Margaのブログ

2016年3月29日 火曜日

マインドー心ー <名古屋 サイキックマッサージ クリスタル>



ここ数日、ざわざわしてて、

それで、タロットをひいてみた。

でたカードはこれ。




OSHO禅タロット    MIND-心マインドー



これがあなたの頭の状態だ。

自転車のハンドルとペダル、それに、

あなたが手あたり次第に集めてきた奇妙なものがいくつも見える。

こんなに小さい頭なのに・・・・

もはや、住む余地もない!

しかも、そのガラクタがあなたの頭のなかで動きつづけている。


ー中略ー


それは背景にとどまりつづけ、

絶えずそこにあり、

雲のようにあなたを取り巻いている。


この雲があっては、あなたは現実を知ることなどできない。

スピリチュアルな洞察を得ることはできない。

この雲は落とされなければならない。


そして、

それを落とすというあなたの決断だけで、それは消えてしまう。

あなたがそれにしがみついているのだ。

雲はあなたには関心がない。

それを覚えておくがいい。



OSHO禅タロットより。




マインドに餌をやっているのは、

わたしたち。

人生を難しくしてない?



わたしたちは自分たちの生き方を選ぶことができる。


マインドにえさをやりつづけることも、

もっとシンプルに自由に生きることも。



自由の達人、イルカと遊ぶ
ギリシャツアー
http://www.banyantree8.com/corfu2016/


ハートとつながる
マルガのサイキックマッサージ
http://www.banyantree8.com/psychicmassage/


あなた自身の光をおもいだす
覚醒のフィールド
http://www.banyantree8.com/menu02/sub02/awakening/

予約・お問い合わせ
スタジオウーヌス
052-833-1623/info@★banyantree8.com (★をとって送信してください)

投稿者 Banyan tree | 記事URL

2016年3月23日 水曜日

HUGのちから<名古屋 サイキックマッサージ 瞑想>

この春のデトックスで、

寝込んでる間、

いろんなこと思い出してた。


わたしがエネルギーワークのようなものを

はじめて受けたのは、ウルフという人のセッション。

10年ほどまえ。

その人は、オーラソーマのティーチャー。

サイキック、そして、とてもとても変わった人!

