サロン日記

2018年11月 3日 土曜日

普通、あたりまえってなあに? 《愛と法 ヒーリング 名古屋》



「愛と法」と言う映画観てきました。

大阪の下町で弁護士事務所を持つ30歳代の二人の男性。

この二人実は、夫夫(ふうふ)、ゲイのカップル

この二人、とってもチャーミングでかっこいい!!

腹が座っていて半端じゃない。

2人の仲睦まじい日常や、

彼らが弁護士として関わる様々な人々、事件・・・

無戸籍者、

君が代斉唱に起立しなくて処分された学校の先生、

性的な少数者、

わいせつ罪に問われたアーティスト・・・・・

様々な理由で無戸籍のままの日本人10000人・・・・

その数に驚いた

10000人の人が、免許やパスートを持てず、

教育や就職、

不便不自由な生活をしているに違いない・・・・

それを放置する国家・・・

あたりまえって何だろう?

普通って何だろう?

と改めて思った。

「あたりまえ」 

「普通だろう・・・」

と言う言葉で、自分、

あるいは自分たちと違う意見や感覚を押しつぶす・・・

押しつぶされる

この国の、色々なところで起こる・・・

私たちの日常の中で

そしてそれは、私たちの日常生活の外側で

そして私たち、一人ひとりの内側で起こる

「こっちのほうが普通!!」

そんな理由で、自分自身を隠す、見ない、

本当の自分と出会わない

日本社会の外側で起こることは、

私たち日本人の内側で起こっていること

僕自身、あまりふつうな生き方はしてこなかった。

「普通じゃない」

「みんなと違う」

家族の中で、どれほど責められただろうか?

「みんなと同じ様にしろ」

「ルールに従え!」

という暴力がどれ程強いだろうか?

職場の飲み会に出られない 

出たくないのに、それを許容されない・・・

ということで、ノイローゼになる友人がいた。 



日本社会の中で、

僕自身、普通に振る舞おうともした。

あるいは、アウトローやドロップアウトを演じた。

そして、自分の中に、

「お前、ふつうじゃないよ そんなの 」

と反応する部分を持っている・・・

自分自身に、他者や友人、あるいはパートナーに


ゲイ夫夫の二人は、

限りなく優しく、

たくましい、

そして傷つきやすくもある・・・

相談に乗っていた同性愛の少年が自殺したことを知り

泣き崩れる・・・・

ある事件での一部無罪の判決に、

「これ、この判決文描いた裁判官の愛だと思います・・・」

無味乾燥の判決文に愛を見る彼らのナイーブさ・・・

こんな弁護士初めて見た!!


自分自身が同性愛者であることで通って来た痛みや絶望・・・

そこから胸を張って、

自分をさらけ出して生きている。

自分に正直に生きるって

かっこよく、

強い!!

そして優しい!

愛と法は、名古屋今池、シネマテークで11月9日まで上映中。


愛と法HP


投稿者 Banyan tree | 記事URL | コメント(0)

