体験談

2018年8月15日 水曜日

裸のままで~Hirokoさんのギリシャリトリート体験談






ギリシャに行ってました♡ 先月末から10日間かけて。



リトリートの申込みをしたのが2月。

「なんでわたし、ギリシャ行くんだろ〜?」って思いながら(笑)



それから5ヶ月。

トランジットのフランクフルト空港からコルフ島へ向かう飛行機の中で

登ってくる朝日を肌で感じていたら



「あ〜、太陽に呼ばれたんだ、わたし」



って気付きました。




ヨーロッパは好きで、特にフランスやイタリアがお気に入りでした。



お洒落でいて、食にもこだわりがあるところ

田舎に行けば、自然と共に暮らしている感じがあるところ



そんなところが好きでした。



ハワイ島もお気に入りの場所のひとつでした。



大地のエネルギーがビシバシ感じられる ハレアカラ火山

星空が感動的で、寒くても立ち去り難かった マウナケア山

ドルフィンスイムでは、一瞬だったけどイルカと一緒に泳げて感動しました。



でも!



ノーマークのギリシャにノックアウトされてしまった・・・




正確にはギリシャの「コルフ島」の「アリラス」にやられた(笑)



わたしが感じたアリラスは、一言で言えば "Naked" 「むき出し」のイメージ。



飾らない

シンプル

ありのまま



人も自然も




そしてその中で

「初めて来た気がしないね〜」

というメンバーとともに過ごし



人を見つめ

自分を見つめ

人との関わりを感じ




わたしがほんとうに大切にしたいものってなんなんだろう?

美しさって何をいうの?

どんな日々を過ごしたいの?

人とどう接したいの?



いまもまだ、ハッキリと言葉では答えられない。

出てくるのは涙ばかり。



たぶん、ギリシャで丸裸になったわたしが

日本に帰ってきて、以前と同じ「着ぐるみ」に入っちゃって

苦しくって脱ぎたくって



でも、ここで脱ぐのは恐い

でも、これはもう無理



って、せめぎ合って、あがいているような気がします。

必死で落とし所を探しているような・・・



でもきっと、それも時間の問題。

ありのままでいるしかない。



あの気持ちよさを味わったんだもん。

元に戻れるわけないじゃん、ヒロコさん〜♫^^




裸のままで



2018ギリシャリトリート
残席わずか!!!

8月18日ギリシャリトリート説明会@表参道ナナデコール


8月16,17パスオブライフ(ボディワーク講習会)


東京セッション残席1(8月20日午後6時30分~)


最後まで読んでいただきありがとうございます。
あつさ




投稿者 Banyan tree | 記事URL | コメント(0)

2018年8月12日 日曜日

覚醒のフィ―ルドの感想いただきました《ヒーリング 母子関係 クリスタル》

先日、覚醒のフィ―ルドの2回目のセッションを
受けていただいたKさんからメールをいただきました。

ご本人の了解を得てシェアさせていただいます。



今日のセッション
marga& giriさんお二人には本当に感謝します♡
文章苦手なので伝わるかどうか
わかりませんが
私の練習の為にも綴らせていただきます。


まだ、親に対してこんな想いがあって
話しただけでは済まされない感情が
溢れ出てきたのにはビックリしました。

marga& giriさんの
空間、会話、暖かさ、愛、部屋全てにおいて
初めてお会いした時からの
私を本当に大切にしてくれて、共に同じ物を飲み
同じ痛みを感じながらも
引っ張っていってくれる。
前回もビックリして感動しましたが
今回もまたまた
感動でした。



今だから言いますが......
giriさんから
margaさんを母親役で私が感情を出すと聞いた時に
私は直ぐに受け入れました。
私は少し前にmargaさんのブログで
今生は子供を産まない体験をするという記事を
目にした事を思い出して
私の思い、感情を出すのと同時に
margaさんにも
母親役の体験をするって
必然なことなんだぁと思ってしまいました(・・;)
(生意気なこと言ってホントすみません
   口に出して言えませんでした)