セッションも彼の知恵と直感があふれた独自のものだった。


そのセッションでの、

体験したもの、

そのときはわからなかったけど、今理解していること、

とにかくとっても大切なことを知って、

思い出したセッションだった。

その時も、セッションの中でHUGをした。

またこの時のこともいつか書いてみよう。



触れ合うということ。

それはハートのふれあいだったり、

体をタッチするということもふくめて。



わたしが短大に入学する前の春休みに父が入院した。

わたしはそのとき、日本料理屋さんでアルバイトをしていた。

着物を着れるというのが、そこを決めた理由。

最初は教えてもらいながら、

しばらくすると、自分ひとりで着れるようになった。

40代50代くらいの人たちがたくさん働いてた。

学生バイトたちは、そのお姉さま方にもまれて働いてた、笑


そこには女将さんの役割の人が2人いた。

一人は、ご主人と娘さんがいて、のんびりどっしりした人。

もう一人は、元宝塚の男役。

見た目も華やかで身のこなしも宝塚そのもの。

その人は、舞台に立っているみたいに働いてた。

その人のプロフェッショナルな働き方とか、

堂々としたものに、わたしは圧倒されてた。

仕事って、自分の取り組み方でまったく違うものになるんだよ、

説教みたいなことは言う人じゃなかったから、

その人はそれを表現してる人だった。


働き出してすぐに、父の具合が悪くなりだした。

わたしはそれに気づかないふりして、

バイトを続けてた。こわかったから。

あるとき、突然に、ずっと付き添ってる母が

洗濯物がたくさん入ってるカゴを、わたしに投げつけた。

母は不安と疲れでいっぱいいっぱいになってたんだね。

わたしはバイトを休むことにした。


バイト先の人たちは深刻さもないわけだから、

休まれたら困るんだけど・・ってなった。

すると、その元宝塚のHさんがすぐに、

大丈夫だよ、落ち着くまで休んだらいい、

と言って上の人たちにも話をしてくれ、わたしは休めることになった。


そこからしばらくして父が死んだ。

いろんなことがバタバタと過ぎた。


学校にもそろそろ行かなくちゃいけない。

でも友達にも会いたくない。どんな顔して行ったらいいのか。

わたしは学校へ行くふりをして、

毎日いろんなところで時間をつぶした。


いつまでもこうしてるわけにいかない、

わたしは学校とアルバイトへもどることにした。


久しぶりに行くバイト。

お願いだから、父のことは言ってこないで。

そんなふうに身を固くしていた。

みんなが、大変だったね、と声をかけてくれる。

わたしはさらっと受け流した。



Hさんがあらわれた。

休んでたこと、なんか言わなくちゃ。

わたしはなんと言っていいのかわからなかったけど、

言葉にしようとした。

そうしたら突然に、Hさんは、

ぎゅーってわたしを抱きしめた。

すごく力強かった。なんにも言わなかった。


もうわたしは我慢できなくて、

わんわん泣いた。


ずっと我慢してた数か月間のいろんなこと、

傷ついてることをだれにも知られたくないという思い、

その緊張が、そのHUGで溶けたんだろう。



HUGする

だれかに抱きしめられる

だれかを抱きしめる

そっと肩にふれる

自分を抱きしめる



自分がそのまんま出てしまう、

親密になってしまう、

ふとそんな怖れもでてくるかもしれない。

それでも、わたしは触れ合うことを選ぶ。

理屈じゃない触れ合うことのすごさ。



マルガのサイキックマッサージ
http://www.banyantree8.com/psychicmassage/

覚醒のフィールド
http://www.banyantree8.com/menu02/sub02/awakening/

ギリシャ コルフ島 サンパティのグループへのツアー
http://www.banyantree8.com/blog/2016/03/2016-in-with2016815-1274131.html


スタジオウーヌス
052-833-1623/info@★banyantree8.com (★をとって送信してください)

