サロン日記

2017年12月13日 水曜日

癒されるのではなく、抱かれることを・・・《ヒーリング 名古屋 ボディワーク》

こんにちは

寒いですね。

パートナーのマルガは、感情的なタイプ。

僕は、むしろ逆・・・

昨日の朝、マルガに、

「いいじゃん、そんなこと気にしないでも・・・・。」

ある出来事に反応しているマルガに言った。

セッション前の忙しい朝に・・・・

「無視しないで、聞いてよ、わたしと一緒にいてよ・・・・」

というマルガに一緒にいないで、感情的なマルガをジャッジしている自分がいた。

そんなやりとりの日、友人が、FBで、

私たちが大好きなジェフ・フォスターの詩をシェアしてくれていた。

読んでみてください。


NOT TO BE HEALED BUT HELD
(癒されるのではなく、抱かれることを)

自分を癒そうとするのを
自分を何とか変えようとするのをやめなさい。

目覚めさせようとするのさえ、
やめなさい。

自分の生の映画を早送りしようとするのをやめなさい

「手放すこと」を手放しなさい

癒しが行き先ではない。
ここにいなさい。

あなたの痛み、苦しみ、疑い、渇望、
恐れを含んだ様々な考え、
それらは、間違いではないし、
癒されることを求めてもいない。

それらは抱きしめられることを求めている。

今ここで、軽やかに、

この瞬間の気づきの、愛に満ちた腕のなかに。

JEFF FOSTER




起こっていることとただともにいるとって時に、とても難しい。

自分の中で、受け入れていないこと

許していない感情や考えが、いっぱいあるから

そんなことが自分に起こるとそれに蓋をする

そして他者に起こると それを非難する。

そこに痛みが生まれる。

葛藤が、争いが生まれる。

自分の中に起こる感情や非難、

それをも包む愛を持ちたいと念う。


もう一つ、ジェフ・フォスターの詩を

ヒーラー、セラピスト、友人達、恋人達へ

あなたが痛みの中にいる友と共にいる時
彼らの世界がもはや意味をなさない時
混乱が荒れ狂い、
心に休息を見い出されない時

少しの間、
物事をよくしよう
安心させよう
答えを与えよう
彼らを癒そうとする
そんな誘惑にあらがえるだろうか?

あなたは静けさを 傾聴を 
そしてあなたの存在と直接的な暖かさを
捧げるだろうか?

あなたは母親が彼女の幼子を抱くのと同じ優しさを持って
友をハートに抱くだろうか?

あなたは彼らが今いる所で、
彼らが変化すること、変容することを求めずに、
あなたの必要やスケジュールから自由に
彼らを抱くだろうか?

あなたは自分自身の我慢できなさと居心地の悪さを
自分のうちに抱えながら、
あなたの友の近くに居るだろうか?
あなたは彼らの目を、そしてあなた自身を見つめるだろうか?

あなたは崩れ去ることを信頼し、
あなたがただ彼らの古い夢が壊れるのを、目撃していることを知りながら
癒しの地獄に彼らとともに留まるだろうか?

時には、何もしないことの中で全てのことがほどかれていく
そして愛だけが、真の薬として顕れる。



自分の身体とつながることから生が開かれる
12/16.17パスオブライフ



2018ゴールデンウィ-クOSHOリゾート瞑想ツアー



2017感謝フェア
















投稿者 Banyan tree | 記事URL | コメント(0)

2017年12月 2日 土曜日

我慢するって、自分の人生の責任放棄・・・《ヒーリング ボディワーク名古屋》




(数日前、急遽、マルガと京都に行ってきました。@御所)