2018年10月30日 火曜日

ボッティチェリのビーナスの誕生、春に寄せて《ギリシャ リトリート アート》



久し振りに図書館に行きました。

美術書で、ボッティチェリのビーナスの誕生、春を観ました。

若いころから好きな2つの作品です。

10年以上前、イタリアに2年程住んだことがあります。

インドOSHOリゾートで

イタリアに住むフィンランド人の女性と出会い、恋をしました。

そんないきさつで、イタリアに住みました。

数ケ月をフィレンツェで過ごしました。

ルネッサンスの絵画をたくさん所蔵する

ウフィツィイ美術館に、ボッティツェリの2作品があります。



作品の前で、長く座っていたのを覚えています。



フィレンツェで、外国人向けのイタリア語学校に通いました。

そこの最後の授業は、イタリア語での発表、

その時のテーマに、

ボッティチェリの2作品の謎について話しました。

インターネットの英語の資料を探して、

簡単なイタリア語にまとめました。


イタリア語を学ぶのは、すごくストレスで、

全くと言っていいほど、身に付いていません。

それでもよく、あのスピーチができたなあと思います。

それ程、あの2作品に魅せられたわけです。

ルネッサンスの絵画で、

あの2作品に類するような作品に出会いませんでした。

当時、1400年代後半のフィレンチェには、

ラファエロ、ミケランジェロ、レオナルド・ダ・ヴィンチもいます。

ルネサンスを代表する画家たちです。

この二つの作品は、ボッティチェリの他の作品も含めて

何かが突出しています。


2作品の中で描かれる、海や林、

自然の中の美しい裸の女性、

あるいはシルクのような薄く透ける布を羽織った姿、

その女性(女神)たちを誘惑するギリシャ神話の神々たち・・・・

その姿は、官能的であり、かつ神聖な感覚を呼び起こします。

聖母像、聖母子像がルネッサンス期も多く描かれます。

美しいのですが、深く惹きつけるものがありません。

それは、あるがままの人間存在の前に、神が前提されている

からではないでしょうか?

内なる霊性につながるのではなく、

外なる神に、ぬかずきます。

ボッティチェリのこの2作品は、

肉体、生へのYES、人間性への全面肯定です。

人間性への全面肯定は、内なる霊性を目覚めさせます。

あるいは、魂を含んだ肉体へのYES、

地上の楽園、

人間=神の世界

そんな世界観をこの2つの絵に観ます。

それは、カソリック的な秩序、道徳観からは、正反対なもの、

フィレンチェの15世紀のフィレンチェの学術、

文化の背景は、コンスタンチノープル(今のイスタンブール)

からきた新プラトン主義、

それは、古代ギリシャの世界観です。

フィレンチェは、商業、金融等で繁栄し、

当時のヨーロッパ世界の中心地、

文化、芸術、学術の中心でもあります。

その力と知性をもって、ローマカソリックと

相反する世界を創った訳です。

その中心がメディチ家。

ボッティチェリもメディチ家の寵愛を受けます。

メディ家のサロンの中では、この絵のような世界

が繰り広げられていたのでしょうか?


メディチ家やボッティチェリの描く世界は、

カソリックからしたら、退廃で、異教的な世界です。

フィレンチに、1400年代末修道僧サヴォナローラが現れ、

メディチ家やフィレンチェの道徳の荒廃を批判して、

独裁的な神権政治を行います。

悲しいことに、ボッティチェリも彼の崇拝者になり、

ぜいたく品や非道徳な芸術作品を広場に集め、

燃やす虚栄の燃却に、

自らの作品を差し出して燃やしそうです。

大きな歴史の流れの変化の時、人の心や

運命も翻弄されます。


2017年、18年とスタジオウーヌスでは、

ギリシャリトリートを主宰しています。

そこでは、ヌ―ディストビーチで、素っ裸になり、

波に戯れ、砂浜に寝転び、泥パックをして、

子どものようにじゃれあって遊び、

裸でアクアフローティングをします・・・・

それは、ビーナスの誕生そのもの

波間に裸で遊ぶ女性たちは、本当に美しい

きっと、自分自身がビーナスであることに

目覚めたに違いない。

そうか、ボッティチェリの世界を

私たちはすでに形している。

ボッティチェリのこの2作品の世界は、

人間=神の世界だと思う。

それが、私たちが作ろうとしている 

私たちの魂の奥深くに刻まれている人間=神、

この地球をパラダイスとして生きようとする渇望、

そんな私たちの深くに根差す渇望を目覚めさせることが、

この2作が、圧倒的な支持を受けるゆえんではないでしょうか?


2018ギリシャリトリートレポート
ただいま~♥サマサティ~本当の自分を思い出すこと・・・
《ギリシャリトリート》


身体・心・魂の癒し
クラニオセイクラルバイダイナミクスセッション

















投稿者 Banyan tree | 記事URL | コメント(0)

2018年10月 9日 火曜日

ちょっとした勇気とちょっとした努力で世界は開ける・・・《ヒーリング 名古屋》



こんにちは

気持ちの良い秋の空が続きます。

皆様いかがお過ごしですか?