投稿者 Banyan tree | 記事URL

2016年3月21日 月曜日

覚醒のフィールドワークショップでのこと<名古屋 気づき サイキックマッサージ>

今日はOSHOのエンライトメントデイ。

神秘家OSHOが悟りを開いた日。OSHO21歳のとき。


お祝いと感謝をこめて、

朝、ナーダブラーマ瞑想をした。


ナーダブラーマはチベットの寺院で早朝に行われていた瞑想のひとつだとか。

早朝、まだ暗い静かなそのとき、僧侶たちのハミングが寺院から聞こえてくる、

そんな光景を思い浮かべるだけで、美しくてうっとりする。


最近この瞑想法がとても好き。


最初の30分、ハミングをする。

そのハミングがわたしの中でひろがっていく。

トーンによってバイブレーションがいろんなところで起こる。

いつのまにか隅々まで拡がってる。

ほかの人と一緒にすると、共鳴がおこる。

それも気持ちいい。


次の7分半、

手のひらを上にむけ、

おへそあたりから前に向かって両手をそれぞれ外に向かって円を描くように

手が動くのにまかせる。

わたしのエネルギーを宇宙へと与える。


次の7分半、

手のひらを下に向け、

おへそから逆方向に動くにまかせる。

エネルギーを受け取る。


最後の15分、

静かに坐るか、横になる。



覚醒のフィールドのワークショップやトレーニングでも、

このナーダブラーマをすることが多い。

先日、開催したワークショップでも

わたしとギリ、参加者のYさんと3人でしました。


今回のワークショップは、

EMPTY HEART  空なるハート

これを一日かけて体験するもの。


そう、

覚醒のフィールドのワークは、

体験できるってことがほんとにいい。


クリスタルと触れ合っていくうちに、

自分の身体・エネルギーすべてがどんどん繊細になっていく。

開かれていく。

内側とのつながりが深くなる。

だからおすすめなのです。



ナーダブラーマ瞑想をするときも、

ハミングの間、波動の入ったクリスタルを持つ。

そうすることで、

ハミングのバイブレーションによって、

細胞ひとつひとつに、そのエネルギーが浸透していく。

クリスタルとの共鳴。

ふだん使っていない感受性をフルにしてみると、

ほんとに素晴らしい体験がある。



与える、というとき、

長い間、わたしにはいつも緊張があった。

わたしは与えるもの、持ってるのかな。

わたしのもの、だれか受け取ってくれる人がいるんだろうか。

これ、満足してもらえるのかな。

与えてしまったら、わたしのものが無くなってしまう。

そんなふうに思ってた。



このワークショップで3人でしたとき、

ハミングが終わり、第2ステージでの与えるとき、

わたしはおへその前に手を上に向けて、しばらくそのままでいた。


そうしたら腹の奥の方から、

ぐーっと、静かだけど、ものすごく力強い、

喜びのようなものが、押し寄せてきた。

それはこみ上げてきて、

涙がこぼれた。



与えることへのものすごく大きな喜び、歓喜があって、

与えるも受けとるもない、同時に起こってる。

与えることも受けとることもおなじ。巡ってる。

そう感じた。


そして手が動き出し、与えていくことで、

世界がどんどん明るくなっていった。

光がひろがっていった。すごく美しかった。


そして受けとるとき、

わたしたちがすでに受けとっている生命、

それぞれの個性、才能、すべてを、ただ楽しむこと。

享受。

だれかのものを羨ましがらなくてもいいし、

自分が受けとりすぎだと心配する必要なんてない。

そんなことを感じた。



わたしの中に与える喜びがあった。

それは喜びという言葉だけでは表現しきれないもので、

思い出すと、涙がでてくるぐらい美しいもの。

そんなものがわたしの中にあったんだ。

以前からあったものかもしれないけど、

新しい出合い。感動した。



辞書によれば、

享受とは、

受け入れて自分のものにすること

受け入れて、味わい楽しむこと


そっかー、

持ってるだけ、受けとるだけではないんだね。

自分のものにする、味わい楽しむ。



今回、参加してくださったYさん。

瞑想ははじめての体験。

クリスタルと触れ合うのもはじめて。マッサージもしたことがない。

なにもわからないけど、ピンときて、来ました。

と最初におっしゃってました。

ものすごく素直なピュアな方。

マッサージをしている姿は、祈りのようで、

とても美しかった。

長年、武道をされている方で、

瞑想という言葉では体験がないかもしれないけど、

瞑想のある方でした。

Yさんも、今回、マッサージをしたあと、

与えるということは自分も受けとっていると、

聞いたことがあるけど、

実際に今日体験しました。とてもわたしが満たされています。

という感想をシェアしてくださいました。


とっても美しい一日でした。

ありがとうございます。



マルガのサイキックマッサージ
http://www.banyantree8.com/psychicmassage/

内なる光とつながりなおす
覚醒のフィールド
http://www.banyantree8.com/menu02/sub02/awakening/

創始者サンパティのグループに参加するギリシャツアー
http://www.banyantree8.com/blog/2016/03/2016-in-with2016815-1274131.html


スタジオウーヌス
052-833-1623/info@★banyantree8.com (★をとって送信してください)




投稿者 Banyan tree | 記事URL

2016年3月20日 日曜日

身体の知恵<名古屋 サイキックマッサージ クリスタル>



今日は春分。

新しい宇宙のはじまりらしいですね。


名古屋は強い風が吹いています。

あたたかくて、

とても気持ちいい。


新しいといえば、

わたしマルガも生まれ変わりました❤


実は、10日ほど前から体調をくずし、

その後、約1週間

ずっとお布団の中で過ごしました。

途中、身体の痛みとだるさで、

トイレに行くことさえ大変。

もーもー、ものすごいデトックス。


体調に変化が起こる前の日、

瞑想中に、

いらないものをたくさん持っているなぁ、

と改めて気づいた。

それで意識的に、

手のひらをひろげて、手放すということをしてみた。

そのいらないものたちは何か、

それはわからない。

でももうお返ししよう。

元からわたしのじゃないもの。

もうわたしには必要ないもの。

ありがとうね、いままで。


そのまま座り、

しばらく経つと、

自分の身体がものすごくスリムになった気がした。

実際に心も体も軽くて、ルンルン。

あー、やっぱり瞑想っていいわぁ、

なんて感じてたら、

翌日からデトックスが実際に起こった。

おもしろいですね。

なんと素直なわたし!



