サロン日記

2017年6月28日 水曜日

物と物の背後・・・量子物理学の話《ヒーリング 名古屋》

量子物理学の本を読んでいます。

量子論から解き明かす『「心の世界」と「あの世」』

と言う本です。

岸根卓郎という京都大学の名誉教授が著者です。

何度も量子物理学には、挑戦するのですが、よくわかりません。

少し、今まで読んでいるところのまとめを兼ねてブログを書きます。

まずは、量子について、

文部科学省のサイトの定義では、こんな風に書かれています。

量子とは、粒子と波の性質をあわせ持った、

とても小さな物質やエネルギーの単位のことです。

物質を形作っている原子そのものや、

原子を形作っているさらに小さな電子・中性子・陽子といったものが代表選手です。

光を粒子としてみたときの「光子」も量子です。


そして、この量子、

観測されることで、波状だったものが、粒子になる と言われます。

即ち、人間が観測することで、波だった量子が物質である粒子になる。

波であり、同時に粒子である。

非物質であり、かつ物質になる。

私たちのなじみの言葉では、

色即是空

空即是色

そうみると何となくわかります。

また、光と言う波は、光子にもなる。

よく聞く光子は、波としての光の物質化したものと言うとわかり易いですね。

ということは、客観的な世界は、存在しない。

私たちが、見ている世界は、見ている私たちがいることで存在する。

そんなふうにも、量子物理学では、言います。


観る人が、世界に影響している。

また、私たちの観方が、世界を創っているとも言えます。

同じリアリティの中にいるようで

観ている物、感じている物は、全く違う。

そして、観ている私と、見られている世界は、相互作用の中にある。

このことは、生きている相手との関係では、とてもわかり易いですね。

優しい気持ちで、人と接するのと

批判的に人と接するのでは、相手は、全く違った反応します。

植物に愛を注ぐと、よく育つ・・・これも納得できます。

量子力学的には、接し方、観方によって全ての物質も違ってくる

万物に霊魂あり という 古神道的な観方からしたら、

これもまた納得できます。

実際、動かなかったパソコンに、気を送って動くようになった

そんな話は、よく聞きます。

岸根卓郎さんは、電子には、心がある、と言います。

そして私たち人間の心と宇宙の心がこの世界を創っていると

見える世界と見えない世界は、一つ。

あるいは表裏一体 そんなことを波であり、

物質でもあるということは、言っているのかもしれません。

先日、河瀨直美の光という映画を観ました。

視覚障碍者の映画鑑賞のための音声ガイドを作る話が出てきます。

そこで、視覚障碍者の登場人物が、「私たち目が見えないの、そのかわり、観ているのではなく、
映画の中に全身で入っているの、そして感じているの。その中を生きるの。
あなたの説明は、それを壊すの・・・・」


そんなセリフがありました。

全身で感じるというリアリティ・・・・

電子が、物であり、波である ということは、

計量可能、計算可能、予想可能、管理可能な物の世界から

波であり、見えない、流れ、より感じる世界へ

響きあう世界

響きあう命

としてのリアリティを科学的に教えてくれているようにも感じました。

もう少し具体的に言うと

この人は、こうこうこういう人
こういう理由でこういうことが起こった
と理屈で組み立てて納得したり
人生を生きるのではなく、
全部の感覚を開いて、エネルギーを感じ、感情を感じ
喜びを感じ、悔しさを感じ・・・・
それに身を委ねる生き方への転換です。

まとまらない量子物理学の話です。

興味のある方は、ご自身で勉強してください。






7月15~21日ボディマインドに語りかける
忘れさられた言語を思い出すwithシッダ




大人の夏休み・瀬戸内リトリート
7/22〜24まさに体がブッダ@広島竹原VivirAhola


7月8(土)9(日)パスオブライフ(旧ボディワーク講習会

投稿者 Banyan tree | 記事URL | コメント(0)

