トランスミッション・オブ・ライト

2018年10月 8日 月曜日

ハイエストプロテクション&ミラクルオブラブ入荷しました《ヒーリングジュエリー 覚醒のフィ―ルド》



こんにちは、清々しい秋の日が続きます。

皆様いかがお過ごしですか?

ギリシャのサンパティのもとからハイエストプロテクション

とミラクルオブラブを持ち帰りました。

ハイエストプロテクションは、世界中で愛されている

究極の御守りです。

私たちを外側からの不必要な影響から守り、繭のようなバリアー

を作ります。

そして内側の真実とつながり、私たちの成長をサポートします。

精神的な成長を望む人へのギフトです。

詳しくは、

ハイエストプロテクション

ミラクルオブラブは、大きな大きな愛のエネルギー

精神的な愛を物質化する力です。

美や豊かさを具現化します。

詳しくは、

ミラクルオブラブ

サイズは、

ハイエストプロテクション

雫型大  ミラクルオブラブの左隣  3,4x2,5cm

雫型小  雫型大の上        2,7x1,8cm

長方形  上            1,8x1,2cm

楕円小  右上           2,1x1,6cm

楕円大  右下           3,2x 2,2cm

ミラクルオブラブ

雫型   下            3x1,9cm

プライス ハイエスとプロテクション  32,000円
     ミラクルオブラブ      36,000円

大人気のペンダントです。

関心のある方は、お早目にお問い合わせください。

クリックしてください ↓







10月13(土)14(日)パスオブライフ絶賛参加者募集中heart04

投稿者 Banyan tree | 記事URL | コメント(0)

2018年8月12日 日曜日

覚醒のフィ―ルドの感想いただきました《ヒーリング 母子関係 クリスタル》

先日、覚醒のフィ―ルドの2回目のセッションを
受けていただいたKさんからメールをいただきました。

ご本人の了解を得てシェアさせていただいます。



今日のセッション
marga& giriさんお二人には本当に感謝します♡
文章苦手なので伝わるかどうか
わかりませんが
私の練習の為にも綴らせていただきます。


まだ、親に対してこんな想いがあって
話しただけでは済まされない感情が
溢れ出てきたのにはビックリしました。

marga& giriさんの
空間、会話、暖かさ、愛、部屋全てにおいて
初めてお会いした時からの
私を本当に大切にしてくれて、共に同じ物を飲み
同じ痛みを感じながらも
引っ張っていってくれる。
前回もビックリして感動しましたが
今回もまたまた
感動でした。



今だから言いますが......
giriさんから
margaさんを母親役で私が感情を出すと聞いた時に
私は直ぐに受け入れました。
私は少し前にmargaさんのブログで
今生は子供を産まない体験をするという記事を
目にした事を思い出して
私の思い、感情を出すのと同時に
margaさんにも
母親役の体験をするって
必然なことなんだぁと思ってしまいました(・・;)
(生意気なこと言ってホントすみません
   口に出して言えませんでした)

自分でわかって理解したと思っていても
人は人でないと癒せないのですね

母親の影響おそるべしです♡

私の子供はどう思っているのかわかりませんが
満月に合わせて手紙を書いて
大好き♡1番の味方♡と綴っています。

margaさんから私に、
女性性が出てきたと言って頂きました♡

確か...去年辺り?に、月讀宮つきよみのみことが
出てこられて、これからは女性性の時代と
言われたと思ったのですが
私はやっと笑。
いまここで気付かさせていただきました。


本当にありがとうございます♡

これからの変化が楽しみです(๑・̑◡・̑๑)

ギリシャの旅行後にお会いするのを楽しみにしています
お気をつけて行ってきてください♡

                                                                             K


改めて母親、お母さんとの関係の深さを観、感じるセッションでした。
私たちの身体、細胞の一つ一つが母親のお腹の中で創られて、
そして、何年も何十年も母親との関係の中で、私たちは成長します。
自分自身を知ることは、母親との関係を癒すことと深くつながって
いますね。
Kさんありがとうございました。

関連ブログ

両親の痛み、魂の癒し~パリギャンのセッションから




2018ギリシャリトリート~愛と歓び、再誕生の旅
残席2有!!!

8月18日午後12時~ナナデコールキッチン@表参道
ランチ説明会します。
参加希望者ご連絡ください!!
遠隔参加もOK!!






