Margaのブログ

2014年6月26日 木曜日

女性性と男性性のワーク <名古屋 八事 瞑想 リンパマッサージ>


こんにちは。
名古屋 八事のスタジオ・ウーヌスです。
ギリとマルガが二人の興味あること、好きなことを自由にできる空間としてオープンしました。
たくさんのおもしろいイベント、クラニオセイクラル、
リンパマッサージのセッション、瞑想グループを提供しています。




まもなくスタジオ・ウーヌスにマティがやってきます。

マティは神戸のLifeの仲間です。


マティといえば、サイキックマッサージ!

それぐらい、サイキックマッサージのセッションを長く深くしている人です。




わたしのなかでのサイキックマッサージの印象の一つが、
女性性と男性性。


わたしが女性性と男性性ということに関心を持ったのは、
以前に受けた、あるワークショップがきっかけです。


そのコースをリードしていた彼がしてくれた話がとても印象的でした。


小さなころから、彼は父親との関係にむずかしさを感じていたそうです。
父親はとても激しい性格だったそうで、
どうしても彼は父親のことが好きになれなかった。

彼が成長して、ヒーリングというものに興味を持ち、
それに携わるようになり、女性性と男性性ということを知りました。

その頃には彼はもう結婚して、子供もいて、彼自身も父親になっていました。
彼と父親との関係は変わっていませんでした。


彼は自分の中のその二つの性がいい関係でないことに
はっきり気づきました。

いろんなプロセスを経て、


ある時、僕のなかの女性と男性が結婚したんだよ。
僕は外側ではもうずっと前に結婚していたけど、
やっと、自分の内側で愛し合い結ばれた。


そう言っていました。


そして彼はその内側の結婚の証として、
彼の父親のマリッジリングを自分の指にはめていました。



わたしの内側では、女性と男性の葛藤があります。


春にスタジオ・ウーヌスにきてくれたパリギャンが言ってました。

お互いがそれぞれの個性を楽しめて笑えるようになったら‥と。


それぞれの色があるからこそ、おもしろいんですよね。



来週のマテイのワークショップでは、
彼女が長年関わってきた、女性性と男性性について、
わたしたちにたくさんの気づきのきっかけをくれるでしょう。

めっちゃ、楽しみです!
みなさんも、是非お越しください。


マティの個人セッションはあと二枠のみです。




マティの個人セッション・ワークショップについて

7/3(木)  7/4(金)  個人セッション  IN  スタジオ・ウーヌス

7/5(土)  内なる男性性&女性性   「INNER  TRUTH  内なる真実」ワークショップ 

くわしくは、こちら


マティ、サイキックマッサージ、スターサファイアをもっと知りたい方

マティのHP 
http://www.mati-cafe.com/

LifeのHP
http://www.banyantree8.com/life


セッション、ワークショップのご予約・問い合わせは、スタジオ・ウーヌスまで。

052-833-1623
info☆banyantree8.com  (☆を@へ変更して送信お願いします)





























投稿者 Banyan tree | 記事URL

2014年6月22日 日曜日

ペインティングワークショップ <名古屋 ヒーリング リンパ 瞑想>


こんにちは。
名古屋、八事でクリスタルヒーリング、リンパマッサージ、クラニオ、瞑想イベントなどを提供している
スタジオ・ウーヌスです。

Life energy  by Giri

この絵は、ギリが描いた絵。
わたしがとても気に入って、今のところ、神戸のLifeに飾ってる。


昨日、スタジオ・ウーヌスでペインティングワークショップをしました。

実は今回はわたしがギリにリクエストしたワークショップ。

絵を描いたのっていつ以来やったっけ?
多分、去年のボーンアゲインでも少し描いたかな。

普段はまったく絵を描くということには縁がない、
苦手、というか、わたしは絵が描けない、と思ってた。

だから
リクエストしたんだけど、ほんとに描けるんかなー?‥
なんて、いつものわたしのパターンがでたりして。


絵を描く前に少し時間をとって瞑想した。

音楽かけて、絵具をといたり、いろいろ準備してるうちに、
描きたいという感覚がわいてきて、

画用紙をくちゃくちゃにして、
絵具をたらしてみた。
画用紙を動かして、その色が流れていくのを楽しんだ。

もうそこに入り込んで、
いろんな考えがでてきたり、気づきがあったようにも思うけど、
あまり覚えてない。


絵具を準備しているときに、
ある色にすごく反応した。
その反応は、気持ちいいものじゃなかった。
できれば避けたいようなかんじ。

わたしの中の認めたくないもの。
それがきっとこの色なんやろうなぁ。


その色を画用紙に落としたら、
突然なにかがこみ上げてきた。

泣きそう。

一瞬、それを抑えこもうとしてやめた。
マインド
ポイッと捨てた。

何が起こったのかはわからないし、
どんな感情だったかも、あまりわからない。

ただ、泣けて仕方なかった。
そして泣きながら描いた。

で、
描き終わった時には、
もうすんごい気持ちがよくて、
真実を語った時みたいな感覚。
満足。わたしの内からわいてきた。


絵を描くって、こうゆうことだったんやー!
と、今までの思い込みがどっかにいった。

わたしの可能性って、すごいんやな。
最近、そう感じる経験をいっぱいしてる。

みんなもそうなんかな。
たくさんの人がいろんなところで
いろんな経験をして
それをはっきりと体験してわかってるようなかんじがする。
 

Marga


Giri
 









 

投稿者 Banyan tree | 記事URL

カレンダー

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31