2017年6月26日 月曜日

大人の夏休み~瀬戸内リトリート《ボディ 瞑想》



久々にフォトショプという写真を加工するソフトを使いました。


瀬戸内リトリート「まさに身体がブッダ」

大人の夏休み そんなコピーができました。

夏の海で、アクアフローティングをしたり、声をとおして自分にワークしたり、

瞑想、ダンス、マッサージ・・・・

自分のためだけの自由な時間

おもいっきり

自分と出会い

見つめ

見つける

リトリートです。

ファシリテーターは、世界中で瞑想をシェアしている日本人瞑想家シッダ・イーオン

とマルガとギリ

会場のVivir Aholaは、アジャッドやターニャが手作りで作ったドーム型の瞑想ホール

海に、森に瞑想ホール

本当に贅沢な大人の夏休みです。

詳しくは

7/22〜24まさに体がブッダ@広島竹原VivirAhola



7月15~21ボディマインドに語りかける忘れさられた言語を思い出す



7月8(土)9(日)パスオブライフ(旧ボディワーク講習会)

投稿者 Banyan tree | 記事URL | コメント(0)

2017年6月26日 月曜日

友の旅立ち《OSHO 瞑想 名古屋》


大好きな友達が、ボディを離れた。

とっても悲しくなって

ぼくがとても彼のことを愛していることを改めて知った。



プレムラジョというフランス人の友達、

フランス国籍のユダヤ人。

インドプーナのOSHOコミューンでの友達

今、Facebookから世界中の情報が入ってくる。

去年あたりから、親しい友人がよく亡くなる。

いつ、自分の番が来ても不思議はない。

思ってもいなかった友達、またどこかで会えるだろうと

思っていた友達に先立たれると

そんな風に思う。

プレムラジョのことを話したい。

きっと彼の年は、70歳代前半

日本に長年いて、日本語も話せる数少ない

ヨーロッパ人のサニヤシン(OSHOの弟子)だった。

日本で、指圧を学び、指圧のプロだった。

1970年代、ヒッピー文化全盛期、

東京の街中でアクセサリーを売ったりもしていたらしい。

1990年の6月、インドのOSHOコミューンでこんなことがあった。

OSHOは、光明を得たマスター、仏陀やキリストのような存在。

世界中から彼のもとに人が集った。

当時のOSHOコミューンは、世界中から数千人の探求者が集まる人種のるつぼ

だった。


OSHOが肉体を離れて半年、

それまでは、プーナ市の警察が、ビザの延長を認めていた。

ビザが切れると警察に行っていくらか払うと延長になっていた。

だから何年も続けてプーナに滞在できた。

それが急に違法ということになった。

プーナ警察がビジネスとして勝手にやっていたことらしい。

インドは、何でもありの国、

急にこんなことが起こる。

中には、パスポートもなしで滞在していた人も何人もいた。

そんな人も含めて、とにかく、届け出れば、出国許可をする。

と言うのが警察の発表、

OSHOが肉体を離れてからもOSHOコミューン(現リゾート)だけが

自分の居場所と多くの人が思っていた。



国も仕事も家族も

多くの人が捨てて、インドに来ていた。

OSHOという覚者そしてそのコミューンにはそれほどの吸引力があった。

ぼくも、その一人だった。


ビザ騒動があった時、

チケットもお金もない人もいっぱいた。

一人ひとりが、どうするのか決めないといけない。

多くの人が右往左往した。

OSHOが肉体を離れて半年、存在が与えた禅スティック

大きな嵐だった。

プレムラジョは、そのころ、サレンダーガーデンという

ちょっと変わった場所に住んでいた。

空き地に、自前で掘っ立て小屋を建てて住む場所。

その分、安く生活ができた。


そのころ、パスポートやビザのない人が逮捕されたり

そんなこともあった。

そして、多くのが神経をすり減らしていた。

プレムラジョは、一人、パスポートを亡くしたことにして

フランス領事館に再発行を申請

警察にも、それで押し通して、素知らぬ顔

領事館の夏休みで パスポートの発行に何ケ月が、時間がかかり、