身体ってすごい。

生命の力ってほんとにすごい。

ああやって、痛みや熱や身体の知恵すべてをつかって、

いらないものを出して、元気になろうとしてた。



それだけ大きなデトックスが必要だった、

それは、必要なことが起こって

とてもよかったんだけど、

でも、

マインドでどんどんと進めていく、

って本当にもうしたらいけないなって思った。

エゴでぐいぐいと押し切って、

無理させてたことあるからね。



肉体は意識の寺院。

この肉体は今回のわたしの人生の仲間。

これからも仲良くしていこう。



新しく生まれ変わったマルガの

サイキックマッサージはいかがですか?


あなたの内側の光を思い出すセッション

覚醒のフィールド 究極の癒し


予約はウーヌスまで。

052-833-1623/info@★banyantree8.com (★をとって送信してください)







投稿者 Banyan tree | 記事URL

2016年3月 6日 日曜日

仲間、募集中!<名古屋 クリスタル 覚醒のフィールド>


こんばんは。

マルガです。


今日は、お仲間を募集しています!

来週3/13(日曜)に、

一緒にクリスタルとワークしませんか?


★覚醒のフィールドのセッションを受けてみたい方、

★覚醒のフィールドのクリスタルに興味がある方、

★覚醒のフィールドのセッションをだれかにしてあげたい方、

★クリスタルが好きな方、

★ご自身の感受性をもっと深めたい方、

★癒しをもとめている方、

★セラピストをしていて、自身のセッションにクリスタルワークを加えたい方、


など、どなたでも参加できます。

この一日は、

覚醒のフィールドのトレーニングの一日としても参加可能です。




写真はクリスタルと瞑想中のギリ



トレーナーはギリ。

創始者のサンパティ以外に、

この覚醒のフィールドのトレーニングをできるのは、ギリだけ。

すごいね。



昨年の夏に、このトレーニングを1週間、大分でしました。

わたしもトレーニングを受ける側として、

参加しました。

もうそれはそれは、

ほんとに素晴らしい時間だったんです。

みんながそれぞれ自分自身の内側と深くつながっていきました。

最初は、

クリスタルをどう感じていいかわからない、

どう触れていいのかわからない、

と話されていた方も、

次第に、そんなことを言わなくなりました。

それは、

わたしたちの内側に入れば、しっかりと感じるものだから。

言葉はいりません。


覚醒のフィールドは44の波動の入ったクリスタルの集まりです。

この44の波動すべて、

わたしたちの内側にあるものなんです。

普段は、気づかないかもしれないけど、

意識をむければ、ある。

ただ感じてください。



日常の生活の中では、

もしかすると内側とつながることは難しいと感じているかもしれません。

大丈夫です。

そのためにクリスタルたちはいます。

クリスタルは呼びかければ、こたえてくれます。


そしてそれをサポートする、トレーナーのギリ、

仲間であるわたしもいます。


一人でやるよりも、仲間がいることが、

その場のエネルギーを変えます。

より濃くなるというんでしょうか?

きっと、そういった経験をどこかでされたことがありますよね?

まだだという方は、ぜひわたしたちと体験してください。


あなたの光を思い出す、

そんな時間になります。


詳しくは、ギリのブログをご覧ください。
http://www.banyantree8.com/blog/2016/03/313-1268531.html 


ギリとマルガの覚醒のフィールドー究極の癒しーセッション
http://www.banyantree8.com/menu02/sub02/awakening/


あなたの美しさを思い出す、
マルガのサイキックマッサージ
http://www.banyantree8.com/psychicmassage/


予約・問い合わせ

スタジオウーヌス  052-833-1623/info@★banyantree8.com (★をとって送信してください)
























どういうことかというと、

覚醒のフィールドのカードリーディングも含めたセッ

投稿者 Banyan tree | 記事URL

カレンダー

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31