食欲の秋、美術や音楽、芸術の秋、

秋の夜長の読書の秋でもありますね。

ウーヌスの近くでも、

少し、街路樹が黄色っぽくなっています。




ギリシャのリトリートの話です。

「来年のリトリート予約します。」

何人かの人からもうそんな声をいただきました。

(まだ詳細未定で、募集していません。)

私たちのリトリートは、現地集合です。

旅慣れないに人は、そこで、ちょっと迷います。

「行きたい! 」と言う気持ちさえあれば、

後はついてきます。

今回、Yさんが、

「自分でチケットをとれて、英語さえ話せたら、

世界中どこでも自分で行けるんですね!!」

苦労してインターネットで航空券を

予約してからのメールで書いていました。

このメールをいただいて、すごく嬉しかった。

あえて、現地集合にしているのは、これなんです。



ちょっとした勇気と努力で

世界は、拡がります。

この秋、広げたい世界はありますか?

チャレンジしたいことは?




参加者枠若干名有!!
10月13(土)14(日)パスオブライフ



投稿者 Banyan tree | 記事URL | コメント(0)

2018年10月 9日 火曜日

45年前・・・《ヨーロッパ リトリート ヒーリング》



1973年セーヌ川



1973年、パリ ノートルダム寺院



今年、ルーブル博物館前

45年前、初めて、ヨーロッパ旅行をした時の写真を見つけた。

若いな~

当時、1974年

ヒッピーや学生運動で挫折した世代が、バックパッカーで海外に

多く渡っていた

賃金の高い、北欧で、皿洗い等のバイトをして旅を続ける

そんなスタイルで旅をしている人もいた。

今は、インターネット配信をしながら、収入を得て旅をする

そんな旅のスタイルもあるよね。

イスタンブールで、

衝撃を受けた。

アジアに出会った。

全く違った

生活がそこにあって

ヨーロッパを旅して、

もちろん楽しいし、日本と違うものにいっぱいで会う

それでも近代化された 会社社会 がそこにはあった。

自然と分け隔てられた生活のありかた、生き方かな?

イスタンブールは、もっと、なまなましい人間がいて

それが衝撃だった。

イスタンブールでは、そのまま、旅を続けたかった

そのまま、東に向かって

日本へ向かう旅をしたかった

そこに会ったのは、数万円の現金と

帰りのパリからのチケット

それでも旅を続ける勇気は、20歳の僕にはなかった・・・

一昨年、イスタンブールに43年ぶりに行った。

やはりこの街の匂いが好き。

随分、近代化されたのを感じた。

もう一つ、興味深いこと

20歳の時、60日間ヨーロッパを旅をして

全く、親しくなった女性の記憶がない

本当におぼこかったなあ!!

ハートや第1チャクラ( 第2、第3もかな?)

を開くのに、もう少しの人生経験が必要だったみたい。

異性と出会うのって、内側の準備が必要・・・・

開いたり、癒したり・・・・・




参加者枠若干名有!!
10月13(土)14(日)パスオブライフ




投稿者 Banyan tree | 記事URL | コメント(0)

2018年10月 5日 金曜日

45年ぶりのパリ~人生を楽しむこと、それが全て~《名古屋 スピリチュアル ボディワーク》








45年ぶりにパリを訪れました。



20歳の時、初めての海外旅行をしました。

おぼこいな~

寝袋をかついで、バックパッカーの旅、2ヶ月間ヨーロッパを旅しました。



もう一枚、「45年前も、得意な時のポーズ同じだね~ 」

とマルガに言われました。

ノートルダム寺院の前で、



最初に飛行機で降りた場所がパリ

その美しさに、大感激

それ以来、また行きたかった場所なので、念願を果たしました。



さて、セーヌ川を歩いたり、街裏をさまよったり、楽しいんだよね。

いろんな店が、ユニークで楽しい



どこでも美味しかったクロワッサン

パリッ、サクッ、軽やかで、適度な塩味・・・






お洒落なアクセサリー店

このお店のオーナーは、イラン・イラク戦争で、

イランから逃げ出したイラン人

女性オーナーのお店だった。



ギャラリー

これは、サンジェルマン・デプレと言う街で見つけたミロの作品

手形が押してある。

遊んでいるよね! 

ミロの作品を観ると いつも遊び心が伝わってきて嬉しくなります。


街が生きている

そう、スーパーもあるけど

余り大きくなくって



地下鉄駅前の青空市場



カフェのある街並み


八百屋、魚や、肉屋、個人の商店もちゃんと生きている

これって、街が、生きていくのに、すごく大事なことみたい






街角で、日曜日にフリーマーケットがあったり、



夜の広場で、ダンスパーティーが起こっていたり、

この写真は、レパブリック(共和制)広場、午後10時時頃かな?