一昨日、「自分を大切にすること」

という記事を書きました。

周囲の期待に応え、頑張りすぎ、

身も心もボロボロになっていた若い女性Mさんのセッション

の話です。


我慢できない、辛い、苦しい、そんな状況で、

身体は、よく、「何も感じない。」という選択をします。

それを身体の緊急避難 と言う表現をしました。

Mさんの話を聞きながら、また、記事を書きながら

自分自身のことを思い出しました。

随分前の話ですが、シェアします。

僕も、Mさんと同じく、成績優秀(中学時代まで)で、親の期待に

応えて、頑張るタイプでした。

少しその話は、はしょって

大学を卒業して

某市役所に入りました。

職業選択ということに関して、ハッキリした考えを持っていず、

当時、学生運動をしていた先輩たちが、公務員になり、労働運動に

関わる そんな流れがあり、そんなのもありか・・・・

自分の時間も持てそうだし・・

そんないい加減な職業選択でした。

20歳代のころも、しっかり身体にいる、身体感覚を持っている

そういうことが無かったのだろうと思います。

それがあれば、こんな仕事をしたい

も自然に出てきたのかもしれません。

社会に関心を持っていたので、

ジャーナリストという考えもありましたが、

新聞社の入社試験に合格せず、断念・・・

市役所での最初の職場は、福祉事務所

人と関わること

人を助けることは、とてもやりがいがあり、

張り切って、楽しく働きました。

役所勤めも、悪くないじゃん・・・・


当時、市役所に大型コンピューターが入り、

住民情報を集める という計画ができ、

今起こっているマイナンバーの先駆け ですね。

マイナンバーの土台作りね。

その反対運動に関わって大騒ぎしました。

うんと目立ったので、見せしめ、懲らしめ の人事配転に・・・

その職場には、監視役というかぼくのお世話係?の人がいました。

職員課から、こういうのが行くから、面倒見てやってよ

そんなふうに、言われていたのじゃないのかな?

社会党員で、平和運動家・・・

筋の通った人です。

僕って当時本当に、かたくなだったんだと思います。

心を開いて話をすれば、うんと違った関係が築けたと思います。

役所内の仕事に関しても違ったふうになっていたでしょう。

ひたすら(結構?)閉ざしてました。

その人、Nさんは、僕がインドに行った後、ぼくの話を聞いて

OSHOの本を読みだしました。

「この人は、本物だね~。こんなに真実を話す人に、初めて出会ったよ。」

とOSHOのファンに・・・

その時、初めてNさんの柔軟な知性を知り、

「職員課に頼まれた人に心開くものか!」

と、かたくなだった自分のことを恥じ入りました。

そう、その職場の仕事、超退屈だったんです。

詰まんない!!

いわゆるお役所仕事

何年かして、新しく来た上司が、

見かねて? 戸籍の係のキャップの仕事

に僕を当てました。

戸籍制度ってすごく興味深くて

と言うのは、日本社会の一番核の家族、財産の相続、

家族関係の権利義務 等を規定している法律なので、

戸籍制度を知ることは、日本社会を知ることでもあり

戸籍法を学んだり、難解な事例を紐解いていくのが、

とても楽しかったですね。

この仕事は、楽しみました。

そのS係長、ぼくが、インドのOSHOコミューンに行くので、

1月ほどの休暇を申請した時、

「海外まで行って、勉強しようというのは、素晴らしいから、

是非行ってきたらいい仕事は、面倒見るから」

と言って、許可してくれました。

その後、ぼくは、すぐ、退職したので

部下が、海外旅行に行く と言うと、

「インド以外ならいいから・・・」と言っていたそうです。

Sさんは、本当にハートの人で、

今でも思い出すとありがたく思います。

上司の話になりました。

ぼくが今日意図していたのは、我慢ということ

そう、その職場に、8年いました。

30歳前後の働き盛り、

労働運動や市民運動に関わったり、

仲間と山登りをしたり、結婚したり

色んなことがあった時期です。

でも基本、仕事ということでは、満たされていませんでした。

仕事が満たされていない 

ということは、人生も満たされていなかったよね。


Mさんが、セッションの中で、ご自身の工場実習に関して

「他の人も我慢してやっているのだから、自分がつまらないと言ってはいけない。

自分も我慢しないといけない。」と言っていました。

ぼくも、そう思って、そう言い聞かせて、我慢してたのね、

何年間も

そんな自分に、愕然とします。

詰まんない

我慢できない

限界

そんな言葉を口に出したら

そんな感情を自分に許したら

何かが動きます。

そんな感情を許さなかったのは、

無意識のサバイバルの恐怖もあったのだと思います。

我慢する

感情を許さないと

いろんな理由を付けて

自分をコントロールします。

そして、自分を殺して生きることをします。

腹立つ

悲しい

悔しい

我慢できない

あるいは

嬉しい

楽しい

そんな原初的な感覚、感情

100%感じて生きていきたいですよね。

そうすると、人生は、リスキーになって

ドキドキ、ハラハラ、そしてワクワク・・・・

僕の場合、インドのOSHOコミューンに1月行ってから

ある時、

ここ(市役所)にいるのはもう充分・・・・

何も考えないで

その日に、辞表を出してきました。

それからの人生のリスキーで、ハラハラ、ドキドキだったこと

それが今に至ります。

こうやって見てみると

「我慢するって、自分の人生に責任を持たない。」

そんなふうに言えるかもしれません。

周囲のことを思って、自分に起こっていることと

共にいないことですよね。

人と、周りと軋轢を生むこと

自分の人生のリスクを避けること

そんなふうに見えませんか?

