Margaのブログ

2017年3月28日 火曜日

ほんとうの欲求を知るのは<ヒーリング 名古屋 瞑想>



こんにちは。





昨日の夜は大きな気づきがあり、

なんかそのまますぐ寝てしまうのがもったいなく感じて

ひさびさに夜更かし。



冬が過ぎて春に入り、

春眠暁を覚えず、というけど、

わたしは春の訪れとともに

睡眠時間が自然と少なくなってきました。


たぶん、昔の春はいまの新暦でいうと冬ですよね。


春ははじまりの季節。目覚めの時。

そうおもうと、眠る時間が少なくなっているのはとても自然なことかも。




うちの多肉も花芽が伸び始めてる。真ん中の白っぽい部分。



4/8.9にパスオブライフー旧ボディワーク講習会がおこなわれます。

マッサージを学ぶ時間ではありません。

この2日間は身体が一番のナビゲーターとなります。

身体に触れる。

たださわるということではなく、

気づきをもって自分の身体に触れます。

最初はおそるおそるかもしれません。


ゆっくり、しっかり、強く、そうっと

そのとき起こることーー手が動きたいように、身体の内側からの声にしたがって、

まずは頭を思考を脇において、身体とコミュニケーションする。


わたしたちの大切な身体。

肉体は魂の寺院。



欲求に気づき、それを満たすこと。

すごくすごく大切なことです。

身体にふれていくことで、自分自身とのつながりが深まります。


食べたいものを食べる、

これをちっちゃな体験と思いますか?


食べたいものがわからない人がたくさんいます。

自分の欲求がわからない。

なにをしたいのかわからない。


身体とつながることは、あなた自身の欲求とつながること。


感じることができずに奥へしまいこんだままの感情。

魂の声。

あなた自身しか聴けるひとはいません。


わたしたちがサポートします。



===4/8.9(土、日)===

パスオブラブ(旧ボデイワーク講習会)

日時:4/8.9 10:00~18:00ころ
場所:名古屋市内
参加費:43.000円、酵素玄米ランチ付き


※パスオブライフに参加した方は、ボディワーク講習会7デイズへ参加可能です。
GW 4/28~開催 詳細は、ボディワーク講習会7デイズ


問い合わせ
052-833-1623/MAIL

投稿者 Banyan tree | 記事URL

2017年3月26日 日曜日

つながるセッション<名古屋 瞑想 エッセンス>

つながるセッションは、

あなた自身へと戻っていくプロセスを体験します。

あなたのいのちを輝かせ、それを生きていく。





わたし、がなんなのかわからない。

生きづらい。

したいことがわからない。

わたしを生きたい!

枠をはずしたい!

もっと自由になりたい!

本当に求めているものを知りたい!

自分で在りたい。

そう感じているなら、
そう感じているけど、どうしていいかわからないなら、

このセッションはあなたをサポートします。



つながるセッションでは、

マッサージ、エネルギーワーク、ペインティング、クリスタル、クッキングなどをツールとして、

身体、エネルギー、才能、あなた独自の色(個性)、思い込み、感情

それらに気づいていきます。



言葉や概念や知識ではなく、あなたにすでにあるもの。

そこにつながること。


あなたという美しさに気づいてほしい。

あなた自身であることのパワフルさ気持ちよさを体験してほしい。



いま本当に感じてることは?

身体の反応、感情、苦しさ、焦り、あたたかさ、安心。



話している言葉、
自分をなだめるために使う考え方、

それはあなたからのもの?
本当にあなたが納得してるもの?



どんなに「良い」考え方を取り入れたところで、
それが自分の体験ではないなら、
自身の奥からの叫びでないなら、

あなたは自分自身を生きないでしょう。

そのゲームをやめませんか?



Oshoの禅タロットのなかにこうゆう一文があります。

「良心でもって生きる人は堅くなる。
意識でもって生きる人はいつもソフトだ。

なぜだろう?

いかに生きるべきかという考えを持っているひとは、自然と堅くなるからだ。
そうゆう人はたえず自分の人格を身につけていなければならない。
その人格は鎧のようなもの、
自分を保護するもの、
自分を安全にするものだ。