新しいパスポートが彼の下に届いた頃には、この騒動も

一区切りしていた頃、

大騒ぎの中、すっかり、マイペースで生きていた。

そんなマイペースで、自由な彼の存在が大好きだった。

いつもお茶目な目をしたハートの人だった。

大きな身体で、元気な人

この数年は、ブラジル人のガールフレンドができ、

ブラジルに多くいるように、FBを通じて知った。



FBで、何枚か二人の幸せそうな写真を見つけた。

世界中を旅し、死ぬまで恋していた自由人

生を全うしたことが伝わってくる


ありがとう プレムラジョ



いい旅を   GIRI 

FLY HIGH PREMRAJO



7/22〜24まさに体がブッダ@広島竹原VivirAhola



7月15~21ボディマインドに語りかける忘れさられた言語を思い出す



7月8(土)9(日)パスオブライフ(旧ボディワーク講習会)





投稿者 Banyan tree | 記事URL | コメント(0)

2017年6月24日 土曜日

身体を感じ自分を知る~7月8(土)&9(日)パスオブライフ(旧ボディワーク講習会)






こんにちは

蒸し暑いですね。

こんな時期、身体が重く感じられたり、疲れが出がちです。

お身体に気をつけてお過ごしください。

7月8,9日、身体から始めるワークショップをいたします。

題してパスオブライフ

path of life(生の道), pass of life (生へのパスポート)

そんな意味を込めたパスオブライフです。

そして私たちは、生への道を

私たち自身の身体を感じることから始めます。


何故なら、身体が私たちの生にとってよって立つことのできる、

リアリティ―だからです。

身体は、自分自身を表現し

他者と交わり、

人生を生きる場だからです。


私たちは、いっぱいの「~すべき」を持って生きてきました。

あなたは、どうですか?

勉強をして、いい学校に入って、会社に入って

あるいは手に職をつけ・・・

安定した収入を得て

そのために

「~すべき」

私たちのなかにある 「~すべき」

男だから、女だから あるいは 妻だから 夫だから

○○会社の社員だから セラピストだから・・・・・・・

たくさんのだから・・・たくさんのすべき・・・・

それは、どこからやってきましたか?

ほとんどは、親や社会、あるいは先生からもらったもの。

頭から身体に意識がシフトする時、

すべての「~すべき」から自由になります。

理屈ではなく、感覚

そう自分自身を感じることを始めます。

考え、思考、理由づけ

そう、すべての言葉を外したところで

自分を確認できますか?

よって立つ確かな自分を見つけることができますか?

これは、チャレンジ

頭が、思考が 私たちを支配しているからです。

そこで私たちは、私に戻るために

もっと確かな私たちのリアリティーを見つ見付けることを

身体から始めます。

ゆっくり呼吸をして身体の内側を感じることから

始めてみましょうか?

よかったら一緒にしてみてください。

おしりや足を感じて

背中を感じて

私たちの身体は

しっかりと足やおしりそして背骨に支えられています。

身体を動かしたくなるかもしれません。

身体に感謝を感じたら、ありがとう と

自分の身体に言ってあげてください。

今まで感じてなかった緊張やエネルギー

あるいは歓びや悲しみを身体の中に感じるかもしれません。

ゆっくり呼吸をすると

あくびが出てくるかもしれませんね。

あくびが出たり、涙が出たり

そんなふうにして

少しずつ身体が緩んでいきます。

緩んでくると

いままで隠れていたものが出てきます。

それは、緊張かもしれないし

感情かもしれません。

過去の出来事を思い出すかもしれません。

2層、3層とより深い層のエネルギー

感覚、

感情が出てくるでしょう。

私たちの身体は、いわばパンドラの箱

色んな隠している物が出てきます。

だから、本当に寛ぐこと

奥深くをのぞき込むのが怖いかもしれません。

パンドラの箱の話を知っていますか?