自分でわかって理解したと思っていても
人は人でないと癒せないのですね

母親の影響おそるべしです♡

私の子供はどう思っているのかわかりませんが
満月に合わせて手紙を書いて
大好き♡1番の味方♡と綴っています。

margaさんから私に、
女性性が出てきたと言って頂きました♡

確か...去年辺り?に、月讀宮つきよみのみことが
出てこられて、これからは女性性の時代と
言われたと思ったのですが
私はやっと笑。
いまここで気付かさせていただきました。


本当にありがとうございます♡

これからの変化が楽しみです(๑・̑◡・̑๑)

ギリシャの旅行後にお会いするのを楽しみにしています
お気をつけて行ってきてください♡

                                                                             K


改めて母親、お母さんとの関係の深さを観、感じるセッションでした。
私たちの身体、細胞の一つ一つが母親のお腹の中で創られて、
そして、何年も何十年も母親との関係の中で、私たちは成長します。
自分自身を知ることは、母親との関係を癒すことと深くつながって
いますね。
Kさんありがとうございました。

関連ブログ

両親の痛み、魂の癒し~パリギャンのセッションから




2018ギリシャリトリート~愛と歓び、再誕生の旅
残席2有!!!

8月18日午後12時~ナナデコールキッチン@表参道
ランチ説明会します。
参加希望者ご連絡ください!!
遠隔参加もOK!!






8月16(木)17(金)パスオブライフ(ボディワーク講習会)
身体は神の宿る寺院!!身体を通して自分自身と出会う2日間



8月19~21日マルガ&ギリ東京セッション
20日、21日残枠有!!



最後まで読んでいただきありがとうございます。

暑さ厳しいですね。
お身体にお気をつけてお過ごしください。





投稿者 Banyan tree | 記事URL | コメント(0)

2018年8月 8日 水曜日

ギリシャコルフ島での日々~2017ギリシャリトリート体験記byアカシアイ



昨年のギリシャリトリートの参加した

アイちゃんのブログ記事を紹介させていただきます。



ギリシャでの素晴らしい時間を過ごして、
時差ボケの影響かずっと明け方まで寝られない日々。



ギリシャタイムがすっかり身に付いてしまったようです!




今日はコルフ島で感じたことを書き綴っていきたいと思います。







コルフ島で文字通り「生まれ直した」わたしたちは
みんな兄弟姉妹であり親子でもあります。






人生で初のヌーディストビーチは
性別を超越した裸体の美しさを感じ、










コルフ在住ドイツ人のサンパティのワークでは、
元々一つであることを思い出し
全てが愛しくてたまらなくなり、








ギリさん&マルガさんのアクアフローティングでは、
アリラスの雄大な海と
ペアを組んだ相手とわたしの全てが三位一体で、
包まれているような感覚でした。


お母さんのゆりかごに揺られているような、
ここでの一体感もとてもありました。








ルミナさんのワークでは占星術、
これからの惑星の動きについてお話がありました。



この10月に向けての惑星の動きに合わせて
「崩れ落ちていくのを ちょっと我慢する」

その「ちょっと」を「我慢」することで
本当の魂での世界が見える、と。





とにかくこのコルフ島での一週間は
泣いて、笑って、騒いで、歌って、
ハグして、浮かんで、食べて、泳いで、
の毎日でした。





日本では決して味わえない、
コルフ島だからこそ経験できた瞬間の連続でした。




生まれ直したわたしたちは、もう後へは戻れない。
戻ることも望まない。





心から裸になっちゃったんだもん。
世界が愛しい。




ギリシャコルフ島での日々




2018年9月ギリシャリトリート~愛と歓び、再誕生の旅
若干名参加枠有!!!

heart048月18日12時~ランチギャザリング&説明会@表参道ナナデコール
参加希望者ご連絡ください!!