その人の一生がその人格に投資される。
そして、いつもその人格から状況に反応する。直接にではなくーー。

そうゆう人になにかたずねたら、
その答えはすでに決まっている。
それが堅い人のしるしだーー鈍く、愚かで、機械的だ。

いいコンピューターではあるかもしれないが、人間ではない。」



つながるセッションは5回連続のものですが、

一度体験したいという方のために1回のセッションも可能です。


☆あなた自身とつながるセッション

セッション料金:
5回連続 88000円(2017年5月から料金を改定します)
1回 18.000円

セッションの時間:初回は3時間ほど、2回目以降は約2時間。

5回受けていただく期間は2.3か月が目安です。
時間や期間は、そのセッションにより変わることもあります。


あなた自身とつながるセッション
http://www.banyantree8.com/tsunagarusession/


予約、問い合わせは、
052-833-1623/MAIL



投稿者 Banyan tree | 記事URL

2017年3月23日 木曜日

そのひとにとっての必要<名古屋 つながる マルガ>




今日、お昼にパスタを食べようとつくった。

野菜を少し焦がしてしまった。
できあがりの見た目がいまいち。

ギリとふたりで食べる。


ギリは、おいしいときはいつも、
おいしい、と何度も言う。
つい、おいしいって出るってかんじ。



さて、今日は、

言わない。


だよね、と内心同意したけど、


尋ねた。



「おいしい?」

しばし間があり、うん、と。

ちっちゃい声、笑


「ほんまにおいしいん?」

「うーん、いま味わってるところ」


「気をつかってるん?おいしいかおいしくないかきいてるんやけど、どっち?」

おいしい?って尋ねておきながらそう言うわたし。

もうほんとにひつこいぐらい、あっちからこっちから尋ねた。


ギリが言う。

「おいしくないわけじゃないけど、特にすごくおいしいわけじゃない」

まどろっこしい言い方する。

「あのさー、マルガってそうやってひとを追い詰めるよね~、そんな不必要にしなくても」

とギリが言った。



そう、わたし問い詰めるところがある。

だって本当のこと聞きたいんやもん。

だからはっきり言いたくないひとからしたら迷惑。


でもわたしにはすっごく大切なんよね。
正直なこと、本当のことを知るのが。
どんな答えでも、はっきり言ってほしい。

だから、問い詰めて関係がこわれることをおそれるよりも、
本当のこと聞けないこと言えないことのほうがつらい。


ギリが不必要と言ったのは、わかる。
ギリには不要なんよね。

けど、わたしには必要。

質問しまくってわたしはわたしの必要を満たしたのです。


こうゆう違いが、個性というか色だよなぁとおもう。



まぁ、いいやん

っていうのも、

なんで?なんで?

って知りたがるのも、

そのひとの必要なんよね。




4/8.9開催します!

自分とつながって、ひとと出会うー
パスオブライフ(旧ボディワーク講習会)


マルガのセッション!

