほとんどないですね。

お金がその地域で回っている、

地域経済、社会が、とても健全という印象を受けます。

この写真は、ニコラスアパートメントのオーナー夫妻とマルガ、

他に何人かの家族のメンバーが働いています。





花が一杯、よく手入れされています。

(写真が横向きでごめんなさい)



こちらは、農園、自家栽培の有機野菜を私たちは

いただきます。



トマト



アーティチョーク
(日本ではあまりないよね 美味しいよ)





レストラン



野菜に、ギリシャのヤギのチーズがよく出ます。




バー、フレッシュオレンジジュースが美味しい!!











オリーブ園もあって、樹齢500年というオリーブの木から採れる

オリーブオイル、これは、薬としてスプーン1杯毎朝飲むとデトックス

にとてもいいそうです。

こんなふうに、分けてもらいました。



ダブルベッドの寝室が二つあるアパート、

真ん中の2つのドアの中が寝室

キッチンもついています。



寝室の中

ここに2人で泊まることもできますし、一人で宿泊することもできます。

2人で使う場合、2食付き 1泊50Euro(約6500円)

1人で使う場合、2食付き 1泊60Euro(約8000円)




こちらは、メゾネット形式 一つのアパートが、2階になっているタイプ



ここで、アクアフローティングをします
(海でもします)





セミナールーム

グループワークもニコスアパートメントのセミナールームで行います。

私たちのグループにちょうど良い大きさです!!




夜景

人気のゲストハウスで、去年は、部屋は、確保できず、セミナールームだけを

使いました。

今年は、1年前に予約!!

宿泊もここで行います。

愛に満ちた行き届いたケアのされた環境で、

安心してワークが行われます。

リトリートまだ少しだけ空席があります。

お早目に

お問い合わせください。

お問い合わせ・申し込み先


telephone
 052-833-1623


2018年9月ギリシャリトリート~愛と歓び、再誕生の旅


ギリシャ・コルフ島リトリート ~古い枠組みを解き放ち、太陽の道を開く~募集!
(ルミナさんのブログ)


投稿者 Banyan tree | 記事URL | コメント(0)

2018年6月30日 土曜日

涙《ヒーリング 瞑想 OSHO》

最近、涙を流しましたか?

ぼくは、万引き家族を観て泣きました。

切なくって・・・

先日覚醒のフィ―ルドセッションにいらっしゃったSさん

泣きっぱなし・・・・

1時間位、話をしながら泣いていました。

涙が流れ・・・

お話をして・・・

また涙・・・

「小さい時、いつも簡単に泣いてたけど、いつも泣いてはいけないと言われて・・・・」

小さい時から留まっていた涙が、とめどもなく流れるように・・・

一杯泣くと、何かがクリアーになりました。

自分の意識を覆っていた膜がとれたかのように・・・

そして、その日のセッションのテーマであった

仕事について向き合うことができるようにになりました。

東京でのセションも、何人もの方が涙を流しました。

小さいころからのご両親との関係

ご自身とお子さんとの関係・・・・

自分自身の痛みや悲しみ

私たちは、それを無意識に無視しがちです。

無視された痛み、感情は、、私たちの無意識にとどまり

それが私たちの感じ方、行動、生き方を左右します。

感情をしっかり感じる

スタジオウーヌスでは、それをとっても大事にしようとしています。

個人セッションでもそれをできるだけ感じてもらいます。

すうすると

何かがすっかり変わります。

いままでのどんより淀んだ視界がクリアーになります。

理屈じゃなくって

そういうもの

気持ちをごまかしていたり、

表現しないでいると

ぼやけてしまいます。

自分の人生も

大事な人との関係も

OSHOの言葉を引用します。

読んでください。



けっして涙を怖がってはいけない。

いわゆる文明が涙をとても怖がるようにあなたを仕向けたのだ。

一種の罪悪感をあなたに抱かせた。

涙があふれてくると、あなたは恥ずかしくなる。

「他人はどう思うだろう? 男なのに泣いているなんて! 

まるで軟弱で、子どもっぽく見えてしまう。

こんなことではいけないんだ」

と感じはじめる。

あなたはその涙を止めてしまう......