8月16(木)17(金)パスオブライフ(ボディワーク講習会)
身体は神の宿る寺院!!身体を通して自分自身と出会う2日間



8月19~21日マルガ&ギリ東京セッション
20日、21日残枠有!!



最後まで読んでいただきありがとうございます。

暑さ厳しいですね。
お身体にお気をつけてお過ごしください。





投稿者 Banyan tree | 記事URL | コメント(0)

2018年8月 8日 水曜日

両親の痛み、魂の癒し~パリギャンのセッションから(再掲)

今日、Kさんに覚醒のフィ―ルドの

2回目のセッションをしました。

そこで出てきたのが、お母さんとの関係、

充分甘えられなかった、愛されなかったという

Kさんの痛み・・・

自分自身の生を充分に生きられなかった

お母さんの苦しみ・・・・

お話を聞いていて、ギリが数年前に受けたパリギャンの

セッションを思いだしました。

両親の生き切れなかった生への渇望を生きることが

私たちの仕事・・・

その渇望を両親が意識していなくても

それが連綿と続く生の営み、魂の歴史・・・・

4年前のブログを再掲します。




heart01パリギャンのセッションを受けた。

テーマは、仕事。

まず、僕の両手を握ってエネルギーを感じる。

うーん と 何かを考えながら、手元でペンジュラムを使う。

そして僕の左手を取って、

掌を上に向けて、

手首の上に、ペンジュラムを置いて、ワークをし始める。


heart01「お母さんの中に、人生に対するNOがあるよ。

ギリの左に、それがあるから、

仕事やお金、物質との関係に対して 影響するよ、

そのまま・・・・」

左手首、掌 様々な部分に、

ペンジュラムでワークをする。

掌、腕、肩とエネルギーが動き、熱が出る。

内側が熱い!!!

「お母さんは、社会の枠の中で生きてたよね。

だから、本当に望んだ生き方をしていない!!

本当に愛した人と結婚したのではなく・・・・」

「創造力があって、

自分一人で決める力がある人なのだけど 

その可能性を生きなかった!!」

「だから、深い痛みや諦め、

人生に対するNOを持っている。

ギリは、そのままそれを内側にもらっている・・・・・」

ペンジュラムでワークするにつれ、

深い層にあるもの、

より本質に近いものにアクセスする。

「大勢の人の母、スピリチュアルな大地の母、

そんな質がお母さんには、あるよ。

それはそのままギリが受け継いでいるもの・・・・」


heart01そして、右手を取って、

同じように、

右の手首や掌にペンジュラムを使ってワークをする。

「お父さんは、自分のことを本当には、

愛していない女性と結婚生活をすること、

そのことを受け入れてはいたけど、

深い所で、傷ついていたね。

男にとって、女性に深く愛されること、

その暖かさが、一番大事なことだから。

それを得られない痛みをお父さんは、持っていたね。」

「お父さんは、社会の枠の中で、

生きることに、疲れていたね。

もう十分、そんな感じ・・・

社会の中でワイルドな質を生きることができなくて・・・・」

僕の中で、とてもエネルギーが動き、リリースされた。

それと同時に、今まで知らなかった、

両親の痛みに触れて涙が流れた。


heart01両親が結婚したのは、敗戦すぐの1947年(昭和23年)、

母にとって、父が意中の人でなかったことは、よく知っている。

母が若い頃よく、

「戦争で素敵な人は、みんな死んでしまって・・・・

お爺さんに、お父さんは、出世する人だからと言われて・・・

もう24歳で、当時の24歳は、

オールドミスと言われるような齢で・・・・」

そんなふうに言っていたのを覚えている。

心から愛していない人と結婚することは、

もうすでにそこで自分の人生を諦めること・・・

そんな母の人生への諦め、

NOをまだぼくのシステムの中で、

エネルギーとして持っているとは、知らなかった!!

heart01母は、絵を描いたり、芸術的な才能のある人で、

それでも、決して、個展をしたり、

日展等に応募したりとかのチャレンジはしなかった。

主婦の趣味の範囲に抑えていた。

その枠の中で生きるのが、身の安全だったのだろう。

それでもどこかとても決断力のある人だった。

一人で、名古屋を離れ

故郷の近くの老人ホームに入ることを決めて、

ぼくと兄を慌てさせた。

実家の家を建てるときは、

母の姪の建築士と相談して、

地元の大工に頼んで、母好みの家を建てた。

「お母さんが、知らない間に家を建ててしまった。」

そんなふうに、父が母のことを賞賛をこめて

言っていたのを思い出す。

決断力というパリギャンの言葉からそんなことを思い出す。

彼女の主婦という枠を超えない、

一番大きなの事業は、

(僕と兄という二人の子供を育てること、

父の妻であることを除いては、)