これは、結構過激なステートメントです。

ぼくは、無意識に、よく我慢しますから・・・・

我慢しなくなると、人生が変わりますね。

あなたは、我慢してませんか?


関連ブログ

セッションの感想をいただきました~自分を大切にすること




身体に根差すことをサポートheart02
マルガのニューセッション
Touch The body






2017クリスマス感謝フェアスタート~新しい年を迎えるためにheart04





身体から始める!!
shine12/16.17パスオブライフ開催heart04





お待ちしてま~すheart04




















投稿者 Banyan tree | 記事URL | コメント(0)

2017年11月26日 日曜日

2017感謝フェア~新しい年を迎えるために~《ヒーリング クリスマスフェア 名古屋》

shine覚醒のフィ―ルド・カードリーディング &
ライト・トランスミッション・プレゼントshine









早いものですね、

2017年ももう後1月余

この1年、多くの皆様のお陰様で、

スタジオウーヌスの仕事をさせていただきました。

本当にありがとうございました。


感謝を込めて、1年を締めくくり、

新しい年を迎えるためのフェアを行います。


ヨーロッパでは、12月に、多くの人がボディワークを受けます。

1年間の疲れのケアをし、リフレッシュして新しい年を迎えます。

自分自身へのご褒美として、

お気に入りのボディワークセッションを受けます。


日本に住む私たちに、一番必要なことは、自分を大事にすること

では、ないでしょうか?

会社の為、家族の為、世間体のため、ついつい自分を犠牲にします。

自分のケアは、2の次、3の次、


私たちも、自分自身を大事にすることを学ぶときです。

どうぞ、ご自身のケアに、スタジオウーヌスのセッションを

ご利用ください。


今回の感謝フェアは、

ご希望の方に、マルガ、ギリの全てのセッションに、

覚醒のフィ―ルドの光のカード・リーディング&

ライト・トランスミッションが付きます。

(たとえば、サイキックマッサージのセッションに
カードリーディングとライト・トランスミッションがプラスされます。)



自分自身のハッキリさせたい課題、

あるいは、来年へのメッセージを選んで

覚醒のフィ―ルドの前に座り、1枚カードを選びます。

そして1枚カードを選び、カードのメッセージを受けとります。

そして、そのカードの波動あるいは、

それに連なるクリスタルの波動のライトトランスミッションが

プラスされたセッションが、プレゼントされます。



そしてそのカードは、プレゼントとして持って帰っていただきます。

(覚醒のフィ―ルドのセッションの方にも、
カードのプレゼントが付きます。)

素敵でしょheart04

ご活用ください。

期間は、11月27日~2018年1月7日

PS.選んだカードのエネルギーの入ったオイルマッサージを希望の方は、
+2000円(オイル代)で、承ります。



お待ちしてま~すheart04(写真は、@ギリシャ、デルフィ)

shineワークショップshine募集中heart04
12月16,17日パスオブライフ(ボディワーク講習会)

マルガの新しい
Touch The Body


お問い合わせ(下をクリックしてください)

telephone052-833-1623

投稿者 Banyan tree | 記事URL | コメント(0)

2017年11月26日 日曜日

ハニーfromブルガリア《ヒーリング 名古屋》



こちら、名古屋は、お日さまが顔をみせています。

おはようございます。

毎朝の朝食、最近は、はちみつをパンをつけて食べる。
今年の夏、ギリシャツアーの後、訪れたブルガリアの友人、
サリーラからもらったもの
とっても美味しい
黒海に近い、彼女の実家で、ご両親がミツバチを飼っていて
採取してくれたもの・・・・
毎朝の朝食、サリーラのことを思い浮かべたりする。
感謝の気持ちが自然に生まれる。