サルサパーティー!!

夜のダンス禁止とか言ってた自治体あったよね

東京都!!??

パリに視察に行ってこい!!



その横で若い子たちが、スケボーで遊んでいる


そこに住む人々が、生きている

楽しんでいる

それが伝わってくる

だから、街を歩くだけでハッピーに感じる・・・

日本でも、そんなワクワクを感じることありますね。

パリにいて、
文化をすごく感じました。
文化って、人々、そう、民衆とか生活者とかが、
楽しく、豊かに暮らすこと
豊かに暮らす中に、
仕事の仕方
住まい
音楽や
芸術
そんなものも含まれている

それが豊かな暮らしで
豊かな暮らしがあって、文化、アートが育まれる

生活の中でそれが根付いていて
国家、自治体が強力にそれを推進している
(もちろん、各政治勢力のせめぎあいはあるのでしょうが・・・)
そんな風に感じました。

パリで二つの美術館を訪ねました。



オーランジュ美術館、モネの睡蓮の大作があります。




オルリー美術館
駅舎を改築した美術館



美術館の中のカフェがまた素敵!!



入ってすぐに展示されている作品

女性の肉体の美しさを思う存分表現した彫刻

この美術館の美に対する考え方が現れているように思いました。

印象派の作品がたくさんあります。




ゴッホのこの作品の前で、立ち尽くしました。

この作品の放つエネルギーに浸されました。

ゴッホの作品を初めて体験的に理解したように感じました。

この人、形でないもの、その内側にあるいのち、光

そんなものを絵画として表現したかったのだと思いました。

そんなふうにしてみると、今、私たちが目指そうとしているものを

ゴッホは、100年以上前に、知っていたようにも思えます。

パリを代表する3つの美術館、ルーブル、オルリー、

近代美術館 その2つが、70年代、80年代にできています。

僕が最初に訪れた45年前には、ルーブルしかなかったのね、

そのことに、感嘆しました。

美術を振興する、世界の美術の中心としてあり続ける

そんな国家意思とも言えるものを感じました。

そして、それが観光客を呼ぶ経済効果があります。



ウクライナのバンド

音楽も

地下鉄の駅には、ミュージシャンコーナーがあって、

ストリートミュージシャンが演奏しています。

地下鉄の入り組んだ通路を歩いて、

どこからともなく聞こえる音楽が聞こえてくるのが楽しかった。



鉄道の駅、空港にもピアノが置かれ

だれか彼かがピアノを弾いています。

最初、プロの人が仕事て弾いている と思ったのですが

どうも、電車や飛行機を待つお客さんが弾いているみたい

それが、楽しいんだよね。

クラシック曲ばかり聞いたけど

きっとモダンジャズが聞こえてきたりするのもあるんだと思う・・・



こちらは、たまたまair B&B という民泊サイトで見つけたお家、

わたしたちのホストが、ミュージシャンと

スピ系の雑誌の編集者というカップル

仏像やチベッタンベル、チベット曼荼羅が飾られる・・・

そして、家具やでインテリアが超センスがいい、

すっかり友達のうちに遊びに来た気分で、楽しかった・・・・



ラファエルが、スペースドラムを演奏してくれた。

聞いているのが、瞑想・・・サイレンスそのものです。

つい最近、この20年とか30年前に生まれて進化中の楽器のようです。

新しい時代の楽器です。




マルガ、最初からちゃんと音が出て、ラファエルが驚いていた

「身体がリラックスしていないと音が出ないんだよ・・・

すごい!! 」


パリを訪れて

生活を楽しむこと

生き生きと生きること

それが、基本

それだけ!!!

難しい屁理屈何にもいらない!!

そんな風に感じました。


生活、生きること 楽しもうね!!


人生楽しむためのワークショップします。

身体が喜ぶことが、

人生楽しむことの基本




10月13(土)14(日)パスオブライフ

YOU ARE  WELCOME♥


投稿者 Banyan tree | 記事URL | コメント(0)

カレンダー

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

月別アーカイブ