最後に出てきたものは、愛、であり、希望です。

だから心配することはありません。


ここで、去年ハート瞑想のワークショプの時に

先生のトーショ―が書いてくれた図をお見せします。




意識の多層構造とハートの図です。

私たちの意識には、様々な層があります。

そして奥には、いろんな私たちのエッセンスが詰まっています。

本質とあるのは、愛や歓び 静けさや調和・・・・等々です。

そしてハートは、いろんな層を含めてより深い私たちの層に

入って行く近道です。

多くの人が、ハートと繋がることを知っていると思います。

ハートは、私たちの真実への入り口

パスオブライフでも、ハートにつながるエクササイズをよく行います。

そして身体やハートを通して見つけるものは、

一人ひとりユニークな存在

愛や静けさ、歓び、勇気や智慧 普遍性を持ちながらも

一人ひとりの人生での表現の仕方、感じ方は全くユニークです。

そう、私たちは、一人ひとりの内側深くにつがなることで

一人ひとりの真実、そして尊厳を見出します。

自分自身の尊厳を見出すとき、他者への敬意、尊重が生まれます。

自分自身と出会うこと自分自身への愛を見つけることが

人と出会う、

人を愛する出発点です。

そして自分自身の生を歩く出発点です。

一緒にこの旅を始めませんか?

❤ 次のような方にお勧めです。

1、自分自身に繋がりたい人
2、自分自身に寛ぎたい方
3、感情に繋がりたい人
4、人との関係にスペースを持ちたい方
5、自分自身をもっとケアしたい方
6、ボディワークを学びたい方
7、瞑想に興味のある方
8、人生の岐路にある方
9、セラピスト等人に関わる仕事の方
10、ボディワークをご自身のヒーリングワークに取り入れたい方

今回、複数の再受講の方がいらっしゃいます。

初めての方、大きなサポートの中で学べるチャンスです。

お見逃しなく❤





講師 ギリ&マルガ
会費 43,000円(再受講23000円、ボディワーク講習会7days参加者13000円)
   酵素玄米ランチ付き
日時 7月8(土)9(日)
場所 スタジオウーヌス(予定)

お問い合わせ・申し込み (下のフォ―ムをクリックしてください)


telephone052-833-1623

更に詳しくは

7月8(土)9(日)パスオブライフ(旧ボディワーク講習会)開催します




7月15~21日ボディマインドに語りかける忘れさられた言語を思い出すwithシッダ




7月22~24大人の夏休み!瀬戸内リトリート(この身すなわち仏なり)
with シッダ、マルガ、ギリ



梅雨時の身体のケアにはheart04

クラニオセイクラル・バイオダイナミクス

リバランシングマッサージ

サイキックマッサージ



投稿者 Banyan tree | 記事URL | コメント(0)

2017年6月17日 土曜日

私は誰?~人であることを超える?《覚醒 瞑想 名古屋》

本当の自分は、誰だろう?

自分って何のために生まれてきたんだろう?

今の自分でいいのだろうか?

誰でもそんな問いを持つことがありますよね。


ぼくも、そんな問いを持ちながら、



ムージという人のビデオを観ていました。

ムージについては、少し前にも書きました。

私は誰か?~今、ここで、生きた真実になる


今、ヨーロッパで人気のスピリチュアルティチャー、

悟りを開いて教えをしている人です。

彼の話の中で、personhood(パースンフッド)

という言葉がよく出てきます。

人であること、個人であること、そんな意味の言葉のようです。

それがよくわかりませんでした。


あなたは、誰ですか?と言う問いになんて答えますか?

名前、

職業、

家族関係

体格、

性質、

国籍、

出身地、

外側の属性をのぞいたら何が残るでしょう。

あるいは、考え方や感情

考え方や感情もいつも変わります。

それらの集大成が、自分?

人格、エゴとしての自分?