そして、自分のなかで成長しかけていたなにかを殺してしまう。
 

涙はあなたに備わっているどんなものよりはるかに美しい。

涙はあなたの存在があふれ出すことで生じるからだ。

涙は必ずしも悲しみの涙というわけではない。

大きな喜びからあふれてくることもあるし、

すばらしい安らぎからあふれてくることもあるし、

エクスタシーと愛からあふれてくることもある。

実際には、悲しみや幸せとはどんな関係もない。

あなたのハートをあまりにも動かすものであればなんでも、

あなたを乗っ取ってしまうものであればなんでも、

限度を超えたものであればなんでも、

自分のなかに収まりきらず、あふれ出すものであれば......それが涙を流させる。
 
大きな喜びをもってそれを受け入れるがいい。

味わうがいい。

育むがいい。

喜んで迎え入れるがいい。

そうすれば、涙を経験することで、どうやって祈ればいいのかが分かってくる。
 

涙を経験することで、どうやって見るのかが分かってくる。

涙であふれた目には真理を見る力がある。

涙であふれた目には生の素晴らしさとその祝福を見る力がある。

Osho, The Diamond Sutra, #9



7月15日&16日東京で友人が 

笑ったり、泣いたりするOSHOミスティックローズ瞑想を行います。

自分の感情にワークしたい人、お勧めです。

ミスティックローズ + who is in



2018年9月ギリシャリトリート~愛と歓び、再誕生の旅





7月31日アクアフローティングWS@長崎



覚醒のフィ―ルドセッション





投稿者 Banyan tree | 記事URL | コメント(0)

2018年6月29日 金曜日

ワイルドの野菜たち&ワイルドな私たちのためのリトリート







野菜がともさんから届いた。

(flowering セラピー®セラピスト智子 こぽこぽ♥ブログ

早速マルガが、ポテトサラダを作ったり、

ブロッコリーを焼いたりしてくれた。

新鮮、美味しい、ワイルドでエネルギーがある。

以前大阪で働いていたともさん、

実家の丹後に帰り、セラピストをしながら、

畑仕事をしたりしている。

ブログから発せられる自然や野菜との対話がとても心に響いた。

野菜を育て、野菜に育てられている。

野菜や、自然を愛して、野菜や自然に愛をいっぱいもらっている。

彼女やお父さんの育てている野菜が食べたかった。

特にお願いして野菜を送ってもらった。

自分がよく知っている人、大好きな人が作る野菜をいただくのは

とてもありがたい。

ともさんの畑から来た野菜たちは、スーパーの野菜たちのように

お行儀はよくない。

スーパーのキュウリよりも何倍も大きく太かったり、

両手に一杯の大きさのブロッコリーだったりする。

野菜を食べながら、自分たち、人間のことを考えた。

特に日本人、

スーパーで売れるように、既成品になってきませんでした?

制服を着て、

決められた勉強をして

そこから外れると

スーパーで買ってもらえないよ

と脅されて

本当は、一寸まがっていたり、太かったりするんだけど

見た目よく つくろって・・・






先日、友人のライブに出かけた。

67歳の誕生日ライブ

ジャエッシュ(朝野由彦)(帽子のギタリスト) おめでと~

ゲストで中川五郎さん(右端のギタリスト)が来ていた。

50年前の反戦フォ-クの旗手、

高校生の時代、彼の歌をよく歌った・・・

受験生ブルースだったり、主婦のブルースだったり・・・

当時、僕達は、真っ黒の制服を着ていた。

まさか、50年たっても、この制度が続くとは思わなかった。

今でも、わが母校は、真っ黒の学生服を着ている。

制服自由化を勝ち取った闘いをした高校もあった。

自分たちの手で今変えないと何も変わらない!!



多感な時期に、自分自身に目覚め無いように

社会の秩序から外れないように

真っ黒な服を着て育ってきた僕達・・・

もう、そんなものは、みんな脱げ捨ててしまおう

真っ黒な服も

あれやこれやの思い込みも

自分にかけている制限も

真っ黒な服を脱ぎ捨てて

自分自身の

自分だけの種が、芽があることを知る。

それを知ったら、後は、自分で大事に育てる。

あなた自身の大事ないのち


♥この夏、自分自身の枠を脱ぎ捨てる2つのリトリート!!!



2018年9月ギリシャリトリート~愛と歓び、再誕生の旅~参加者募集




2018年7月27~29瀬戸内アクアフローティングリトリート


7月31日アクアフローティングWS@長崎




投稿者 Banyan tree | 記事URL | コメント(0)

カレンダー

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31