実家の家を建てたことだったのかもしれない。

主婦や社会という枠を少しでも、

超えることができたら、

もっと彼女の力を生きれただろうと思う。


heart04そして、何よりも驚いたのが、

「スピリチュアルな大地の母」という質・・・

ぼくも知らないし、

本人の意識にも決して上がったことがないと思う。

母の意識にも上っていなかった

彼女のより本質的なものを僕が

母からのギフトとして受け継いでいること、

それを知ることは、どこか感動的なことだった。

そしてそれを僕が生きることが、

母の癒しにもなるのだと思う。

両親、あるいは先祖の中に眠っていた、

生への渇望、それを私たちにバトンタッチされる。

彼らが意識していなくても・・・

そしてそれに陽の目を見させるのが私たちの役割。

そんなふうに思うととても感動的だ。

heart01父は、社会的には、成功した、

人目には、幸せな人生を歩んだ人である。

ぼくが子供のころ、

母のヒステリーに、翻弄される父をよく見た。

母との関係に、不平を言ったり、

痛みを表現することは、ほとんどなかった。

本人もこんなものと

自分自身を納得させていたのだと思う。

しかし、父は、父で、深い所で、満たされていず、

痛みを持っていたと感じると、とても心が痛い。

品行方正な人だっただけになおさら心が痛む。

ぼくは、学生運動をしたり、

精神的な探求をはじめ、

仕事や日本から離れたり、

父には理解できない、人生を歩んできたけど、

それでもどこかいつも僕のことを

愛してくれていた父を思い出す。

父が他界して14年になる。

充分意思疎通もできないまま、父に先立たれた。

それでも、父にとって満たされなかった

愛や人生への渇望が僕の中で、

生きていることを今回のセッションで知って、

随分心強く感じる。

heart01仕事についてのセッションが、思わぬ展開になった。

両親との関係、特に母との関係は、随分、ワークをしてきた。

それでも、まだまだ あるんですね。

自分自身へのワークは、いつまでも続くのですね。

生きるということは、そういうことのようです。

本当にいいセッションでした。

パリギャンありがと~heart01





2018ギリシャリトリート参加者募集!!
残席わずか!!!!
8月18日(土)12時~説明会
@ナナデコール(表参道)あり!!

お問い合わせください!!



8月16(木)17(金)パスオブライフ
(ボディワーク講習会)@名古屋

身体を通して自分自身に出会う旅!!





8月19(日)~21(火)東京にてセッション行います


投稿者 Banyan tree | 記事URL | コメント(0)

2018年6月30日 土曜日

涙《ヒーリング 瞑想 OSHO》

最近、涙を流しましたか?

ぼくは、万引き家族を観て泣きました。

切なくって・・・

先日覚醒のフィ―ルドセッションにいらっしゃったSさん

泣きっぱなし・・・・

1時間位、話をしながら泣いていました。

涙が流れ・・・

お話をして・・・

また涙・・・

「小さい時、いつも簡単に泣いてたけど、いつも泣いてはいけないと言われて・・・・」

小さい時から留まっていた涙が、とめどもなく流れるように・・・

一杯泣くと、何かがクリアーになりました。

自分の意識を覆っていた膜がとれたかのように・・・

そして、その日のセッションのテーマであった

仕事について向き合うことができるようにになりました。

東京でのセションも、何人もの方が涙を流しました。

小さいころからのご両親との関係

ご自身とお子さんとの関係・・・・

自分自身の痛みや悲しみ

私たちは、それを無意識に無視しがちです。

無視された痛み、感情は、、私たちの無意識にとどまり

それが私たちの感じ方、行動、生き方を左右します。

感情をしっかり感じる

スタジオウーヌスでは、それをとっても大事にしようとしています。

個人セッションでもそれをできるだけ感じてもらいます。

すうすると

何かがすっかり変わります。

いままでのどんより淀んだ視界がクリアーになります。

理屈じゃなくって

そういうもの

気持ちをごまかしていたり、

表現しないでいると

ぼやけてしまいます。

自分の人生も

大事な人との関係も

OSHOの言葉を引用します。

読んでください。



けっして涙を怖がってはいけない。

いわゆる文明が涙をとても怖がるようにあなたを仕向けたのだ。

一種の罪悪感をあなたに抱かせた。

涙があふれてくると、あなたは恥ずかしくなる。

「他人はどう思うだろう? 男なのに泣いているなんて! 