8月19~21日マルガ&ギリ東京セッション




月16(木)17(金)パスオブライフ(ボディワーク講習会)


投稿者 Banyan tree | 記事URL | コメント(0)

2017年11月30日 木曜日

セッションの感想をいただきました~自分を大切にすること~《ボディワーク ヒーリング 名古屋》




マルガのサイキックマッサージ+ギリのクラニオセッション~

を受けていただいた Mさん、

一緒にいらっしゃったお母さんからメールをいただきました。

Mさんは、今春、大学を卒業して、会社に

総合職で就職された女性です。

成績優秀で頑張り屋さん、

それを見込まれて、

会社での大変なチャレンジのポジションに、

そのマックスが、幹部候補生の工場実習、

2交代で、朝は4時~の勤務と 夜間勤務

ライン労働の過酷さと

不慣れなホテル暮らし~部屋の掃除の為、

夜勤明けの睡眠も妨げられるとか・・・・

不規則な生活、仕事のストレス、

自律神経の不調、

不眠

何を上司に訴えても、「君ならできる!!」

の根性論

「私もうだめ、病院に連れて行って・・・」

と、実家に帰り、お母さんに泣きついたそうです。

病院に行くより、ウーヌスのセッションと思い、

お母さんとご一緒にMさんがいらっしゃいました。

見るからに繊細な若い女性です。

周りの期待に応え、頑張る タイプ

よくできるいい子

マルガと二人でお話を聞いて

ハートが、痛くなります。

ショック状態に入っていて、身体の実感がありません。

マルガが、しっかり身体に触り、

ギリが、クラニオ・バイオのセッションをしました。

セッション後お母様からメールをいただきました。


お陰様で、行く前と今の姿が全く違います。

突然、お願いをうけていただいて、

ほんとうにありがとうございました。 
 
マルガさんのセッションの間、

マッサージをされる度にピンク、紫、オレンジ...

と色が浮かんだそうです。 
         
筋肉痛というか、

体の感覚が戻ってきたとも申していました。

ギリさんのセッション。すごい。

色々な出来事や人々が浮かんできて、

それをワイパーで全部消していく感じだった。

と話してくれました。

自分を守るという言葉も、ハッとしたそうです。

なんでも頑張れば、

前向きにすればなんとか変えていけるとやはり、

無理を続けていたんだなあと話してくれました    


お陰様で娘は昼過ぎまでぐっすり眠りました。

いろいろな自分の感覚が戻ってきて、

ワクワクする気持ちも戻ってきて、

嬉しそうです。

エネルギーを感じます。

たとえ家でゆっくりさせても、

あのまま会社に戻してはいけないと思いました。

私の思いつく最善の手立てだと感じ、

お電話させていただきました。

本当に助かりました。

本当にありがとうございました。

またお世話になると思います。

よろしくお願いいたします。       

K & M         
                     


私たち、耐えられない境遇に置かれると

意識が身体から遠のきます。

ショック状態や

ノイローゼ



(こんな状態で、病院に行くと鬱病と診断され、
薬を処方されるのかも知れません。)

それは、ある意味、とても自然なことです。

私たちの身体の持っている智慧

肉体のある生命を維持するための緊急避難

ただ、緊急避難は、あくまで、一時的なもの

本当に生きる為には、

緊急避難から離れることが必要です。

身体から意識が離れるのは、いわば、

避難所暮らしですね。

そこから離れ、

自分自身の家、

身体に戻る必要があります。

しっかり身体にいて、

感じ、

そう、痛みや苦しみも感じる必要があります。

涙を流したり、

怒りを感じたり、

肉体を持って生きるとは、そういうこと・・・

それが一番難しいことかもしれません。


我慢せず、

誤魔化さず、

しっかり感じる。

あなたはできてますか?