そして、その気持ちが、拡がっていく・・・

ミツバチさん、サリーラ、ご両親、蜜を摘ませてくれた花々や
ブルガリアの自然、太陽・・・・ありがとう。


お隣は、オリーブオイル・・・リトリートをしたゲストハウスのオーナー
の手作り・・・大きなビンから目の前でわけてもらった・・・・

いつも食べるパンは、こだわりのパン屋の南の麦のパン


自然に、創ってくれた人の顔が浮かび、感謝の気持ちが湧く・・・

うれしいな~

毎朝、ありがと~って思いながら、朝食を食べられる幸せ・・・・



ギリシャツアーで一緒だった愛ちゃんが、CDを創った。

ソルフェジオ音階~癒しの音、DNAを修復すると言われる~

を奏でるガンクドラムのCD,

もうすぐそれが届く・・・・とても楽しみ

見える関係ってとても大事

日々の暮らしの中で、一つ一つのことを大事にしたい・・・

このブログを読んでくれているあなた

ありがとうございます。

皆さんへの感謝の気持ちを伝える企画、考案中です。

ワークショップheart01

12月16,17パスオブライフ(ボディワーク講習会)開催します


セッションheart04

魂の声を聴く
覚醒のフィ―ルドのセッション

心身の深い癒し
クラニオセイクラルバイオダイナミクス

あなたの内なる美をサポートする
サイキックマッサージ







投稿者 Banyan tree | 記事URL | コメント(0)

2017年11月16日 木曜日

愛は変容する《OSHO 瞑想 名古屋》

こんにちは

12月16(土)17(日)、今年最後のパスオブライフブ(ボディワーク講習会)

を開催します。

詳細は、

12/16.17パスオブライフ開催

をご覧ください。


BEGIN WITH THE BODY
~A Meditatar's Guide to Bodywork という冊子から

OSHOの言葉を訳しました。

愛について、生きること、人と関わることについての言葉です。


「愛は変容する」

あなたが人々と働く時、
あなたは義務として働くことができる、
または、愛として働くこともできる。
この二つの間には、とても大きな違いがある。
義務は、ぬるま湯だ、
そして愛は、情熱だ。
義務は、助けることができる、
しかし、愛は変容することができる。
義務は、人々の表面だけに触れることができる、
何故ならそれは、頭から来るからだ。
愛は変容することができる、
何故ならそれはハートから来るからだ。

あなたが人々と働く時は、覚えておきなさい、
全ての人はユニークだということを。
あなたは2度とそのような人を見ることはない
:それは、一度だけ起こる。
それぞれの人は、歴史的だ、
何故なら、その人は決して同じことをまた繰り返さないからだ。
だから、触れ合うそれぞれの瞬間は、歴史的だ、
何故なら決して繰り返さないから
:それはとてつもなく貴重だ。
だからいつでも人を助ける時は、愛から助けなさい。
流れるように動きなさい、助けていることを忘れなさい。
気にかけなさい(start caring)-それが違いだ。

もしあなたが人々を助けるなら、もっとも良くて、看護婦だ。
もしあなたがケアするなら、あなたは母親になる。
助けるのは、量的だ。
ケアをするのは、質的だ、そしてそれは、強烈さを示す
:それは、炎だ。
だから深く情熱的でありなさい。

それぞれの個人は、神聖さの代表だ。
その人を愛し、
礼拝しなさい、
尊敬しなさい、
何をするにしろ、
深い謙虚さの中で行いなさい、
するとあなたは、
彼を助ける以上に、
助けられる。
するとあなたは、
あなたの助けによってその人が成長できる以上に成長するだろう。

この世において、教師になる以上に、何かを学ぶ方法はない。
しかし、それをとても神聖で聖なるものとして受け取りなさい。
それについて本当に、誠実で、本質的でありなさい。
私は、深刻にとは、言っていない。
私は、誠実にと言っている、
何故ならあなたがひとたび深刻になると、
あなたは、人を助けることができないからだ。
誠実に、しかし、深刻ではなく、遊び心に満ちていなさい。
楽しみとしてとらえなさい
ーしかし、そのことの神聖さを忘れないでいなさい。
楽しさと神聖さが出会うと、
助けることができる質があなたの中に湧きあがる。
これが助けることの錬金術だ
:楽しさと神聖さがあなたの中で出会うこと

あなたの感覚は、正しいーあなたはまだその中で完全でない。
人は決して、完全ではない。
あなたがその中に入れば入るほど、
あなたは何かが欠けていると感じる。
生は、絶え間ない流れだ、そこに終わりはない。
更なる何かがいつも可能だ。

それに終わりはない,
そしてそれはいいことだ
:そうでなければ、終わりが来れば、あなたは死ぬ。
しかし、あなたの感じ方は、正しい。
もっと努力し、もっとエネルギーを注ぎなさい。
あなたは、もっともっと完全になる。
しかし決して完全ではない。
私に着いてきているかな?
あなたは、もっと完全になる。
しかし、けっして完全ではない。
誰も決して完全ではない。
いいね!
Hammer On The Rock OSHO


12月16,17パスオブライフ(ボディワーク講習会)開催します


投稿者 Banyan tree | 記事URL | コメント(0)

カレンダー

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31