まるで軟弱で、子どもっぽく見えてしまう。

こんなことではいけないんだ」

と感じはじめる。

あなたはその涙を止めてしまう......

そして、自分のなかで成長しかけていたなにかを殺してしまう。
 

涙はあなたに備わっているどんなものよりはるかに美しい。

涙はあなたの存在があふれ出すことで生じるからだ。

涙は必ずしも悲しみの涙というわけではない。

大きな喜びからあふれてくることもあるし、

すばらしい安らぎからあふれてくることもあるし、

エクスタシーと愛からあふれてくることもある。

実際には、悲しみや幸せとはどんな関係もない。

あなたのハートをあまりにも動かすものであればなんでも、

あなたを乗っ取ってしまうものであればなんでも、

限度を超えたものであればなんでも、

自分のなかに収まりきらず、あふれ出すものであれば......それが涙を流させる。
 
大きな喜びをもってそれを受け入れるがいい。

味わうがいい。

育むがいい。

喜んで迎え入れるがいい。

そうすれば、涙を経験することで、どうやって祈ればいいのかが分かってくる。
 

涙を経験することで、どうやって見るのかが分かってくる。

涙であふれた目には真理を見る力がある。

涙であふれた目には生の素晴らしさとその祝福を見る力がある。

Osho, The Diamond Sutra, #9



7月15日&16日東京で友人が 

笑ったり、泣いたりするOSHOミスティックローズ瞑想を行います。

自分の感情にワークしたい人、お勧めです。

ミスティックローズ + who is in



2018年9月ギリシャリトリート~愛と歓び、再誕生の旅





7月31日アクアフローティングWS@長崎



覚醒のフィ―ルドセッション





投稿者 Banyan tree | 記事URL | コメント(0)

2018年6月21日 木曜日

完結~時のエネルギー《覚醒のフィ―ルド リーディング 名古屋》





先週末東京でセッションをさせてもらいました。
多くの方にセッションを受けていただきました。
ありがとうござました。


東京での覚醒のフィ―ルドのセッションで、
必ずと言っていいほど皆さんが選んだカード
Completion(完結)
なんと名古屋でのセッションでもそれが続いています。

今までの生き方を終わりにして、
新しい生を始める時期
過度期、移行期をサポートするエネルギー

今、多くの方が
そんな体験をしているのではないでしょうか?

新しいことを始めるのには、時に勇気が必要です。

今までの自分をしっかりと観ましょう。
それが終わったことがわかるかもしれません。





ちょうど今日は、夏至

陽が一番長い日。

一年の境目です。

10年ほど前に、フィンランドで夏至を迎えました。

その前夜、フィンランドでは、たき火をします。

一年の浄化です。

過去のものを焼き尽くし、新しいスタートを切ります。


多くの方が、今、そんな時期なのではないでしょうか?

カードの絵と共にサンパティに降りてきた言葉を紹介します。



完結

あなたは生を祝い 死を祝う

あなたは振り返り
そして見る
それは素晴らしい
あなは振り向き
光を見る

素晴らしい祝福があなたに降り注ぐ
あなたは家にいる

肉体、精神、魂は一つ


Completion

You celebrate life and celebrate death.

You look back
and you see.
it is good.
You tuen around
and look into the light.

A great blessiong is upon you.
You are at home.

Body,spirit and soul are one.






覚醒のフィ―ルドセッション





★★★2018ギリシャリトリート!!!
2018/09/11〜9/17@ギリシャ コルフ島

安全な広大な神聖なスペースで本当のあなたにもどって。
条件付けからの解放、いのちの解放。

詳細はこちら。






★★★7/27〜7/29 瀬戸内リトリート!!

アクアフローティング、瞑想、無人島、自由に遊ぶおとなのキャンプ

詳細はこちら





投稿者 Banyan tree | 記事URL | コメント(0)

カレンダー

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31