そこから本当の人生がスタートします。



身体に根差すことをサポートsign03

マルガのニューセッション
Touch The body





2017クリスマス感謝フェアスタート~新しい年を迎えるためにheart04




身体から始める!!
shine12/16.17パスオブライフ開催heart04



お待ちしてま~す
heart04









投稿者 Banyan tree | 記事URL | コメント(0)

2017年10月 7日 土曜日

体験談(パスオブライフ)いただきました《名古屋 ヒーリング ボデイワーク》

先日、パスオブライフを受講していただいたMさんから
体験談をいただきました。

Mさんは、治療院を経営されるベテラン治療家

本物、本当のことを知りたい

という探求心の人一倍強い方です。

自分のなさっている治療とは、全く違ったウーヌスのボディワークを
学ぼうとする

その勇気や真摯さにとても心動かされました。

Mさんの文章をご本人の了解を得て掲載させていただきます。

Mさんありがとうございました。



ギリさん、マルガさん、

先日はパス・オブ・ライフの講習ありがとうございました。

私も一緒に受講したBさんも治療業界のセミナーにない

初めての雰囲気で緊張しましたが、
本当にウーヌスの環境がハートのスペースのような優しい感じで
居心地が良くなって早々に緊張もなくなりました。

治療家のほとんどは、体の悪い部分を見つけ ることに意識を起き、
それに対して調整を行うことが仕事です。

始めから終わりまで相手への「介入」です。

その中で治療中に患者さんの体で普段起きないような
大きな解放が起こることがあります。

まさにやわらかい自然の力が相手の中で起こす現象といった感じです。

それは、狙い打ちする介入とは全然異質なもので、
介入という意識が全くない時に起こり、

その時は私自身何が起きたのかは分からなかったのですが、
たまたまウーヌスのHPを見ていて

「介入」というキーワードを見たときに、
私のしていることは「介入」で、
たまに起きる「あの」変化が起きた時は
介入の意識が全くなかったことに気づき、
今回の受講動機はギリさんが書いてくださったように
もっとそこを知りたいとい うことからでした。

ワークは、ギリさんに私たちの希望の
クラニオセイクラルバイオダイナミクスの考え方を聞いたり、

マルガさんのプチ数秘術のお話や、
いくつかの瞑想やボディーワークのセッションを
しながら和やかな感じで進みいつも気づかない間に
「介入」自体を忘れている感じでした。

まず自分自身のハートのスペースを感じることから始まり、

相手との距離や信頼関係なども

ハートのスペースにいるとスムーズに行くことを知りました。

マルガさんの

「100%くつろげてる?
自分が100%くつろげていないと相手の人もくつろげないよ」

という言葉で何度も修正していただきました。

セミナー初日の夕方にセッションルームのベランダに出ると
綺麗な虹が見えました !

これには感動しました。

2日間の講座の間は1週間あったのですが、

ハートのスペースを知り、
そこの居心地の良さを感じることがはっきりしてきた頃 に
普段の治療も大きく変化しました。

まず、疲れが格段に減りました。
結果を出すことに、出しに行くことに拘りすぎることで
気づかないうちに無理な姿勢や無理な意識になっていたようです。

それが、日々の治療以外でも
ハートのスペースにいることで、
患者さんとの距離感や触れたときの感覚が
大きな自然のスペースの中で包まれているような感じになりました。

言葉で表すのが難しいのですが、
「いつも安心できる大きな空間で治療できる」感じです。

今回の経験は、受講前に想像していた何倍もの大きな感動と収穫でした!

最後にマルガさんのお料理・ギリさんのチャイは最高です!!




10月15日(日)豊かさに開く!!覚醒のフィ―ルド~大地の神秘~開催




10/21&22パス・オブ・ライフ(旧ボディワーク講習会)開催します

(身体を通して生を探求するワークショップです。
セラピスト、ボディワーカー以外の方もご気軽においでください。)





  

投稿者 Banyan tree | 記事URL | コメント(0)

カレンダー

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31