サイキックマッサージ
 
つながるセッション



予約は、
052-833-1623/mail



投稿者 Banyan tree | 記事URL

2017年3月21日 火曜日

はじまる<名古屋 つながる サイキックマッサージ>


先週、実家へ帰っていました。

今回、帰る前から決めていたことがあります。


母にいまのわたしがどう生きてるかを伝えること。

ハートから腹からシェアしようと。

生きるというのは、

それぞれにとって大事ーおおごとですから。






いままでなにも話していなかったわけではありません。

母に話すときにはなるべく感情をはずして話したくて、

それは母に対して感情を見せるのがこわかったんです、

だから言葉だけを一方的に送るようなもの。コミュニケーションではなかった。




母という存在。

わたしにとってほんとに超難関。


このひとに飲み込まれないように必死で自分というものを立たせようとふんばってきた。

そうしていないと飲み込まれそうなほど大きな存在に感じてたから。

そりゃそーですよね、この人の中にいたんやもん。



だから、わたしはだれなんだなぜ生まれたんだ、って知る必要があった。

わたしの人生を母の思ったようにされてしまう!って本気で思ってたから。

母の存在は、わたしが探究者となったことに大きく影響してる。



瞑想のこと
Oshoのこと
どんなヴィジョンがあり
どんなふうに仕事をしてるか
なにを大切に感じてて
どうありたいか


そのとき出てきたものを大切に本当のことを言葉にして伝えた。


途中、自分の声の低さにおどろいた。

はじめは緊張していたんだけど、奥から話せていたんだとおもう。



母は黙って真剣に聴いてた。



あんたはいままでも我が道を行ってたし、

これからもそうやって生きていくやろうと思ってる。

お母さんはなにも言うことはないよ。

こうやっていろいろ話してくれて、すごく安心したわ。

ひととのつながりを大切にしていきなさいよ。


と母は言ってくれた。



わたしがこうやってハートを開いて話せたことは本当にわたし自身を満たした、

母がわたしをそのまま受けいれてくれたこともすごく嬉しかった。



なんで今までこうゆう話をできなかったのか。

それは母に抵抗してたから。

たとえば年齢を重ねても、社会で成功してても、立派にみえても、

親に抵抗してる気持ちがあるのならば、

それは親との関係で独立してないんじゃないかと。

外側の状況じゃないんやな。内側のことなんよね。



なんで母と話そうとおもったのか。

ここ数か月、ヒーリング、癒しということがわたしに次々に起こった。

で、母と話したほうがいいような気がしてね。

そうすることで完結するようなかんじ。

そうしないとはじまらないという強い感覚。



超難関なんて言ったけど、

よく考えたら、頭の中で母への反抗期を続けてるのはわたしやなと。


思いだすと、わたしはいつも大切なことは事後報告だった。

決めたあとにしか言わない。母に侵入されると思ってたから。

自信が相当なかったからね、母になにか言われるとぐらぐらしてしまう。




わたしね、今回母と話したことで、より一層の自由を感じています。

心も身体もすごく軽く、楽になった。



話す前の日、母と久しぶりに父のお墓参りへ行った。

これも移動も何もかもとってもスムース。

たまたま実家へ帰る前の日、父のことをギリとたくさん話した。

今回の母とのことは、父がサポートしてくれたと感じてます。

それは父からのわたしの人生への応援ですね。



母との話の中で、母がわたしに尋ねた。

「瞑想って気持ちいい?」

「そうやな、気持ちいいよ」


すると母が言った。

「そうやろうな、

信仰ってだれかに頼ることじゃなくて自分が穏やかでいることやもんな」


母は瞑想を知ってたんやなぁとしみじみ感じました。


母は特定の宗教をもちませんが、

いまも毎朝、般若心経を唱えています。


特定のものひとに崇拝することが信仰ではないとおもう。

だから母のいう信仰は、

とても自然で、生きてることの感謝で、すべてへの祈りのように感じる。

穏やかさ。

くつろいでいること。

この世界にいてもいいという安心感。

大きな存在がわたしたちを愛してる。



マルガの
自分自身にくつろぐー
サイキックマッサージ

あなた自身のエッセンスに気づき生きるー
つながるセッション

4/8.9開催します
自分で在りたいひと、是非!
自分とつながる、だれかとであうー
パスオブライフ(旧ボディワーク講習会)


予約は
052-833-1623/mail


投稿者 Banyan tree | 記事URL

2017年3月16日 木曜日

普通のこと<名古屋 ヒーリング マルガ>



セッションでは、

話してることの奥にあるものと会うことがあります。


それはそのひとが意識的に隠しているものや

無意識であれ気づいてないもの。



わたしたちって自分の判断でいいわるいと決めてるところがある。

わるいものを隠すのはわかるんだけど、

いいものも隠してることもすごく多い。


自分の美しさをだしたらいけないって思ってる。

美しさを美しさとそもそもわかってないってこともある。



謙遜とかもそれのひとつなのかな。

いえいえいえいえ、そんなことありませんよーー。

わたしなんてーー。

めっちゃしらけるやりとり。


謙遜することも、隠すことも、

受け容れてないってことから起こる、

それは自分自身について。

けど無理に受けいれることはできない。

そして相手の事も受け容れてない警戒してる。

だれのことも信頼してないんよね。



自慢してるととられたくない

嫉妬されるかもしれない。

弱さを見せる方が関係がうまくいく。

逆に

攻撃されるのをふぜぐために大きな態度でむかう。

こんなの美しくないから。



いままでの体験からなにかしら思い込みができて、

自分が安全と感じるやり方をとる。




自分が普通と思ってること。

これらの思い込みが生きるのをややこしくしてる。


いつものやりかた、いつもの考え方、

それは意識してないと勝手にやってる。


普通だからなかなか気がつかない。

だって自分には当たり前やから。

あまりに深く刷り込まれてて、ひっかからないの。

すーっとやっちゃう。



自分の普通を相手に押し付けると双方苦しい。

社会的な普通で苦しくなるひと多くいるよね。



普通はそれぞれ違う。

わたしの普通。あのひとの普通。

あの国の、あの社会の普通。



普通をみんなに求めるやり方で秩序はうまれたかもしらんけど。

みんな違うって本当に知ってるひとたちが自由に生きてたら、

そこには秩序を求めるひとはいないやろう。

混乱が起こらないやろう。


自由って人間の尊厳にかかわるから、

自由であれば、秩序の代わりになるものがうまれるとおもう。

決まりごとから動くのとはちがうもの。

おもいやりとか、ハートからその人から自然と起こること。


新しい時代。

新しい時代の普通。

わたしは新しいところにいたい。

あなたは?



え?普通と思ってたー!

時々あるよね。

それ、特長かもしれないよ。

普通からいろいろ気づくこと。



マルガの
サイキックマッサージ

つながるセッション


マルガとギリの
覚醒のフィールドー究極の癒しー


4/8.9開催します!
パスオブライフ(旧ボディワーク講習会)


予約は
052-833-1623/MAIL


投稿者 Banyan tree | 記事URL

カレンダー

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31