あなたは誰?と聞かれると困りますよね。


少し視点を変えます。


たぶん、多くの方が、瞑想をしたり、

あるいはヒーリングセッションを受けたり

祈りやセックス、あるいはダンス、

自分の大好きなことに夢中になって自分を忘れている時

人格を超えた意識を体験したことがあるとおもいます。

無我の境地、静けさ、至福、一体感、愛、

歓び、ワンネス・・・・

知ってますよね?

ここでは、私たちの意識は、個人の自我を超えた所に開いています。

頭で思考するのではない世界があります。

人々と、あるいは、木々や自然 宇宙と一つの私

これが、本来の私としたら?

考え悩んだり、葛藤したりして生きている私はどこに?

あるいは、そのエゴとしての私って何?

一体感や無条件の愛の世界と

日常で葛藤する自分とは、違いすぎる?


ここでpersonhood に戻ります。

一体感を持つ拡がりを持つエネルギー、スペースも

個人の意識と同じ意識と見てみます。

そうした時、個人の意識は、大きな意識、

一体感を持つような宇宙的意識の一部

だと考えられるでしょう。

自分と言う意識も、大きな意識の一部ということです。

宇宙全体の意識が、3次元という時間や空間を持つ場

に顕れるには、その乗り物が必要です。

私たちの身体は、その乗り物、

肉体と言う乗り物がない限り、

宇宙意識は、この世に顕れることはできません。

神の意識、意思とも言えます。

(インドにリーラと言う言葉があります。
神の遊びと言う意味、
人生は、神さまの遊びだよ・・・
そんな軽さを感じます。)

その肉体と、思考、感情の総体を自分と思いこみます。

この思い込みが、自我としての自分を作ります。

そうして私たちは、成長します。

そして何十年か生き、その自分に居心地を悪く感じ出します。

どこか満たされていない。

何かが違う。

どうですか?

あなたは?

自我としての自分であることって、

魂が歓んでいることではないんですね。

ハートの奥に、疼きや呼ぶ声を感じます。

こっちへおいで・・・・

そうして、探求が始ります。

それは、本来の自分自身への道のり

意識が元のところへ戻る旅・・・


自分=人間という思い込みを気づく旅



ちょっと一緒にやってみましょうか?

静かに座ってハートにチューニングします。

ハートを感じながら深呼吸をします。

何度かやってみます。

ハートの奥にある静けさ、スペースと繋がりましたか?

一瞬でも訪れる静寂や拡がり

そこが、わたしたちが来てまた戻っていく場所です。


personhood と言う言葉をしばらく、自分の中で

反芻してきました。

あ、そうか、「本当の自分って、人間じゃないんだ。」

と、腑に落ちました。


私たちは、肉体を持って生きる為、個人としての意識も必要です。

それは、仮の姿。

いずれ誰しも生まれた所に戻っていきます。

でも、肉体を持ってこの地球に顕れたのは、

必要があってのこと

学ぶことがあってのことですね。

その肉体と人格の中で苦しむとき、

自我への同一化から意識を自由にしてください。

身体に繋がったり

ハートの声を聴いたり、


より内側のスペースに繋がるやり方をしてみてください。

思考、言葉がやってこないスペースです。


そして今地球の意識が大きくシフトしている時

一人ひとりの意識のシフトには、いっぱいサポートがやってきます。


それは、意識の海の一つの波を自分だと思っていた思い込みから自由になる

自分自身が大海そのものだと理解する旅

自分自身が創造主であることを理解する旅です。


ご一緒に旅をしませんか?



7月8(土)9(日)パスオブライフ(旧ボディワーク講習会)



7月15~21日ボディマインドに語りかける忘れさられた言語を思い出す



7月22~24日瀬戸内リトリート(この身即ち仏なり)

個人セッション

覚醒のフィ―ルド

クラニオセイクラル・バイオダイナミクス

サイキックマッサージ

あなた自身とつながるセッション
















投稿者 Banyan tree | 記事URL | コメント(0)

カレンダー

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30